あんずカンパニースタッフ日記

「はりきゅう・アロマあんずの種」のスタッフの日記です。

232c8fba.jpg皆さんこんばんわ!

今日の朝に畠中さんからマッサージオイルを貰いました(^O^)

早速、自分の足に塗りながらマッサージをしてみました!





とても気持ちが良いです!!(≧∀≦)

自画自賛ではありません(笑)

オイルにより押す指が滑っていく事により
筋肉全体を刺激されているようで満足感が大きいです。
点ではなく面で押されているようです。


高石さんのオイルマッサージの練習相手になる事もあります。いつでもオイルマッサージは気持ちが良いです。


それになんだか、このオイル。果物の香りがします。
肌触りも気持ち良いです。
なんだか見た目も高級なようで、気になりインターネットで検索してみました。





ヴェレダという会社のホワイトバーチオイルでした!
世界中のママさんに使われている有名なオイルなんですね!

こんないいオイルを…
畠中さん、ありがとうございます!
大事に使います(^O^)

長野  2日目

午前中は畑仕事をして、午後は信州の鎌倉「上田」へと足を運んだ。最初に向かったのは、前山寺。ここは「くるみおはぎ」の有名な場所。この地域ではおはぎといえばクルミなのだそうだ。そして、お寺の中に入らせてもらい、「くるみおはぎ」を。通されたお部屋は、お庭も眺めも最高で異空間に浸ってしまった。くるみおはぎも上品でおいしく、あんこ嫌いな私が人生初めて口にできたおはぎだ。米のとれる地域だからなのか、前山寺の屋根は立派な茅葺屋根で茅葺屋根のお寺をみるのは初めてでしばし見入ってしまった。多くに人たちと時間をかけてかえているのだろうなと思った。

境内には樹齢700年という立派な欅の木がありその誇らしい生きざまにこれまた見とれてしまった。

 

その木の横に、石碑があり

「かけた情は水に流せ 受けた恩は石に刻め」

という言葉が刻まれていた。知らず知らず、見返りを求めて何かに対し不満を持ってしまう、そうなると受けた恩さえも恩として受けとっていないのかもしれない。


そういえば、小さいころよく母親に「見返りを求めなさんな」と言われていた。「そんなつもりはない」と意地を張っていたが「○○してやったのにさぁ」と完全に見返りを求めている発言をよくしていた事を思い出す。やるもやらないも自分次第で、そこに対して相手に何かを求めるのはお角違いだと今なら考えることができる。(できているかは別として)


相田みつをさんも

『あんなにしてやったのに

「のに」がつくと

ぐちがでる』という詩を書いている。


今は、石が足りないくらいにたくさんの恩を頂いている。その恩を忘れないとともに、誰かの小さな助けになる人間に成長しようと思う。



その後は、「安楽寺」そして「無言館」にも立ち寄った。戦没画学生慰霊美術館。現在、釧路芸術館でこの美術館の作品が6月21日まで展示してある。描かれていた絵の作者たちは、20代や30代前半いう若さ。まだまだこれからの可能性が満ちている彼らの作品は、優しかった。


兵隊として身を捧げる前日に描かれた作品が何点かあった。その中には、愛する妻を描き途中で「帰ってきたらまた続きを描くから」と言って、帰らぬ人となった。「一家団欒」という題で幸せそうな一家の風景の作品。作品の解説に、「貧乏で1度もこんな風に一家が団らんなどしたことがなかったのに、貧乏な中、美術の学校に通わせてくれた家族への感謝を、兄が最後に描いていったのだと思う」とあった。

今の私とほとんど同じ年で、まだまだやりたいことがある中でどんな気持ちであったのだろう。集められた絵が彼らの変わりに言葉にならない無念を訴えているような気がした。


信州、上田で貴重な時間を過ごした。



















iPhoneから送信

523日?

