あんずカンパニースタッフ日記

「はりきゅう・アロマあんずの種」のスタッフの日記です。

d656590a.jpg

この間の休みは
須藤さんと湿原の中を散歩しました。

ちょうど暖かく、心地よい風もふいていて
歩いた後は肩がすごく軽くなりました!


自然の空気を吸うことができて、体もめぐったような気がします。


ちょうど夕日も見ることができて、最高でした♪
iPhoneから送信

生き物が一生のうち、最も多く行う運動はなんでしょうか?

「呼吸」ですね(^^)

吐くのが大事とか、腹式呼吸がよいとか、皆さん呼吸に関する情報は何かしら聞いたことがあるでしょう。

呼吸は心身のいろいろな面に影響を与えます。

昨今では「アレルギーは口呼吸が原因」などと言われることもあり、呼吸は病気・からだの不調と深く関わっていますね。

人間が自律神経に対し唯一意識的にコントロール出来るのが呼吸であり、ストレスフルであったり、バランスの崩れた生活を送り、自律神経の乱れた方には、ぜひ呼吸から整えていくことが大切です。

数多にある呼吸法ですが、いまボクがおすすめするのは「1分呼吸」です。

やり方は簡単。
20秒吸って、20秒とめる、20秒吐く。
これだけです。
無理に腹式呼吸などは意識しなくても良いです。

20秒とめることで、気がからだの隅々に行き渡り、末端まで温かくなります。

また、長く吐けないのは、からだに無駄な緊張があるから。長く吐けるのはリラックスしてる証拠です。

1分呼吸の1番の利点は「リセット効果」だと感じます。

気分が晴れないとき、気持ちが乱れたとき、集中したいとき、

1分呼吸をすると、とても気持ちが落ち着き、意識が冴えてきます。

瞑想にも同様の効果があり、アスリートや音楽家などはいつでも最高のパフォーマンスを出せるために、瞬時に瞑想状態に入れる訓練をしている人も多いですね。

瞑想は出来なくても、呼吸でも効果ありますよ!

皆さんもぜひお試しくださいね。

◾︎ボクが呼吸の参考にしているのがこちら。
鍼灸師であり「呼吸整体師」である著者の先生が、自分の病気を呼吸で治した経験から生まれた、良い呼吸のいろはが詰まってます。

「深呼吸のまほう」森田愛子著 ワニブックス
image

“見えたり怒りにかられたりすることもあった。ほとんど意識がない状態でも、強烈な性格は必ずしもおさまらなかった。たとえば呼吸器科の医師がマスクをつけようとしたときは、大量の鎮静剤が投与されていたのにジョブズはマスクをはずし、こんな変なデザインのものは身につけないとつぶやいた。 まともに口がきけない状態なのに、「デザインの違うマスクを5種類持ってこい、そうしたら気に入ったデザインのものを選ぶから」と言うのだ。”

こういう人が、好きだ。
きちんと自分のスタンダードにボーダーラインが入っていて、かつそれにこだわることができる。
だからスティーブジョブズはアップルをあそこまでにできたんだと思います。
チームワークばかりを重んじるリーダーよりも、結果的にジョブズのように、まず自分はどうしたいのかを明確な意志を持っていて誰よりも先にそれを考え、広めることができるリーダーは、前者よりも遥かにチームメンバーから絶大な支持をされる人な気がします。

なので、mac派です。

今日も秋晴れの良い天気でしたね!
皆さんの秋はスポーツや読書ですか?それとも食欲の秋でしょうか(*^^*)

10月から秋の新キャンペーンが始まります!
あんずの種の人気コースの鍼灸&アロマのキャンペーンです。
通常120分\10800→\8640(20%オフ)
季節の変わり目は体調も変化し、不調も現れやすいです。そんな時は体の内側から疲れを取って元気を充電できる鍼灸とアロマの満足コースがオススメなのです☆
足浴もつき、身体もポカポカになりますよ〜!

秋の精油といえばスパイス系もおすすめです*\(^o^)/*
カルダモン、ジンジャー、ブラックペッパーなど‥体を温め元気にしてくれる精油です。特に体のパワー不足の時に効果を発揮してくれますよ!数滴だけでも香りに存在感を出せるのでいつもの精油ブレンドに足して香りを楽しめます。

10月からの新キャンペーンお楽しみにしていて下さいね!
現在クレイキャンペーンも引き続き9月末日まで行っております(o^^o)
ボディかフェイシャルをどちらかお選び頂ける80分のコースは、クレイパックで毛穴の奥の汚れを取り去りボディは全身のオイルトリートメントで保湿しながらリラックス!フェイシャルはもちろんトリートメントと美容クリームパックでツルスベ肌に!!
期間はあとわずか‥ぜひお試し下さいね。

加藤

iPhoneから送信

fd526a60.jpg
8eb523d2.jpg
釧路の秋晴れが大好きです。

澄み切った高い高い青空も、
秋風のにおいも、少し引き締まった冷たい風も大好き。


こんなに大好きな季節なのに、最近の私の頭は秋晴れとはほど遠い状態でした。


みなさんも、そんなことはないですか?
なにか心や頭を縛るものがあるとき、心が曇ってしまう。


決めなきゃならないこと、懸案事項といわれるようなこと、変わらないものを受け入れる前の抵抗とか、ずっとずっと考えてしまう。
ものごとにとらわれてしまう悪い癖が出てきて、身体の中が澱みます。


昔は考え過ぎて体調が悪くなったこともありましたが、最近はこれをどう改善させるか探るようになりました。


というわけで、最近は散歩をしています!
朝だったり夜だったり、お昼の休憩時間だったり。


自分の頭と心が澱んできたら、
外の空気に触れ、風を感じてゆっくりと呼吸をする。


そしたら、なんかスッキリするものです!


単純といえば、実に単純な私。(笑)


でも、そういうことってあると思います(*^^*)
本当は、すごくシンプルなことのほうが多い。


だんだん顔が険しくなってきたら要注意!


まつはらさんは笑ってないとダメですよ!
なんてスタッフから言われてしまうこともある。ごめんね、本当に。


どんなことがあっても、どんな表情でいるか、どんな心でいるかは、自分次第ですもんね。


いつも笑顔でいられるように、秋晴れのような澄み切った心でいられるように、
澱んだら、いちいち、ちゃんと流してあげようと思います。


先日千代の浦海岸を散歩していたら、石炭を運ぶ列車が通り過ぎました。


昔からずっと見てきた石炭列車。
昔は釧路を支える産業でした。
顔が真っ黒になって帰ってくる炭鉱マンを、小さい頃からいつも見てきました。
今ではベトナム人への研修や指導を行っているようです。
時代は変わるのだなぁ
変わるから良いのでしょうね。


とらわれる心は失う心。



岩もあり木の根も
あれど
さらさらと
たださらさらと
水の流るる


大切な人から教わった大好きな言葉です。


写真は私の心のイメージ図です!(笑)


澄み切った気持ちの良い秋晴れと、どーんとおっきな太平洋!!

広くおおきくたおやかに
(=´∀`)人(´∀`=)


最近、朝起きてやることにひとつ増え、習慣化できるようにと挑戦中です。

それはオイルうがい。

今はココナッツオイルで行なっていますが、なくなったら太白ごま油でやろうと思っています。

オイルうがいはインドの伝承医学・アーユルヴェーダの健康法のひとつ。

前からたまに行なっていたのですが、鼻うがいのようには、習慣化されてませんでした。

今回習慣化しようと思ったきっかけは、スリランカのアーユルヴェーダホテルでお手伝いをしていた時に知りあった方々が、オイルうがいの本「たったひと口、オイルの力」を最近出版したことが、きっかけでした。
早速、コーチャンフォーで購入しました。

