antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「睦月」

このブログ見てくれてる方々にはもうお馴染み。
名鉄 常滑線の「上ゲ」駅。

またまたやってきてしまいました。
3月初旬のことです。
P1710286


今、僕が一番行ってるお鮨やさん。
「睦月」さん!
この日は雨だったかな。
P1710188
P1710190


はい、乾杯!
今回はいつものメンバーです。
Wさん、ザイルKさん。
P1710191


この日のネタケース。
P1710192
P1710193



蕗のお鮨と里芋。
P1710195

手前は蕗味噌。
これがまた美味しいんです。
P1710196



ガリ。
おつまみにもちょうどいいガリ。
P1710197



ブリの炭焼き 辛み大根。
P1710198



立て続けにちょこちょこ出てきます。
こういうの好きなんです僕は。
P1710200

三河の浅利。
P1710202



早く日本酒にいきたくって!
「田中六五」。
P1710205



酒蒸しの出汁。
これが美味しくって~
優しい甘さが押しよせます。
酒と少量の塩だけというので、この甘さは浅利の甘さか。
P1710207



地物の鰆&太刀魚。
P1710209
P1710210



平貝に明太子ソース。
これ、お酒がススんじゃう。
P1710213



「義侠」。
P1710215



タケノコ。
P1710217



ホタルイカのなめろう。
以前もいただいたんですが、そのときと微妙に柔らかさが違うので
大将に尋ねると、
ホタルイカのワタの大きさで柔らかさが変わって、
大きいと柔らかくなるとのこと。
今回のは小さめだったわけだな。
P1710219

でも美味しさは変わらず。
酒がススム。
P1710221



天ぷら。
シラウオとそら豆。
P1710223

サックサク。
侮れん美味しさ!
P1710227



「華鳩 純米」。
P1710225



鰆の醤油漬け。
「睦月」さんのスペシャリテともいえるつまみ。
桜で燻してあります。
P1710229

一口でいかずにちびちび味わうべし。
P1710230



蕗味噌だったかな。
だとしたら最初にもらったのが美味しかったからだね。
P1710232



「日高見」。
WさんとザイルKさんがガンガン日本酒いくので
僕も負けてられないんです
P1710234



もう1回、鰆の醤油漬け。
美味いからリクエスト。
P1710236




さあ、こっからお鮨です。
キス。
P1710240



「宮の松」。
P1710242



車海老。
P1710244



地物のサヨリ。
昆布〆です。
P1710248




大将の大きな手からの手渡し。
P1710250

金目鯛。
ねっとり感ハンパなし。
なかなかないぜ、ここまで美味い金目は。
見事な金目!
P1710253



スミイカ。
これまた食感がたまんない。
剣先イカのねっとりとは全然違う。
サクサクサクって感じ。
P1710256



穴子。
P1710263



コハダ。
これ絶品。
めっちゃ美味いコハダ。
間違いなく以前より美味しくなってます。
皮部分も柔らかくって酸っぱさが残りません。
酢で〆てあるんだから当然酸っぱいんだけれど、甘い酸っぱさというか旨い酸っぱさ。
最後に魚の甘みもやってきます。
進化した「睦月」のコハダ。
独特の〆方をしてるんだとか。
大将は研究熱心だからなあ。
P1710264



いかめし。
シャリにイカのワタが混ぜてあります。
P1710268



最後は「鍋島」。
この一杯で半合分なのでこの日は3合飲んだことになります。
P1710269



さっきのコハダを試しに赤酢のシャリで。
(「睦月」さんは米酢のシャリと赤酢のシャリを2種使いわけてます)
これは酸味がガ~って走る感じ。
ずっとコハダ食べてるような。
美味しいけれど、やっぱ最初の米酢のほうがいいな。
シャリって面白い。
P1710271



かんぴょう巻。
P1710274



玉子。
P1710275



味噌汁も美味し。
P1710280



杏仁豆腐。
P1710281



「上ゲのジョージ・クルーニー」大将と恒例の一枚。
BlogPaint

この時にも「ミシュラン」の話をしたんです。
「睦月」さんにも来たってことだったから。
☆取れたらいいね!って。
そして見事に「ミシュラン愛知岐阜三重 特別版」☆獲得!
大将も嬉しかったでしょうが僕も嬉しかったなあ。
よくぞこの「上ゲ」のお鮨屋さんを見逃さずしっかり評価してくれました。

今後、名鉄「上ゲ」駅の利用者も多くなるんでしょう。
僕も足繁く通います。
「睦月」大将、☆獲得おめでとうございました!



店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185



P1650650

「上ゲ」。
この写真見れば、このブログ見てくれてる方には一発でわかりますよね。

名鉄「上ゲ」駅、徒歩1分。
「すし処 睦月」さん!
P1650653
P1650655


いつもは日曜の夕方18時に伺うのですが、
この日は木曜日の19時。
P1650656

はい、乾杯!
P1650657

この日はカウンター席を6人で貸しきり。
「規格外のお医者さん」T先生の御希望で予約させていただきました!
P1650658


ガリ。
おつまみで食べても美味しい。
P1650659


蕗の寿しと里芋の田楽。
味噌は蕗味噌。
P1650660



すぐに日本酒。
「田中六五」。
P1650664


蓮根まんじゅう、だったかな。
P1650667


鰆の醤油漬け、
〆鯖。
両方とも藁で燻してあります。
P1650669

鰆は「睦月」さんのスペシャリテ的な。
P1650671



自家製カラスミ。
生と炙ったもの。
P1650673


日本酒がススムから困るんです。
特に僕は前半飲むのが早めなんです。
「義侠」。
P1650675



鱈の白子。
出汁で温かく。
オヤジ殺し!だけど美味いからなあ~なんだか悔しい(笑)
P1650676



あん肝。
カラスミ、白子、あん肝!ヤバイの3連発!
ポーションが絶妙だからイケちゃうんだよな。
このあん肝も壮絶に美味いよ。
P1650680



天ぷらを少しだけ。
このポーションがニクイ。
P1650683
P1650685


そら豆。
P1650689

車海老をたたいてタケノコ(鹿児島産)に挟んで天ぷらにしたもの。
サクサク!
そして、めっちゃ美味し!
美味いお店は天ぷらもこんなに美味いんだ!っていうお手本。
P1650690



いかめし。
シャリはイカのワタで和えてあります。
P1650693



「鍋島」。
「睦月」さんでの日本酒は半合で出してくれます。
これがまたちょうどいい分量。いろいろ飲めます。
P1650696



鰆。
P1650697



ここからお鮨。
車海老。
P1650700



帆立を煮たやつ。
P1650703



スミイカ。
シャリも小さめ。
P1650708



「日高見」。
P1650709



ブリ。
これが今日イチの美味さ!
P1650710

脂のり、甘み、最高!
炙ってあるので、香ばしい香りが鼻から抜けていきます!
美味い美味い美味い!
P1650714


鯖寿し。
これも美味い。
ちなみに「睦月」さんはシャリは2種類を使いわけます。
さっきのブリとかこの鯖は赤酢のシャリ。
P1650716



地の平目。
これまた美味し!
これは米酢のシャリ。
P1650722



穴子。
地の穴子です。
大将は脂が落ちてきてるって言ってたけれどしっかり美味しいよ。
P1650724



さっきの平目のエンガワ。
大きいです。
4キロ越えの平目です。
P1650729

エンガワ独特の歯応えしっかり。
美味し。
P1650738



ブリをもう一貫!
P1650731

美味い鮨は何貫食べても美味い。
当たり前か。
P1650735



「ほしいずみ」。地元知多のお酒。
P1650741



甘海老、昆布〆。
たまらぬ旨み。
P1650744



地もののキス。これも昆布〆。
P1650747



戸井のマグロ。
トロです。
「睦月」さんではマグロが出ないことが普通にあります。
こうやって一貫でるほうが珍しいくらい。
細巻でちょっと使うくらいかな。
高価なマグロをあえて使う必要ないって大将が考えてるからです。
P1650754



太巻き。
この日は「ガッツリコース」かも。
T先生がいるからね(笑)
太巻きが美味しいお鮨やさんはいい鮨屋です。
P1650756


最後に鉄火をちょろりと。
P1650759
P1650760
P1650764
P1650766


杏仁豆腐。
P1650769


記念撮影。
BlogPaint


T先生と2人で。
1月だったけれどT先生はいつも半袖!
BlogPaint


照れる「上ゲ」のジョージ・クルーニー。
P1650777

この日も最高に美味かったです。
「いままでで今日が一番いいんじゃない?」って大将に言うと、
「いつもそう言うじゃん」って。
うん、言われてみれば(笑)
だって、毎回そう思うんだもん

T先生は以前、何回か来られてたそうですが、
今回、久しぶりの「睦月」さん。
もう次回の予約も入ってます。
僕は、定期的な日曜日の訪問との2本立てで「睦月」さんに伺います。
今後、今まで以上に「睦月」さんネタが多くなりそうです。
名古屋から一時間以上かかるのに、
一番定期的に通ってるお鮨やさんです。
大将、今後もよろしくお願いいたします。

「規格外のお医者さん」T先生、また次回もよろしくお願いいたします!
この日、ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!
また次回もご一緒かな。
そのときはよろしくお願いいたします!


