antonグダグダ備忘録

名古屋生まれ、名古屋育ちのオヤジがグダグダ食べ歩いた備忘録です。 おもいっきり素人舌です。 むずかしい事はなしにして、楽しければいいじゃないですか! どうぞよろしく。

カテゴリ:  「味処よこゐ」

暦は3月に突入してますが、
まだまだ昨年の12月のこと。

この日は、独りでグダグダの日で、
一軒めで千種区の「月波」さんに初訪問して(UP済)
そのあと、なにげに気になった開店して間もないお寿司やさんへ。
そこは入った途端、失敗したな、と思ったんですが、
一応ちょっとだけいただいて。
(どことは書きませんがそのお店は今年に入って閉店。開店して8か月だったらしいです)

で。
う~ん。このやるせない気持ちを何とかしてほしい!
って思って、そこから歩いてすぐのこちらへ。
時間は21時すぎ。
ダメ元で覗いてみました。
東区芳野の「味処 よこゐ」さん!
P1620913


いきなりだったので驚かれたようですが、
ちょうどコースのお客さんが帰られるところだったので、
OKですよ、と快諾していただけました!

まあまあ飲んだあとだったし、
リセットしたかったからウーロン茶。
P1620916


ちょっとだけ久しぶりな横井にいさん。
P1620917


ゲソにバジル味噌。
P1620918


やっぱり日本酒。
P1620921

「七田 純米吟醸 無濾過生 五百万石」。
P1620924


「よこゐ」さんにお邪魔するまでの流れを話していたら、
横井にいさんが作ってくれたのがこれ!
P1620926


大根に「がく味噌」。
ひき肉に味噌混ぜたみたいなやつ。
大根の瑞々しさとよく合ってて美味しいです。
P1620934


あん肝。
P1620933


白子。
出た、オヤジ殺し。ちっちゃいけど。
P1620932


それよりもこっち!
お鮨!
嬉しいね~、お口直し的な(笑)
見た目からして違う
八寸で出している鮨とのこと。
P1620928

鯛の昆布〆 2貫。
塩昆布&胡麻と山葵醤油。
ミョウガ。
シャリはちょっと赤酢っぽい。
なんだかとっても美味しいんです、これが。
P1620935



もう一皿!
P1620936


お鮨は両方とも、フグ。
塩昆布とポン酢のジュレ。
ちなみに、「よこゐ」さんはお任せのコース以外に
「フグコース」もやってるらしいです。
もうシーズンオフになっちゃいましたが。
次のシーズンには呼んでほしいな。
P1620941

ホタテの燻製。
お節用の試作として作ったものとのこと。
ちょっと味濃いめですが酒のアテにもなるし、いいよこれ。
P1620942



甘味もだしてくれました。
P1620947


栗のアイス。
遠いところに栗がある感じ。
後から栗が来る。
P1620952


黒糖の寒天。
「〇〇〇」さんの「あれ」を目指した寒天。
以前、「よこゐ」さんで食べたものより間違いなく美味しくなってます。
こういうビンにしたのも訳があって、
美味しければ、お客さんがスプーンでカシャカシャやるので、
その音で美味しかったかどうかも判断できるからって。
なるほどなあ。
P1620954


のし梅。
梅のゼリーみたいなの。
これは、
大阪は法善寺横丁の浪速割烹の総本山「割烹 喜川」でいただいたことあります。
横井にいさんは「喜川」にいたことあるからね。
P1620955

舌の上で転がしながら食べるのが好きです。
P1620957


横井にいさんと。
BlogPaint

急にお邪魔して、びっくりさせてすみませんでした。
入れてくれてありがとうございました!
一時間ちょいでしたが、とっても良い時間を過ごせました。
ゆっくりいろんなお話もできました。
逆にこういう遅い時間じゃないと、そうやって話もできないしね。
横井にいさんが楽しそうに仕事されてるのを見ると嬉しくなります。
暮れ前だったので、お節用の鯖寿しの注文ができたのもよかったです。

次回はゆっくりコースでお邪魔いたします。
どうぞよろしくお願い致します。
でも、この日みたいなのも、とっても面白いんで、
またお願いしたいなあ


店名
味処 よこゐ
住所 名古屋市東区芳野3-2-21
電話番号 052-935-5600

4月中旬。

2月のオープン時にお邪魔してからちょうど2ヶ月。
東区芳野の「味処 よこゐ」さんへ2回目の訪問。
P1370717P1370720


この日は、
僕ら2人と、
岡崎の「懐食 しばた」の大将 柴田さん、
高岳の「割烹 ほその」の大将 細野さん。
P1370722

そして、稲沢の老舗和菓子店の若旦那との5人。
若旦那、近すぎてボケちゃった!ごめんね!
はい、乾杯!
P1370724

夜のおまかせ8000円コースです。

タケノコの木の芽味噌かけ。
P1370726

タケノコ帽子かぶってます!
P1370729

蓬麩、
車海老、
タケノコは木の芽味噌で隠れてます。
P1370730



御椀。
P1370733

浅利の真丈。
P1370734
P1370736



お造り。
P1370740

左は煎り酒、右は醤油。
P1370742

藁で燻したカツオのタタキ、
甘鯛の昆布〆、
見づらいけれど、トリ貝。
P1370744

カツオ、特に美味し。
P1370747



日本酒。
最初は「古伊万里 前 純米吟醸」。
P1370749

開店当時より銘柄増えました。
このあとは、
「篠峯」、「弥助」。
P1370759
P1370751



松阪牛のサガリ。
ハラミと同じような部位。
でもハラミより脂が少なめ。
その分、食べやすい!
P1370754

めっちゃ柔らかくて旨味十分。
味噌も美味くてこれだけでもつまみになるよ。
そして、なにより、この早いタイミングの肉ってのが嬉しいっす!
P1370757



八寸!
P1370760

枝豆、
南蛮漬け、
マッシュルームのマリネ、
お麩。
P1370764

鯖寿し、
バイ貝、
鯛の生姜煮。
P1370765

新じゃが、
タコ柔らか煮、
南京、
ホタルイカ。
P1370763


新じゃがには塩トリュフ塩。
美味し。
P1370767


枝豆も美味し。
P1370769


お麩もいい味してるんです。
すっきだなあ、これ。
P1370770



生粋のビーラーの若旦那は「ワイマーケット」。
P1370772
P1370773




P1370774

飛竜頭、ひりゅうず。
がんもどき です。
その上に雲丹としば漬け。
飛竜頭は2度揚げしてあるそうで、表面はしっかり硬め。
その食感がいいんです。
しば漬けもいいアクセント。
P1370777



この日のご飯は、
干した桜海老とアスパラ、トマトのご飯!
P1370782
P1370783


そして!
ご飯の供軍団!
心くすぐるご飯のお供!
こんなんあったらご飯どんだけでもいけちゃうじゃんか!
P1370787

このご飯、めっちゃ美味し!
アスパラの食感とトマトのほんのり酸味がたまんないよ!
P1370797


味噌汁は紅芯大根。
P1370798


当然お替りくん。
P1370799



コーヒーのわらび餅、
味噌ピーナッツ、
ほうじ茶のアイスクリーム。
全て自家製。
P1370803

ゼリーと思ったら、たしかにわらび餅。
ぷにゅぷにゅしてて美味しい。
和菓子屋の若旦那も太鼓判!
P1370807



みんなで記念撮影。
BlogPaint

新しく御自分のお店を出されたことで、
一番良かったと僕が思うのは、
大将 横井さんが楽しそうに調理されてる姿が見れること。
それによって、客の僕らも落ち着いて美味し料理を楽しむことができます。

もうちょっとで開店されて半年。
今後、ますます期待しちゃっていいかな。

横井さん、ありがとうございました。
また伺います!

ご一緒してくれた、
細野さん、
柴田さん、
若旦那、ありがとうございました!
このメンバー、楽しいので、是非また僕も仲間に入れてくださいね!
よろしくお願いいたします!



