2018年08月09日

ムネアカオオアリの結婚飛行

ムネアカオオアリ
先月撮影したムネアカオオアリの結婚飛行。
交尾を終えて地面に降りた女王アリは、その場で翅を根元から切り落とします。

ムネアカオオアリ
4枚の翅をすべて落としました。
この後、しばらくの間ウロウロ歩き回って、巣を作る場所を探しますが、この間は捕食されたり、人や車に潰されたりと危険な時間です。

ムネアカオオアリ
死んだり弱った個体は、すぐにアリに捕まってしまいます。

ムネアカオオアリ
この女王アリはクモの巣に引っ掛かってしまいました。
運よく巣を作れる倒木などを見つけても、すでに他のアリに占領されていたり、巣を作ってからもムカデやコメツキの幼虫などに食べられてしまうことが多く、大きなコロニーに成長できるのは本当にごくごくわずかな幸運な女王アリだけなのです。

コメント一覧

1. Posted by バード   2018年08月09日 16:06

今日は。
ムネアカオオアリの女王は、私の経験でも結婚飛行から翌日にはコメツキの幼虫やムカデ,蜘蛛、他のアリに襲われ死亡したり、襲われているのを観ています。
従って、越冬できるのは推測ですが1%もいないのでは・・・。
ヤクオフなどで冬季に採集した女王を販売に出していますが、動きの悪いコロニーを一網打尽にすることは採集者には楽ですが、自然破壊に思えます。
採集は、結婚飛行の時期のみにすべきでは。
と一人思う私です
2. Posted by taku   2018年09月07日 16:45
バードさんこんにちは。
飛んでる数から考えても、巣を作り、羽アリが生産できるまで成熟できる女王は1%以下でしょうね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事内検索
Archives
Recent Comments