antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「鮨しみず」

新栄の「鮨 しみず」さん。

いつものように貸切会でお邪魔しました。
3月中旬のことです。
P1710774
P1710777


はい、乾杯~!
P1710780

ぐっさんもいます。
P1710781



愛媛ののれそれ。
海鼠腸と和えて素麺仕立て。
加藤農園のフルーツトマトに愛媛のアスパラ。
海鼠腸が上手く使ってあります。
P1710785



富山の白海老と根室のバフン雲丹。
秋田のコゴミ、ウルイ、愛知の紅ほっぺという組み合わせ。
P1710788

仮面ライダーのマフラーみたいにたなびいてます。
上手い造りだね。
P1710795

崩すのがもったいないけれど、
崩してキャビアの塩気でいただきます。
雲丹と白海老のダブルのまったりにキャビアの塩気とイチゴの酸味が心地よい。
P1710803



日本酒はまず、この3本。
右から順番に。
P1710801
P1710804



青森大間の本マスのバッテラ。
美味し美味し。
P1710806



茶碗蒸し。
香川のホワイトアスパラと仏産ブルーチーズの茶碗蒸し。
P1710813

奈良漬けがチーズに合うなあ。面白い!
酒に合う茶碗蒸しって初めて!
組み合わせの妙。
P1710816



若竹。
P1710818



豊浜の天然平目。
山葵も一緒に。
P1710826

一週間寝かせ。
手前にエンガワも。
熟成の旨みを味わったあと、追い山葵。
いいな、この食べ方。
P1710827



篠島の本ミル貝。
P1710832




桑名のハマグリのお吸い物。
P1710838
P1710840



大将からの手渡し。
P1710842

福岡の甘鯛。
これカラスミがかけてあります。
この組み合わせもあまり記憶にないなあ。
パリパリの海苔にバリバリの甘鯛の皮。
めちゃ美味し面白し!
P1710845



富山 湾内のホタルイカ。
天然たらの芽、ヤングコーン。
指宿のそら豆のソースで。
ホタルイカもうまいんだけれど、たらの芽がことのほか美味しくって!
塩茹でしただけとのことだけど、エグミがこんなに美味しく感じるとは!
P1710852



丁寧にイカに包丁入れる大将。
P1710855

豊浜のアオリイカ。
9日寝かせ。
2枚重ねです。
2枚とも違った包丁の入れ方してるので口のなかで2つの食感が味わえます。
やるなあ~これ面白いよ。
P1710860



春子。
おお、もっちりもっちり。
いいな、この肉厚さ。
P1710862



4つめのお酒。
P1710865



佐賀のコハダ。
P1710869



五島列島のマグロのヅケ。98キロもの。
P1710871



羅臼のバフン雲丹。
P1710875



篠島のサヨリ。
これも2枚。
一枚でも十分な大きさだけれど2枚。
P1710878



車海老。
P1710885



とろ。
まさにトロトロ。
そしてウマウマ。
P1710891



玉。
P1710895



穴子。
対馬産。
P1710896



かんぴょう巻。
P1710900



新物の青海苔の味噌汁。
P1710902



デザートは、
宮崎の金柑に桜の吟醸ミルクアイス!
P1710906



大将、女将さん、女将さんのお母さんと記念撮影。
女将さんは産休に入るので、
今後しばし、お母さんが替わりにお手伝いされるそうです。
BlogPaint

伺うたびに、進化されているような「しみず」さん。
今回は特に食材の組み合わせの妙を強く感じました。
どの品もオリジナル(と思います)なのがまた素晴らしい。


次回の貸切会まで、もうちょい。
いつも参加してくれてる皆さん、
ちゃんとスケジュール確認しておいてくださいね!


PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    貸切の時のみ写真OKです。
    御注意を。


店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

10月中旬の週末。

新栄の「鮨 しみず」さんでの貸切会です。
今回で6回め。
P1530799
P1530801


今回は8人。
はい、乾杯!
BlogPaint



青森の鱈の白子。
柿とクレソンの胡麻和え。
P1530806

いきなり出たな「オヤジ殺し」!
10月中旬でしたので、
そろそろそういう時季になった頃でした。
「オヤジ殺し」はイヤだけど(笑)季節を実感させてもらえる食材の1つだね。
P1530807



豊浜の天然真鯛。
8日間寝かせて塩で〆て軽く藁でスモーク。
刻んだエシャロットを合わせて。
P1530810

キャビアと山葵で。
贅沢な塩気。
こういうキャビアの使い方好きです。
この真鯛、マジ美味し!!
まろやか。
寝かしたおかげだな。
P1530812



ここで日本酒いかないと!
「常山 純米超辛 ひやおろし」と
「上喜元 純米吟醸 中秋の風花」。
深秋にぴったりの2本。
P1530815
P1530818



茶碗蒸し。
P1530820

長野の松茸だけのシンプルさ。
P1530822



「銀聖(ぎんせい)」のばってら。
「銀聖」ってのは北海道の日高町などで漁獲される天然秋鮭のブランド名。
かんぴょう、大葉、ガリが入ってます。
めっちゃウマ。
もう一貫食べたいよ。
P1530824



箸休め。
白菜の浅漬け。
こういうの大好き。
山盛りあってもいい。
P1530830



〆鯖。青森産。
粒マスタード乗ってます。
P1530835



赤貝。
P1530837



御椀。
P1530839

根室のバフンウニ、
銀杏と一緒に団子のしたすり身。
味付けは塩のみ。
塩だけだから雲丹が活きます。
「塩水の雲丹」が美味しいのと同じことかな?ちょっと違うか。
ま、いいや。美味しいからね。
P1530841