店名
味処 よこゐ
住所 名古屋市東区芳野3-2-21
電話番号 052-935-5600


およそ1年8ヶ月。
ずっと待ってました。
この日が来るのを。


守山区で「割烹天ぷら よこい」の「割烹」を担当していた横井兄さんが
雌伏の時を経て、ついに御自分のお店を開店されました。
「味処 よこゐ」さん!
2月9日に新規オープン。
東区赤塚の交差点から北へ徒歩3分の場所です。
P1290282
P1290284


店内、お祝いの御花でいっぱいです。
置ききれない御花もあったようです。
P1290286

大阪北新地の「割烹さか本」さん。
東区高岳の「割烹ほその」さん。
BlogPaint


「ふんりんかん ぎり」さん。
浪速割烹のお店からも来てます。
BlogPaint


浪速割烹の総本山「浪速割烹 喜川」さんからも!
この他にもたくさん来てましたが写真撮れず。
P1290287


久しぶりにお会いする、横井兄さん。
以前は帽子被ってて見えなかった髪の毛。
こんなに白髪交じりだったっけ?と思っちゃった(笑)
他のお客さんも同意見だったのは微笑ましかったです。

店内はカウンター席9席のみ。
L字のカウンター。
ゆったりしたお店の造りです。
僕らの座るカウンター席の前には給仕しやすいように
人が通れるスペースがあります。
この感じは大阪の「浪速割烹 喜川」さんの造りに似ているように思います。
P1290288


この日は友人Mちゃんとの2人。
はい、乾杯。
P1290290

生ビールもありますが、
僕らは「ワイマーケット IPL」。
和食のお店にしては珍しくクラフトビールがあります。
「ワイマーケット」は名古屋のクラフトビールだから、これはありですね。
P1290298



料理は(昼)おまかせ4000円(税別)
     (夜)おまかせ8000円(税別)
というコース一本。
お昼は3月からスタート予定です。


一品め。
羅臼の雲丹と湯葉のべっこう餡かけ。
P1290292

僕は寒いなか、「高岳」から歩いてきたので、
この温かい一品は嬉しかった!
P1290295



前菜。
おお、なかなかいいな。
P1290304

以前の名残も残しつつ、垢抜けた感じがします。
P1290309


なまこポン酢。
プチトマトの蜜煮。
蛸柔らか煮。
P1290310


蛍イカとうるい 酢味噌で。
車海老。
クリームチーズと干し柿の和え物。
牡蠣のオイル漬け。
P1290313

鯖寿し、山葵の醤油漬けを醤油替わりにして。
あん肝 旨煮。
柚子の皮の蜜煮(みかさ柚子)。
宮崎牛のローストビーフ。
P1290312


鯖寿しも
クリームチーズも、
柚子皮も、蛍イカも、みんな美味しかった!
この牡蠣のオイル漬けはもっと食べたかった!
酒呑み用の味付けです。
P1290316


日本酒。
このほかにも「お勧め酒」がありました。
P1290331

燗好きのMちゃんに合わせて、燗でいきます。
「黒牛 純米酒」。
P1290315



お椀。
ハマグリの真丈。
P1290318

外は寒いけど、もう春の香りが。
木の芽の香りがなんとも言えず、良い。
P1290319

タケノコも真丈も美味し。
真丈の上に乗ってるのは「板わらび」。
わらびの根の澱粉で作ったものでぷにょぷにょしてて不思議な食感。
P1290321



お造り。
平目(煎り酒で)、
ホタテ(金山時味噌と山葵の軸をたたいたものが挟んであります)、
本マグロ(辛味大根と醤油)。
P1290323

どれも美味い。
平目の煎り酒は特にいいなあ。
P1290330



お燗を2人で4合ほどいきましたか。
そのあとは、
「古伊万里 純米酒」と「古伊万里 純米吟醸」を冷酒で各一合。
「古伊万里」、なかなか美味い酒です。
P1290333



焼き物。
鰆の味噌幽庵焼き。
P1290336

椎茸は軸は残して、笠だけ食べます。
美味い椎茸です。
P1290340

ちょっとだけしっかりめの味が鰆に合います。
基本的に僕は横井さんの味好きだからね。
P1290342



海老芋の蟹餡かけ。
P1290344
P1290346

海老芋うまいね~。
熱いから、オヤジ2人がお互い、ヘヒヒホ、フハヒヘ~って。
マジ美味い。
このホクホクがなんともいえない。
幸せな気持ちになれるんだよな、このホクホク感が。
P1290350

イカも入ってました。
この食感の違いでまたまた美味し。
P1290352



おおお。
これは。
ご飯のお供か!
ご飯のおかずか!
嬉しいなあ。
心くすぐるなあ、横井さん!
P1290356


ウドと三河地鶏のきんぴら。
ご飯に乗せて喰うてみ。
マジウマイで。
P1290358


菜の花の胡麻辛子和え。
これはもうそれはそれは大好きなのです。
底なしに食べられる自信あり。
P1290359


牛肉の佃煮風。
ちょっと肉があるとなんか嬉しい。
おから。
おお、このおから、ウマイで!
P1290360


豆腐の四川ダレ。
このタレめちゃウマ。
ここでちょっと中華風を入れてくれるところがニクイ!
出汁巻玉子。
ほんのり甘め。好きだなこの味付け。
P1290361


茄子とキュウリの浅漬け。
両方とも超浅漬け。
それがいい。
P1290362

この「ご飯のおかず」セット、完璧です。
言うことなしの旨さ。
ご飯に合う合う。
一週間ずっとこれでもいいな。
P1290357


ご飯は土鍋でグループごとに炊いてくれます。
P1290370

鯛めしと、炒めた蕪の葉っぱのご飯。
P1290366


ご飯2人分よそったあと。
けっこうボリュームあります。
食べきれずに残ることを前提にして炊いてあるようで、
残った分はお持ち帰りできます。
P1290372

僕らは当然、お替りくん。
Mちゃんが無造作にテンコ盛りにしやがった(笑)
おこげがいい感じ。
P1290374

あおさのお吸い物も。
P1290376


まだまだ食べられる!
P1290377

あおさの吸い物は最後にご飯にかけて!
P1290380


気が付けば、ご飯、空になっちゃった!
他のお客さんはみなさん、パックに入れてもらってお持ち帰りされてました。
横井さんもどんだけ喰うんだ?って驚いてたな。
美味しいからですよ。
P1290379



甘味。
豆乳、きな粉、胡麻のブラマンジェ。
P1290382

胡麻を入れたので白くなくなったブラマンジェ。
オフホワイトのブラマンジェってことで(笑)
でもしっかり美味しいです。
黒蜜と金箔入りです。
P1290383



いつも考えてました、なんて言うとウソになっちゃうけれども、
横井さんまだお店やんないのかな?ってときたま思い出してました。
連絡もらったときは本当に嬉しかったです!
それから、やっぱり1年8カ月前はこんなに白髪なかったよ。
ご苦労されたんだと思います。
でも、シブさがでてかっこいいです。
BlogPaint

お世辞抜きにどれもこれも本当に美味しかった!
どの料理も、以前より洗練されたと思います。
横井さんによると、
この日の料理、コースが完成形ではなくて、
今後どのような形でコースを出すのかはまだ模索中とのこと。

うんうん、もっともっと悩んで考えて、より良きお店になっていってほしいです。
応援してます!
でも、〆のご飯とご飯のおかずはこのままでいいと思うなあ、絶対。
食いしん坊の心くすぐるおかず達。
それだけはこのままで!ってお願いしたいです!

とっても風が冷たくて雪もチラついていたこの日。
寒い外とは別世界の、心温まる美味しい空間がありました。
とてもいい時間を過ごさせていただけました。
横井さん、ありがとうございました!
「味処 よこゐ」さん、開店おめでとうございます!
またすぐにお邪魔いたします。
今後ともよろしくお願いいたします!


店名
味処 よこゐ
住所 名古屋市東区芳野3-2-21
電話番号 052-935-5600

このページのトップヘ