antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「〇五二」

新栄「鮨処 成田」さんのあと。
この日の2軒目。

同じく新栄の「酒亭 なわ」さん。
知ってる人は知ってると思います。
日本酒のお店「〇五二」が名前を変えて
7月4日にプチリニューアルオープンしました。
店主 名和くんが自分の名前をつけて気合入れ直したお店です。
P1070155

看板はありません。
迷い込んでくるお客を減らすためです。
その代わりに扉に貼ってあります。
出してくれる料理は6000円(税別)。
「地物を中心とした最高級鮮魚と名古屋未入荷の日本一のブランド野菜、フルーツ」
P1070157
P1070159


「成田」さんは独りでしたが、
ここで嫁さんと合流。
P1070162



京都の「丹波の黒豆」の元になる枝豆。
P1070163


タケノコメバル。
師崎産。
P1070166
P1070167



日本酒は店主 名和くんにおまかせ。
「雪の茅舎 純米吟醸 山田穂」。
美味しい。
優しい味わい。癒される感じだな。
P1070170



アイナメ。
師崎産。
P1070174
さっきのメバルよりこっちのほうが好き。
サクサクっとした食感がいいな。
P1070175



「酔鯨 純米吟醸 高育54号 新酒生酒」。
P1070181



釣り鯖。
〆て3日。
美味い。
P1070184



南マグロ。
P1070189
これも美味い。
とっても上品。
P1070188


この山葵もめっちゃ美味いんです。
リニューアルと同時に山葵も変えたらしいですが、
以前使ってた「真妻山葵」はキロ25000~30000円(!)だったのが
この「青 真妻山葵」はその数倍とのこと。
なんじゃそれ!みたいな
塩と一緒に口に含むと山葵が甘く感じちゃう。
この山葵の食べ方いいな。
P1070190



琵琶鱒。
琵琶湖から直接仕入れしてるとのこと。
美味いわ、これ。
P1070191



これは酒がススム。
「山の井50 あさひ 純米大吟醸」。
これも旨い酒だよなあ。
P1070197



水茄子。
和歌山県宇陀の「スガノ」さんの水茄子。
P1070201
とっても瑞々しい。
P1070204
一口ごとに茄子の瑞々しさが口にほとばしります。
P1070206



「松の司 純米吟醸 竜王山田錦」。
P1070207


「月中天 無濾過純米吟醸生原酒」。
P1070208
P1070211



神奈川県葉山の「はちみつかぼちゃ」。
これも凄いかぼちゃ。
1個2万円以上するんだって!
P1070218
あまい、うまい!
とっても美味しい焼き芋みたいな。
ただ茹でただけなのに、
しっかり調理されたみたいに美味しい!
「魔法のかぼちゃ」やね!
P1070221

これは僕が食べたかぼちゃで一番美味しい!
断言できます。
元々、かぼちゃ嫌いなオヤジですが、美味いかぼちゃは美味い!
最近、美味しいかぼちゃをよくいただくので、
ほぼ「かぼちゃ嫌い」が克服されてきました。
そのトドメがこの「はちみつかぼちゃ」。
また食べたいです!
P1070222



この日の目玉!
これはコースには含まれていません。
別注文です。
幻の松茸!
秘密の松茸!
赤松の松茸。(国産ではないです)
日本の赤松を移植して作られるこの時季(7月中旬)最強の松茸。
P1070215

焼いても乾きません。
そして香りが凄いんです。
僕らはずっと香りかいでるから次第に香りに慣れてきちゃってますが、
外から入ってきたら、絶対にこの松茸の香りに驚くと思う。
P1070226
後から後からじわりじわり水分が出てきています。
P1070229

手で裂くとその触感がとっても気持ちいい。
P1070233

この、しなっとした柔らかさ。
ものが違うな。
P1070235

噛むと広がる至福の香り、松茸のエキス、独特の食感。
いや~いいもの食べさせてもらいました!
こんな松茸食べさせてもらったら、ヘンな松茸はもう食べられないな
P1070236



このぶどう。
山梨の日本一の赤ぶどう。
「ロイヤルクイーンニーナ」。
今年の初競り価格は5房1ケースで50万円!だって!
なんじゃそりゃ!
アバウトすぎる計算でいくと、この一粒5000円?
なんだか、よくわかりません
ちなみにお味は、とっても甘~い!
でも1個じゃあ、物足らない!(笑)
P1070239

黄色いさくらんぼ。
「月山錦」。
名和くんがくれました!
P1070241


「酒亭 なわ」店主 名和くん。
移転して、野菜と鮮魚に特化してから営業してるのが楽しいとのこと。
こだわりの食材の説明をしてる顔が本当に嬉しそうな彼です。
P1070243

料理6000円。
日本酒いただくと8000円は越えます。
金額だけ見ると、ちょっと割高かもしれません。
お腹もそこまでいっぱいにもなりません(個人差ありますが)
でも。
このブログで見ていただければ、
「なわ」さんがどんなに凄い食材を使っているかがわかってもらえると思います。
そうそうそこいらでは食べられない野菜と魚たち。
なんちゅうこだわり。
相変わらず原価率無視の変態なお店!

こういうお店があってもいいんじゃないかな。
僕は好きです。
10年近く続けてきた「〇五二」を捨てて、
お店に自分の名前「なわ」を冠したのは決意の表れ。
応援したいです。


店名
酒亭 なわ
住所 名古屋市中区東桜2丁目22-33 第一照運寺ビル1F
電話番号 052-931-2059

移転リニューアルオープン以来、
お気に入りの東新町近くの
「THE酒 〇五二」さん。
今回もおまかせコース(4000円)での訪問。
P1020383
P1020384


お客さんの入り方には波があるって言ってたけども、
この日は週末ってこともあってか、満席です。
僕は嫁さんと2人。
日本酒は、「〇五二」店主 名和くんにおまかせです。
「水尾 純米吟醸 金紋錦100%」。
P1020385

「ばくれん 超辛口吟醸」。
P1020388


真鯛の昆布〆。
8日間寝かせ。
P1020390
P1020393
水塩と山葵で。
ぷりぷり。旨し。
P1020398



千葉勝浦の釣り金目鯛。
これも旨いよ。
P1020401
ちょっとだけ甘めなこの合わせ醤油は僕の好みぴったり。
飲みたくなっちゃう。
飲みませんが、嘗めます。
でも、最近、醤油も進化したらしいです。
気になるなあ。
P1020402


大阪湾の赤貝。ヒモつき。
P1020404



「今西 純米吟醸 朝日」。
P1020407


「夜明け前 純米吟醸 生一本 しずくどり」。
P1020409


「魚」大好きな店主 名和くん。
それが昂じてこだわりの「魚」のコースを出してるんですが、
今度は「野菜」にも目覚めたということで、
原価無視で高い野菜を仕入れているそう。
例えば、1個ウン万円するカボチャとか。食べてみたいな。
BlogPaint


で。
白菜!
P1020414
こういう白菜。
P1020416

そのままで。
とんでもなく甘く感じます。
めっちゃ美味しい白菜。
名古屋の市場では手に入らないらしいです。
P1020421

ちょっと醤油つけると、すっと醤油が浸透していきます。
P1020422


ちなみに、この日の山葵はこちら。
4年7ヶ月もの。
P1020419



花菜。菜の花です。
京都の伏見寒咲花菜をカツオ出汁で茹でてカツオ節かけて。
P1020423
菜の花、旨いなあ~
元々、菜の花好きだから、どんだけでも食べられる。
P1020426



完熟 万願寺唐辛子。
え~こんなんあるんだ!初めてだな。
見た目は赤いし辛いんだろう~って思って齧ると、さにあらず。
P1020429
全然辛くない。
逆に甘いです。
パプリカみたいな感じでしょうか。
P1020431



