2018年07月12日

磁気不良のカード、ATMで自動修復 三井住友銀行

三井住友銀行は11日、磁気不良を起こして読み取りにくくなっているキャッシュカードを現金自動出入機(ATM)が自動で検知し、修復するサービスを始めた。ICチップが付いたキャッシュカードが対象で、三井住友銀の全ATM約5700台で始める。

キャッシュカードは磁石の近くに置くなど、使い方次第で磁気不良を起こすことがある。磁気不良を起こしたカードは読み取れなくなるため、従来は再発行の手続きが必要だった。今後は、ATMが読み込んだカードの不良を検知すると、10〜20秒で内部で自動的に修復する。修復するのは、ATMで残高照会か引き出しの操作を選んだ時となる。

2018/7/12朝日新聞
anzenbanks at 09:38|この記事のURLニュース 

2018年03月11日

100万円奪って逃走、愛知碧南市の郵便局強盗で容疑の男逮捕

去年11月、愛知県碧南市の郵便局に刃物を持った男が押し入り、現金およそ100万円を奪って逃げた事件で、警察は31歳の男を強盗の疑いで再逮捕しました。
逮捕されたのは、碧南市東山町に住む無職の容疑者(31)。
容疑者は去年11月、碧南市金山町の碧南辻郵便局に押し入り、女性局員を包丁で脅して、現金100万円を奪って逃げた強盗の疑いがもたれています。

警察が防犯カメラの映像などから捜査を進めていたところ、別の窃盗事件で逮捕されていた容疑者が強盗事件に関与したことも認めたため、9日、再逮捕しました。

2018/3/10CBCテレビ
anzenbanks at 09:09|この記事のURLニュース 

2017年12月17日

<自賠責運用益>一部返還へ 交通被害救済の先細り回避

交通事故の被害者救済事業の財源として国の特別会計に計上されていた自動車損害賠償責任(自賠責)保険の運用益約6100億円が一般会計に繰り入れられたままになっている問題で、財務省と国土交通省は、特別会計に残った運用益を枯渇させないため一定額の返還を行うことなどを盛り込んだ覚書を18日に結ぶ。覚書を受けて財務省は15年ぶりに返還を再開し、二十数億円を2018年度の特別会計に戻す。19年度以降も返還を継続する方向だ。

麻生太郎財務相と石井啓一国交相が同日折衝し、正式合意する。未返還の影響で重度障害者の専門病院の運営など事業の先細りが懸念されていたが、危機的状況は回避される見通しだ。

未返還問題は、1994、95年度に旧大蔵省が「財政難」を理由に旧運輸省所管の特別会計にあった運用益の中から約1兆1200億円を一般会計に繰り入れたのが発端。運用益の原資は自動車ユーザーが支払う自賠責保険料で、専門病院の運営や在宅患者の介護料などに充てられている。

財務省はこれまで4回にわたり全額返還するとの覚書を国交省と交わした。しかし03年度までに利息を含む計約6900億円が戻った以後は1円も返還されず、期限の延長が繰り返されてきた。今も元本と利子を合わせて約6100億円が返還されないままだ。

このため自賠責の被害者救済事業は特別会計に残った運用益を毎年100億円程度取り崩して継続されている。「このままでは十数年で運用益が底を突く可能性が高い」との不安が被害者家族に広がっていた。

2017/12/17毎日新聞
anzenbanks at 12:21|この記事のURLニュース 

2017年11月22日

<商工中金>不正による損失78億円 中間決算に計上

商工中金は22日、国の低利融資制度「危機対応業務」の不正による損失が、78億6500万円に上ったと発表した。不正に国から支給を受けた利子負担金などを返還する。

2017年9月中間連結決算に計上した。損失の内訳は、国から受け取った負担金を返還した分21億100万円▽弁護士ら専門家の報酬などの不正調査費24億5500万円▽融資先が倒産した際に政府が一部肩代わりした分の返還10億4100万円−−など。

不正の対象となった危機対応融資の9月末時点の残高は、不正調査で営業人員を抑制したことなどで、今年3月末比で約4000億円減となった。中間期の最終(当期)利益は、景気回復であらかじめ倒産を想定して計上していた与信関連費用が戻ってきたことから前年同期比約2倍の207億8900万円と過去最高となった。

危機対応業務は、災害などで一時的に業績が悪化した企業に国が利子の一部を負担する制度。商工中金は、業績書類の改ざんなどの不正をほぼ全店で計4802件(総額2646億円)行っていた。

2017/11/22毎日新聞
anzenbanks at 21:58|この記事のURLニュース 

2017年11月07日

ATM不正引き出し 群馬県内10人目の逮捕

昨年5月、全国のコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件で、県警組織犯罪対策1課などは6日、不正作出支払用カード電磁的記録供用と窃盗の疑いで埼玉県深谷市の鉄筋工(23)を逮捕した。県内では10人目の逮捕で、容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年5月15日朝、逮捕された男2人らと共謀、前橋市のコンビニで5回にわたり偽造カードを使い現金50万円を引き出したとしている。共犯者の通話履歴などから浮上した。

2017/11/7産経新聞
anzenbanks at 09:37|この記事のURLネットバンク 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: