2014年05月01日

睡眠に関する個人的まとめ

朝に激弱な人生を約32年間過ごしてきた訳だけれども、
なんとか22時前に寝て、
4時か5時半に起床出来るという三文約3600円の得な生活にシフト出来たので、
そのメモがてら。


@レム睡眠とノンレム睡眠は約90分周期。 駄菓子菓子!!
それは平均の話であり、実際のところは個人差が大きい。
自分はどうも70分〜120分でばらつきあり。


@仮に90分周期だとしても、完全に寝付いてノンレム睡眠第1ステージが始まってから
90分カウント開始なので、寝る前に時計を6時間後とかに設定しても
あまり意味はなかったりする。微睡み初めてからノンレム開始するまでの
約30分をプラスすると良いかも。例えば6時間半後に設定するとか。


@成長ホルモンとかそういう身体に良い脳内物資がドピュッと出るのは、
睡眠開始の始めの2周期=約3時間。
ここでしっかりとノンレム第3,4ステージまで深く寝れる事が出来れば、
そのあとは追加で3時間か4時間半後には爽やかな目覚めが待っている。


@逆に言えば始めの3時間でノンレム第3,4ステージまで潜れない人は、
どんなに長く寝たところで寝起きは辛いし寝た気がしない。


@どっかの実験だか統計だかで、壽命が一番長いのが6時間半睡眠の人だ、という結果が出てた。
でもこれって「6時間半寝てるから健康」なんじゃなくて、「6時間半の睡眠で十分足りている人は健康」
って事なんじゃね? 6時間は実際の睡眠で、30分は入眠に懸かる時間って事で。


@寝返りはノンレム睡眠が終了してレム睡眠に入る時と、
レム睡眠が終了してノンレム睡眠に移行する時に発生する。
スリープサイクルアラームは寝返りを感知して、レム睡眠の時に起こしてくれる、という理屈。


@自分が使っている目覚めグッズその1: スマホアプリ「スリープBot」。
まぁよくあるスリープサイクルアラームアプリですな。寝てる間の音も録音する機能があるので、
自分のいびきとか歯切り音とか寝言とか聞けるぞ!!!
なお自分は寝言といびきはしてないっぽい。時々歯切り音と深呼吸音がする。
多分呼吸止まってる。


@自分が使っている目覚めグッズその2: 高照度光治療器的なもの。
ブライトアップクロックという1万5千円ちょいのを購入。
自分の希望起床時間が4時で、太陽なんか当然まだ出て無い。
するとせっかく4時に起きても5時過ぎに昇り出す太陽光に体内時計がリセットされてしまう。

4時に体内時計をセットしたいんだよぉおお!!!

そこで希望起床時間の20分くらい前に点灯するように設定。
設定した時間の90分前に数秒間だけ光って
目覚めやすいようにしてくれるプリフラッシュなる機能がついているが、
実際のレムノンレム周期が90分ではないのでこの機能は使っていない
。あと入門機(?)なので、徐々に明るくなる機能とかもついてない。
かなり明るいので、目が覚めたあとにこの光を見ていると目が冴えてくる。


@自分が起床に至るまでのタイムスケジュール:
03:40 ブライトアップクロック起動
03:40〜04:10 この間にレム睡眠になったらスリープBotが起動
目が覚めたら: 光を見つつ枕元においてあるウィダーインゼリーかおにぎりを食べる。

目覚めよ!!!!リフトアップ!!!!

さぁレッツエンジョイアサカツ!!!!!

自分はアニメ見たりロードバイク乗ったりジョギングしたり
漫画読んだりコスプレ小道具作ったりしてますよん。

antonyusa at 16:37│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