2011年03月11日

オキナワアギトアリと同居をする好蟻性昆虫

2月の沖縄本島で、オキナワアギトアリの巣から見つけた虫たちです。
IMG_7546
赤くてかっこいいアリですね。
オキナワアギトアリ
IMG_5947コシビロダンゴムシ
コシビロダンゴムシの一種です。
アギトアリがいない場所でも見つかるので、それほど深い関係ではないようですが、多いコロニーだと10匹以上のダンゴムシが同居をしていることがあります。
巣の中で、アリの食べカスや枯葉などを食べているものと思われます。
なぜアギトアリに襲われないのか不思議です。

IMG_5980IMG_6017








トビムシも同居していました。

IMG_5663IMG_6020


小型アリヅカムシもたくさん同居しています。
この種類はオキナワアギトアリと深い関係をもちます。
右はオカチョウジの仲間で、様々なアリの巣から見つかります。
ホラアナゴキブリ
成虫になっても体長5mmと、日本最小のゴキブリのホラアナゴキブリも、オキナワアギトアリの巣の中や、その周辺で多く生息していることがあります。
アリのいない環境でも見かけますが、アリの巣の方が高密度で見つかります。

続いてはウンカの一種です。
カワウンカ
カワウンカカワウンカ

カワウンカアリの巣で多く見つかるウンカの一種で、アリから攻撃されることはなく、巣の中に同居をしていますが、アリが世話をしている姿なども見られないため、共生ではなく、ただ同居をしているといった感じです。
アリの巣で共生生活をするウンカには、アリヅカウンカが知られますが、このウンカはカワウンカの一種です。

この仲間のウンカは、本州にも生息していますが、幼虫期の生活方法は不明のようです。

IMG_8826
IMG_8892
この働きアリの口には、肉眼では見えないほど小型なダニが付いていますが、このダニは今まで何度も見ていますが、毎回口に寄生しているようです。
その他にも、巣の中を徘徊しているダニなども見つかります。


たった1種類のアリの巣の中で、これだけ多くの虫たちが同居をしていることがあります。

オキナワアギトアリの巣で暮らす虫たちを見ると、多くは食べカスなどを食べる掃除屋です。
このアリを飼育すると、食べカスや糞を部屋中に捨てるので、飼育ケースが汚れるのが早く、掃除が苦手なアリということが分かりますが、だからこそ、このように掃除屋が多く同居しているのかもしれません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事内検索
Archives
Recent Comments