毎朝のオイルうがいで、

口腔内を洗浄してトラブルを予防
唾液力をアップ
目、肌に潤いアップ
顔の筋肉をしなやかに、表情筋を鍛えて、ほうれい線をうすく、小顔に。などなど、

オイルうがいには健康や美容、アンチエイジングにいろいろな効果がありそうです。

実際、私も顎関節のきしみがオイルうがいをはじめてからよくなって動きが柔らかくなっている実感があります。

前にアーユルヴェーダの食事を指導されている方とお会いしたときに、年齢を感じさせない肌艶、そしてシワもなかったので、何か特別なことされているのかうかがった時に、
オイルうがいだけは、毎日かかさずやっていると話していたのを、本を読みながら思い出しました。

オイルうがい、口の中がオイルでギトギトになりそうなイメージかもしれませんが、やってみると唾液と混ざり、数分後には油分がきにならないように感じます。
うがいをした後は、思いの外すっきりしています。

やらないと気持ちが悪いくらい習慣になるようにオイルうがい、まずはひと月頑張ってやって見ようと思います。

さて、宮古島は海もきれいですが、星もきれいに見えます。

というのも、まず圧倒的に電灯が少ないんですね(^^;;

知らない土地での散歩・散策が趣味の自分ですが、宮古島初日に昼間出歩いて本当に熱中症寸前まで追い込まれたので、

以来、散歩は早朝と夜にしました。

のんびりと歩くさとうきび畑の間。夜は星を見上げながら。

宮古島分院にはテレビが無いので、ラジオを聴きながら、ベランダから見える向こうの海や雲を眺めていると、何時間でも過ごせます。

宮古島に持って行った一冊は、まさにそんな「夜」の物語でした。

どんな人とも、その関係は相手と自分がいる「社会」がつくっていて、お互いがいる場所が変われば、その関係はもちろん変わりますね。

そういう意味で、社会に属す限り、関係性のフィルター越しにしか人は知り合えないわけですね。

だけれども、社会が、世界が変われば人と人は変わる。違う世界には違う自分と相手がいる。

そんなことを、この物語は伝えてくれます。

特に若い人、小学生、中学生、高校生。

学校というある意味異常な場所で、息を殺している子たちには、世界がひとつでないこと、正解はひとつではないことを出来るだけ早く知ってほしい。

置かれた場所で咲くことがすべてではないことを知ってほしい。

そのためには、違う世界に飛び込む行動力が必要なことを知ってほしい。

そんなことに気づかせてくれる一冊です。

大人も、子供も、特に子供には読んでほしいのです。

「宇宙のみなしご」 森絵都 著 角川文庫

image

「木炭パワー健康法」牧内泰道さんの本。


土や光水の養分を吸収して成長した木。
それを炭化させて出来た木炭は、自然のエネルギーのかたまりです。
またエネルギーを集めたり、蓄えたりなど優れた効能を持っています。



よく「水に木炭を入れると美味しい水ができるよ」など木炭が良いということは聞いたことがあります。

昔は中国で約二千百年前のものといわれる古墳が発掘された中から女性の遺体が見つかり、ミイラ化もせず崩れもせず死後4日くらいのきれいな状態で発見。
その状態を保っていた秘密は棺に木炭が敷き詰められていたからだそうです。



その頃から、木炭は長期保存出来ると知られていたんですね。




木炭の効果は他に
水や土、生活環境をきれいにする浄化・濾過作用。
解毒、消臭作用。
磁場や電位、気のエネルギーを高める作用。
などなど沢山の効果があることがわかります。



木炭を顕微鏡でみると表面に細かい穴が沢山空いており、縦と横あらゆる方向に通じ走っている。

この特殊な作りが表面積を広くし、水や空気を吸収する力が高くなるのです。



米を炊くときに入れたり、畳を外したところにいれたり木炭は簡単に活用できるのでいいですよね!


