2019年11月28日

ミツバアリの女王とオスとアリノタカラ

ミツバアリの女王とオスとアリノタカラ
ミツバアリの新女王とオス。

ミツバアリは巣の中でアリノタカラというカイガラムシと共生しています。
このカイガラムシが出す甘露がミツバアリの主食なので、アリノタカラがいないと生きていけません。
そして、アリノタカラもミツバアリの世話なしでは生きていくことができず、お互い助け合いながら暮らしているのです。
ミツバアリはやんばるの薄暗い森の中で見つかり、長年そのような環境を好むのかと思っていたのですが、沖縄でアリを研究する高嶺さんにミツバアリが多く生息する場所を案内してもらうと、そこはなんと開けて日当たりの良いサトウキビ畑の周辺でした。
ここには本当に多くのミツバアリが暮らしていて、本来はこのような場所を好むのかと驚きました。
普段沖縄では山ばかりで過ごしているので、このような環境でアリを探したことがなかったため気が付きませんでした。

ミツバアリの女王とオスとアリノタカラ
これがミツバアリの巣で暮らすアリノタカラです。
ちなみにこちらの写真は、もちろんスマホを使って撮影しています(笑)

ミツバアリの女王とオスとアリノタカラ
結婚飛行で巣から飛び立つとき、新女王は必ずアリノタカラをアゴで咥えてから飛び立つのです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事内検索
Archives
Recent Comments