2014年09月18日

子育てが終わったトビズムカデ

トビズムカデ
しばらく飼育をしていたトビズムカデの親子。
卵から今まで、ずっと母親に抱かれていましたが、昨晩子供たちは親元を離れました。

トビズムカデ
親の頭部と脚は赤ですが、子供たちはまったく違う色をしています。

トビズムカデ
長い間、エサも食べずに子育てを頑張った母親。
大きなレッドローチを与えると、あっという間に完食しました。

頭と足の赤いトビズムカデは、中学1年の理科の教科書にカラー写真があり、その写真を見た瞬間に一目惚れ!
理科の授業中は、ずっとこの写真を眺めていました(笑)
身近にはアオズムカデしか生息していなかったので、トビズムカデは憧れのムカデでした。
中学2年だったか3年だったか、初めて山で赤いトビズムカデを見たとき、あまりに嬉しすぎて素手でガシっと採集!
当然怒ったムカデは、ガブっと噛み付いてきましたが、痛みよりも喜びが上回ると痛く感じません。←変態ですね。
ちなみに痛みはアオズムカデよりも格段と痛いです。
痛みの感じ方は人や体質によって異なるかもしれませんが、トビズムカデは、南西諸島の20cm近くになる大型のオオムカデよりも毒が強いと思っています。
痛みを言葉で説明すると、沖縄の巨大オオムカデは、ずっしり重く太い痛み、トビズムカデは針で何度も突き刺されるような鋭く強い痛み、アオズムカデは僕の中では痛い部類には入りません。
※ムカデの毒はハチ毒同様、アナフィラキシーショックを起こす危険があるため、取り扱いには十分ご注意ください。

コメント一覧

1. Posted by カラポ   2014年09月18日 19:24
またお邪魔します。

これは飼育されてる個体なんですよね?床材がしっとりと自然な風合いですが何を使用されているんでしょうか?
ストレスを感じさせないような環境で丁寧に飼育されているのがハッキリわかります。それで食卵等のトラブルもないのでしょうね。
2. Posted by taku   2014年09月19日 09:42
ブログご覧頂きありがとうございます!
ムカデは赤玉で飼育をすることが多いのですが、このトビズは野外から持ってきた土で飼育をしています。
産卵中のムカデは落ち着ける場所を用意してあげるのが一番ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事内検索
Archives
Recent Comments