目的地到着!!1年半ぶりの長野県佐久市。東京からバスで3間ほどの場所である。降りた時に吸い込む空気が身体の奥まで染み入る。

 

佐久のバス停で待っていてくれた女性は1年半ぶりの再会にも関わらずつい最近会ったような気分になるほどすぐに馴染んだ。今回はこの方の自宅で宿泊をさせていただく。佐久市の山の方にある村。標高1000メートルほどのところで空気も景色も水も澄んでいる場所。

 

駅から自宅に向かう途中、「鯉屋」さんに立ち寄った。今晩のごちそうだ。長野では鯉を食べる習慣がある。鯉は滋養が高く、昔から産後の母親に食べさせたり、お乳の出が悪いお母さんが食べたりするそうだ。以前、鯉を頂いた際に「食べ過ぎると鼻血がでるから気を付けて」といわれたことがある。鯉屋で鯉のおいしい食べ方などを聞く。鯉屋の女将さんが理由も含めて詳しく説明してくれた。鯉はうまく締めなければ、鯉が苦しそうにするとともにおいしさが半減するそうだが、その締め上げるのは難しく技術がいるのだそうだ。そして、鯉屋の前にある靴屋にも立ち寄った。代々続くその靴屋は商品に自身を持っている、80歳近い男性がお店においてある靴の良さやご自身のおじいさんの話などをしてくれた。まさに、代々続く靴屋の職人である。2店の方、ご自身の仕事にプライドを持っていると感じる。

 

千曲川沿いに車を走らせ20分。待ちに待った、その方のご自宅。古い自宅なのだが、なんだかほっとできる懐かしい香りがたくさん詰まっている。家には、その方のお母さんがお風呂を焚いて待っていてくれた。本当に笑顔の素敵なお母さんお会いできただけでもここに来た価値がある。お風呂といっても薪で焚くお風呂で、お母さん焚いて準備をしてくださっていたのだ。このお風呂、熱いのだが疲れが吹っ飛び、身体が芯まで温まる。本当に有り難い。この近隣では、薪は必須で、お風呂やストーブ、またそこからできた燠を掘りごたつとして利用。なくてはならない必需品なのだ。なにより、ストーブにしても、こたつにしても暖かい。「ボタン1つ」ではない、生きる知恵だと思った。

 

そして、お風呂から上がったら「そば打ち」今回の旅でやりたかったことの1つ。「そば打ち」をしているときは、不思議を無心になれるのだ。信州といえば、そばが有名だが、この地域ではひと昔前までは嫁がそばを打てるのが当たり前で、どれだけ美味しいそばを打てるかで評価されていた時代もあったそうだ。お母さんもご自身はそばを食べないが、そば打ちはずっとしいたと。私はそばが好きで、そばを打つのも苦ではないが、そんな好きでもないそばを打つのはどんな気分だったのだろうと考えていた。家庭によって作り方は様々で、この家のそばは、そば粉100%に卵とお湯と水。ちょっとした水加減でそばはすぐさま質を変える。粉と水を均等に混ぜ、練る。100回から150回程練るのだそうだが、数えるのを忘れてしまったのでただひたすらに捏ねていた。捏ねたら捏ねたぶんだけ、そばらしくなってきてそれが嬉しい。そして難関の、のし棒を使ってのだし作業。これが本当に難しい。ちょっとした加減で不格好になったり、場所によって厚みがかわったり、破れたり。今回も最後に破けた。その圧加減の感覚が指圧に似ているなと感じた。強すぎず、弱すぎず、筋肉がふっと緩む圧加減。次は、切りの作業。職人さんのように、トントンとリズミカルに切れるのは相当の練習と經驗を積まれているのだと思う。細く細くと思えば、途中で切れてしまったり、最終的には「食べれればよい」ということで、不格好のそばが出来上がった。自分で作ったからか、そば粉がよいからか、水がおいしいからかできあがったそばはおいしかった。

 

鯉の洗いに鯉の甘煮、唐揚げと豆腐やのお豆腐とお蕎麦にビール。今晩のごちそう。移動疲れと幸せとで、あっという間に酔いがまわり、こたつで爆睡。長野旅1日目の夜だった。








iPhoneから送信

167dd86c.jpg
a7359fc2.jpg
c4dd12a7.jpg
0bb3e058.jpg
3d4c6cb2.jpg
「磁石はプラスとマイナスがくっつくけれど、
人はプラスとプラス、マイナスとマイナスがくっつくんだよ」
と、ある方が教えてくださりました。