千葉の太刀魚。
下には大根。
鹿児島の溜まり醤油で。
P1530844

太刀魚、ふっくら。
餡はほんのり酸味。バルサミコ酢。
美味いね。
P1530849



「黒龍 特吟50」。
「しみず」さんの定番。
P1530850



トリュフを削る大将。
P1530852

お鮨やさんでトリュフを使うのも珍しい光景ではなくなってきた感あり。
P1530854


厚岸の新秋刀魚、
長野のラ・フランスに秋刀魚の肝ソース。
上からアラレと秋トリュフ。
香り良し。
ラ・フランスの酸味がとってもいい塩梅。
味良し。
「しみず」さん、きっちり進化されてると実感!
P1530857



北海道のあん肝。
塩と酢橘のみ。
P1530860
P1530864



たまに上を見上げてみる。
こういう光景が見れるのは貴重です。
P1530869




淡路のスミイカ。
とってもいい食感。
シャリとのバランスもいい。
P1530867



佐賀のコハダ。
P1530870



北海道 天然のぶり。
9日寝かせ。
おろし乗せ。
噛むほど美味い天然ぶり!
皆さん絶賛。
目が覚めるほど美味い!
P1530874



ボストンのマグロ。
ヅケです。
「しみず」さんのヅケはめっちゃオススメ。
柚子と胡麻が利いてます。
P1530880



昆布森の雲丹。
P1530884




筋子。
P1530889

美味し!
美味し!
美味し!
めっちゃ美味い筋子!
なんだろ、これ。
めっちゃ美味しいんですけど。
僕はイクラより絶対スジコ派です。
P1530893




車海老。
P1530896



大とろ。
P1530899




玉子。
P1530904




穴子。
P1530905



かんぴょう巻。
P1530910



赤出汁。
P1530911

大黒本シメジ、
なめこ、
山茶茸、3種類入ってます。
P1530913




デザート。
栗のティラミス。
P1530914

10月だったのでパンプキン。
P1530918



大将、お疲れ様でした!
P1530919


6回目の記念写真。
BlogPaint

今回も充実。
大満足の貸切会でした。
天然ぶり、筋子など、本当に美味しかったです。
コースの内容は基本的に月替わりのはずなので、
当たり前といえばそうなんだけれど、
毎回、手を変え品を変え、引き出しの多さを見せてくれる大将には感心します。
次回はもうちょっと先ですが、楽しみにしております。

いつもおつき合いしてくれる皆さんありがとうございます。
またよろしくお願いいたします!

PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    貸切の時のみ写真OKです。
    御注意を。


店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

恒例の
新栄、「鮨しみず」さんでの貸切会。

7月7日の七夕の夜です。
P1430856


この日は7人。
はい、乾杯!
BlogPaint
P1430861



白いトウモロコシの摺り流し。
P1430862

キャビアの塩気が甘さを誘う。
P1430863



冬瓜を雲丹と。
雲丹は青森のムラサキ雲丹。
P1430865

上には昆布のジュレ。
P1430867



茶碗蒸し。
P1430870

北海道 仙鳳趾の牡蠣の茶碗蒸しです。
P1430872
P1430873




待ってました~!
あると思いました!
P1430877

今季3回目!
浜名湖の新子!
P1430878


4枚乗せ。
このあと、つまみが続いて、それから握りになるんですが、
新子の握りだけ先に出してくれるのはいいね。
大切にしっかり味わえます。
P1430883



日本酒はこの子たち。
最初は右の「播州一献 夏辛」。
P1430885
P1430895



うみぶどう。
何気にうみぶどう大好き。
ぷちぷち、あればあるだけいっちゃうかも。
P1430887



明石の蛸。
P1430888


北海道のつぶ貝。
甘い~&磯の香り。
P1430897



気仙沼のカツオ。
藁で燻してあります。
粒マスタードも合うなあ。
P1430899



安城の一条そうめん。
半生の手延べそうめんです。
P1430902

石川の黒アワビが乗ってて、
アワビの肝のお汁。
自家製のからすみで塩気。
アワビ柔らか。
これはドンブリで食べたくなるな。
P1430904



「黒澤 生酛 純米 夏生」。
P1430905



浜名湖の鰻。
みりん干し。
P1430910
P1430913



「大信州 純米吟醸 夏のさらさら」。
「大信州」は応援してるお酒。
なんたって蔵の人、3人も知ってますから(笑)
P1430915



淡路の鱧にキンジソウ。
上には「ばくらい」。
「ばくらい」ってのは、ホヤと海鼠腸で作る珍味。
僕はホヤとか海鼠腸ってどちらかというと苦手なんですが、
なぜか2つが合わさったこの「ばくらい」は美味しいんです。
なんでかな?
とっても食べやすい。
鱧との組み合わせもいいのかな。
やっぱり「しみず」の大将はセンスあるんだな。
P1430919



ここから握り。
島根の剣先イカ。
数えられないくらいの包丁が入ってます。
P1430923



天草のコハダ。
P1430926



和歌山県那智勝浦のまぐろ。
ヅケです。
「しみず」さんのヅケ好きです!
P1430929
しかも「やま幸」!
ちょっと小さくて見難いですが。
P1430962


根室のイワシ。
先のカツオと同じく、粒マスタード。
これイワシに合います!
脂をさっぱりさせてくれます。
P1430933



たまに上を見上げてみます。
P1430934

おおおお~~~!
P1430935


岩手のムラサキ雲丹。
真ん中にシャリ。
P1430941

シャリを囲む雲丹。
贅沢な雲丹!
P1430942



「黒龍 特吟50」。
これは「しみず」さんの定番のお酒。
P1430944



車海老。
P1430951


長崎 対馬の穴子。
脂がうまい。
美味い穴子です!
P1430952


とろ。
言わずもがな。
P1430959
  


玉子。
P1430964


桑名のハマグリ。
煮ハマグリ。
P1430967
P1430968


最後はかんぴょう巻。
P1430969


ジュンサイとオクラの味噌汁。
P1430975
P1430978


大将と女将さんとお疲れ様の乾杯!
BlogPaint


恒例の記念撮影。
5回目の貸切会なので「5」です。
大将と女将さん、それは「10」じゃんか。
BlogPaint

7月に入ってからの台風などの影響で、
大将はずいぶんネタ不足に困ったそうですが、
いつもと変わらず、
しっかり美味しいつまみとお鮨を食べさせていただけました。
大将、女将さん、ありがとうございました!

