あんずカンパニースタッフ日記

「はりきゅう・アロマあんずの種」のスタッフの日記です。

bbcd8f45.jpg
ab4f1e38.jpg
27cd16fa.jpg
8月1日から始まる夏のアロマキャンペーン☆☆


キャンペーン案内ハガキがそろそろみなさんのお手元にも届き始めていると思います(*^^*)


先日、細かな内容確認をするべく加藤さんと実際に施術し合ったのですが、これがもう、か!な!り!オススメですーっ(((o(*゜▽゜*)o)))


内容は、フェイシャルコースとボディコースが選べます(*^^*)

フェイシャルコースは、バイオラブのクレイパックを使用し、日頃のお手入れでは取り切れない毛穴の奥の汚れや詰まった皮脂をスッキリ取り去ります!清涼感のあるハーブの香りは、この時期にぴったり☆香りが良いのでこころもスッキリしますよー(*^^*)

そして!オールハンドでオイルマッサージをし、たるみ、むくみ、シワなどに対してしっかりアプローチした後、そこに、バイオラブのディープハイドレートクリームを使ったパックを行っていくのですーっ\(//∇//)\

終わってみたら、もうすっごくスッキリ!!!
顔が白くなり(こんなに汚れていたのね私の顔!)、毛穴の汚れもとれて、引き締まり、お肌が綺麗になりましたーー!!!

ありがとうーー!加藤さん!!!笑

もう、こちらのキャンペーンは、私のイチオシですっ(o^^o)
毎日のケアが、なかなか出来ない!という方には是非に!です!!

お肌は手をかけた分だけ、応えてくれるんですよね!!と、シミジミ実感。


ボディコースは、なんとミネラルたっぷりの宮古島の天然クレイを使用したパックをお背中に行い(院長が宮古島から背負ってきましたっ!直送です!)皮脂汚れや吹き出物、角質を取り去り、美しい背中に仕上げます!
パックをした後に、ゆっくりとアロマトリートメントを行い、凝り固まった背中の筋肉をほぐしていきます!
終わってみたらツルスベ背中美人となるわけですー\(^o^)/

夏はお肌の露出も増えますから(釧路でも多少は増えますよねっ?!)是非お試しくださいー!!


毎月のアロマキャンペーンは、加藤さんがあれこれ試行錯誤しながら考えてくれているのですが、お客様にとーっても!人気があります☆

私も毎回自信を持ってオススメできるものばかり!!
本当に内心、加藤さんやめないでー!って感じです(^^;;苦笑

7月末までやっているヴェレダ×ソルトキャンペーンも、リピーターも続出☆
残り後わずかですので、お早めにご連絡くださいねー(*^^*)


あんずの種の夏はソルトとクレイがアツイですよ♪( ´▽`)

「90歳、お灸で元気」 小泉義國氏著を読みました。

著者の小泉さんは17歳で肺結核を患い、療養中にお灸と出会い、
お灸を継続的に実践して、奇跡的に肺結核から回復し、いろいろな人生経験をされ、現在もお灸の普及活動に勤しまれている方。

小泉さんがお灸をしていたのは、足にある足三里というツボ。
そこにお灸を肺結核の療養中からいまでも継続的にしているそうです。
足三里は、足を強く健脚にしてくれると共に胃腸を元気にしてくれるツボとして有名です。あの松尾芭蕉も奥の細道で、旅路で足三里にお灸をすえていたことを書いています。

小泉さんはご自身の経験を通して、毎日ではなくても継続的にお灸をしていることで、病気の回復がよいことや、
病気の予防につながっているとこの本を通じて教えてくれています。
また、お灸の効果や、自分自身が治りたい、よくなりたいという強い気持ちが小泉さんの芯にあったからこそ、
より免疫力が上がる様な効果があったのではないかと感じました。

自分自身の中にある自然治癒力を信じて、それをひきだすための行動をすることの大切さをこの本から学びました!

