秋の日帰り京都のメインはこちら!
祇園の「にくの匠 三芳」さん!

ただいま、「食べログ」京都総合第3位 4.64点という凄いお店。
3年前の夏に知人のKさんに初めて「未在」に連れていってもらったとき、
この肉割烹は凄いよ!って教えていただいてから、ずっと来たかったんです。

今回は友人で「食べログ」レビュアーでもある『meer32』さんにお誘いいただき、
念願の初訪問とあいなりました。
P1190345
P1190347
P1190346


店内はカウンター席とテーブル席。
僕らはカウンター席。
meer32さん、
名古屋の有名人、丹羽直美さんとの3人です。
乾杯!
P1190365



いきなり肉塊!
どん、どん、どん!
P1190354

こういう肉塊を目の前にすると、
意味もなく興奮してくるのは何故なのか?(笑)
なんかワクワクしてきちゃう!
P1190359

この日、僕らに使われるのは「神戸牛」。
P1190358
P1190357


大胆に真ん中部分を切り取ります。
焼肉屋さんとかで大きな肉塊を見せてもらうことはよくありますが、
目の前で切り分けられて様はあまり見たことがないので、
ついつい見入ってしまいます。
P1190360

上の写真とは違う部位ですが、
丁寧にスジを取り除いています。
P1190356



一品目。
肉と焼き松茸の出汁。
P1190362
牛肉と松茸は相性がいいからね。
じわじわと旨みが染み渡ります。
P1190364



牛タンの薄造りの昆布〆。
ポン酢と塩昆布。
P1190371
P1190369

一枚はポン酢で。
綺麗に薄く薄くスライスされた牛タン。
このペラペラ具合が只モンじゃない!
タンのサクサクした食感とは違う!
なんなんだか説明できません!
これは美味しすぎる!
P1190373


塩昆布で。
説明できない美味しさです。
P1190375



神戸牛のイチボのタタキ。
塩、生姜醤油、たまり醤油。
P1190376
P1190381
P1190383

イチボ自体が甘いので、塩と山葵が一番いいな。
P1190386




赤はグラスで。
P1190389



お椀。
P1190391

富田林の海老芋と白味噌のお椀。
P1190393
上には低温調理したヒレ肉。
辛子を白味噌に溶かしながら。
海老芋はほっこり。
P1190397



「三芳」店主 伊藤さん。
お蕎麦の湯切りしてます。
所作がどれもカッコいいんです。
P1190400


おしのぎ。
長野の新蕎麦。
つゆにはサーロインの角煮が入ってます!
凄い「おしのぎ」。
蕎麦が「おしのぎ」って初めてだな。
「しのげない」じゃないかい?(笑)意味が違うか(笑)
P1190403
P1190406


