あんずカンパニースタッフ日記

「はりきゅう・アロマあんずの種」のスタッフの日記です。


「台風が来る 景色が変わる
台風が来る 記録破りだ

気象衛星「ひまわり」でさえ
観測すらもできないやつだ
古い大木も倒され
根こそぎ飛ばされてしまう

台風が来る ものすごいやつ
台風が来る 記録破りだ

泥棒よりも速い逃げ足
強盗よりも強引なやつ
情報やデマが飛び交う
声のでかい奴が笑う

台風が来る 景色が変わる
台風が来る 記録破りだ

台風が来る ものすごいやつ
台風が来る 記録破りだ」

どこかで聞いたことのある歌詞だと思う方もいらっしゃるかと。そうです、THA BLUE HEARTSの「台風」という歌詞。THA BULE HEARTS昔、よく聞いてました。

今、まさに台風が来ています。

この歌詞を解説した記事を見ました。

「どうしようもない、抵抗のできない現象への驚きや人間の無力さ、そういう場面ってあるよな、っていう驚嘆を表現しているのではないか。

景色が変わるほど、記録破りののどでかい台風。
ものすごい、人間の力じゃどうにもできない世の中の流れ、地球の抱えている運命がある。
人間がつくった、「ひまわり」という超優秀な気象観測機でさえ無力だ。自然は人間の技術を超えてきたのである。
歴史ある大木すらも、一層する。
何もかもなくなるほどのインパクト。
「泥棒」とか「強盗」を使ってるあたり、人間との対比のような気がする。どんな人間でも、自然の脅威には逆らえない。
この曲が発表された当時よりも、この情報やデマというのは、インターネット社会の加速によってこの詩の重みが増している。
情報の氾濫によって何が正しいかわからなくなっている中で、声が大きい目立つ人間が発言力、権利をもつようになっているという事実を歌っている。
派生して声のでかいやつ=権力者 という捉え方も出来、世の中の原理を皮肉っている印象もいだく。

人間社会のそのような、ちっぽけな争いを、台風よ、一層してくれないか、そんな心情も読み取れないこともない。これが歌っているのがブルーハーツだから、そうやって考えられるのかも。
一見素通りしてしまいそうな曲だが、よくよく聴いてみると何か意味があることがある。」

これを読んだとき、なんて深いんだ!と感じました。この度の台風で自然には敵わないということを実感しました。この方の解説のように台風を世の中に結びつけることは考えたことはなかったですが、でも、納得できるところもあります。

台風の後は、きれいな青空とともに被害の爪痕が残ります。

先日の台風のときは、早朝道を綺麗にしてくださった方がいます。ありがたいことです。

農家さんは大きな被害です。当たり前に食べている、野菜や米(お米はこの秋以降ですが)こんなに大きな台風で生き延びた大事な食材達。感謝ですね。

以前、台風後の稲刈りを手伝ったことがあります。普通なら稲刈り機でスムーズに刈れますが、台風の後は稲穂が倒れ稲刈り機でうまく刈れず、手作業で刈っていく。それも、沼みたいな土で足を取られながら。普段の稲刈り時期なら乾いているので四方刈るときも苦労しないのですが。泥がついたものは干していき。本当に時間と手間と労力が必要です。便利になった世の中だからそう感じるのかもしれません。

こんな天候だからこそ、お米やお野菜などの食べものはどんな形であれ感謝持って食べたいですね。

台風がくる。記録破りな。

わたしの脳も色々考えてしまう。台風みたいです。


iPhoneから送信

47029ea9.jpg今日は仕事のあとに大道寺さんと夜練でした。


わたしは大道寺さんと鍼の練習のペアになっているのです(*^^*)


鍼の技術や中医学の知識、臨床での疑問や質問、説明、いろんな患者様との接し方などなど、勉強し始めたらキリがないほどに覚えなくてはならないことがたくさんたくさんあります。

なにから手をつけたら良いのかわからないほど溢れ出てくるのは、学びを深めている過程だと思っています。良いこと!良いこと!