ちょっと湯がいただけの牡蠣。
兵庫県播州赤穂産の「侍オイスター」というブランド牡蠣。
P1020433

甘くて濃厚!
P1020445



鰆。
塩だけで焼いてあります。
P1020436



「篠峯 伊勢錦 純米酒」。
伊勢錦って酒米初めて見た。
P1020440


「みちざくら 純米吟醸」。
中山道大鋸という酒屋さんとのコラボのお酒。
P1020447



さっきの「日本一」の白菜、「邑美人」を茹でて、オリーブオイルをかけたもの。
P1020451

「アウボカーサ エクストラヴァージンオリーブオイル」。
P1020454

なるほど。
この甘くて美味しい「邑美人」って白菜は
そのまま生で食べるのが一番かなって思ったけれど、
塩でも醤油でもなく、オリーブオイルか。
旨いよ、これ。
P1020459


ボケボケですが一枚。
BlogPaint

「魚」に加えて「野菜」。
名和くん若いのにオヤジ好みのシブいところ突いてきます。
でも意外と若いお客さん多いです。
僕は移転してから4回行ってるけれど(ブログでは3回)
いずれも僕が最年長でした。(おそらく)
なんか嬉しいです。(←若いお客さんが多いのが嬉しいって意味です)


ってことで、また顔出します。
原価無視のこだわりの食材食べさせてください!
名和くん、よろしくお願いいたします!


THE酒 〇五二
名古屋市中区東桜2丁目22-33 第一照運寺ビル1F
052-931-2059




雑居ビルの地下から路面店に移転して
一気に僕のお気に入りになった、
「THE酒 〇五二」さん。
今回はおまかせのコースで伺いました。
P1870740
P1870741


満席です。
P1870742

この「おまかせ」4000円ってやつです。
P1870743


最初の一杯はビールで。
P1870744



ここからコース始まります。
魚中心のコースです。
店主さんの魚好きが昂じてお店で魚ばかり出すようになったとのこと。
自分が好きな分、相当にこだわった仕入れをしてるようです。
P1870745
師崎のアオリイカ。
5日寝かせ。
ねっとり美味しい。
P1870746


日本酒は店主の名和クンにおまかせ。
P1870753
錫製のどっしり感のあるグラス。
冷酒には最適です。
欲しいな。
P1870748


宮城の〆鯖。
うむうむ。旨いぞな。
P1870755



師崎 天然シマアジ。
8日寝かせ。
3,5キロの大物とのこと。
P1870758



南マグロ。
これも旨い~
P1870760



シマアジの頭の辺り。
P1870765



ちょっと風変わりな日本酒が続きます。
「ワインハウス日の出」さんと
それぞれの蔵元さんとのコラボによるオリジナルの日本酒です。
P1870766

どれもなんとなくワインぽいような味わい。
P1870770


兵庫室戸の牡蠣。
なにもつけず、そのままで。
P1870771
自然な味。っていうと当たり前だけど、これが一番だな。
P1870774



甘鯛 幽庵焼き。
P1870777
P1870778



焼き菜の花 カラスミかけ。
P1870779


P1870782


淡路の玉ねぎとレンコンの鶏団子。
P1870787
おお、鶏団子旨い。
カツオ出汁かな、優しいいい味付けしたるわ。
P1870792
玉ねぎ、めっちゃ甘くて美味しい!
P1870795



沖縄の冬瓜漬けとクリームチーズ。
P1870796
琉球伝統菓子の冬瓜漬け。
これがなかなかクセになる甘さ。
グラニュー糖のジャリジャリした食感が楽しいです。
クリームチーズとの相性もいいなあ。
また食べたくなるな、これ。
P1870801


「〇五二」の若き店主 名和くん。
P1870804

このコースいいですね~
ボリュームがあるわけではないのでガッツリ食べたい場合は別だけど、
それでも、ゆっくり日本酒飲みながらいただいてると
ちょうどいい感じになってきます。
日本酒を楽しみながら店主さんこだわりの旨し肴(魚)をいただく。
そういう大人なイカした日本酒BARです。
本当に「〇五二」、いいお店になったなあ。
(移転する前が良くなかったということではありません。
より良くなった、という意味です、念のため笑)

これからもちょいちょい通わせてください。
名和くん、ありがとう!
ご馳走様でした!


