2014年04月24日

沖縄採集に行くため、4月25〜28日まで休業とさせていただきます。
その間、メール返信や商品の発送ができませんので、よろしくお願いいたします。

沖縄の海
本日よりご注文を頂いた方は、商品到着日を4月30日以降、または指定なしでお願いいたします。

antroom at 10:41コメント(0)採集・野外 
朽木の樹皮裏や朽ちた枝で見つかるウメマツアリ。
街中でも大きな公園などに生息しています。

ヤドリウメマツアリ Vollenhovia nipponica
通常のウメマツアリVollenhovia emeryiのコロニー。

ヤドリウメマツアリ Vollenhovia nipponica
そしてこちらが、別のアリが同居をしているコロニー。
中心にいる大きな個体はウメマツアリの女王アリですが、その周りにいる翅の生えた新女王アリはウメマツアリではなく、ウメマツアリに社会寄生をするヤドリウメマツアリVollenhovia nipponicaの新女王アリたちです。
ヤドリウメマツアリは、食料はウメマツアリが集めてきたものを食べ、産卵した卵や幼虫の世話もウメマツアリが行います。
完全な寄生タイプのアリで、ウメマツアリの巣の中で働かないどころか、働きアリすら存在しません。
産卵した卵から羽化するのは、翅の生えた新女王とオスアリだけです。

ヤドリウメマツアリ Vollenhovia nipponica
中心にいるのがヤドリウメマツアリの女王アリ。

ヤドリウメマツアリ Vollenhovia nipponica
ヤドリウメマツアリの女王が女王に噛みついています。
この巣には複数の翅のないヤドリウメマツアリの女王がいるのですが、女王同士は仲が悪いようで頻繁に攻撃をしている姿を見ます。
巣から追い出そうとしているのかもしれません。
翅のある女王は攻撃はされないようです。

ヤドリウメマツアリ Vollenhovia nipponica
巣の中で交尾をするヤドリウメマツアリの新女王とオス。
通常のアリは結婚飛行で飛び立ってから別の巣のオスと交尾をしますが、ヤドリウメマツアリは過去にも同じように巣の中で交尾行動を観察しているので、交尾後に飛び立つのかもしれません。

飼育をしているとウメマツアリのみのコロニーの働きアリたちはあまり動かないのですが、ヤドリウメマツアリに寄生されたコロニーは、多くの働きアリたちが活発に活動をしています。
ヤドリウメマツアリが寄生することで、何か行動に変化があるのでしょうか?

antroom at 04:55コメント(0)アリと暮らす生物(好蟻性昆虫など)フタフシアリ亜科 

2014年04月23日

自宅から歩いて5分以内に、モリシタケアリ、クロクサアリ、クサアリモドキの3種のクサアリが生息しています。
クサアリの仲間は良く似ているので、種類を見分けるのは難しいです。
毎日決まった行列を作っていて、様々な好蟻性昆虫が見つかるので観察が楽しいです。

モリシタケアリ
モリシタケアリLasius capitatus

モリシタケアリ
人間は桜の花が風で散るのを見てきれいだなと感じますが、アリにとっては空から大量に降ってくる邪魔なゴミです。
巣の入り口に落ちてきた桜の花びらを、せっせと遠くへ運んでいました。

モリシタケアリ
巣に戻る働きアリが次から次へと運んできたのはトビムシの一種。
この働きアリの右後脚に付く二つの球体が気になります。

トビムシの一種
このトビムシを食べているようです。

マダラマルハヒロズコガ
マダラマルハヒロズコガ
羽ばたきながら、行列に沿って移動をしていたマダラマルハヒロズコガ。

マダラマルハヒロズコガ
マダラマルハヒロズコガの幼虫。
幼虫は、クサアリ、ケアリ、オオアリなど様々なアリの巣や、その周辺で暮らしています。

クロクサアリ
クロクサアリLasius fuji

クサアリモドキ
クサアリモドキLasius spathepus
丸顔で頭が大きくて可愛いです。

クサアリの仲間は、写真を並べてみても見分けが難しいですね・・・。

antroom at 13:22コメント(0)採集・野外アリと暮らす生物(好蟻性昆虫など) 

2014年04月22日

数人の方にパソコンからのメールが届いていないことが分かり、調べてみたところ、自分のiPhoneとHotmaiのアドレス宛に送ることができず、なぜかiPadのアドレスには送れるなど、特定のアドレス宛に送信ができないことが発覚しました。
しかし、メールの送信ボックスに送信メールが入り、送受信完了と表示され、エラーメッセージなどもなく、一見送信が完了したかのように見えるので、届いたかどうかの確認ができない状態です。
さらに分からないのが、iPhoneやiPadから、パソコンのアドレスで送信をすると送信できるのです。
パソコン設定に何か問題があるのかもしれませんが、原因がまったく分かりません。
本日、午前中までにメールを頂いた方へは、全員に返信をしていますが、もし届いていない方がいましたらご連絡ください。
受信はできていますので、メール、またはお問い合わせフォームからで大丈夫です。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

もし、このような状態の原因が分かる方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

antroom at 15:42コメント(0) 
クロオオアリとアリヅカムシ
自宅近所の公園でクロオオアリCamponotus japonicusを観察。

クロオオアリとアリヅカムシ
巣穴から土を運び出す働きアリ。

クロオオアリとアリヅカムシ
クロヤマアリと同じく、運び出した土は前脚で叩いて崩れないように巣の周辺に積みます。

クロオオアリとアリヅカムシ
しばらく観察をしていたら、巣の中からアリヅカムシが出てきました。

クロオオアリとアリヅカムシ
1分ほど入り口周辺を歩き回った後、再び巣の中へ戻りました。
アリの巣の中で、どんな生活をしているのか気になります。

antroom at 11:14コメント(0)採集・野外アリと暮らす生物(好蟻性昆虫など) 

2014年04月21日

昨日はテレビ番組の撮影で山に行ってきました。
先週もテレビの撮影でしたが、今回は別の番組です。

テレビの撮影
ウメマツアリ、ナワヨツボシオオアリ、アメイロアリ、アシナガアリ、クロクサアリなどを見れました。

アシナガアリ
アシナガアリAphaenogaster famelica

山での撮影後は、自宅でアリの撮影も行いました。
テレビの撮影
ムネアカオオアリの子育てをビデオ撮影。

テレビの撮影
妻と息子のインタビューもありました。
息子自慢のダンゴムシを見せているところ(笑)


antroom at 10:51コメント(4)採集・野外 

2014年04月20日

毎週日曜日はアリの採集、アリの巣の製作などを行うため、発送やメール返信の業務をお休みさせて頂きます。
そのため、月曜到着(北海道や離島など到着に2日かかる地域は火曜到着)ができなくなります。
到着日のご指定は月曜(北海道や離島など到着に2日かかる地域は火曜)以外でお願い致します。

antroom at 02:51コメント(3) 

2014年04月19日

この日はスーパーで3切れ600円でブリを購入。
大好物、ブリの照り焼きを作りました。
ブリ糸状虫
食べている最中、皮近くの黒い血合いの部分に、太くて巨大な寄生虫が入っていることに気が付きました。

ブリ糸状虫
爬虫類などに寄生している線虫などは、内臓や皮下部分に寄生しているのを多く見かけますが、この種類は身の中に絡むように寄生しています。

調べてみるとブリ糸状虫という種類のようです。
しかしブリ糸状虫で検索すると、ハリガネムシのように細いものや、今回出てきたような太い種類がでてきます。
そうめんと、うどんくらい太さに差があるけど同じ種類なのでしょうか?
このような寄生虫は、専門家でないと種類の同定は難しいと思います。

ブリ糸状虫
切れないように慎重に取り出してみました。

ブリ糸状虫
長さ30cmの大物!
一人喜んで撮影する横で妻は怯えていました。
怯えていたのは寄生虫に対してか、それとも寄生虫に興奮する僕に対してか(笑)

antroom at 08:47コメント(0)アリ以外の生き物 

2014年04月18日

会員登録をされている方で、4月までに発送を完了している方へのポイント加算を行いました。

antroom at 16:35コメント(0) 
クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリMessor aciculatusが結婚飛行のために飛び立ちました。
毎年観察をしていますが、何度見ても感動して興奮する瞬間。

クロナガアリ Messor aciculatus
巣穴から顔を出して外の様子を伺うオスたち。

クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
結婚飛行は、温度、湿度、風速が重要で、条件が合わないと飛びません。

クロナガアリ Messor aciculatus
女王アリも出てきて、結婚飛行が始まりました!

クロナガアリ Messor aciculatus
この時期、巣の入口は働きアリが少なくて静かなのですが、結婚飛行の日だけは数多くの働きアリも出てきてお祭りのように賑やかになります。

クロナガアリ Messor aciculatus
触覚を高く上げて飛び立つ準備。

クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
草の先端などに登って空中へ飛び立ちます!

クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
次から次へと飛び立ちます。

クロナガアリ Messor aciculatus
空中から落ちてきた女王アリを見ると、オスが交尾をしようと女王の腹部に付いていました。

クロナガアリ Messor aciculatus
交尾をしようとするオスアリ。

結婚飛行は、女王アリにとって最も危険な瞬間でもあります。
クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
クロヤマアリFormica japonicaに襲われてしまった女王アリ。

クロナガアリ Messor aciculatus
空中ではアブ、トンボ、鳥など、地上ではアリやクモなどに捕食されます。

クロナガアリ Messor aciculatus
クロヤマアリの巣穴。
入り口周辺には、巣から運び出した土などが盛られていますが、その周りはゴミ捨て場になっていて、食べカスなども運び出されます。

クロナガアリ Messor aciculatus
クロナガアリ Messor aciculatus
ゴミ捨て場には、捕食をされたクロナガアリの新女王とオスアリたちの残骸が捨てられていました。

クロナガアリ Messor aciculatus
無事に交尾を終えて新しい家族を築けるのは、ほんのわずかな幸運な女王アリだけなのです。

antroom at 10:17コメント(4)採集・野外フタフシアリ亜科 
記事検索
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