最近毎日のように朝勉をしたり、時間を見つけては一緒に練習しています。


大道寺さんと勉強をしているおかげで、慣れてしまいがちなアレコレを、改めて考え直したり、調べなおしたり、やり直したり出来て、私自身とってもありがたく、勉強になります。


私たちは今、基本をただひたすらに学んでいるので、もしかしたら鍼灸師としての面白味には欠けるかもしれません。(^^;;


でも、当たり前のことを当たり前にできるようになり、当たり前のことをめちゃくちゃ素早く丁寧にキレイにできるようになれば、当たり前のことはきっと当たり前のことでなくなるのだと思います。


「基礎を制するものが、世界を制す(パブロ・ピカソ)」
あの天才画家ピカソも、デッサンの基礎を幼い頃から猛練習していたのです。


一つ一つの小さな積み重ねが、いつか大きな結果につながると信じよう。


こんな練習の仕方も、今だから出来ることで、もしかしたら、今しか出来ないことなのかもしれません。


いつかの未来に、
こんなこともやってたね。
あのときは必死だったね。
って笑い合えたらいいな。



以前研修である経営者の方とお話しさせていただいたときに、
「指導される人が指導者を超えていくということは、実はあまり多くない。だからこそ指導者は常に新しく常に上を目指す努力をしなければならないよ。」というようなことを言っていました。


この言葉を思い出し、大道寺さんになにか一つでも教えようとするのなら、わたしはそれ以上の努力をし続けなくてはいけないのだと思いました。


まだまだ練習は続きますが、小さな変化、小さな成長をお互いに感じられるように、毎日を過ごしていきます!!(*^^*)


まだまだ23歳。
フレッシュ爽やかなレモンのような瑞々しさとあんずナンバー1の吸収力で!!
これからどんな風になっていくのか楽しみでなりません!
どうか、みなさんご期待くださいね(o^^o)


わたしも、レモンとまではいかないけど、グレープフルーツくらいのフレッシュさを目指して!?振り絞って!?頑張りますーー!

af1b5ad7.jpgイオン釧路店で行われていたイベントに、恵庭の豆てっぽうさんというお豆腐屋さんが出店されていました。

恵庭でナツメ堂鍼灸院を営んでいる久保さんが、是非行ってみて!とわざわざ連絡をくださったので、行ってみることに!

あいにくの雨でしたが、すごく元気なご夫妻にお会いすることができました(*^^*)

お豆腐だけかと思いきや、大好きなところてんや豆腐ドーナツなどお惣菜もあり、いろいろと買うことができましたー^ ^


早速夕飯にいただきましたが、お豆腐ってこんなになめらかで味が濃かったのか??とビックリ!優しい味がしました。
ところてんも格別ー\(//∇//)\


最後にお土産までいただいて。

これはきっと買い物中に久保さんの名前を出したからですね(^^;;
久保さんのおかげで、夕飯に一品増えました!笑 ありがとうございます!!

豆てっぽうのご夫妻は、今日の仕事を終えたら、すぐに恵庭まで帰るのだとか。。。
子供がいながら夫婦で商売をするって大変だろうなぁとしみじみ感じました。


また食べたい!豆てっぽうさんのお豆腐!
また是非是非、釧路に来てくださいねー(=´∀`)人(´∀`=)

みなさんも恵庭方面に行かれた際は是非に!!
あ!ナツメ堂さんにも是非に!!(o^^o)


c8025ebd.jpg東北さとわ号チャリティーイベント居酒屋つぼ九、たくさんの方にお越し頂き、楽しい時間をきてくださったお客様と過ごせました。

今回のメインイベントは、幸運な方には、参加しているあんずメンバーからの豪華?!景品があたるハズレなしのチャリティーくじでした。

それぞれ個性的な景品で、当たったみなさま喜んで・楽しんでいただけたようでよかったです。

ちなみに各景品は

須藤さん-須藤さんとのさしでねお食事券
加代さん-加代さんが摘んだ月桃から作られた月桃ウォーター
原田さん-原田さんがその場でたてるお抹茶
加藤さん-アロマハンドトリートメント
畠中さん-この日のために厳選した手ぬぐいを使用したあん摩
大道寺さん-あなたの為に踊ります!
藤井-本場インドのコットンショール

と個性的なものばかり。

いろいろ盛り上がりましたが、一番盛り上がったのは大道寺さんの景品だったような。

ダンスパワーは偉大です( ´ ▽ ` )ノ

賛助会員の方やチャリティーイベントに参加してくださったみなさまに支えられて活動が継続できている東北さとわ号での鍼灸ボランティア活動。今年はあと一回10月に活動が予定されています。

来年2月にも居酒屋つぼ九開催予定ですので、ぜひ今回参加された方、されなかった方、できなかった皆様もぜひご参加くださいね(^o^)

さとわ号の賛助会員となってくださる方も随時募集中です!
ご興味あるかた、ご協力いただける方は、あんずスタッフまでぜひお声掛けください!