THE酒 〇五二
名古屋市中区東桜2丁目22-33  第一照運寺ビル 1F
052-931-2059

たまたま車で通ったら、
以前「蛇の目」っていう日本酒BARだった場所が、
「THE酒 〇五二」に変わっててびっくり。

後日、
「鮨屋とんぼ」で2人で1万円食べたあとにちょっと顔出しました。
P1830829

名古屋では日本酒BARの先駆けのような「〇五二」さん。
同じ、新栄にあった旧店舗にも2~3回お邪魔したことがあります。
P1830830
P1830831


店主 名和くん。
僕のことも覚えててくれてました。
店内は大改装したようで、立派なL字のカウンターが見事です。
日本酒BARらしい落ち着いた雰囲気になりました。
P1830833


日本酒、料理、ともにメニューはありません。
日本酒は、冷蔵庫みてあれこれってお願いするか、
店主さんに相談したり、おまかせしたり。
P1830834


つまみは、魚が大好きな店主さんにおまかせとなります。
当然、魚が中心なつまみとなります。
P1830843


新店舗に初めて伺ったこの日は、日本酒もおまかせ。
「からはし 純米吟醸酒」、これは嫁さん。
BlogPaint


「あたごのまつ 限定純米吟醸」。
これは僕。
飲みやすい好みのタイプ。
P1820922


料理は現在は「4000円~のおまかせのみ」となってますが、
食べてきた後だったので、少しだけつまませてくれました。
マツカワガレイ。
P1820925
美味しくってびっくり。
5年くらい前に旧店舗にお邪魔したときも、
魚を食べた記憶があるんだけれど、
僕のお腹が成長するのと一緒で名和くんもしっかり成長しましたね。
なんていうと偉そうだけれども
P1820927


師崎の天然シマアジ。
これも旨い。
P1820932


「米鶴 吟醸34号 瓶囲い」。
P1820934


南マグロの脳天のトロ。
P1820937
これまた美味しくってびっくり。
鮨屋さんにひけ取らないです!
P1820939


なんの肝だったかな。
P1820942



この日の10日後にも、
中華料理会の前のゼロ次会として利用させていただきました。
オススメ、といってだしてくれた、
「御代栄」というお酒。
ワインっぽい変わった感覚の日本酒です。
P1830836


お通しの穴子。
P1830844


ぶり。
脂乗ってて旨し旨し。
P1830846
P1830847


1杯のつもりがついつい、もう1杯。
「会津娘 純米酒」。
P1830850


のどぐろの炙り。
P1830854

出してくれた魚もどれも美味しかったし、
一度、4000円~っていうおまかせを食べてみたいです。
旧店舗は雑居ビルの地下一階だったので、
なんとなく入りづらかった部分もありましたが、
路面店になって、しかもお店もグッと雰囲気良くなって、
僕のなかで一気にお気に入りのまた行きたいお店になりました。


それにしても。
このところ、新栄が熱いです。
この新生「〇五二」、
「鮨屋とんぼ」、
「肴糀醸 やしろ」、
まだ行ってないけど「THE BISHOP」も夜営業始めたし、
ずっとお世話になってる「鮨処 成田」さんもあるし、
ここ最近御無沙汰だけど「鮨井」さんも。
ちょっと歩けば、遅くまでやってる「ARON」もあります。
新栄だけで、十二分にハシゴできて楽しめます。
これから、「新栄ツアー」がマイブームになりそうです


THE酒 〇五二
名古屋市中区東桜2丁目22-33  第一照運寺ビル 1F
052-931-2059

このページのトップヘ