もうすぐ、第6回めの貸切会です。
メンバーの皆さん、予定を再確認してくださいね!



PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    貸切の時のみ写真OKです。
    御注意を。

店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

3月末の訪問分。
遅い更新です

定期的に貸切会でお邪魔している
新栄の「鮨 しみず」さん。
今回はレギュラーメンバーたちとの貸切会です。
P1340843

前回からですが、前回は気がつかなかった!
表札が立派になりました。
P1340844



はい、乾杯!
P1340847


木曽岬の白魚。
桜の葉で蒸してあります。
春の香り。3月でしたからね。
P1340850


千葉の金目鯛の昆布〆と
北海道 昆布森の毛ガニ。
上には静岡の山葵葉。
P1340852

一口でいくのはもったいないけれど一口で。
P1340855



日本酒は「播州一献」「宗玄」「大治郎」の順で。
P1340857



P1340859

浜名湖の新物の青海苔と
土佐のタケノコの茶碗蒸し。
P1340861
P1340862



香川のホワイトアスパラ。
シンプルに塩茹で。
P1340865



師崎の天然真鯛。
P1340868
右は昆布醤油。
P1340870


トリ貝。
シャッターチャンス逃しました
P1340873


桜鱒。
なんともいえない心地いい柔らかさ。
美味いです。
P1340877



茨木(だったと思う)のアワビ。
そら豆のソースで。
P1340879
P1340880

洋風っぽいけれど、
お出汁はしっかり和です。
ゆっくり4時間以上蒸したというアワビはキメ細やかな柔らかさ。
キャビアの優しい塩気もいいなあ。
美味しいです。
P1340886

ほおずきは、お口直し。
P1340888



長崎対馬ののどぐろ。
梅醤油でつけ焼きにしてあります。
下には紫蘇のおろし、
手前はウドのきんぴら。
P1340891

しっかり脂のってます。
ウドきんもしっかりウマイ!
P1340895



富山湾内のホタルイカ。
大きなホタルイカ。
新潟のうるい、秋田のコシアブラ。
八丁味噌を使った酢味噌で。
P1340898

ホタルイカと味噌は相性がいいなあ。
めっちゃ美味しいよ!
P1340899


さっきの3種類飲んじゃったので、「九平次」を。
P1340908



こっから、握りです。
淡路のスミイカ。
P1340906



春子。
P1340912



コハダ。
P1340914



まぐろヅケ。
「しみず」さんのヅケ、大好き。
柚子で香りつけしたあと摺り胡麻。
旨いなあ。
P1340916



ときたま、上を見上げて。
P1340919

羅臼の赤雲丹。
P1340922



中とろ。
今回のまぐろは「宮崎県油津産」。


P1340924



玉。
P1340931

女性は食べやすく小さめに。
P1340932



長崎対馬の穴子。
P1340933



なにやら変わり種みたいな。
P1340935

こういう時は上を見上げて。
んん、これは!
P1340937


おお!
ちらし!
可愛い一口ちらし!
P1340941

3月のみ、このちらしを出してるんだとか。
ギリギリ間に合ったんだな。
P1340946


はまぐりのお吸い物。
桑名のはまぐり。
P1340943

いいでしょ、このセット。
P1340948



かんぴょう巻。
P1340952
P1340953



抹茶のババロア。
P1340954

生クリームとマスカルポーネと豆乳のソースで。
P1340955



大将、女将さん、お疲れ様でした。
乾杯!
BlogPaint


これは大阪から来てくれたTちゃんが
みんなに持ってきてくれた大阪土産。
亀田製菓の「タネビッツ」。
P1340962

これいつでも購入できるのは「阪急うめだ本店」のみらしいです。
P1340964

このパッケージがいいよね。
P1340966


ってことで、「タネビッツ」持って記念写真!
BlogPaint

いつも美味しくて楽しい「しみず」さんの貸切会。
次は記念の(?)5回めです。
気がつけば、もうあとちょっとに迫ってきました。
メンバーの皆さん、もう一度予定を確認してくださいね。
どぞ、よろしく!

大将、女将さん、いつもありがとうございます!
次も楽しみにしています。
よろしくお願いいたします!


PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    貸切の時のみ写真OKです。
    御注意を。


店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

3月初旬。
新栄の「鮨 しみず」さん。

いつもと同じように貸し切り会なのですが、
今回は、友人の「規格外のお医者さん」T先生が中心の貸し切り会です。
P1310885
P1310886


P1310887


今年になってから、「しみず」さんはコース金額が一万円になったのですが、
今回の貸し切り会では、
ちょっと贅沢に130%グレードアップした13000円の設定でお願いしました。
P1310889



のれそれ。
海鼠腸と絡めて。
P1310893
P1310894



早速、日本酒です。
愛媛の「伊予 賀儀屋」。
僕が応援している日本酒です。
P1310895



フカヒレの茶碗蒸し。
上にハマグリの出汁がかけてあります。
P1310898
P1310901



鯖の手巻き。
海苔は新物。
アオサと大葉。
P1310905

パリっとした海苔の食感と香りのあとから、アオサの香り。
海苔がいっぱい!
美味い。
P1310907



ホワイトアスパラ。
P1310909
P1310912



淡路の天然真鯛。
一日寝かせて。
P1310913

刺身醤油と昆布醤油で。
P1310917



さより。
P1310922



ちょっと珍しい日本酒。
「山川光男 2018ふゆ」。
なんだこりゃ?って思ったら。
P1310925

「男山」
「東光」
「楯野川」
「山形正宗」
という山形県内の4つの蔵が結成したプロジェクト。
銘柄から一文字ずつ取って、「山川光男」としたんだとか。
この「2018 ふゆ」は「楯野川」が製造。
P1310927



生とり貝。
ちょっと写真撮るタイミングを逃しました!
P1310930



長崎対馬のメジマグロ。
一週間寝かせて。
P1310934



4時間蒸しあげたアワビと
出汁でといた毛ガニ、タラの芽、キャビア。
P1310937
P1310938



自家製カラスミ 玉子ご飯。
P1310941
これ、美味かったなあ。
P1310942



のどぐろの酒盗焼き。
ウドとキンピラ。
脂のり良し。
P1310945



「黒龍 徳吟50」。
P1310952



タケノコの明太子はさみ。
P1310954
アク抜いて出汁で炊いたタケノコに明太子がはさんであります。
P1310956




P1310958



スミイカ。
P1310960



春子。
P1310964



「誠鏡 純米吟醸 幻」。
広島のお酒。
初めてかな。
P1310965



コハダ。
P1310969



マグロは山口県仙崎産。
赤身ヅケ。
いつも美味い「しみず」さんのヅケ。
胡麻かけるのが特徴。
P1310972



雲丹。
P1310975



イクラ。
P1310978



金目鯛。
P1310982



とろ。
P1310985

この包丁入れ!
まさにとろけるように口中でなくなっちゃう!
P1310986



車海老。
P1310990


出汁巻。
P1310992

女性には小さめに切ってくれます。
P1310993



淡路の穴子。
P1310996



かんぴょう巻。
P1310997


しじみの赤出汁。
P1320002



P1320004


「規格外のお医者さん」T先生と。
T先生と一緒だと僕のお腹が小さく(?)見えるな。
BlogPaint
BlogPaint

3ヶ月に一度くらい(もうちょっと来てるかな)でお邪魔してる「しみず」さん。
旬の食材をつかった飽きさせないつまみの数々にいつも感心させられます。
もちろん、お鮨も美味しいしね。

僕なんか足元にも及ばないグルメでグルマンのT先生にも気に入ってもらえたかな。
T先生、よければ「しみず」さんご贔屓にしてあげてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします!


PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    貸切の時のみ写真OKです。
    御注意を。



店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

まだ昨年分のネタあります!

12月の初め。
新栄の「鮨 しみず」さんへ3回めの貸切会!
(僕の予約の貸切会は今回で3回めってことです)
P1210889
P1210891
P1210892


友人達と。
乾杯!
BlogPaint
P1210895



ホタテと明太子の大根サラダ。
P1210897
P1210899


松前漬け。
P1210900
P1210902



茶椀蒸し。
蟹茶碗蒸しです。
上には蟹の内子の塩漬け。
P1210908



日本酒。
最初は右の「加茂錦 月白」。
P1210904


はい、乾杯!
P1210913
P1210915



根室の雲丹。
P1210910
P1210912



芽キャベツ。

P1210918



スジガツオ。
熟成2日め。
中におろした玉ねぎが入ってます。
ほわっと口に広がる苦味と辛味。
P1210919


千葉 勝浦の金目鯛。
P1210922



海老芋のペースト、
蒸しアワビ、車海老、菜の花。
上にはキャビア。
P1210926



鴨とタケノコ。
鴨には胡桃味噌。
タケノコは出始めの鹿児島産。(12月初旬でしたので)
タケノコ美味し!
出始めのタケノコは美味い。
P1210934



白子と自然薯のご飯。
出た!オヤジ殺し!
出たな~ヤバイな~と思ってビビッてたら、
すぐに一口食べた友人ロクちゃんが「美味しい~~~~~!!」
P1210936

マジか~と僕もとりあえず一口食べたら!
「美味い~~~~!!」
ああ、これはホンマ旨いでっせ!
白子と自然薯ってこんなに相性いいんか!
これだったら丼一杯でも食べられそう!
P1210941



干し柿の柚子和え。
箸休め的な。
P1210943



まぐろ切る大将。
常温に戻すために時間見計らって切っておきます。
P1210947



淡路のスミイカ。
たまらん食感。
P1210953


ゲソ。
こっちもたまらん食感。
「しみず」さんで食べるゲソいっつも旨い!
P1210956



コハダ。
赤酢で〆て一日寝かしたコハダ。
P1210959



「黒龍 特吟50」。
P1210960



まぐろヅケ。
これもいっつも美味しい!
P1210963



赤貝。
P1210966



P1210969

たまに、前のお店からの「名残」を覗いて見たりして。
P1210970

雲丹、イクラ、ヤマメのイクラ。
P1210973

先にある色の薄いのがヤマメのイクラ。
一口でいくのは勿体無いな。
P1210975



とろ。
口の温度で溶けていきます。
とっても上質な脂。
その上、丁寧に何回も包丁入れてあるので、マジに溶けてる感じ。
P1210985



車海老。
P1210990



「醸し人九平次 火と月の間に 雄町」。
P1210991



玉。
P1210993



穴子。

P1210995



かんぴょう。
P1210998



あん肝のお吸い物。
へ~、珍しいな、あん肝をこうやって食べるの。
P1220004



甘味。
イチゴの春巻揚げ!
面白いな、これ!
P1220006

イチゴが熱でジャムみたいになってます。
餡子も入ってます。
なかなか美味いぞ。
P1220008


大将、女将さんにも一杯。
BlogPaint
BlogPaint

前回、こちら「しみず」さんにお邪魔したのは、
ずっと前にUPした「150% 貸切会」というS先生が企画してくれたとき。
実は、今回の訪問はその「150%貸切会」の2日後なんです。
こんだけ間が詰まっているとどうなんだか?と思うでしょうが、
全くそんなことは杞憂でした。
最初っから最後までしっかり美味しく楽しませていただきました。
美味い鮨は、いつ何時食べても美味いのだ。


