2016年09月18日

ATMから着服容疑 岩手銀元行員が行方不明

岩手銀行は16日、盛岡市の茶畑支店に勤務していた男性行員(24)が、同支店内の現金自動預払機(ATM)から現金計1200万円を不正に抜き取り、着服したと明らかにした。行員の行方は分かっておらず、岩手県警が業務上横領や窃盗の疑いで捜査している。

同行によると、行員は8月下旬〜今月上旬、支店内のATM2台に現金を補充する際などに、3回にわたり計1200万円を抜き取ったという。同行は6日、行員を懲戒解雇とした。


河北新報 9月17日
anzenbanks at 06:59|この記事のURL東北 

2016年06月19日

巨額ATM不正引き出し、指示役を初めて逮捕

17都府県のコンビニの現金自動預け払い機(ATM)で先月、18億円超が一斉に引き出された事件で、警視庁は17日、東京都新宿区西新宿の容疑者(33)ら男3人を不正作出支払用カード電磁的記録供用と窃盗容疑で逮捕したと発表した。
容疑者は他の2人に引き出しを指示して現金を回収していたといい、指示役の逮捕は初めて。

3人は5月15日午前6時半〜7時頃、八王子市のセブン―イレブン店内のATMで、南アフリカの銀行のクレジットカード情報を入力した偽造カードを使い、10万円ずつ30回、計300万円を引き出した疑い。

読売新聞 2016年6月17日

anzenbanks at 17:11|この記事のURL詐欺事件 

2015年10月13日

簡易郵便局の元局長、8億9千万円詐取 長野

長野県小諸市の諸簡易郵便局の元局長(66)が、顧客約180人から計約8億9千万円をだまし取っていた、と日本郵便信越支社(長野市)が13日、発表した。信越支社は、すでに返済された分などを除く実質的被害は約6億円とみており、補償手続きを進めるとともに、詐欺容疑での告発を検討している。

信越支社の説明によると、元局長は10年ほど前から今年2月下旬まで、窓口に訪れた顧客に「100万円を出せば、半年で約1割の利息がつく」などとうその説明をし、現金を受け取っていた。現金と引き換えに、郵便貯金の手続きなどで使う「預かり証」を渡していた。

元局長は調査に対して「最初は借金返済のためにだまし取った」と話し、その顧客への支払額を調達するために別の顧客から同様の手口で現金をだまし取る行為を繰り返した末、金額が膨らんだと説明したという。顧客が今春、別の郵便局に問い合わせたのをきっかけに発覚。元局長は4月に日本郵便との契約を解除された。

朝日新聞デジタル 2015年10月13日
anzenbanks at 20:56|この記事のURL郵政 

2015年10月07日

痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険が登場

満員電車に乗るときは両手を挙げている男性も多いのではないか。ジャパン少額短期保険(東京都千代田区)は電車などで痴漢に間違われた時に弁護士にすぐに助けを求めることができる弁護士保険を発売した。事前に携帯電話やスマートフォンに利用画面を登録しておくと、緊急時にボタンを押すだけで対応可能な弁護士と連絡がとれる。同社によれば、業界でも珍しいという。


「痴漢冤罪ヘルプコール」は携帯やスマホにあらかじめ登録していた利用画面を押すと、登録弁護士の携帯やスマホにメールが一斉発信される。受け取ったメールを見て、対応可能な弁護士がボタンを押すと契約者にメールが返信され、弁護士に電話をする仕組み。利用可能時間は平日午前7時〜10時と17時〜24時。


ニュースイッチ 2015年9月11日
anzenbanks at 20:32|この記事のURL損害保険 

2015年03月19日

「地下銀行」営業容疑で男逮捕=中国向け、ネット銀不正送金利用か―警視庁

違法に中国に送金する「地下銀行」を営業したとして、警視庁と三重県警は13日までに、銀行法違反容疑で、埼玉県蕨市の会社員を逮捕した。容疑を否認している。

警視庁は昨年、インターネットバンキングの不正送金事件で、「出し子」グループの中国人の男3人を窃盗容疑で逮捕。不正に引き出した約50万円が容疑者名義の口座に振り込まれていたという。同庁はネットバンキングの不正送金で引き出した金を中国に送るため、地下銀行を利用したとみて実態解明を進めている。 

時事通信 2015年3月13日
anzenbanks at 08:42|この記事のURL事件事故 
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: