日帰り東京ツアーのメインはこちら!

「すし喜邑(きむら)」さん!(本来は「喜」は「七」が三つです)
「二子玉川」駅から徒歩で7~8分。

全く予約が取れないお店。
熟成のネタを使ったお鮨が有名です。
今回は「海の日」の田中さんの予約のお席にお誘いいただけました。
P1430569
P1430571


L字のカウンター席のみ。
P1430572


この日のネタケース。
P1430575
P1430576
P1430577


おそらく店主 木村さんはお酒が好きなんだろうな。
日本酒の品揃えもかなりです。
P1430578
P1430584
P1430585



7月初めの暑い日でした。
まずはビールで乾杯!
P1430582

「海の日」田中さんはじめ名古屋から5人です。
P1430583



はまぐりのスープ。
濃いめです。
ビールぐびぐびいった身体にじわ~っと染みこみます。
滋味深いスープ。
P1430587



アワビの肝のリゾット。
P1430588

色見ても分かりますよね。
めっちゃ濃厚で超美味しい!
P1430590



すぐに日本酒。
「澤屋まつもと」、「高砂」などなど。
P1430594

やわらぎ水はこちら。
P1430596



焼き穴子。
P1430597

身厚でプリプリです。
P1430599



おお!パスタ?
雲丹の冷製カッペリーニです!
鹿児島 阿久根の雲丹。
P1430600

これまた濃厚な雲丹!
でも意外なほどあっさりした後味。
美味いです。
鮨屋さんでイタリアンか!
面白いなあ。
P1430602



これまたイタリアンっぽい!
魚介や野菜たっぷり使ったポタージュ!
P1430606

バケットまでつけてくれます!
P1430608


これは勿体無いのと少しでも安く抑えるために
魚、野菜の残りものを使って作ってるとのこと。
30杯分の蟹足、金目の頭4つ、イサキ頭4つ、いわし、げそ、野菜など。
とろみは前日に残った酢飯。
パッと見の印象とは違う、とっても深い味わい。
P1430610



渡り蟹の塩辛。
作り出して3週間。
ブランデー使用。
たまらん香りがするする!
ピンクっぽいのは白身の胃袋。
山椒、七味が効いてます。
凄いのは塩気が強すぎずちょうどいいこと。
これはヤバイヤバイ。
まさにこれぞ「酒盗」ってやつだ!
P1430611

最後は日本酒をちょろっと流しこんで。
P1430617




ここから握りです。
まず最初にシャリを手渡しで。
「うちはこういうシャリです」。
BlogPaint


ちょっと硬めのシャリ。
そして一粒一粒がしっかり舌で感じられるようなシャリ。
思ってたより酸味は優しめ。
これは好きなシャリだ!と心踊った瞬間!
P1430619



ガリは甘くなくって酸味と塩気。
おいしいガリです。
P1430623
BlogPaint



白イカ。
一週間熟成。
ねっとり。
シャリと合うなあ~
P1430624



いさき。
2週間。
P1430630



銚子の金目。
10日。
P1430633



〆鯖。
じわじわ美味い。
P1430636



かんぱち。
一ヶ月半!
なんと一ヶ月半!
P1430640



あわび。
まとわりつくアワビ!
こんなアワビは初めて!
P1430643



山口の雲丹。
美味い雲丹です。
雲丹の甘さでシャリが際立つ!
P1430647



メジマグロ。
3週間!
うわ~、シャリとメジの脂が口のなかで絡み合って悶絶しそうになるよ!
P1430651



いわし。
2週間弱。
がっつり鰯の香り!
誰かが言ってました。
「匂い」を取って「香り」をつけるって。
こういうことか!と得心。
P1430653



マカジキ。
52日間!
なんだよ、52日間って!
後からいろいろ見たら、このメカジキはスペシャリテ的なネタだったようです。
どおりで、でらうまいはず!
超絶!といっても言いすぎでないかも。
P1430658



穴子。
つまみで食べたのとは違う穴子。
不思議な甘さと香りがひたすら美味しい。
ずっと食べてたい穴子!
P1430660


白甘鯛つかった玉子。
腹側を2週間寝かせてミンチにして山芋と卵を入れて作るんだとか。
玉子も熟成して作ってるわけです。
すっごいな。
この下のほうがクタっとなってる感じ。
絶妙な柔らかさなんです。
そして、美味い!
P1430664



追加で一貫。
なにをいただこうか迷いましたが、鯖!
P1430667



この日、ご一緒だった、
田中さん、ザイルKさん、S先生、K先生。
BlogPaint

僕も木村さんと一緒に。
とっても気さくで優しい木村さん。
BlogPaint

ホント予約取れないという「すし喜邑」さん。
元々は友人のA先生が以前から「喜邑」さんに行ってて、
(それでも予約はなかなか取れないようですが)
たまたま予約が取れたときに、
「熟成」繋がりで「海の日」の田中さんをお誘いしたのがきっかけで
今回僕もお邪魔することができました。
田中さん、そしてA先生に感謝です。

それにしても。
僕は「海の日」でずっと前から「熟成」の魚をいただいてきました。
「海の日」の「熟成」刺身もとっても美味しいんです。
でも、「刺身で食べる熟成魚」と「鮨で食べる熟成魚」は別物ともいえるのかも。
(「海の日」と「喜邑」さんではお店としてのスタイルも全く違うわけだしね)
こちら「喜邑」さんの「熟成」は生半可な「熟成」ではありませんでした。
一ヶ月とか、52日とか。。
一体どうなってるの?って。
どんだけ試行錯誤されてきたのか?

やばいなあ。
こんなお鮨を食べちゃったら。。
今回の1回だけでは絶対に満足できません。
もっともっと「喜邑」さんの鮨が食べてみたい。味わってみたい。
一週間毎日でも食べてみたい。
「熟成」、「鮨」、「熟成鮨」。
とてつもない奥深さを感じます。


次に伺える日が来るのかどうか。

田中さん、A先生、また是非声かけてくださいね。
なにとぞなにとぞ、よろしくお願いいたします。。


店名
すし 喜邑
住所 東京都世田谷区玉川3-21-8
電話番号 03-3707-6355