それにしても、この第3回めの貸切会は盛り上がりすぎました!
盛り上がりすぎて、多分、大将、女将さんも呆れてたと思うよ
友人ぐっさんを肴にしてみんなして面白すぎです。
ぐっさん、ホントに愛されキャラだな。
でも勘違いしないように!(笑)


ってことで。
参加のみんな、ありがとう!
また次回もどうぞよろしく!

大将、女将さん、いつもありがとうございます。
またよろしくお願いいたします。
次回はもうちょっと静かにします!(笑)



 PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    貸切の時のみ写真OKです。
    御注意を。



店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368




11月末。

新栄の「鮨 しみず」さん。
もちろん(笑)貸切会です。
この日は友人のS先生の予約のお席。

ただし、通常の貸切会ではないところが、
流石、ビッグマウスであり食通としても知られるS先生。
おまかせコースを通常価格の150%に設定しての貸切会です!
(貸切ならば、予算に合わせてコースを組めるということです)
P1210581
P1210582


S先生のお知り合いの方々、総勢8名です。
よかった、僕も知合いと認めていただけて~(笑)
はい、乾杯!
P1210586



3点盛りでスタート。
P1210588

左から、
岐阜の次郎柿。等級はトップクラス。
長崎対馬の のどぐろのかまぼこ。
青森のあん肝。
のどぐろのかまぼこって初めて。美味しい!
P1210591



日本酒。
「加茂錦 荷札酒 月白(げっぱく) 純米大吟醸」。
この「加茂錦」のシリーズ、美味しいです。(「黄水仙」ね)
最近一番のお気に入りになっちゃった。
P1210597


日本酒でも乾杯!
写真のために皆さんにおつき合いしていただき恐縮です。
P1210601



せいこ蟹!
おお、やっぱり150%!
P1210605

外子内子身は和えてあります。
美味いよね~せいこちゃん。
P1210606



おお、大将が削ってるのは!?
P1210607
P1210610


黒トリュフの茶椀蒸し!
中は、モッツアレラチーズと小さく刻んだ奈良漬け。
トリュフの香りと面白い組み合わせ。
P1210612



「澤の花 純米吟醸」。
長野、佐久市のお酒。
P1210617



銀杏。
愛知が誇る祖父江の銀杏。
P1210615

あんまり銀杏って好きでないけれど、これは妙に旨い!
P1210633



おお、これは!
P1210618

なんと「魚卵のミルフィーユ」!!
P1210619

3層になってます。
P1210626


一番上は「ヤマメの魚卵」。
これは珍しい!
希少なので、まずはこれだけチビチビいきます。
けっこうな弾力感。皮が厚いです。
味は。。よくわかりません
P1210630