私もやってみよっと!^ - ^




iPhoneから送信

さて、宮古島に滞在し、身を以て気づいたことがあります。


それは「体調の変化」

自分はアトピー持ちですが、宮古島にいる間はみるみると良くなりました。

滞在1〜2日目あたりは、あまりの暑さと湿気に、むしろ痒みが増したり汗疹が出来たりと悪化しましたが、3日目あたりからは徐々に改善し、5日目あたりからは非常に状態が良くなりました。


仕事柄、なぜ良くなったか?を検証したところ、以下のことが要因として挙げられます。

⑴暑さによる発汗量増加
→保湿と汗腺の働きが活発化することで、中国伝統医学でいうところの「肺」の気機(気の運動状態)が円滑になり、皮膚の状態が改善された(中国伝統医学では、肺は皮膚の状態に関連します)

⑵海風の海塩粒子&海の効果
→海風に含まれる海塩粒子にはミネラルがたっぷり。シュノーケリングした後も体調が良くなりました。

⑶転地療養効果
→アトピー患者が海外に行くと、旅行に出ると改善する話は良く聞きます。自分も実感していました。メンタル的な影響が大きいアレルギー疾患には効果的でしょう。特にアレルギーの方は、ノンビリよりもワクワクする交感神経優位にした方が良いケース多いです。

⑷空気
→工場などはあまり見かけす。関係あるかな?

⑵高い湿度による保湿効果
→僕のような乾燥するカサカサタイプには良かったかと。ジュクジュクタイプのアトピーの方は悪化するかも、、?


もちろん健康的なことばかりでなく、
・ビール飲み過ぎ
・炭水化物食べ過ぎ
・冷房効きすぎ
などの悪化要因がありましたか、それを跳ね除けて体調は改善しました。


自分以外にも、
・一緒にライブをしたシンガーが、宮古島ではまったく喉を傷めず。
・知り合いや患者さんにも、宮古島来てからアトピー良くなったという声が。

そして、どれだけ疲労しようが、酒を飲もうが、翌日の朝にはシャッキリ目覚めがよいこと。


いろいろまとめてみてもやっぱり、
「宮古島パワー」
が、必ずあると思います(^^)

仕事とか関係なく、また行きたい場所です。

身体のためにも、心のためにも、宮古島訪問は絶対おすすめします!


◾︎アトピーのことがわかりやすい一冊はこちら。何が悪化させるの?どんなことがつらいの?著者自身が自分の経験から描くマンガ。
気軽に読めるのでぜひ(^^)

「アトピーが教えてくれたこと」青山ぱふこ著 イースト・プレス

image

食べ物編です。


「値段が高いのには訳がある」

ということで

値打ちという水準を学びにいろんなお店に、行きました(ドキドキ)


やはり、どこに行っても

味や空間のレベルの高さを感じましたが

その店のスタッフの動きを重視して見てしまいます。


例えば

お子さんを連れた家族に頭を下げ挨拶するボーイさん。

そうすると小さな女の子が挨拶を返す。

そのボーイさんは片膝を地べたにつき、目線を女の子に合わせて話しかけていました。

その姿はとても美しく、微笑ましく、つい見とれてしまいました。



例えば

同じ大きさの家具でも

「送料は〇〇円ですね」と言って終わる人と

なんとしてでも安く送れないか考えて問い合わせてくれたり、小さくできないか工夫してくれたりする人。

こちらとしては「送料はどのくらいですか?」と聞いただけなのに。



この違いってなんでしょう。


回転率の高く、でも味のレベルの高いことで有名なイタリアンに行くと、本当にスタッフの動きに無駄がなく水の流れに任せた魚のように素敵でした。


その中で、スタッフ同士がすれ違う瞬間、一言交わしたり(その後お互い笑顔になるからきっと面白いことを言ったんでしょう)笑顔だったり、変顔(に見えた)だったりするんです。


それを見るのが大好きで、途中からフォークが止まる止まる。



そういえば、ケニアに行った時に感じた感覚に似ている。


にしても、本当に食べまくりました、、、東京に行く予定があってオススメの店知りたい方は、聞いてください( ^ω^ )


築地に行くと、落し物掲示板があって、その内容がシュールで面白い。


このページのトップヘ