店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185


名鉄 常滑線の「上ゲ」駅。

この写真のときは。
もう決まってます。
P1610154


ここしかありません。
「すし処 睦月」さん!
いつものように、日曜日の午後6時。
P1610155
P1610159


いつもと違うのは僕が座った場所。
P1610163

この日は大将の左側に座らせてもらいました。
P1610162


いつものメンバー。
驚異の鮨通、Wさん、
最近「睦月」さんでしか会えないなあ、Aさん、
いつも一緒(笑)ザイルKさん。
はい、乾杯!
P1610165



セイコガニ。
(ちなみに、これは12月上旬です)
P1610170
P1610169



自家製豆腐。
P1610172
P1610175

温かい豆腐を湯豆腐風に。
なにげにめっちゃ美味しいし。
P1610176



日本酒。
「田中六五」。
この秋から(昨年の秋です)僕のなかで大きい存在になった「田中六五」。
このブログ見てくれてる人には分かってもえらえると思います。
P1610180



氷見のブリ。
P1610183

炭で炙って辛味大根で。
P1610185

ヅケにして山葵で。
こういう食べ方は「睦月」の大将、上手です。
P1610186


ガリ。
P1610191



太刀魚の西京焼き。
P1610192



鱈の白子。
出た出た、オヤジ殺し。
「上ゲ」でも出やがったな(笑)
P1610195

出汁で温かく。
旨いから腹が立つ(笑)オヤジ殺しのくせに。
P1610196



「瀧」。佐賀のお酒。
P1610197



いかめし。
P1610198

イカのワタにご飯を混ぜて。
P1610202



絶品のひと品。
P1610207

日間賀のフグの上にあん肝酢が乗ってます。
P1610212

あん肝酢をフグによく絡ませていただきます。
このあん肝酢が、死んじゃうくらい美味しい!
これヤバイっしょ!
あん肝は基本好きじゃないのに、これめっちゃ旨いんだもん!
後引くわあ~
P1610215



鰆の醤油漬け。
P1610216

「睦月」さんのスペシャリテ的な鰆。
これをチビチビやるのが好き。
P1610217



そうしたら!
なんとさっきのあん肝酢ふたたび!
あんまりウマイウマイってバカオヤジが言うので煩くなった大将がくれました!
あざっす!
今度は赤シャリにあん肝酢!
P1610219

赤シャリにもドンピシャ!
旨いよウマイ!
シャリがなくなったら、追いシャリしてもらって、
きもがなくなったら追いきもしてもらって。。
永久にやってられそう(笑)
P1610223



「鍋島」。ススムよススム。
P1610224



平貝に明太ソース。
これもまたお酒が進んじゃうじゃん!
P1610227



ブリ。
ヅケにした氷見のブリを炙って山葵で。
P1610231

ウマイよなあ、絶対。
それにしてもこのポーションが憎らしい(笑)
P1610233



「日高見」。
ホント酒がススムよ。
P1610235



ここから握り。
イカ。美味し!
P1610240


車海老。美味し!
P1610243


昆布〆したキス。美味し!
P1610249



豆鯛。
P1610255

これはシャリが温かめです。
めちゃ美味し!
P1610256

Aさんに手渡しする「上ゲのジョージ・クルーニー」。
BlogPaint



ガリ。
たしか最初に出してくれたガリとはちょっと辛さが違ったと思います。
P1610260



鯖。
ゲキウマの鯖寿し。
P1610261

昆布の甘さがほわほわはわ~って口の中に残ります。
美味いなあ。
P1610264



「勝駒」。
P1610267



地の穴子。
P1610268



地の小鯵。
P1610276



いくら。
P1610279
P1610281



かんぴょう巻。
P1610285



ジョージの横顔。
P1610290

太巻き。
玉子が美味いから太巻きも必然的に美味いのだ。
P1610295



鯖の腹。
ヤバいな、この脂。
P1610299


P1610301

杏仁豆腐。
P1610304



ブリの腹部分。
氷見のブリの腹。
脂乗りすぎくらい!
すっごい美味しい!
なんでこのタイミングで出してくれたのか忘れちゃったけれど、
(追加でもう一貫!とかだったかな)
なんで最後の最後にこんな美味しいの出すのかね?
後引きすぎです(笑)
P1610309



