7月中旬の京都です。

以前、「あまから手帖」で見て、「行きたい!」って思ったお店に。
祇園の「祇園 きだ」さん。
名店「祇園 さ々木」さんはじめ名だたるお店で活躍されてた木田さんが
2016年6月に独立されたお店です。
P1440502
P1440504


友人のPハヤシさんと、
関西の某グルメ雑誌の編集長でもあるPハヤシさんの奥様との4人。
僕にとって、これ以上ないシュチエーションです。
P1440513


僕らは個室のカウンター席。
準備してある食材を持ってきて、
店主 木田さんが目の前で盛り付けて完成させてくれます。
P1440510
P1440515



渡り蟹、
新潟の茶豆、
トマトのジュレで。
P1440517

初夏らしい涼しい一品。(7月でしたので)
下に糸瓜が隠れていてシャキシャキした食感がたまらない。
P1440521



Pハヤシさんがキュウリ苦手なので、キュウリは抜きにしてもらいました。
P1440525
P1440526

千葉房総のアワビ、
つるもずく、
冬瓜。
P1440529

アワビがなんとも柔らかく味わい深いことか。
もずくの美味しさにも驚き!
P1440534



当然、日本酒です。
「百歳 超辛純米」。
P1440535



御椀。
P1440546

夏のクエ。
16キロのクエ。
花オクラと一緒にトマトの酸味で。
P1440547

クエは冬のに比べると脂が少なめで寝かさないと味がでないとのこと。
2週間寝かしたクエです。
寝かすというのはこういうことか、と感嘆するウマさ。
P1440550



ネタケースの鱧。
P1440538

ザッザッザと小気味よく鱧の骨切りする大将 木田さん。
カメラ向けると「オレは.取らなくっていいよ~」
P1440541

といいつつ、ピース!
茶目っ気たっぷり。
P1440540
P1440552
P1440559

炭の上で焼き霜に。
P1440561
P1440563


そして。
おお!これは!
P1440555

下関のクジラ!
大きな塊り。
この赤色はどう見ても魚じゃないもんね。
P1440556


なるほど、こうやって出してくれるんだ。
P1440567

鱧焼き霜。
P1440570


つぶ貝。
島らっきょと和えてあります。
らっきょ苦手だけれど食べられました!
P1440576


戻りカツオ。
このかかってる薬味がめっちゃ美味い。
P1440584


クジラ。
生姜醤油で。
P1440573

もう笑っちゃう美味しさです。
クジラ大好きオヤジなのでこれは嬉しかったなあ。
P1440587



とり貝!
写真で見るより実物は大きくて身厚です。
P1440592

これは炭で網焼き。
P1440601

すっごく甘いです。
今季いただくトリ貝はとにかく美味い。
P1440602

このトリ貝の肝も美味し美味し。
P1440608


酒がススム。
「蒼空 特別純米 雄町」。
P1440619



大将とのお話の流れで「鮨大好きです」と言ったら、
「普段はあんまりやらないんだけどね」とニッコリ笑った大将。
握りの用意をしてくれました!
P1440606


P1440611


壱岐のマグロ。ヅケです。
綺麗な握り。
そして、思わずウマい!って声がでました。
P1440613



大間の雲丹。
P1440616
P1440618


今度は長崎 平戸の赤雲丹。
P1440623

2週間しかない雲丹だとか。
限定っていうプレミアのおかげではないんだろうけど
こっちのほうが芳醇な味わいで美味しかったような。
P1440628


走りの淡路の鯖。
軽く〆てあります。
P1440633



次の料理に合わせてビール。
エビス黒の瓶ビールって初めて見た。
P1440637


郡上八幡の栗巣川の鮎。
とってもいい顔しています。
P1440643

鮎自体の脂でしっかり頭も焼かれてて、
見事なまでにパリッパリ。
4人のパリパリいう音が響きます。
うんまい鮎です。
P1440646

ビールに合うんよね。
P1440648



お口直し。
スイカのジュレにジュンサイ。
色が赤くないのはしっかり漉してあるからです。
飲むとさっぱりしたスイカの味わい。
ジュンサイを噛むともう1回スイカの香りが喉を通っていきます。
いいな、これ。
P1440649



お次は霜降りが登場!
P1440652
P1440654
P1440656
P1440660

鍋も登場して。
茄子が入ってます。
P1440662
P1440665

鹿児島牛のしゃぶしゃぶです!
P1440667


霜降りを見たときはちょっとキツいかな、と思いましたが、
薄く切ってあるのとしゃぶしゃぶするのとで、
ペロリといけました。
茄子も出汁もウマウマです。
P1440672



そろそろ〆だな、と思ってたら。
んん、これは。。
P1440674

おお!まさかの太巻き!
P1440677


そして鱧!
P1440686

鱧寿し!
P1440690
P1440694


太巻き 美味し!
和食のコースの〆で太巻きっていうのは僕は相当好きです!
P1440707


鯖寿しも!
これまた美味い!
でも腹パン!
P1440699


しかし、寿しで終わりではありませんでした!
なんとホントの〆はラーメン!
蒸しスープラーメン!
P1440701

鯛の頭、鶏肉、白菜、葱、干し椎茸、貝柱などを蒸してつくったスープ。
味良し、香り良し、腹パンパン!
P1440706


バジルのアイスクリームだったかな。
何か当ててください、
って言われて考えてたけれど結局答え聞かなかったような(笑)
P1440710



記念写真。
BlogPaint

最後の怒涛の炭水化物攻撃で、腹パンパンになりました。
木田さんいわく、いつもはこんなにたくさん出しません、とのこと。
「〇ま〇〇手〇」の編集長の予約だったので、
お鮨も握ってくれて張り切ってくれたんでしょうね

木田さんは華があって
お客さんの目も口も心も楽しませてくれるエンターティナーです。
「祇園 きだ」さんは
まさに「きだ劇場」とも言える楽しく美味しい空間でした。
是非また再訪したいです!


Pハヤシさん、Nさん、お誘いありがとうございました。
また美味しいところおつき合いしてくださいね。
もう1回「きだ」さんでもいいよ


店名
祇園 きだ
住所 京都府京都市東山区祇園町南側570-192
電話番号 075-551-3923