「おおむね楽しい、
ちょっぴりさみしい。
からだ半分、ずれている。
カワカミさんの、5分の4はホントの、
日々のアレコレ。」

という帯のついた

『東京日記
卵一個ぶんのお祝い。 川上 弘美』

先日、お客様から薦められてお借りした本。
おもしろくて、あっという間に読見終わってました。
からだ半分ずれた感じで。


日記調で書かれたこちらの中味は、
「5分の4はホント」とのこと。

日常ありそうで、でもなさそうな、いや、視点を変えればあるような。

世の中、視点を変えるとまた違った味が出てくるものなのですね。

70ページの『「暑い」ためる。』という題の日記などは、想像を掻き立てられます。

題名にもある「卵一個ぶんのお祝い。」という題の日記はおもわず、あるある!と嬉しくなりました。
小さな贅沢といいましょうか。
著者の川上さん、無事に了承がでたお祝いに、お昼ご飯納豆に生卵と一個割り入れたと。普段はぜいたくなので、いつもは入れない)とのこと。私以外にもいらっしゃるのでは。

川上さんの、「5分の4はホント」の話。

気になる方は、是非読んでみてください。

「東京日記
卵一個ぶんのお祝い。 川上弘美」平凡社出版



iPhoneから送信

古武術ブームが自分の中で再燃しております。

古武術というと、馴染みがないかもしれませんが、

現代の介護や医療、さらにはロボット工学の分野まで、古武術の知恵は活用されています。

古武術とは、主に明治維新前に成立したものを指します。

古武術には「活殺の術」があり、それぞれ「活法」「殺法」と呼びます。

昔々、戦国の世において、負傷した際に出来るだけ早く戦いに復帰出来ること、または出来るだけ早く回復して逃げることは最重要課題だったわけです。

当然今のような医療技術がない中で、その場で出来て、即効性のある「活法」が開発されました。

生かす(活かす)ことと殺すことは表裏一体です。

昔から道場の隣には「整復所」が設けられており、そこにルーツを持つのが現在の柔道整復師です。

そんな生かすことにも長けた古武術ですが、身体の使い方という点で非常に勉強になります。

例えば、物を持つ・握るといった動作でも、「指の尖」「指の腹」「指の腹と尖の間」で出力量は変わり、物の持ち易さは変わります。

介護の分野などでは、古武術の知恵を生かし、より身体を上手く使うことで、腰痛などの職業病を予防することが出来ます。

少しの工夫で、身体がもっと活きる古武術の知恵。
ぜひみなさんも触れてみてください。


そんな古武術と身体の使い方については、こちらの書籍がおすすめ。


驚くほど日常生活を楽にする 武術&身体術 「カラダの技の活かし方」
甲野善紀・甲野陽紀 著
山と渓谷社

image

皆さんは「湿」の影響を受けていませんか?

というより「湿」ってなに?
どんな症状がでるの?
となっている方が多いかと思います。


「湿」は体の外から入ってきたり体の内側から作られる体によい影響を与えないものです。


まず1つは蒸し暑くなる、湿度の高い夏の時期は「湿邪」という外邪(体にとって悪い気)が体に悪い影響を与えます。雨の多い日もそうですね。


湿の特徴として重く停滞する性質があります。


体に湿が溜まると、
頭重感や体の重だるさ、関節が痛むなどの症状が出ます。

もう1つは身体の内側から作られる湿。
冷たいものや甘いものを取りすぎると
消化機能の働きがある「脾」が弱り、うまく消化が出来なくなると湿を生み出します。

「脾」は湿の影響をダイレクトに受け、それにより食欲がでない、少ししか食べられないなどの消化器症状がでます。


いわゆる夏バテですね。




患者様でも最近食欲がないとか、
重だるいと訴える方が非常に多いです!





夏バテ防止にはしっかり水分をとること。
院長ブログにも熱中症防止に雪塩の天然塩を水に少量入れて飲むのも紹介されてました。




他には暑い時期にお灸っていいの?
と疑問に思う患者様もいますが、
お灸はもちろん体を温める効果もありますが、
それ以外に湿(イメージとしては水のようなもの)を蒸発させる効果もあるのでこの時期のお灸も全然OKなんですヾ(@⌒ー⌒@)ノ








iPhoneから送信

最近読んだ本たちで、心がホッとなるシリーズでした。
みんな著者が違うのだけど。

特によしもとばななさんの「鳥たち」は久々に捕らわれた気持ちになりました。心が。
家庭を失い、天涯孤独で身を寄せ合う2人の主人公の話です。
帯に書かれたばななさんの言葉がいつも好きで、今回は特に。