みんなで一枚。
マスクしてますけど女将さんも一緒に。
BlogPaint

外まで御見送りくてくれた「上ゲのJ・クルーニー」大将。
P1610314

「氷見のブリ」にやられた日でした。
美味かったです。

ないときのほうが多いですが、
この日も「マグロ」「マグロのとろ」はありませんでした。
赤くて目立つネタを使わなくっても、
こんなに満足させてくれるお鮨やさんは、僕は「睦月」さんしか知りません。
自宅から約90分かけて来る意味がここにあるんだよなあ。
今、一番定期的に通ってるのが「上ゲ」の「睦月」さんです。
帰りに必ず次の予約入れて帰るからですけど(笑)

今年は僕は、今回のいつものメンバーとの会と、
もうひとつのメンバーの貸切会の2本立てで伺うことになってるんで、
益々「上ゲ」まで行くことが多くなると思います。
楽しみがいっぱいです



店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185

8月中旬。

17時55分着の名鉄電車で、武豊町の「上ゲ」駅へ。
このお店がなかったら一生、この駅で下車することはなかったろうな(笑)
「鮨処 睦月」さん!
P1480372

早くも今回で5回めです。
P1480374
P1480375


この日のネタケース。
P1480376
P1480377



はい、乾杯!
いつものWさん、AさんにザイルKさんも初参加。
P1480379



穴子の干物。
P1480381

弾力あって、ザクザクっていう面白い食感。
P1480383



祖父江の銀杏。
P1480385



佐賀県の「瀧」という日本酒。
これで半合あります。
P1480388



新物の秋刀魚。
上には秋刀魚もワタ。
ワタがたまらん。苦美味いんです。
P1480389



気仙沼のカツオ。
P1480392

和辛子とねぎ生姜。
何日か寝かせてあるのかな、ねっとり美味い。
P1480393


茗荷味噌。
茗荷、ねぎと武豊の味噌。
ご飯に合うな。
ご飯の替わりに日本酒で。
P1480398



いつものやつ。
鰆の醤油漬け。
これがなくっちゃ!
「一年中出します」BY大将。
P1480404



「華鳩」。広島のお酒。
P1480405



のどぐろ。
手前はガリ。(生姜の軸の方)
P1480407



お浸し。
P1480410



最初、何か分からなくて。
見た目は蟹味噌っぽいんだけれど。
食べるとなんか苦美味い。
なんと、鮎!
鮎を丸ごと炊いて裏ごししたもの。
苦く感じたのは鮎の肝だったのだな。
P1480413



ガリ。
「睦月」さんのガリは美味い。
P1480414



「勝駒」。
P1480416



秋刀魚のワタ、再び。
3品めにいただいた秋刀魚のワタが超旨かったのでリクエスト。
日本酒がススムわけだわな。
P1480417



平目の昆布〆。
P1480423




佐賀唐津の赤雲丹。
「上ゲ」のJ・クルーニーの手は厚くてデカイんです。
P1480429
P1480431

口に旨みの余韻を残しまくって雲丹はあっという間に蕩けます。
P1480432



これはなんだったかな?
P1480437
P1480434



「日高見」。
P1480440



車海老。
シャリは赤酢と米酢のものを使いわけます。
P1480442



ガリの食べ比べ。
奥が通常のガリ。
手前が、のどぐろについていた軸のほうを使ったガリ。
こっちのほうが生姜の風味が強くて辛めです。
P1480447



剣先イカ。
P1480452



シャコのツメ。
これ昔から好きです。
P1480454



「宮の松」。
P1480459



シャコ。
P1480460

もう一枚シャコの写真があったからもう一貫食べたのかな?
P1480463



鯵でしたか。
P1480470



キス。
P1480473



豆鯛。
大将いわく「安いネタです」
でもめっちゃ美味い。
めっちゃ美味い!
P1480475



穴子。
P1480478



ここらで乾杯!
BlogPaint



帽子をちょいと斜にかぶる、いなせな「上ゲのJ・クルーニー」。
P1480487


かんぴょう巻。
P1480489


太巻き。
P1480495


あまりマグロは使わない「睦月」さんですが。
P1480499
P1480501


あまりにも美味かったので、豆鯛、追加!
P1480504



杏仁豆腐。
これもきっちりウマイ。
P1480509


恒例になりました、記念写真。
BlogPaint


このブログ見てる人なら知らない人はいないだろう「上ゲ」。
P1480516

この「上ゲ」の駅から歩いてすぐってことも「睦月」さんのいいところ。
帰りの電車も21時、21時半ってのがあって、
名古屋に帰るのも計算しやすいからいいんです。
だいたい21時に乗って帰るんですが、
この日は大将とお話してたら21時過ぎちゃって21時半に乗りました。

僕の友人の方々もこのブログ見て「睦月」さん行く人が何人かいて、
皆さんにもとっても高評価いただいてます。
次回は12月。
今から楽しみにしています!


