2015年06月14日

ニシムネアカオオアリとムネアカオオアリ

日本最大のアリは、ムネアカオオアリとクロオオアリですが、実はもう一種存在します。
それが四国や九州に生息するニシムネアカオオアリです。
これらの働きアリ、兵隊アリ、女王アリの各サイズは同じなので、日本には最大種が3種いることになります。

ムネアカオオアリ
こちらがムネアカオオアリ Camponotus obscuripes。
胸部は赤です。

ニシムネアカオオアリ
そして、こちらがニシムネアカオオアリ Camponotus hemichlaenaです。
胸部は一見赤いのですが、よく見ると前半は黒です。
ムネアカオオアリとの違いはこれだけです。

女王アリも比較してみました。
ムネアカオオアリ
ムネアカオオアリ。

ニシムネアカオオアリ
ニシムネアカオオアリ。
こちらの方が腹部付け根の赤の面積が広いのですが、これは個体差の違いです。
女王アリでは見分けられませんね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事内検索
Archives
Recent Comments