「今はきゅうくつな時代です。
でも私は作品を創る仲間たちも、主人公たちも、
いつも生命の力の方を見ています。
そして私は「本」が大好きです。その気持ちをたっぷりと込めました。
みなさんはこの小説の命を友達になってくだされば、これ以上の幸いはありません。よしもとばなな」


きゅうくつな時代です。
前を向いていなきゃ、置いていかれ
悩んでいたら、迷惑がられ
その一方で
多様性、それを認めたような薄い仮面を被ったまま、無関心というゆりかごに身を委ねる。


そういえば、最近患者さまに教わりました。
「心配」って「こころくばり」って書くんですね。
「嫁が、最近働きに行って、体大丈夫かなって心配なのよ」と。
そういう本人は、ぎっくり腰で痛い痛いって鍼に来てるのに。
心がギュッと鷲掴みにされました。





ef797623.jpg
b9c4f338.jpg
アロマインストラクターの講師を松原さんと一緒に務めています(^ ^)!
昨日で私の授業は終了。松原さんの授業を残しあと一回です。
私は精油やキャリアオイルの特性や化学を教えておりました。
仕事で慣れひたしんでいた精油やキャリアオイルも改めて細かい分類を教えるとなると忘れてしまっていたことや発見が私自身たくさんありました。
さらにそれを自分の中で消化しお伝えする難しさ、、説明をしながら頭が混乱してしまったり。こんな風に授業で教えよう!と思っていても上手く伝えられず悔しさの連続でした。
こんな私についてきてくれた生徒の皆さんに感謝しております。

アロマインストラクターコースを受講される方はわざわざ遠方から毎週通われる方が多く、しかも皆さんアロマテラピーを通じて大きな夢を抱いてらっしゃる方がたくさんいます(o^^o)
今は別の仕事だけれどアロマのお店をしたい!アロマテラピーの講師として活躍したい!
そんな皆さんを尊敬しています。

昨日は生徒の皆さんがアロマインストラクター講師として模擬教室を開いて頂く授業でした!
ご自身で構成したアロマテラピー教室をみんなの前で発表してもらいました。
インストラクターはアロマテラピーを安全を踏まえ、楽しさや良さをわかりやすくお伝えする表現力が必要です。知識だけではない部分が大切なんです。

皆さんの教育を見て、それぞれの個性がしっかりでていて将来インストラクターとして活躍する姿を思い浮かべてしまいました。
なぜアロマテラピーを学ぼうと思ったのか、アロマテラピーをどんな風に発信していきたいのかそんな事がにじみ出ているようで、皆さんの姿が本当に素敵でした。
来月の試験が無事受かり、生徒の皆さんが夢に一歩近づきますように。


加藤



iPhoneから送信

リオのオリンピックも今週始めに幕を閉じました。

日本人の活躍は本当に心を奪われる試合でした。その後の選手達のコメントも、この日に向けて命がけの努力の日々があったからこその言葉だからこその、胸打つものを感じました。

10代や20代の選手はこれこらの期待やプレッシャーが大きくなる中での4年間。

今回は色んな競技の選手が交わりチーム日本としてあったからこそのメダルだという意見もありました。
違う競技の選手の応援だからこそ、素直に受け取ることができたそうです。今まで、同じ競技の選手だと、メダルがあるなしで分かってはいるけれどもその言葉が同情と受け取ってしまったり、気を遣うなどしていたそうで。しかし、応援というのは本当に気持ちを高めてくれるものだと。だからこそ、素直に受け取ることは大きな力になるのだと。


そして、普段テレビをあまり観ない私でしたがこの度は、選手の活躍に毎日テレビをつけてました。

試合はもちろんですが、印象深いCMが。
イチロー選手が登場するするCM。皆さんもご存知かと思いますが、
「イチローが、嫌いだ」という台詞からはじまるインパクトのあるCM。イチロー選手と一ノ瀬メイ選手が出演します。

イチローが嫌いだ
あの人を見ていると限界という言葉が言い訳みたいに聞こえるから

でも、同じ人間だ。

という台詞。

世界のトップアスリート達は常に限界を超えてき続けているのだと思います。だから、限界という言葉で自分の可能性にピリオドを打たないのたと。

リオオリンピックで活躍したトップアスリートも同じ人間。

どう行動するかは自分次第。







iPhoneから送信

このページのトップヘ