角煮の入ったつゆ。
こんなん初めて。
P1190408

これこれ!角煮!
P1190411

そばに無理やり絡めて食べちゃう。
めっちゃウマイ!
これだけでも行列の蕎麦屋さんで出来るで!
P1190415



お口直し。
柿と洋梨の胡麻クリームソースかけ。
P1190418
P1190420


柿。
P1190423

洋梨。
P1190424




凄いのが出てきた!
P1190437

すっごいな!
こんなん初めて見た!
P1190432
P1190428

キャビアを乗せられているのは、上海蟹のオス。
P1190429
P1190430


その上から香り付けに白トリュフ!!
P1190438
P1190435

おおおおお!
何これ!
上海蟹をこういう食べ方させてくれるんだ!
P1190440

蒸したての上海蟹(オス)に
神戸牛のすね肉のコンソメジュレ、
キャビア、
白トリュフ、
というとんでもなく贅沢な一品。
P1190443

白トリュフのエロチックな香りにクラクラしながら、
下に潜むキャビアを拝みつつ、上海蟹と混ぜ合わせます。
P1190446

上海蟹(オス)の蟹味噌と白子にコンソメジュレが渾然一体に。
神々しくさえみえる黄金色の中にキャビアの存在感。
P1190448

これぞ、悶絶する美味さ!
だめだめだめ!
ヤバイヤバイ!
腰が砕けそうになる!
ヤバすぎです!
P1190451



薄くスライスしたサーロイン。
脂を切り落とします。
P1190452

おお!しゃぶしゃぶ!
一枚一枚、リズムよくしゃぶしゃぶします。
P1190458


左から右に素早くしゃぶしゃぶする姿は、まさに「三芳・伊藤劇場」!
見てる僕らも右左右左!って目で追っちゃいます。
P1190459

サーロインのしゃぶしゃぶ。
P1190464

この絶妙すぎるしゃぶしゃぶ感!
すっごいな。
P1190468
P1190473

あのリズムがちょうどいいしゃぶしゃぶ具合になるんだろうな。
P1190475


蕪を擦ったポン酢につけていただきます。
このポン酢もまろやかな優しいお味。
こ~のしゃぶしゃぶは相当うまいで!
P1190480


しめじも美味い!
P1190477



この日のメインと言えるでしょう。
シャトーブリアン&サーロイン!
これで1.5人前です。
3人なのでこれが2皿です。
P1190483
P1190484

神戸牛 川岸さんのシャトーブリアン。
P1190490


神戸牛 勢戸さんのサーロイン。
P1190491


シャトブリ。
これも見事な火入れ。
P1190499

サーロインは脂が甘すぎるくらい。
P1190502



土鍋のご飯。
途中からいい香りが漂ってきてました。
この香りで肉一切れ食べられる!やらないけれど(笑)
P1190503

〆の炭水化物!
ここにも肉が付きます!
P1190511

ずいぶんお腹が苦しくなってきましたが、
ご飯があれば、復活しちゃうよ!
P1190507

牛ヒレ肉の昆布巻き!
P1190509

オンザライス!
P1190512


シャトーブリアンもオンザライス!
P1190515


お替りしたご飯には黄身の醤油漬け!
P1190518
ああ、これもヤバイ。。
P1190522


まだこれだけではないんです!
なんと!白トリュフで香りつけした卵!
すごいよ、これ。
トリュフの香りが強烈すぎるくらい!
P1190524

これでTKG!
ちなみに、このTKGは丹羽直美さんが食べました。
ご飯3杯食べる驚異の胃袋です。
僕は2杯でした~
P1190526


残ったシャトーブリアンとサーロインはお持ち帰りできるということでしたが、
僕は御辞退して女性お二方にどうぞってカッコつけました。
そうしたら、なんと!
お持ち帰りは牛肉弁当にしてくれるというサービスがあったんです!
P1190530

これ見た途端、失敗した~って後悔しました(笑)
このお弁当、絶対いいよなあ~
P1190532



デザート。
小豆の乗ったアイスクリーム。
P1190534
P1190536



帰り際、御見送りに出てきてくれた「三芳」店主 伊藤さんと。
BlogPaint

僕だけ、ちゃっかり2人で。
BlogPaint

聞きしに勝る凄い「肉割烹」でした。
大きな肉塊が
大胆にそして繊細に調理されて料理に変わっていく様を
目の前で眺めるワクワク感。
思わず、ゴクリと唾を飲んじゃう臨場感。
どれもこれも美味しい満足感。
「最強の肉割烹」です。
いや、「最強」なんて言葉では物足らないな、このお店は。

まあ、お値段はそれなりにお高いので、
そんなに何回も来れるお店ではないですが、
また機会があれば、是非お邪魔したいです。

お誘いくださった、meer32さん、ありがとうございました。
また新しい世界が広がりました。
感謝感謝です。
ご一緒してくださった、丹羽直美さん、ありがとうございました!


店名
にくの匠 三芳
住所 京都府京都市東山区祇園町南側 570-15
電話番号 075-561-2508