店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185

4月の終わり。
名鉄乗って「上ゲ」へ。
このブログ見ててくれる方にはもうお馴染み。

それにしても、8月なのにまだ4月分書いてます
P1380278


「上ゲ」といえば、ここしかありません。
「すし処 睦月」さん!
P1380188
P1380191


本日のネタケース。
P1380221

の向こうには、鯉のぼり。
P1380220



いつもと同じように友人のWさんと。
乾杯の写真はピンボケでした。
P1380192



いきなり小どんぶり。
P1380194

三河大島のあさり使ったあさりご飯。
P1380197

一口そのまま食べたあと、
海苔の入ったとろろをかけます。
P1380199

海苔の香りととろろで美味さ倍増!
美味いわ、これ!
P1380200



タイラギと本ミル貝。
左がタイラギ。明太子ソースが乗ってます。
パッと見、はんぺんかと思った(笑)
右上がミル貝の身、
下がミル貝のワタ。
これ、どれもめっちゃ美味い。
やっぱ、酒好きの大将らしい酒のアテです!
P1380206

日本酒はよ!
ってことで、最初は、、なんだったか忘れちゃったけど。
ちょっと大きめのぐい飲み、これ一杯で約半合。
P1380208



鰆の醤油漬け。
「睦月」さんの定番。
これが出ないと寂しいもん。
P1380210



のどぐろ。
P1380213

しっかり脂乗ってます。
P1380215



サザエと長芋のおろし和え。
P1380217

サザエの肝。
ちょっと苦めなので、上の和え物には入れずに。
P1380219



「睦月」さんは酒がススムんです。
友人のWさんは最初っから日本酒グイグイいってますからね
「鍋島」、
「日高見 純米」
「日高見 超辛」って流れ。
P1380223



天ぷら。
串アサリ、
そら豆、
太刀魚。
P1380226

三河のあさりをそのまま天ぷらに。
知多方面(亀崎)の名物料理。
P1380227



美味しガリ。
P1380229



蕗ご飯と里芋の田楽。
味噌は蕗味噌。
前回もいただきました。
名残ってやつです。
P1380230



鯖寿し。
「睦月」の大将が福岡の某鮨屋さんで食べた鯖の棒寿しが美味しすぎて、
それに近づけようとして作った鯖寿し。
「時季の割りに脂乗ってます」。
たしかに、しっかり脂乗ってて、めっちゃ美味いよ!
美味い鯖寿しいただくと、いつも後引いて困っちゃう!
P1380232



車海老。
P1380238



れんこ鯛。
桜で〆てあります。
P1380240



トリ貝。
P1380244



この日は穴子がいいのがなかったとのことで、
ホタテ。
柔らかく煮てツメで。
P1380248



金目鯛。
P1380249



マコガレイ。
P1380255



スミイカ。
たくさん包丁入れてます。
なかにはイカワタが忍ばせてあります。
P1380259



中とろ。
「睦月」さんは無理にマグロは使いませんが、
この日は珍しくありました。
ってことは、美味しい!ってこと!
P1380260



ついでに、とろ鉄火!
P1380264
P1380265



かんぴょう巻。
P1380268
P1380271


玉。
P1380273


杏仁豆腐。
P1380275


最近は写真にも慣れてくれたかな。
とってもいい笑顔の「上ゲのジョージ・クルーニー」こと「睦月」の大将。
BlogPaint

今回で4回目の「睦月」さん。
お店以外でも大将とは一緒にご飯食べにいってるから、
まだたった4回とは思えないくらい
つまみもお鮨も美味しいのはもちろん、
大将の人間味あふれたお人柄が好きなんだよなあ。

5回目の訪問がもうすぐ。
大将を悔しがらせる東京の土産話をするのが楽しみなんです
大将、待っててね~!


PS。 Wさん、いつもありがとうございます!
    東京もうすぐですね。
    暑さに負けず、食い倒れましょう!


店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185

1月のある日曜日。
またまた名鉄乗って、知多郡武豊町の「上ゲ(あげ)」駅へ。

ここに降り立つのは、
もちろん「武豊の奇跡」にお邪魔するためです。
P1270222


「すし処 睦月」さん!
P1270224
P1270226


これで僕は3回目。
いつものように友人Wさんの予約の席です。
P1270231
P1270230


しかも今回はカウンター席を9人で貸し切りです!
P1270229


はい、乾杯!
国際センター「鳥つる」の大将つるちゃん、
「鳥つる」さん、「すぎ」さんの常連さんのYちゃん、
ご存知リーゼント大将。
BlogPaint

「桜びより」の看板娘 あ~ちゃん、
「ビストロ横丁」の店主タケちゃんご夫妻、
予約取ってくれるWさん、
僕ら、の9人。
P1270236



蕗のお寿し&里芋の田楽。
味噌は蕗味噌。
おお、なんかいい立ち上がり。
P1270238



鰆の醤油漬け。
うん、これがないと寂しいもんね。
絶品の鰆の醤油漬けです。
日本酒が欲しくなる。
P1270239


この日は「佐賀県」のお酒が多かったです。
「睦月」の大将は九州好きなので、自然とそうなるみたい。
P1270243


ホタルイカのなめろう。
P1270245

これはヤバいくらい旨いです。
酒もってこ~い!ってなっちゃうくらい旨い!
P1270247


大根のガリ。(だったと思う)
これはつまみ用。酒呑み用です。
握りの前には生姜のガリを出してくれました。
「睦月」さんはガリもひたすら美味いからね。
P1270250



カワハギ。肝和え。
もう完全に日本酒用の流れ。
P1270253



太刀魚の西京焼き。
P1270256



お凌ぎ的な。
P1270258

タケノコご飯!
P1270260
P1270263



自家製カラスミ。
P1270267
P1270268



これは、おからだったかな?
P1270270



天ぷらも登場。
P1270276

三重県の白魚とそら豆。
P1270277

サックサク。
流石だな。美味しいよ~
どんだけでも食べれる。
P1270279

そら豆も侮れん旨さなのだ。
P1270282



ぶり!
左は辛味大根が入ってます。
P1270284

こっちはヅケ。
ヅケは濃いめです。
でもこれがたまんないんだよなあ~
おそらく僕らが酒呑み集団だと思って酒呑み用のつまみを用意してくれたんだと思う。
P1270285


「松浦一 純米酒」。
これも佐賀県。
初めて飲みます。
P1270290


いい関係です
P1270293



ここからお鮨。
鯖。
これが美味くないはずがない!の典型。
もっと食べたいよ。
P1270296



鰆。
まったり。
うんまい。
P1270298



車海老。
P1270303



これは鰆だったか、ぶりでしたか。
残ってるのを大将が出してくれました。
P1270313



金目鯛の昆布〆。
シャリはネタによって米酢と赤酢のものを使い分けてます。
P1270320



スミイカのワタ(だったと思う)。
P1270327



ホタルイカのなめろう、再び!
また旨い旨いって言ってたら、大将が笑いながら出してくれました!
分かってるなあ、大将!
P1270329



穴子。
P1270331



春子鯛。
P1270336



カワハギの肝。
P1270339



甘海老。
P1270343



かんぴょう巻。
P1270346



玉。
P1270349



雲丹細巻。
P1270351



味噌汁。
P1270355



太巻き。
これもうみゃあ。
P1270363



とろ細巻。
これはリーゼント大将が追加でお願いしたんだっけな。
だったら僕もください!的に
「睦月」さんはマグロに関しては使ったり使わなかったり。
いいものは金額も高くなるので、無理には使わないようです。
P1270369


ひと段落したところで、大将とも乾杯。
BlogPaint



杏仁豆腐。
P1270377



「上ゲのジョージ・クルーニー」と記念写真。
BlogPaint

アングルが今イチとのことでもう一枚。
でもタケちゃんがトイレいっちゃった。
BlogPaint

「上ゲのジョージ・クルーニー」とリーゼント大将は初対面ですが、
何故か、地元の〇〇〇の話で盛り上がってました。
「〇シ〇」とか、「〇ブ」とか。
それをふまえて上の写真見ると、お2人の座り方に妙に納得がいったりして!(爆)

気の置けない友人たちとの素晴らしい宴でした。
楽しかったなあ。
名古屋駅からおよそ50分。
京都行くより遠いけど(笑)(運賃は安いよ)
遠足気分でのんびり行くのも悪くないんです。

次回を今から楽しみにしてます!
ご一緒だった皆さん、ありがとうございました!
Wさん、いつもありがとう!
大将、またよろしくお願いいたします!



店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185


またまたやって来ました。
名鉄常滑線「上ゲ(あげ)」駅。

こちらに住んでみえる方以外で
なかなか名古屋から降り立つ人はいないんじゃないかな。
このお店に行く人以外は。
P1160229


「すし処 睦月」さん!
「上ゲ」駅から徒歩2分。
時間は夕方6時。
前回訪問時は夏だったのでまだ昼間のように明るかったですが、
同じ時間でも、まったくお店の雰囲気が違って見えます。
P1160119
P1160120

P1160128


前回同様友人のWさん、Aさんとうちの嫁さんも入れて4名です。
はい、乾杯!
P1160124


P1160126
P1160125



銀杏。
P1160130


秋刀魚の炙り。
ワタが乗せてあります。
P1160132



すぐに日本酒にシフト。
半合ずついただきます。
P1160136

最初は「義侠 純米原酒60%」。
このあとは「鍋島」「日高見」「ほしいずみ」「勝駒」など。
P1160154



キンキご飯。
P1160138

下にもキンキが敷いてあるのに驚き。
P1160142


カワハギ 肝和え。
P1160144
P1160146

残った肝は指で綺麗に。
P1160148




P1160149

蓮根饅頭。
蓮根のシャキシャキ感も残してあります。
P1160152


鰆の醤油漬け。
ああ、これ前回もめちゃウマだったやつ!
P1160157

奥は端っこでよく味が染みているので手前から。
ああ、ホント美味い。
漬かり方が絶妙すぎるんです。
P1160156



穴子の肝。
なかなか食べる機会のない穴子の肝。
P1160158

ヤバい旨さ。
ああ、もっと食べたいぞ。
でも肝だからなあ~これくらいでちょうどいいのか。。
P1160159



穴子の身を干して焼いたもの。
穴子の干物だね。
P1160162
P1160165



豆鯛の酒粕焼き。
P1160167



激ウマのガリ。
いろんなお鮨屋さんでガリ食べてますが、相当上位ランクの美味さです。
P1160169



新いか。
赤ちゃんのほっぺみたいな柔らかさ。
P1160171



鰆。
少し燻してあります。
これね、ホント美味い。
さっきの醤油漬けに続いて鰆シリーズ。
たまららん。
鰆は「春」っていう先入感しかない人に教えてさしあげたい(笑)
ね、田中さん(すみません完全内輪ネタです)
P1160175



豆鯛。
鰆に続き、つまみと被るネタですが、
美味いんだからまったくもって問題なし!!
P1160179



車海老。
P1160182



イクラ。
ぷちぷち感が心地よすぎ。
海苔のぱりぱりもいいよ~
P1160187



おお!
あっざ~す!
またまた鰆の醤油漬けを出してくれました!
前回も「うまい!」を連発してたら余分にもらっちゃったんだよね。
僕は美味しいものを美味しそうに食べるが唯一の自慢です。
だからもらえちゃうんだな。
P1160189



赤身ヅケ。
大間のマグロ。
P1160191



穴子。
P1160200



コハダ。
P1160202



大間の中とろ。
P1160207



これはたしか、Aさんがカワハギの肝をもらったんだと思います。
P1160209



へへ。
僕もまた、もらっちゃった。
穴子の肝。
大将はお客さんの反応をしっかりチェックしてるんです。
肝だから、オヤジの身体には良くはないけれど、
食べとかないと後悔するからね
P1160212



これなんだったかな?
蟹だったか。
もうこのあたりでは酔っ払ってきてますから。
P1160215



かんぴょう巻。
P1160217



玉子。
P1160219



味噌汁。
P1160220



杏仁豆腐。
P1160223



「睦月」大将と乾杯!
「上ゲ」のジョージ・クルーニーです。
いい男です。
僕が勝手に命名させていただきました。
ちょっとトボけた感じがいい味だしてる大将。
この大将とお話するのもホント楽しいんです。
P1160195


P1160123

この日も大満足の「睦月」さん。
やっぱり「武豊の奇跡」です、この鮨屋さんは。

次回の予約もWさんが入れてくれました。
今度はカウンター貸切り。
L字のカウンターだからみんなの顔が見られるし、絶対に楽しい会になりそうです。
遠足気分で名鉄乗って。
ワクワクするなあ。
今から楽しみにしています。

Wさん、Aさん、ありがとうございました!
次回もよろしくお願いいたします!


店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185

ずっと気になってたお鮨屋さん。
知人の方々から「いいよ!」って教えていただいてましたが、
場所が場所なので、イマイチ躊躇しておりました。

そんなとき、
いろんなお店でばったり遭遇する確率の非常に高い、
知人のWさんとAさんが一緒に行くというので、
ちゃっかり僕もご一緒させていただくことに。

場所は名鉄で知多半島へ。
「阿久比」で乗り換えて「上ゲ」という面白い名前の駅で下車。
そこから歩いてすぐ。
P1060801


「すし処 睦月」さん!
場所はどうあれ、
見た目からして、ちょっと違うぞここは!オーラを感じます!
P1060695
P1060696


無駄なものが一切ないような綺麗な店内。
L字のカウンターと個室、小上がり席もあり。
はい、乾杯!
Wさん、Aさん、ありがとうございます!
P1060698


おまかせのコース1万円です。
ネタケースには新子もあるぞ!
(伺ったのは7月中旬)
P1060701
P1060702


何回も通ってるWさんによると、
少しずつのつまみとお鮨をランダムに出してくれるとのこと。
僕の好きなタイプです。
煮だこ。
P1060700


失念!
P1060703
P1060706



笹に包んだ穴子。
P1060707
実山椒でピリリと。
P1060711



日本酒。
僕的には純米吟醸がもう少しあるということないけれど、
銘柄には十分満足です
P1060722
P1060723

Wさんが大将におまかせで日本酒お願いしてたので僕も右に習え。
最初は「義侠」。
P1060712



イサキの白子。
って初めて。
そうとう立派なイサキなのかな。
美味しい豆腐みたいな味で淡白です。
なんか絶妙な美味さです。
P1060716



のどぐろ。
P1060719
めっちゃ脂乗りよし!
P1060720



イサキ。
煎り酒で。美味しい!
P1060728



ガリ。
このガリ、激ウマ!
P1060730



鰆の醤油漬け。
これ、美味しすぎ!
P1060731
P1060733



鰯の海苔巻き。
P1060735



コチ。
P1060737
P1060739



穴子の干物。
P1060741


さっきの鰆の醤油漬け。
美味しい!って連呼してたら大将がまたくれました!
P1060744



赤雲丹。
シャリは小さめ。
赤酢と米酢の2種類のシャリをネタで使いわけているようでしたが、
この日は米酢のほうが多かったです。
P1060751



新子。
4枚です。
いい時季に来ました。
P1060756



イカ。
なんだかめっちゃ美味しい。
気持ちいい柔らかさ。
「イカをいじめるとこうなります」と大将。
ただ包丁を入れてあるだけではないんだろうな。
P1060763



小鯵。
P1060766



帆立だったかな?
P1060770



「宮の松」、「ほしいずみ」など。
P1060773



キス。
P1060775



穴子。
P1060781



イサキの白子再び!
これも美味い美味いって言ってたら大将がまたまたくれました!
イサキ一匹で5~6切れしか取れないのでお客さん全員には出せないそうです。
お酒を飲むお客さんだけに
P1060784

ほわりとした味の余韻が口に残ります。
P1060787




P1060789

〆は太巻き。
P1060790
P1060793


味噌汁。
P1060797


杏仁豆腐。
P1060798

こちらの大将、食べ歩きが大好きのようで、
お休みには日本全国のお鮨屋さんに行ってるらしいです。
予約困難なお店にも相当行ってるみたい。
そういうお店で見て食べて研究して、
ちゃんと御自分の中で消化して参考にされてるように僕は思いました。
やっぱ、知ってると知ってないとでは全然違いますからね。
そして、大将の醸し出す雰囲気もいいんです。
お話も上手で楽しい明るい大将。
笑顔の素敵な「上ゲのジョージ・クルーニー」です(笑)


このまま、名古屋にもってきたら絶対に予約取りにくくなっちゃうお鮨屋さん。
「武豊の奇跡」みたいなお鮨屋さん。

僕は今後、知人のWさんと同じように定期的に通うつもりです。
ホントいいお鮨屋さんを紹介してもらいました。
すでに名古屋の食通の皆さんには有名なお店ですが、
あまり予約が取りにくくなりませんように(笑)




店名
すし処 睦月
住所 愛知県知多郡武豊町池田2-137-4
電話番号 0569-72-8185

このページのトップヘ