お灸は熱い!火傷しちゃうんじゃないか!?など、不安に感じている方も多いかと思います。

今は熱くないお灸、簡単に自宅でセルフケアに使えるお灸なども普及していますし、

お灸、私は大好きで自分でも定期的にしているのですが、個人的な感想でいうと、お灸は適度な熱さを感じる熱さで行うと心地よくとっても気持ちいいです。お灸した後のすーっ通る感じというか軽くなるほんわかした心地がクセになります。

あんずの種でも、患者様の状態に応じてお灸を治療にとりいれたり、ご自宅でのセルフケアにお灸をおすすめさせていただいています。
お灸も2種類(なごみQと長生灸)を販売しており、使い方もお伝えしているので、お灸ってどうなのかな?など気になっている方は、
ぜひお気軽にスタッフにお尋ねください!

そしてお灸とは関係あるような、ないようなお知らせ。私がただタイトルの九を灸と勘違い最初していました(^^;

<お知らせ>
8月27日土曜日の夜19時半から
陸前高田の無料鍼灸活動さとわ号のチャリティイベント「居酒屋つぼ九」
が開催されます!
年に2回開催されているお客様とあんずスタッフの交流の場です。
ぜひみなさまと楽しい時間をすごせたらと思いますので、興味ある方、参加希望の方はぜひあんずスタッフにお知らせくださいね!お電話でも参加受付しております。

場所:あんずの種にて
時間:19時半から21時半
参加費:3000円 飲食費込(参加費の一部はさとわ号の活動費に使用させていただきます)
定員:20名
申込:あんずの種受付
又はお電話にて0154-39-2589

来週は釧路湿原マラソンですね!

あんずの種向かいの通りにも、ランナーの姿を見ることが多くなりました。

そこで本日、ランナーの皆さんに気持ち良く走っていただけるよう、道路際の草刈りをしました(^^)

久しぶりの草刈りは楽し!スッキリ見ばえよくなり♪

しかしその代償として、、腰が痛い〜〜‼︎(´Д` )

今日も草刈りで肩を痛めた患者さんがご来院されましたが、この季節は同じおつらさを感じている方も多いことでしょう。

身をもって患者さんの痛みを感じた、よい機会です笑

鍼灸師の端くれとして、草刈りによる腰痛を考えると、2つの動きの負担に注目します。それは、

「繰り返される腰のひねり」と「常に腰が反った状態」です。

エンジン付き草刈り機はとても快調で、ザクザク草刈り出来ますが、腰には常に遠心力のエネルギーと草刈り機自体の重さが加わり、気づかないうちにダメージを受けています。

体をひねる運動のメインとなるのは胸椎の動きです。特に胸椎と腰椎の間付近に最大のひねりが加わります。
雑巾を絞ったときに、一番絞りがきつくなる部分をイメージしてください。

つまりその付近、腰というより背中に近い部分が負担を受けます。

そして、柄の長い草刈り機をコントロールするには、腰を反ってバランスを取らなくてはなりません。腰背中の筋肉は緊張しっぱなし‼︎

そんな草刈りによる腰痛におすすめするのが「内庭」と「侠谿」というツボ(^^)

「内庭」は足の人差し指と中指の間、人差し指側で、第二関節の前側です。陽明胃経という経絡に属し、胃腸の症状や目の疲れにも効果があります。特に経絡上の筋の痛みを取るのが得意なツボで、スネの痛みや腰を反らした時の痛みに効果的です。

「侠谿」は足の薬指と小指の間、薬指側で、第二関節の前側です。少陽胆経という経絡に属し、耳の症状や股関節の痛み、肋間神経痛などにおすすめ。体のひねった時の痛みや、体側面の症状に効果的です。

ツボは両方左右対称です。それぞれ30〜60秒ほど、少し痛気持ちよい程度に揉んでください。症状が軽減されると思います。

ただ、ツボというのは常時変動しており、上記のツボが効くときもあれば、他のツボが効果的な場合もあります。
なかなか良くならないときは、お早めにご相談ください(^^)

これからの草刈りシーズン、ぜひツボをセルフケアにお役立てください!

b2366be9.jpg18〜21日まで東北ボランティア活動へ岩手に行ってきました!