昨夜はすっごく久しぶりな方々との飲み会がありました。

予定が決まったときからずっと楽しみにしていました(*^^*)


自分の仕事をとってもおもしろそーうに話す人達との時間はあっという間で、終始ココロがワクワクしていました(≧∀≦)


同じ職業でも全く違ったアプローチの仕方があって、話している内容はわからないことも多いのですが、その高みを見せてくださる方々がそばにいるということはなんて幸せなことだろうと思います。


お酒が進むと愚痴や自慢話をする大人も多いですが、そんなモノの入る隙間はないくらいに自分の仕事への情熱が溢れていました(*^^*)


今はお誘いいただいているおかげでこんな機会を得られていますが、もしこんな方々と関わり合い、引き寄せ合うことが出来るプラスが自分にあるとするなら、もっともっとそれを磨いていきたいなと思います。


大好きな人や憧れる人と一緒にいると寿命が伸びているような気持ちになります。笑笑


これから6月後半にかけてそんな飲み会がいくつかあるのでとっても嬉しいです(o^^o)


このエネルギーを仕事に変えて、今日も頑張りますー\(^-^)/


美味しいごはんをたくさんご馳走になり、いつかわたしも、、、誰かに、、、>_<(^^;;

感謝です。



こんばんは!高石です!
先日、免許をとってから3年たちましたので、免許センターに行って免許更新をして、初心者講習をうけてきました(^▽^)
講習では2本のビデオを見て、北海道の事故、運転マナーのことについて学びました。


「悪い癖、ついてませんか?」

そんな風にしてはじまったビデオ。


今回は事故が起こりやすくなる要因を、3つ書きます。

‐任
右折の時、対向車線から車が来ている。
でもギリギリ渡れそうだ。
みなさんならどうしますか?
こういうとき、人は焦り、視野が狭くなります。
結果、横断歩道を歩いている人に気がつかず、事故に繋がるケースがあります。
豆運びの例がわかりやすく、
1回目に豆運びを1分間でどれくらいできるか試してもらい、
2回目は1回目より多く移せなければバルーンがふくらんでいくといった実験でした。
2回目になると、みんな焦りだし、1回目より多く運べた人はだれもいませんでした。
焦りは禁物です。

∩畊臈澄思い込み
直進車と右折車がいた場合、
直進車.oO(直進優先なのだから、右折車は止まるだろう)
右折車.oO(直進車はまだ先だから、こちらが曲がりはじめれば、とまってくれるだろう)
と判断ミスしてしまうと、事故に発展してしまうキケンが高くなります。

0媼韻力童
「こころここにあらざれば、見れども見れず」
というアナウンスが印象的でした。

考えことをしていると判断力(車でいうブレーキ)が鈍くなります。
さらに、視野も狭くなります。
実際に、シミュレーションをつかい運転しながら引き算をしてもらう実験の結果、全員が普段の二倍、判断力が鈍る事がわかりました。



では、どうすれば事故なく、気持ちよく運転できるのでしょうか?
という設問に、対して、ビデオでは
「思いやり(待つ、譲る、止まる)」だと言っていました。
自分の状況を把握し、相手の状況を把握し、相手の立場を考える。
他者がいることを意識して、一歩ひいて、深呼吸して、落ち着いた運転、安全な判断をすることが重要だと、まとめられていました。

3年たって、初心を忘れかけてる時だからこそ、こういう講習を受けてはっとさせられました。
日常生活にも通じることだと思うので、気を引き締めて日々過ごしたいと思いました。

ちなみに。
北海道は事故が多いのですが、致死率が全国平均の2倍高いそうです。
原因でみると、前方不注意が60%、操作不適が30%と、うっかり、ぼんやり運転が原因となっているのがわかります。
さらに、年齢層別でみると65歳以上がもっとも多いそうです。

皆さん車をお持ちかと思いますが、今一度運転には気をつけて、楽しく安全に日々をお過ごしください(^o^)o


こんにちは。妄想家の畠中です(松原さんのブログでご存知の方もいるかと思いますが)

一番得意な妄想は‥、
地図と旅雑誌と乗り物の時刻表と電卓と裏紙を片手に繰り広げる「妄想旅」!!最高に楽しむことができます!高校時代からの趣味です。

そして、たまに本当の旅をする。計画の時からワクワクしますね!

今回、連休を頂いたので「旅」をしています。

旅のお供に欠かせないのが、「精油」!!
うっかり忘れたときは、すごく後悔してしまうほど重要なアイテムです。
たくさんの種類の中で、必ず持ち運ぶのが「ラベンダー」と「ティーツリー」

旅の道中は密集した場所に人がたくさんいます。その中に身を置くときは、
マスクに一滴「ティーツリー」

ティーツリーの主成分である、テルピネン-4-オールは、優れた抗感染作用があり、さらに免疫力を高めるため、風邪やインフルエンザの予防によく用いられます

コアラの大好き、ユーカリ・ラディアタとのブレンドはさらに効果を高めます!!

ティーツリーの歴史は古く、先住民のアボリジニー、古くから葉を砕いて傷薬として活用していました。
また、第二次世界大戦で戦傷したオーストラリア兵士の抗菌薬として使われたという歴史もあります。

私の場合は、スッキリとした香りが人酔いを予防してくれます。東京駅を歩くときは必須です!!

そして、もう1つ。これから富良野で咲き誇る「ラベンダー」

夜行バスには欠かせない精油。
これまた、マスクに一滴垂らし着用。一日の疲労で滞った気血が一気に流れます。(るような気になります)

古代ローマ人はラベンダーを入れ入浴していたと言われています。そもそも、ラベンダーの語源はラテン語の「洗う」から来たものです。
また、中世には、伝染病の予防のために、協会に敷かれていたそうです。

 ラベンダーは心の中核を支える働きがあります。感情の全体のバランスをとってくれ、心を落ち着かせてくれます。また、溜まってしまった感情を解き放ち緊張をほぐす作用もあります。

さらに、体に対しては炎症や痛みをやわらげる作用もあるので、筋肉痛の時など、オイルに希釈しマッサージをすると楽になります。

ラベンダーには通経作用があるため、特に妊娠初期は子宮を刺激するので避けた方がよいといわれます。


快適な旅の大事なお供!

小さな瓶で持ち運びも便利!!これから夏にかけてご旅行に行かれる方是非、アロマをお供にしてはいかがでしょうか。


さて、今回の旅の行き先は‥

ヒントは写真の景色です!

正解は、次回にお伝えいたします?(*´?`*)?













iPhoneから送信

2fbd5f57.jpg
皆さんお久しぶりです!須藤修斗です。

久しぶりのブログ投稿になります。

ブログのタイトルにもありますが、良い眠りとは大切だと思います。

眠りが悪かったら身体は休まりませんし目覚めが悪いです(*_*)

僕は寝る時にヒーリング音楽を流しながら寝ています。

音楽を流しながらなんて、逆に寝れないんじゃないの?と思うかも知れないですが

大丈夫なんです!!

ヒーリング音楽は脳波のα波(アルファ)を増やしてくれるのです!

脳がα波を発生してる時は副交感神経が働いて身体の緊張をやわらげてくれます。

反対にβ波(ベータ)は交感神経が働いて身体がガチガチになります。

ヒーリング音楽には海や森を表現した自然の音が入ってるものが多く。自然の音はα波を増やしてくれます。

寝るのならヒーリング音楽を流して、質の良い眠りを!笑

わざわざCDを買わなくても、YouTubeでも聴けるので、ぜひ聴き流しながら寝てみて下さい!

