東京編 その2。

「銀座 しのはら」さんのあと。
僕は独りで六本木まで。
ほろ酔い気分でメトロ一駅乗り越しちゃいながら、なんとか無事に到着。
六本木の「鮨 さか井」さん!

こちらはずっと来たかったお店。
やっとお邪魔することが出来ました!
東京メトロの「六本木」駅2番出口からすぐ。
この看板が目印です。
P1230883

このブログよく見ててくれる方々には分かると思います。
名古屋の東片端の「サロン・イナシュヴェ」の酒井シェフの弟さんが
やられているお店です。
僕は「イナシェヴェ」の「鮨コラボ」で何回もこちらの酒井大将にはお世話になってます。
P1230885


21時すぎからの訪問です。
お店は地下一階にありちょっと隠れ家的な感じ。
明るく広い店内です。
ゆったりしたカウンター席が10席ほど。
他にも個室もあるようです。

「しのはら」さんでフルにコースいただいてきましたが、
お鮨なら、美味しいお鮨ならまだイケます!
ってことで、独り乾杯!
P1230887


僕の前には酒井シェフと酒井大将のお父上、忠男さん!
よく「イナシェヴェ」でお手伝いされてて顔馴染みです。
嬉しいなあ、六本木でお会いできるのは!
P1230889



おつまみからスタート。
もずく、タコ、くじらの酢味噌かけ。
もずくと酢味噌のちょい酸っぱいのが心地よかった。
ちょうど酸っぱいのが食べたかったのだな。
P1230890


ズワイガニの外子の餡かけ。
P1230896


戻りカツオ。
P1230898



日本酒は大将にお任せ。
「麒麟山」。
そのあと「伯楽星 純米大吟醸」。
P1230900



カワハギ。
P1230901
P1230903



子持ち昆布。
P1230904



あん肝。
旨いけど、ヤバいな、これ(笑)
P1230907



ガリ。
「イナシュヴェ」で何回も食べたガリ。
これ旨いんです。
P1230908



平目と生牛蒡に山葵。
P1230910
平目と牛蒡の組み合わせは面白いです。
P1230911



出た~オヤジ殺し!
鱈はいらないけれど、フグの白子には心揺らぐのだ。
P1230912


酒井大将は忙しく、動き回っているので、
僕の話相手はお父さんがしてくれてます。
お父さん、六本木でお会いできて嬉しいです!
乾杯!
P1230915



ぶりカマ。
P1230917
脂のりのり。
これもヤバいなあ。
でも美味い。
P1230918



これは何だ?っと思ったら!
なんと、「のどぐろの肝」!
初めて食べます!
それにしても、こんなに多いの?(笑)
P1230920

あん肝より脂乗りよくって、より「肝」って感じ。
こっちのほうが美味しいと思う。
けどヤバいよ、これ(笑)
P1230922

六本木「鮨 さか井」さんは通常だと、もう何品かつまみがでるそうです。
さすがにこれ以上つまみが出るとお鮨が食べられなくなりそうなので、
ここまでにしていただき、さあお鮨!


平目の昆布〆にとろろ昆布&塩昆布。
旨み×旨み×旨み!
P1230924



大間のまぐろ。
250キロらしいです。
めっちゃいいトロ!
たまんないな、これ。
P1230929



こはだ。2枚です。
P1230930



ヤリイカのミミ。
胡麻と柚子胡椒乗せ。
P1230934



ボタン海老。
P1230937



平目 梅塩で。
P1230938



赤貝。
P1230942



〆たての鯖。
旨みしっかり!
これぞアミノ酸!
P1230944



金目鯛。
梅干に漬けた紫蘇が乗ってます。
金目の旨みのあとから塩けが広がって、それに負けじとまた旨みが広がる。
美味いです。
P1230947



赤身 ヅケ。
「鮨コラボ」では出せないヅケ、とのこと。
いい色してます!
このヅケが驚愕の美味さ!
ねっとり感まったり感がハンパなし!
こんなヅケは初めて!
酒井大将にこれ何?なんでこんなにねっとり美味しいの?
って尋ねたら。。
P1230950

酒井大将、
「まだ教えられません(笑)
 初回で教えたら面白くない(笑)」
え~、なんじゃそりゃあ~
でもまあ、六本木のお店には初めて来たわけだからな~
それもそうだなあ(笑)
それにしても、驚くくらい美味いです、このヅケ!
「感動するヅケ」です。
「驚愕のヅケ」です!
P1230951



つぶ貝。
北海道 網走産。
P1230954



カワハギ。肝乗せ。
これがまた面白いんです。
食べるとあとから、肝から一瞬、薫製の香りがするんです。
マジで美味いわ。
P1230958



雲丹。
塩水の雲丹。
P1230961



40~50分蒸したあとカリッと焼いた穴子。
中はふわっ!
外、カリっ!
これも相当美味いで!
P1230963



最後は、かんぴょう巻。
P1230965
P1230969
お父さんが擦ってくれた山葵をべっちょり乗っけて!
P1230968



「鮨 さか井」酒井大将と、お父さんの忠男さんと記念撮影。
「さか井」さんは六本木で10年以上営業されてます。
大したもんです。
BlogPaint

正直なところ、和食のコース食べてきたあとだから、ちょっと心配してました(笑)
普通にお鮨のコース食べられるのかしら?って。
しかし、やっぱり美味しいお鮨は別腹でした。
お世辞じゃないです。
マジに美味しかった!
名古屋で「鮨コラボ」やられてるから、酒井大将の握りはずいぶんいただいてます。
「鮨コラボ」のお鮨も間違いなく美味しいです。
でも、酒井大将のホームで握ってくれるお鮨は格別でした。
大将によると、水は六本木から持っていってるけれども、
炊飯器ひとつにしても電圧などの違いがあって
どうしても自分の本当のシャリの味が出せないそうです。
すごいな、そういう世界なんだな、って驚きました。

名古屋の「サロン・イナシュヴェ」での「鮨コラボ」も、
3月11日に行われる昼・夜の2回が最後になります。
六本木のお店が忙しいので、それも仕方ないのかな。
ってことは、酒井大将のお鮨を食べるには
今後、六本木に来るしかないわけです。

僕も「驚愕のヅケ」の秘密を教えてもらうためにも(!)
なかなかハードル高いけど、
東京に行った際には六本木に顔出すようにしないといけませんなあ

酒井大将、その節はお世話になりました。
東京に行った際にはまた伺います。
よろしくお願いいたします!


店名
鮨 さか井
住所 東京都港区六本木7丁目18-11 DMビル B1F
電話番号 03-5771-5655