8月8日に東区泉にオープンした、
「うなぎのしろむら」にオープン翌日のお昼に突撃しました!
な~んにも分からずに場所だけ見て行ったのですが、
イタリアンの「バリック」の真正面。
すぐ隣には大きな時間貸しの駐車場。
車で行くには便利なことこの上なし。駐車代金はかかりますが。
BlogPaint
「しろむら」さん、表もけっこう仰々しい感じなのですが、
店内入ってびっくり。
ものすごく大きなお店。
テーブル席がずらり。
満席で30人くらいは座れるのかな。
しかも、奥には座敷(畳にイス)が3部屋くらいあり。
すごいなあ。
(勝手に)思ってた鰻屋さんのイメージと違う(笑)


11時半すぎで7割くらいのお客さん、入ってます。
白ワイン1本あけてるお客さんもいるし~。
こちら、オープン用のメニュー。
嫁さんは、「活うなぎひつまぶし上」3980円、
僕は、「活うなぎ丼上」3800円を注文。
初めての鰻屋さんでも高いほうを注文しちゃって、後からちょっと後悔。
だからバカオヤジって言われるんだよな。
ちなみに「活うなぎ」というのは、生きてる鰻のこと。
注文入ってから一匹ずつ捌いてから焼くようです。
P1480969

鰻が出来てくる間、キョロキョロしながら、
通常のメニューを偵察。
「活うなぎひつまぶし 特々上」6800円!
P1480970

「う鍋」なんてのもある。
天然うなぎ「時価」!
最近は「時価」ってあまりビビらないけど、これはビビる。
P1480971

うなぎのコースもあるんだ。
会席なんてのも!
すっげえなあ。
P1480972


日本酒、ワインもいっぱい種類あります。
こんだけ揃ってるお店なかなかないと思うなあ。
ちょっとお高めの設定ですが。
P1480974

この前、「海の日」でいただき、
とんでもなく旨かった「十四代 本丸 秘伝玉返し」もあるけど、
一合3000円!
「海の日」田中さんが神様に思えました~
P1480975

ちなみに、僕はワイン分からんチンなので、
見向きもしなかったんですが、
ワインは相当凄い値付けがしてある、
ということを知人のS先生がFBで書いてられました。
P1480976
P1480977


最初に薬味が登場。
海苔、ネギはよいとして、カツオ節は初めて。
鰻にカツオ節はどうなのかな。
P1480983


待つことおよそ20分。
「活うなぎひつまぶし 上」。
P1480981
P1480982

うなぎの味をしっかり感じてほしいとのことで、
タレは少なめです。
お好みで卓上のタレをかけてくださいとのこと。
P1480988


ちなみに、お吸い物には肝は入ってません。
メニューにも「肝料理」って5~6品あるから、そっちでしっかり使うんですね~。
肝が入ってる入ってないは別として、このお吸い物は僕は苦手でした。
P1480989



でもって
僕の「活うなぎ丼 上」もやってきました。
「まぶし」にもついてたけども、
気になるのは、「とろろ」と「卵黄」。
これまた、お好みでどうぞ、ってこと。
P1480984


おりゃ!っと蓋開けると、
おお!
なかなか立派な!
1本丸ごと!
P1480985
良い顔してます。
P1480990

なかなか脂も乗ってます。
焼きはもう少し、皮目がしっかり焼いてあるほうが好きですが。
でも、これなら「上」注文しても失敗ではなかったです。
P1480991
当然、タレ追加投入!
タレはすこ~し甘め。
僕は好きなタイプです。
P1480993


問題はこちら。
とろろと、卵黄。
最近は「ひつまぶし」とかは好みでなくて、
スタンダードに「鰻」をがっつり食べたい方なので、余分なものはいらないんだけども、
付いてくるからには、やっぱり試してみたくなるのがバカオヤジ。
P1480994

一応、蓋にすこし乗せて試しました。
P1480995
P1480996
う~・・
やっぱ僕はこれはいらん!
鰻の美味しさが「まぶし」以上に損なわれるような気がするな。
何食ってるか分からなくなる。
鰻は、シンプルに山椒ちょいちょいとかけるのがベストだと思います。
P1480998

P1490002

というわけで。
鰻は悪くないです。
というか、しっかり美味しいと思います。
ただ、お店のコンセプトが、
僕にとって鰻屋さんとしては規格外で、ちょっと苦手かな。
なんか、遅れてきたバブルみたいな感じ。
ああ、でも今、世の中はバブルっぽいのかな?
というわけで。
どなたかがご馳走してくれるなら、喜んで尻尾ふってついてきます。
よろしくお願いいたします!


うなぎのしろむら
名古屋市東区泉1-18-41
エスポア泉 1F
052-971-3122