僕は2年前から聞くようにしてて、初めの頃は疑っていましたが、初めてやってみた日の翌日は目覚めがスッキリして気持ちの良い朝を迎えれました。
…たまーに曲を流すのを忘れてしまう時もありますが

質の良い睡眠で気持ちの良い朝を迎えましょう^_^

fa4b830e.jpg
d4020a8e.jpg
アロマトリートメントの際、お客様から
「まつはらさんの思う一番面白い精油はどれですか?」
と聞かれました。
いつもとは違う香りに挑戦したいから☆ということだったのですが、一番好きな香りはよく聞かれますが、面白い香りってなんだろう、、と少し考えてしまいました(^^;;


でもピカン!と閃き、最近すっごく魅力的だなぁと思った「スイートマージョラム精油」を選択しました(*^^*)

最近私はマージョラムの魅力にぐんぐん引き込まれています。


スイートマージョラムとは、
シソ科の多年草で、マージョラムという植物の葉から採れる精油です。
ギリシャ語で「長生き」を象徴するハーブであり、昔から純愛を表すハーブとも言われ結婚の際に用いられてきた歴史もあります。

香りは、全体的にはハーブの爽やかな香りがベースですがその中にも甘さとほろ苦さを感じさせます。

効果としては、
全身の血行促進、冷えを改善させ身体を温めてくれます。冷えからくる様々な症状を緩和させてくれる他、鎮痛・鎮痙作用があるので筋肉のコリや痛み、神経痛や消化不良や胃痙攣などの消化器疾患にも効果的です。

精神面では、不安な気持ちを和らげ心を安定させてくれる効果があります。
不眠や抑鬱症状にも良いとされています。


マージョラム単体で使用するのも良いのですが、最近はローマンカモミールと合わせたり、ペパーミントと合わせるとすっごく良い香りがして、マージョラムがマージョラムでないような(←とても良い意味で、香りがガラッと変化するのです)とってもふくよかな香りが広がります(*^^*)


妊婦さんには禁忌とされていますので使わないこと、またアロマ精油では珍しく制淫効果があると言われていますのでご使用の際は参考にしてください。


実はスイートバジルのアロマルームの名前にもマージョラムというお部屋があります。

階段を登ってすぐのお部屋です。

アロマルームは全部で4部屋あって(バジル・あんず・よもぎ・マージョラムといいます)それぞれのお部屋に少しずつ違った特徴があるのです(*゜∀゜*)


長く通ってくださるお客様でも、まだ全てのお部屋を体感したことがないという方もいますし、4回目で全てのお部屋を制覇しました!と喜んでくださるお客様もいます(*^^*)


朝の準備の際にも、
「〇〇さんはどこのお部屋が良いですか?」
と聞かれ、
夜勤明けならあまり光の入りにくいバジルのお部屋がいいかな、とか、ストレスフルでお疲れだから天窓から青空が見えるあんずのお部屋がいいかな、とか、日差しがいっぱい入るマージョラムのお部屋がいいかな、とか考えながらお部屋を決めています。


来てくださるお客様にあんずの空間をもっともっと楽しんでいただけるにはどうしたらよいかなぁと考えているのはとても幸せです(*^^*)


ちなみに、私の一番好きなお部屋は「あんず」です。笑笑←この情報不要でしたか。(ここまでマージョラムの話をしていてマージョラムではないという、、、マージョラムも良いですよ(*゜∀゜*)


あんずのお部屋は
階段を登って真っ直ぐの突き当たりのお部屋です\(^-^)/


マージョラムからだいぶ話題がそれてしまいましたが、鍼とオプションマッサージもすごくおすすめですが、男女問わず二階のアロマルームでのトリートメントは、私のイチオシです!!

興味のある方はぜひお声かけくださいー(*^^*)


マージョラムのブレンドについても興味のある方は、喜んでお答えさせていただきますー\(^-^)/

48be40d5.jpg
a416d039.jpg
68545967.jpg
大好評のマスククーデクラパック☆
もうお試しいただけましたか?(*^^*)

日焼けしちゃいました(>_<)という方や、これから行事やイベントがあるから日焼けしそう、、、という方には、マストな商品です\(^-^)/


実はこちらの商品は限定品のため、まもなく販売終了となってしまうのです(T ^ T)


わたしは知り合いの方へのプレゼントにも購入しましたよー(*^^*)(私が試してみてすっごくお肌が蘇ったので☆☆)
本当は、あんずで美白キャンペーンをうけていただくのが一番おすすめなのですが、子育てされていたり遠方にお住いだったりでなかなか来ることが出来ない方へ、それでもこのパックの良さを体感していただきたい!!し、たまには自分の体を労って元気が出たら嬉しいな!!と、そんな願いを込めて購入しました(o^^o)

一枚ずつで販売しているので、ちょっとしたプレゼントにも良いのです☆


お肌の知識や毎日のセルフケアについてをあれこれお伝えする教室が27日夜18時半からあんずテラスルームにて開催されます(*^^*)

お肌は食べた物やストレス具合いや腸の状態が顕著に現れますし、お顔にはお体や内臓の状態が現れます。
だからこそ、サロンでフェイシャルを受けるだけでなく日々の自分の状態に合わせてのケアがとっても大切なんです。
そんな話を、はたけさんと大道寺さんが優しくお伝えいたします\(^-^)/
こちらのマスククーデクラパックとお菓子付き☆で2000円です^ - ^

定員までまだ空きがございますので、ぜひご参加ください(*^^*)ご連絡は39-2589まで!


マスククーデクラについてのご説明は先日のブログにも書いたのですが、もう一度載せますので是非ご覧ください!!(笑)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


マスククーデクラというものはいったい何かといいますと、シートパック型のパックでして、効能としましては、メラニンを細胞に取り込まずに排泄させる力があるのです!!


つまり、紫外線を浴びてお肌のメラニン産生細胞が刺激され、お肌は紫外線という有害物質から自分の身を守ろうとメラニンという黒いカーテンを作り出すわけですが(これがシミの原因ですね)、作り出されたメラニンを細胞に定着させることなく、流してしまうということなのです!!

さらに!今回のキャンペーンでは、ジェルブランシサンという美容液を使用するのですが、お馴染みのこちらの美容液は、すでにできてしまったシミの色を黒から黄色にさせ目立たなくさせる効果と、黒糖や月桃の成分がお肌の色を白くしてくれ、さらには乾燥も防いでくれます!


マスククーデクラとジェルブランシサンの二段階での徹底アプローチが、お顔に透明感とすっきりとした白さを与えてくれるのです!(*^^*)


5月は紫外線の強さが最も強いと言われており、さらには8・9月にかけて紫外線量が増してくる今の時期にはぴったりのコースとなっておりますーー(((o(*゜▽゜*)o)))??


コース内容は、足浴・カウンセリング→クレンジング・ディープクレンジング→ローションパック→オイルマッサージ→ヌリサンパック(栄養導入)→ジェルブランシサン→マスククーデクラ→スキンアップとなります!!
(なんのこっちゃようわからないというかた、一言で言うとすっごく贅沢なフェイシャルコースというわけです笑←ざっくりですみません)
料金は11,000円(バリューチケット使用可)


我が家の前の公園にも桜が咲いています。

僅かばかりの桜並木も、その下をくぐる散歩道も、充分に春の気分にさせてくれます。

季節の変わる瞬間の匂い、桜の花々、それら感じると、写真のように思い出す景色があります。

匂いを感じる嗅覚は神経が直接脳と繋がっており、その情報は大脳辺縁系と呼ばれる脳の深部へと届けられます。

この脳の深部は、本能や情動といったヒトが生き物としての原始的な役割を担う場所です。
匂いというのは、ヒトの感情に強く影響します。

また、昔の記憶を思い出すということは、ヒトにどんな影響を与えるでしょうか。

ヒトの記憶は、数分〜数日までの短期記憶と数年単位の長期記憶があります。
これらは脳での処理過程が異なるため、片方がダメでも片方は正常ということがありえます。

特に認知症の方は、短期記憶が障害されやすく、長期記憶は保持されることが多いと言われます。

また「昔のことを語る」のは心の安定に役立つとされ、認知症のリハビリに効果的とのことです。

鍼灸院という場所柄からか、認知症の気配を感じる患者さんもいらっしゃいます。

そんな患者さんの昔のこと、患者さんの人生のこと、聴かせてほしいです。それが認知症のケアになるなら、尚のことです。

人それぞれの春の景色のこと、聴かせてください。

このページのトップヘ