2番目はフィンランド産キャビア。
3番目が生筋子からばらしたイクラ。
キャビアの塩気がいい塩梅。
P1210632



椀物。
P1210635

蓋開けてびっくり。
ロールキャベツ!
P1210638

牡蠣とマイタケのロールキャベツ。
これ美味しい!
なかなかいろんなことしてくれるなあ~
P1210640



「陸奥 八仙 芳醇辛口」。
P1210642



長崎 スジガツオ。
間に刻んだ玉ねぎが忍ばせてあります。
玉ねぎの香りで目が覚める。
この包丁入れもいい。
P1210644



千葉 勝浦の金目鯛。
昆布出汁でさらりとしゃぶしゃぶに。
P1210647



エゾアワビ。
P1210650
P1210651

アワビの肝ソースがあまりに美味しいのでシャリいただきました!
僕のお隣の方は指でしっかり綺麗にされてました。
P1210658




でたな、オヤジ殺し!
P1210661

これがなんだろう?って思ったら、
マグロ!
下は下仁田ねぎ!
P1210664

鱈の白子の白焼き&長野の原木椎茸。
P1210665



「醸し人九平次 火と月の間に 純米吟醸」。
これは冷酒でも燗にしてもいい「九平次」。
僕は冷酒で。
P1210669



ぶり大根!
上はクレソンと木の芽のサラダ。
P1210672
P1210674



「八鹿 本醸造酒」。
今回のメンバーはめっちゃ酒強いんです。
お店のお酒全部飲んじゃうんじゃないの?!ってくらい
P1210676



カラスミ。
蕪で挟んであります。
こうやってひと手間かけてくれるとカラスミも食べやすいです。
P1210680



さあ、ここから握り。
いか。
P1210682


ゲソ。
美味し。
場所によっていろいろ食感も変わるのも面白くて、最近ゲソ好きです。
P1210689


コハダ。
P1210690


シャリは濃い赤酢とわりと薄い赤酢の2種類使ってます。
P1210695



赤身のヅケ。
煎り胡麻をパラリパラリ。
「しみず」さんのヅケ好き!
P1210696



「黒龍 特吟50」。
これで日本酒全種類制覇。
このあと、また最初に戻って飲んでる方々もいらしゃいました!
凄いわ、みなさん。
P1210699



赤貝。
P1210702



北海道の甘海老昆布〆!
大きな甘海老3匹使ってます。
これもウンマイ!
口中が甘海老になっちゃう。
P1210706



根室の雲丹。
P1210710



穴子。
P1210712



中とろ。
しっかり常温に戻して丁寧に包丁入れて。
ヤバイな、美味いよ。
P1210717



車海老。
P1210722
P1210723



玉子。
P1210729

女性には小さめに切ってくれます。
P1210730



煮はまぐり。
P1210734



かんぴょう巻。
P1210736



作ってるところ見てたから知ってたけれど(笑)
蓋開けてちょっと驚いた!
P1210739

なんと、鉄火茶漬け!
P1210742

鉄火巻を出汁に崩すと、ほわっと海苔の香りも広がります。
出汁を吸ったマグロも美味し。
面白いな、これ。
P1210744



甘味。
P1210746


150%の気合で握ってくれた大将と、
ガンガン酒飲む客にしっかり対応してくれた女将さんと乾杯。
BlogPaint

8000円という限られた設定で、
あれだけの内容のコースをやってくれる大将に
潤沢な予算でおまかせをお願いしたら、どうなるんだろう、
という期待感にしっかり答えてくれたと思います。
特に前半のつまみの内容は良かったなあ。
普段の設定では使うことのできない食材を使うことは
若い大将のスキルアップにも繋がるし、とてもいい企画でした。
充実の150%でした。

今回の150%貸切会を企画してくれたS先生、ありがとうございました!
僕は僕で貸切会の予約していますが、
またこういった機会があったら是非声かけてください。
よろしくお願いいたします。
この日、ご一緒だった皆さん、楽しい宴でした。
ありがとうございました!
大将、女将さん、いつもありがとうございます!



PS。
実は「しみず」さん、
この2018年から8000円というおまかせコースが「一万円」に変更になりました。
食材などの値上がりにどうやっても対応できなくなったとのことで
苦渋の決断だったようです。
昨年の開店当時「ずっと8000円でがんばります」と言ってくれた大将が
そう決めたならばそれはいたし方ありません。
誠実な大将のことだから、
へんに内容、質を落とすことはどうしても納得できなかったんだと思います。
その職人のこだわりを僕は指示したいです。

でも、出来る限り、これ以上上げないでほしいな



もう1個 PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
         御注意を。


店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

新栄の「鮨 しみず」さんへ3回目の訪問です。

今回も貸切会です。
6月の開店直後に伺ったときも僕ら2人だけの貸切状態だったので、
今まで全て「しみず」さんは貸切での利用です。
今後もずっとその予定。
初回訪問の2人での貸切状態が今となっては不思議なくらい、
あっという間に人気のお店になりました。
P1120264

それもそのはず。
この「8000円」っていうおまかせコースがめっちゃいいからです。
P1120265


友人たち総勢8人です。
前回来られなかったロクちゃん含め半分の4人が初「しみず」さん。
BlogPaint


はい、乾杯!
P1120272


種なし巨峰の白和え。
下には湯葉。
上には利尻の雲丹。
P1120274


蕪の冷製ポタージュ。
P1120278
P1120279



ここから日本酒。
「大信州 秋の純米吟醸」。
P1120281
P1120283
P1120284



北海道 仙鳳趾の真牡蠣のオイル漬け。
P1120288



枝豆。
P1120289



長崎 五島列島のイサキ。
一週間熟成。
P1120291



北海道 余市の天然ぶり。
この日のために大将が仕入れてくれたスペシャルの一品。
P1120293
P1120296

すごい脂のり!
見てるだけでたまららん。
P1120298
P1120302

こんだけ脂のってても、さらりさらりと溶けていきます。
質がいいんだよなあ。
とびきりのブリ、食べさせていただきました!
P1120308




のどぐろの「バッテラ」。
めっちゃ美味いんですけど!
一本、お持ち帰りしたい!
マジに美味いなあ。
ガリ、かんぴょう、胡麻が使われてます。
P1120310



松茸の土瓶蒸し。
土瓶蒸しは今シーズン初かな。
P1120313
P1120318
P1120319

松茸、鱧。車海老の黄金トリオ。
P1120323



「富久長 純米吟醸 秋桜(こすもす)」。
この前にも「加茂錦 荷札酒」もちょっといただきました。
P1120322



北海道 秋鮭。
木の芽醤油で。
トロを佃煮にしたものが挟まれてます。
これは美味しいわ~
お酒がクイクイ進む進む。
P1120326



子持ち昆布のフライ。
P1120330
キュウリの味噌漬け、(これも旨い!)
子持ち昆布の上にはカツオ節。おかかです。
P1120331

僕が唯一、子持ち昆布が美味しいと思う食べ方がこれ。
ぷちぷち、たまらんね。美味しい!
おかかもいい味です。
初めて「しみず」さんに来たとき、
揚げ物(そのときは天ぷら)はいらないんじゃないかな?
って思ったけれど、前回の里芋のコロッケも美味かったし、
これなら揚げ物あったほうがいいな!
P1120334

ここでもう一杯生ビール。
僕は、ビールはほぼ最初の一杯だけなんだけれど、
途中で生ビールを飲むときは調子がいいってことです。
P1120339



鴨ロースとスルメの干物。
鴨は噛めば噛むほど味が出る。
ずっと咀嚼していたい。
喉の奥に入っていきそうなのを戻してもう一回楽しんじゃった
P1120340
ホタルイカかと思ったら小さいスルメ。
最初は硬いけれど、ちゅぱちゅぱしてると柔らかくなってきて
グングン味わいが出てきちゃう。
いやはや、たまんね~
P1120345




さあさあ。
こっから握りです。
鹿児島 出水の新いか。
おお、天使の柔らかさ。
P1120348


新いかのゲソ。
ほんの数秒ボイルしてあります。
トロトロとコリコリの競演がすごいな。
大好きだ、これ。
P1120353



コハダ。
P1120356



まぐろのヅケ。
ああ、めっちゃ美味い!
「しみず」さんのヅケは煎り胡麻すって酢橘かけて。
僕の「ヅケ」人生(?)でも最高ランク!
P1120359



筋子。
大きな筋子!
今年は高いらしい。
大将、大丈夫なのか?って心配になる
P1120362
P1120365

筋子の握り!
呆れるほど美味い!
参加メンバーの女子軍団が騒ぎまくってました。
気持ちはわかる(笑)
P1120369


甘海老。
特大サイズ。
前回も美味かった甘海老。
大きいからこその、この濃さ、甘み、ねっとり感。
P1120377




玉子。
P1120383
甘めです。
僕はこれでいいと思う。
好きな味です。
P1120385



とろ。
時間かけて常温に戻してあります。
この丁寧な包丁の入れ方。
P1120388


「八鹿 本醸造辛口」。
これは覚えてないな。
P1120393



長崎 対馬の穴子。
ふわとろ。
もう、美味いって言うの疲れたわ。
P1120397



かんぴょう巻。
海苔にホンの少し醤油をつけてあります。
P1120399



味噌汁。
P1120407
P1120409


大将、女将さんとも乾杯!
女将さんは和服姿。
お似合いです。
お店の雰囲気も上がりますね。
BlogPaint


はい、記念撮影。
BlogPaint

初回より前回。
前回より今回。
しっかり右肩上がりの内容、満足感。
今後、ますます予約が取りにくくなってくるだろうな。

僕は次回は友人S先生の貸切会のお席に参加です。
そして、S先生は流石なんです。
普通の貸切ではありません。
通常のおまかせとはちょっと違った趣向の貸切会なのです。
「しみず」さんのスキルを思う存分に発揮してもらいましょう!
ああ、めっちゃ楽しみだ!

今回の貸切会のメンバーの皆様ありがとうございました!
また、次回よろしくお願いいたします!
「鮨 しみず」大将、女将さん、ありがとうございました!



PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    御注意を。


店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

6月中旬に伺って、とても好印象だった、
新栄の「鮨 しみず」さん。

予定通りに「貸切」で2回目の訪問と相成りました。
初訪問からちょうど一ヶ月後の7月中旬。
なんで「予定通り貸切」かというのは前の「鮨しみず」さんの記事読んでください
P1060544
P1060548
嬉しい「おまかせ8000円一本勝負」!
ちなみにこの日もお酒いれて一万円でお釣りきました。
間違ってないよね?って2回確認したからね!
素晴らしいで!
P1060547


友人たち合計8名です。
はい、乾杯!
BlogPaint



P1060554
アワビの水貝。
コリコリ。
サクランボはいらないかな。
P1060558


北海道の鰯の海苔巻き。
P1060561
P1060565


日本酒。
まずは「春霞」。
そのあと「仙禽」。
P1060568


茶碗蒸し。
P1060569
北海道昆布森の雲丹乗せ。
P1060572
トウモロコシの茶碗蒸し。
最近僕はトウモロコシLOVERです。美味しい。
P1060575


鱧とジュンサイ 土佐酢のジュレで。
P1060578
P1060581



軽く〆たサバ。
粒マスタード。これ旨いよ。
P1060582


きゅうり。
P1060584



ミンククジラの赤身。
けっこう脂乗ってます。
P1060589
P1060591



しらす。
P1060593



のどぐろの稚魚。
小さいけれど脂乗って美味しい。
カリモリもいいな。
P1060597



里芋のコロッケ。
これ旨い!
前回、揚げ物は天ぷらでしたが
ちょっとベチャっとしてたのが気になったけれど、これはGOOD。
P1060598
P1060599


篠島のタコ、イチジク、静岡のさのトマト。
P1060601



ここから握りです。
P1060606


「黒龍 特吟50」。
P1060607



いか。
美味い。
P1060610


真鯛 昆布〆。
これも美味い。
ここらで気づきました。
前回よりシャリが美味いです。
P1060614


新子!
おお!新子ちゃん!
この時点で今季3軒目の新子でした。
ちょっと大きい2枚つけ。
でも、優しい味わい。美味い新子です。
P1060616



甘海老。
一匹でも握れそうな大きな甘海老。
甘み、味が濃い!
P1060623



赤身ヅケ。
ボストン産。これも美味い!
P1060626



イクラ。
P1060629



玉子。
P1060631



とろ。
時間かけて常温にもどしてあります。
P1060632
ねっとり。
ああ、ねっとり。
まぢウマ。
P1060636



穴子。
P1060641



かんぴょう巻。
P1060643



揚げ茄子の赤出し。
P1060649


シャインマスカットのぜんざい。
P1060651

お鮨食べてる途中で大将に尋ねました。
「シャリ変わりました?」
「酢の配合は同じですが、水加減が納得いくようになりました」
なるほど!
前回も美味しかったんだけれども、
シャリがちょっと崩れやすかったりしたのが気になったんです。
絶対にお鮨は今回のほうが美味しいもん!



お鮨の写真撮れるのも、こうやって記念撮影できるのも「貸切」のおかげ。
これいい写真だなあ。
BlogPaint

現在予約時間は18時と19時半だったかな?(定かでないので確認してください)
という2回制になったそうです。
バラバラと来店時間が違うとお客さんをお待たせすることが多くなるから、
とのこと。

それにしても。
開店して一ヶ月半(7月中旬時点)でもうすでに予約が取りにくくなってるようです。
想定してたより早いな
帰りに次回の予約するお客さんが多いそうです。
繁盛店のパターンだね。
しかも「貸切」がチラホラ。
なんでかな(笑)
嬉しいけれども、ちょっと複雑な気分(笑)
ってことで、
僕も次回の「貸切」の予約済みです。
「鮨 しみず」さんは永久貸切利用です

今回、ご一緒してくれたみんなありがとう!
またよろしくね!
「鮨しみず」大将、女将さんありがとうございました!
またよろしくお願いいたします!


PS。「鮨 しみず」さんは通常 「店内写真撮影禁止」です。
    御注意を。



店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368

新栄の「吉い」さんのお隣。
有名天婦羅屋さんが移転したあとに
新しく入ったのがお鮨屋さん、と聞いてはいてもたってもいられません。
さっそく、お邪魔してきました。
6月1日に開店された、
「鮨 しみず」さん!
P1020804
P1020807

とりあえず予約したので、金額とかは全く知りませんでした。
「おまかせ 8000円」!
おお、なかなかお値打ちな設定です!
P1020808


ずっと東京で修行されてたという34歳の大将。
奥様とお2人での営業です。
店内はカウンター席8席のみ。
客席は以前のお店のままとのこと。
P1020811



山口県のヤリイカと雲丹の素麺仕立て。
P1020812
P1020813



イチジク 胡麻和え。
P1020815



P1020821

鮎の茶碗蒸し。
茶碗蒸しに鮎っていうのは初めてだな。
P1020823

ああ、美味しい。
塩がもうちょい抑え気味だということなし。
P1020827



ここから日本酒。
ドリンク類はまんべんなく揃ってますが、
日本酒の銘柄は6~7種ほど。
欲を言えばもうちょっとほしいかな。
P1020830

「伯楽星 純米吟醸」。
P1020833



天然平目。
醤油、昆布醤油、ポン酢で。
P1020837
美味し美味し。
昆布醤油はあまり名古屋では見かけないように思います。
P1020845

エンガワもあります。
P1020846



〆鯖。皮目は炙って。
粒マスタード。
おお、美味し。
P1020851


海ぶどう。刺身のツマ的に。
ぷちぷちおいしい。
P1020852


カツオ。
P1020854
P1020857



白海老とホオヅキ。
P1020859


そろそろ握りかな、と思ってたら、まだまだつまみが出てきます!
鰻の白焼き。
P1020865
めっちゃ脂のり良し。
パリパリに焼かれてます。
ざく切りの長芋も食感良し!
ゴボウも美味し!
P1020867



「黒龍 特吟」。
P1020871
P1020875



天婦羅まで出してくれます。
トウモロコシと平目の昆布〆。
P1020876
素材はいいです。
もうちょいカラッと揚がってたらな。
P1020879



真鯛の肝と白子(甘辛で煮詰めて)
アスパラ、
モッツアレラチーズ(西京味噌で)。
P1020883
P1020886



「醸し人 九平次」。
P1020890



ガリが置かれて、ここから握りです。
それにしても、おつまみ、驚きの10品!
やるなあ。
P1020891



コハダ。
シャリは赤酢。
ずっと東京だったということもあってかな。
赤酢2種と米酢の3種混合とのこと。
名古屋人にも食べやすい赤酢です。
小ぶりで軽めの握り方です。
P1020895



千葉県勝浦の金目鯛。
しっかり脂のってます。
P1020899


三重のトリ貝。
旨い。
P1020901


鯵。
九州の釣り鯵。
身がしっかり締まってて美味しい!!
P1020905


長崎県壱岐のマグロ。ヅケです。
いいヅケ具合。
炒り胡麻すって、柚子がかかってます。
柚子が効果的だなあ。
め~ちゃめちゃ旨いヅケ!
P1020908



イクラ。
P1020914



とろ。
おお、これも美味い!
P1020920



長崎 対馬の穴子。
P1020924



玉子も美味し。
P1020925



かんぴょう巻。
P1020928
かんぴょうにもこだわってます。
しっかりした食感のかんぴょう。
P1020932

味噌汁もついて。
P1020935

黒糖のシャーベット。
これも何気に美味い。
P1020937

めっちゃ好感のもてる大将と女将さん。
とっても美味しくて楽しい充実の2時間でした。
ありがとうございました!
BlogPaint


前のお店の名残。
分かる人には分かると思います。
P1020819

この内容で8000円!
素晴らしい!
魚のレヴェルもとってもいいです。
相当頑張ってられると思います。

高級店にはしたくない、という大将。
おまかせ食べてお酒飲んで一万円くらいまでで楽しんでもらいたいとのこと。
厳しいけれども出来る限りこの金額で頑張りますと言ってくれました。
その心意気や良し!
一発でお気に入りになりました。

でも。
僕にとって問題点が1つだけ。
「鮨 しみず」さん、基本的に写真はNGとのこと。
実はこの日、僕ら2人の貸し切り状態でした。
なので写真OKだったんです。
通常はお客さん同士のトラブルを避けるために写真は御遠慮くださいとのこと。

今後、どう考えてもこの「鮨しみず」さんは繁盛店になります。
間違いありません。
なのでこの日のような1組だけの貸し切り状態はありえないと思います。

ならば。
唯一の写真を撮らせてもらう方法は。。。(笑)

ってことで次の予約完了しました!
今から楽しみにしています!

PS。
近い将来、
僕ら2人だけの貸切の日があったなんて語り草になるだろうな。


店名
鮨 しみず
住所 名古屋市中区新栄2丁目8-13 シャトー秋月
電話番号 052-684-7368




このページのトップヘ