新栄に来るたびに、この看板の前を何回通ったことか。

一見さんお断りの紹介制のお店ということで
いつも気になりながら、伺う機会がなかったんです。
そうしたら、
ある日、友人の若旦那がこちらに何回も来てるってことを知りました。
P1400593

なんだよ、だったらもっと早く教えてよ~!
ってことで。
稲沢の超人気老舗和菓子店の若旦那と一緒に初訪問!
5月の末でした。
新栄の「季節の味 濱乃屋」さん!
若旦那、いい笑顔だね!
P1400594

静かな地下一階に凜とした雰囲気でお店はあります。
P1400596


店内は一直線のカウンター席が10席ほどと
座敷も一室あるようです。
はい、若旦那、乾杯!
P1400597


カウンター席前のケースにはキンキがずらっと並んでいます。
若旦那曰く、「このキンキが美味いんですわ」
P1400602
P1400659


お店にはお品書きらしきものはないようです。
まあ、若旦那がわかってるから大丈夫。
こういう時、常連さんと一緒に来ると本当に助かります。

基本的には大将にお任せで、
あとは〇〇と△△だったらこっちがいいです、というように多少相談しながら
料理をだしてもらうようです。
P1400600

トリ貝とそら豆。
P1400601



冬瓜と鶏。
鶏の出汁がいい味だしてます。
P1400603



日本酒。
「〆張鶴」だったかな。
P1400613



お造り。
P1400615


大とろには塩昆布!
P1400609


平目&雲丹。
平目美味し。
P1400614


塩昆布は大好きなので、イカに塩昆布とかたまんないんだけれど、
とろに塩昆布ってのは珍しや!
そして、これがなかなかイケるんです。
ほんのちょっと醤油かかってるのもミソかな。
P1400616



キンキの煮付け!
若旦那が「濱乃屋」さんに来ると必ずお願いするという一品。
キンキは塩焼きも出来るんですが、
やっぱり、オススメの煮付けで!
P1400619
P1400623
P1400624

このキンキの煮付けは、若旦那が毎回注文する、っていうのがよ~く分かる!
だって、美味しいんだもん!
すっごく美味しいです。
キンキ自体の脂乗りもいい。
とってもいいキンキを仕入れてるのは間違いないです。
そしてなんといっても、塩梅がよすぎるくらい良いです!
永遠に食べていたくなるほど。
なくなっていくのが惜しかった!
P1400632

煮付けについてる豆腐にも目がないんです、私。
ほどよくいい具合に味が染みてます。
これもお替りしたくなるよ!
P1400634



アワビと水茄子。
P1400636
P1400637

心地いいアワビ独特の柔らかさが全開!
めっちゃ幸せな美味しさ!
P1400643

肝も美味し!
P1400647

このお出汁を残す人がいたらおかしいと思う。。
P1400648


キンキ、アワビと美味すぎて
日本酒、なんだったか忘れちゃったよ。
P1400650



牛すじのどて煮。
P1400651

あああ。
これもたまらんなあ。
まったりした甘みもちょうどいい。
パラパラと唐辛子かけるとなお美味し。
P1400655


ご飯ください!
たまらずご飯!
P1400662
P1400663


お漬物。
P1400666



そんでもって!
ちゃんと残しておきましたよ!
煮付けの煮汁!
P1400667
P1400670

思わず、もう一杯!
P1400672


デザートはオレンジ。
P1400675
P1400673


「濱乃屋」の大将とパチリ。
一見さんお断りの紹介制のお店ということで、
ちょっとむずかしい感じの店主さんかな、とビビッてましたが、
さにあらず。
とっても気さくでめっちゃ優しい大将でした。
BlogPaint

なにやら「紹介制」というのは、
御家族3人での営業なので、
あまり忙しくなると大変だからと、
「濱乃屋」の常連のお客さんがそうやって勝手に決めちゃったとのこと。
なるほど、そういうことか、と思いました。
それだけ、常連さんに愛されてるお店ってことですね。
この日、初めて伺って、それがよく分かりました。
丁寧で美味しい料理、
居心地の良さ、
大将や女将さんのお人柄、
内緒にしたくなるわけだ


若旦那には本当にいいお店を紹介してもらいました。
ありがとう、若旦那!
持つべきは良い友だね!
また、キンキの煮付けが食べたいよ!
早く予定立てようね!



PS。この日、僕らが食べてると
   友人で「食べログレビュアー」のドクターSSさんと、
   cocomamacocosanさんが入ってみえてびっくり!
   お2人もご友人の紹介で初訪問とのこと。
   初訪問の食いしんぼが3人ばったり。
   凄い偶然というか、ご縁があるというか、名古屋は狭い、というか(笑)


店名
四季の味 濱乃屋
住所 名古屋市中区東桜2-22-18 日興ビルB1F
電話番号 紹介制のため、ここでは書きません。