去年は母とでしたが、今回は神奈川でサロンを開業されている吉田さんとの活動でした♪


2日間とも天気に恵まれてた中での診療で、沢山の方々が来てくださいました。

朝からさとわを待っていて下さる方も!
楽しみにしていたよという言葉でなぜかこっちがはげまされています。
ありがたいことですね。



実際には6年目の活動になりますが、
この活動の認知度が上がってきている感触もありながら、まだ知らない方も沢山いるのだなとも感じます。




今回はたまたま建設現場の撮影をし復興記録を残している方が無料診療に来てくださりました。

今はまだ変化がわからないけど、3年後にだいたい変化して見えてくるものがあるのではないかと話していて
その方は3年後を目標に現在も撮影を続けているそうです。


やっていることは違うけれど、復興という所で通づるものがあり
この活動のこともすごく真剣に聞いてくださりました。


3年後もまださとわ活動やっていますよと話したら
じゃまた3年後にお話聞きにきたいなと言ってくださったので、
またいつかお会いできたらないいな。







iPhoneから送信

息ができる。

不安なく生きている。

生きるために人を殺める必要がない。

食べものがある。

今、生きていることが
本当に「幸せ」だと感じる。


『野火』を見ました。TSUTAYAで見つけてずっと見たいと思いつつなかなか手がでなかった映画ですが、先週原田さんが見たものをお借りし見ました。

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。日本軍の敗戦が色濃くなった中、レイテ島には負傷兵だらけで食料も困窮。日本に帰るに帰れない。空腹、ゲリラ、生と死。生きていても行き場のない日々。仲間を殺し食べ生き延びるのか。自ら死を覚悟するのか。

戦争とは何なのか。

生きることとは。

大岡昇平さんの小説をもとにし、監督主演をつとめた塚本晋也さんが戦争体験の肉声を体にしみ込ませ反映させた映画『野火』

キャストの方々の迫真の演技、島の自然の美しさ、その中で起きていた生と死が目にストレートに入ってきます。
映画の中のストーリーも随分衝撃的でしたが、71年前の夏も今の私には想像できないことが起こっていたのだと思います。

もうすぐ終戦記念日です。

だんだんと戦争を語る人が少なくなっている中、塚本晋也さんのように生の声ん聞き、それを形として残し、若い人や多くの人に知ってもらい戦争について考えるきっかけを作ることはとても大事なことだと感じました。

塚本晋也監督主演の映画『野火』是非たくさんの方に見ていただきたいです。

ただ、アドレナリンがたくさん出るので寝る前は避けた方がいいですね。



 



iPhoneから送信

解剖学や運動学などを勉強するのに

おもしろいと感じながら勉強を持続できる参考書というのは、

この一冊だと私は思うのです。

bijutukaibougaku.jpg

専門学校の時は、スカスカの脱脂綿にどんどん知識を染み込ませていくだけで、まず覚えなくては!が先行していたのだけど、

それから数年経って、実際に体に触れることをしていくと

そこに愛が芽生えるというか、なんというか、、、なんだか気持ち悪い人みたいな言い方になってしまいますが。。

要は、人を構成している全ては機能していてこそ、美しいのでしょう。ね。


そこに意味があるから、役割があるから。在るから。



LUCY」という映画をご存知でしょうか?

Unknown.jpg


以前読んだ本「本を読む人だけが手にするもの」に紹介されていて、見た映画です。

51Zy0jML7eL._SS500_.jpg

映画は、人間の脳というのは10パーセントも使用していないというくだりから入ります。

映画の中でモーガンフリーマンがいうのです。

「動いてこそ、進化がある。」





この教科書は、どちらかというと美術を生業とする人のための本ですが、とても詳しく解剖や運動学について書かれていて、それは絵として人間を描く時に必要だからなのと同じように。


いろんな分野で一つのことを学ぶというのはとても多角的な視点で吸収しやすい、、そんな気がします。


視点も、動かすことで膨らんだりすっと見やすくなったりするのかもしれません。



67987a1d.jpg
60a26483.jpg
キャンプに行ってきました!
場所は浦幌オートキャンプ場です。

公園や川、そしてすぐ近くに温泉があって素敵なキャンプ場です(^ ^)

