2005年08月02日

みずほ銀行、ソフトウェアキーボードの提供などでスパイウェア対策

みずほ銀行は、スパイウェアによる不正利用を防止する対策として、パスワード入力画面においてソフトウェアキーボードを提供するなどのサービスを8月22日から開始する。

ソフトウェアキーボード機能は、インターネットバンキング「みずほダイレクト」のログインパスワード入力ページにおいて、画面上にキーボードを表示してキー入力をマウスで代用できるようにするもの。キーボードの入力記録を盗み取ろうとするスパイウェア「キーロガー」に対して、安全な入力方法だとしている。

また、振込や振替を行なう際に必要となる6ケタの第2暗証番号の入力方法を変更する。従来は6ケタを全て入力していたが、今後は6ケタのうち4ケタのみを、「左から6番目、5番目、4番目、3番目」というように、みずほ銀行が指定する順序で入力する。ただし、投資信託サービスについては、従来通りの利用方法となる。指定される4ケタの数値は、利用するごとに変更されるため、キーボードの入力情報を盗み取られた場合でも、第三者によるなりすましが難しくなるという。
impress Watch


通帳、印鑑の盗難被害に関するリンク集


キャッシュカードのトラブル、盗難被害や偽造事件


現金自動支払機(ATM)に関連した犯罪、トラブル

anzenbanks at 20:19│Comments(0)TrackBack(0)ネットバンク 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: