2012年09月28日

オオムカデの子育て

飼育中の久米島産オオムカデが8月に産卵、そして約2ヶ月がたち、親離れをする時期がやってきました。
オオムカデの子育て
親ムカデは、この間エサを食べずに子ムカデたちを育てるのです。

オオムカデの子育て
親ムカデに優しく抱かれている子供たちは、とても安心しているようです。
ムカデのたくさんの脚は、たくさんの子供たちを抱きしめるために役に立ちます。

本当は産卵から数回の脱皮をして成長するまでを撮影したかったのですが、抱卵中の親ムカデと言うのはとても神経質で、この時に刺激してしまうと、かなりの確立で卵や子ムカデを食べてしまうので今まで撮影するのを控えていました。
無事に育ってくれてよかった!

コメント一覧

1. Posted by jo   2012年09月29日 19:23
ムカデって動くと
音がするよねェ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事内検索
Archives
Recent Comments