お野菜やお肉をいっぱい買ってお昼からのんびりとバーベキューをしました!
私が写真で食べてるのはラムチョップです(o^^o)美味しすぎて震えました。笑

バーベキューの準備に行ったりきたりしていたら‥置いていたパンがない!
次はソーセージが空になっている!??
謎のミステリー現象。

上を見上げるとカラスが鳴いている。
犯人はカラスでした!
キャンプ場のカラスはスパイのように形跡を残さず足早に獲物を盗んでいく。常習犯は違いますね(>_<)

ハプニングもありましたが楽しいキャンプになりました☆


iPhoneから送信


この前、中標津に、久しぶりに行きました。
気になっていたカフェと犬とパン屋さんに行きました。
パン屋さんは「こうば」という小さな可愛らしいパン屋さんでした。
お昼は天気が良かったので、そこのパン屋さんでパンを買って近くの噴水のある公園で食べました。
噴水の水はとても汚く、茶色でした。
でも、周りの緑が気持ち良くてとても清々しい気持ちでした。
そのあとに、「ONUKI COFFEE」というカフェに行きました。
とっても素敵で、結構な時間いました。
そこの犬に会いたくて、ちょうど散歩していて抱かせてもらいました。
名前を教えてもらったのだけど、渋い名前だなということしか思い出せません。
とにかく、とっても可愛い犬です。
意外に毛がスカスカしていて、もふもふは見た目で感じさせます。
目が毛で埋まっていて本当に愛らしいです。
皆さんも、ぜひ行ってみてください。
帰りはものすごい雷雨でドキドキしました。
いい休日でした。





昨晩は、あんずメンバーの密かなアイドル均さんを囲む会でした。

均さんは、院長の高校時代からの友人で現在は厚岸の「カキキン」を経営されております。(あんずの種でも春、冬と均さんの牡蠣を販売しております)

均さんを囲む会+牡蠣を食べる+みんなの手料理を食す会!!

随分と豪華な食卓になりました。

松原さんのラタトゥイユ、藤井さんのピクルスと昆布煮、藤井さんのご友人のオシャレなオリーブ焼、サラダにカプレーゼ。
そして、均さんの牡蠣。

私、釧路に来るまで生の牡蠣を食べたことがなく、初めて食べたときはその旨さと口どけに感動!!その時も、均さんの牡蠣でした。

そして昨晩、牡蠣を贅沢に食べました。なかには、レンジで蒸した後でも心臓が動いている強者も頂き、命をいただくとはこういうことなのだと実感しました。

そして、均さんのトーク。多くは語らず
けれど信念を語るそんな感じでした。そして、院長のことをなんだかんだとはいいながら、「こいつはすごいやつだ。こいつに出会ってなければ今の俺はないし、カキキンも存在しなかった」と古くからの友人を敬う。そう思わせる院長もすごいなと思いますがが、そう思う均さんも素敵です。

たくさん食べたくさん語り、昨日は素敵な夜でした♪

iPhoneから送信

735b69d2.jpg


「沖縄に行くなら、むちむちきなこ買ってきてー!」
との要望があり、お土産屋さんやスーパーのお菓子コーナーを見たけれど売ってなくて、むちむちきなこってなんぞやと思っていたら、スーパーの黒糖商品コーナーにありました(*^^*)


きなこと黒糖の素朴な味が人気の秘密のようです☆

きなこねじりとはまた違うホロホロ感。


黒糖はビタミン、ミネラルたっぷりで健康的にエナジーチャージが出来、美白効果も高い優れた食材です☆きなこは大豆イソフラボンが豊富でアンチエイジング効果が期待できますので、これは女性にぴったりのお菓子ですね!!

買ってきてと言った方は男性でしたので!男女問わず人気があるようです(*^^*)


食べてみたいという方は、まつはらまでー(*^^*)笑

このページのトップヘ