あんずカンパニースタッフ日記

「はりきゅう・アロマあんずの種」のスタッフの日記です。

56562326.jpg
今晩わ。須藤 修斗です。

日曜に松原さんから教えてもらったシエスタというカフェに行ってきました。

僕は教えてもらった事や学んだ事をパソコンのワードやiphoneのメモにまとめておくのですが、いつも家でやっています。

そこで昨日はいつもと違う空間でやれば、気分転換も出来て、はかどるのではないかな?と思いシエスタに行ってきました。

シエスタの店内は茶色の装飾になっていて、蛍光灯もオレンジ色で暖かい雰囲気のある空間でした。

店内には大きい犬の模型が何匹か置いてあり、本物のような迫力でした。

コーヒーとチョコレートケーキを頼みました。
小さい頃からチョコレートが好きなんです。
僕は肌が色黒なのですが、チョコレートの食べ過ぎなのかもしれません(笑)
それに家でもパソコンを使っていて脳が疲れてしまったので糖分が最適です。

サーモンクリームパスタも頼みました。サーモンがとても柔らかく美味しかったです。

シエスタは23時と遅い時間も営業してるのも魅力です。
あんずの種から10分程車を走らせると着きます。仕事後にも来れるのが嬉しいです。

また来ようと思います。

57e4a67a.jpg
b8610db6.jpg
50f51a42.jpg
81375f90.jpg
261badaf.jpg
今日は江別にある「日々のあわ」さんへ治療に行きました(*´??`*)

札幌から江別まではJR で20〜30分で行けるのですよ^ ^
意外に近いですよね!!
快速だと私の通勤時間と大差ないという…(笑)

お天気がよくて、窓から見える景色もすごく穏やかでした。

治療院までもお散歩にちょうどよい距離。

産休を経て再開した「日々のあわ」さん。
ドアを開けたら優しい笑顔で迎えてくださりました。院長は熊坂由希子先生。
写真がなくてすみません。

私は鍼灸治療とアロマテラピーのコースを受けました。

お店の詳細はこちらをご覧ください。→http://hibiawa.com

治療前から、熊坂さんの笑顔と豪快な笑い声(失礼に当たらないだろうか…笑)に、肩の力がフッと抜けて行きました(笑)


不妊治療やマタニティのマイナートラブルや婦人科系の治療には女性ならではの繊細な気持ちの揺れがあって、なかなかうまく表現出来ない思いがあって、それをどーーんと受け止めて、いつも患者さんに誠実であろうとする熊坂さんの姿が私は大好きです。

一緒に働いていた頃も大切なことをたくさん教えていただきました。

信頼ってすぐには出来るものではないのかもしれませんが、私にとってまさに信頼の存在です。
もしも自分の大切な人が困っていたら、迷わず紹介したいと思う先生です。


勉強熱心でこれからもっともっとスキルアップしていくのだろうと思います。
私も負けずに頑張らなくちゃ(≧∀≦)


カメラを向けたらこんな風にポーズしてくれるところも熊坂さんの素敵なところ〜(≧∀≦)…とか言って勝手に載せてしまいました笑。


ゆっくりお話できて幸せいっぱい感じました(*´??`*)

札幌近郊にお住いの皆さん、
札幌近郊に知り合いの方が困っている皆さん、ぜひ。







昼休憩の時間、スタッフ間ではりをする時間があります。

入って間もないですが、センパイ方の体で練習をさせてもらっています!

ある日畠中さんにはりをしたら、「今ので呼吸が楽になりました」と言われました。


自分がはりをされたときは、なんかすっきりして気持ちいいなあという感想しか持っていませんでした。

はりを打つ時も、お腹の痛みをとる、という意識しか持っていなかったので、

確かに、言われてみればそうだ!とはっとなりました!


はりをすると、呼吸が楽になる。

あれ、なんか調子いいな?という状態は、呼吸がしやすくなったから生まれてきたものだったんですね( ゚▽ ゚)


この、なんとなく調子がいいときって、
無理なく、よし、これからがんばろ!と思えるので、私はこの感覚がとても好きです。


なんとなく、気分が乗らないな、

そんなとき、はりをしてみると
あれ、なんか調子いいな?ってなれるかもしれません。笑

お気軽にお越しくださいねヽ(。・ω・。)ノ

(ムソーさんの美味しいお菓子も少なくなってきましたがまだ置いてます。ちなみにたかいしのおすすめは乾燥納豆入りの納豆ラーメンです!まだ食べていない方は是非食べてみて下さい!!汁まで全て飲んでしまいそうになるほど美味しかったです。)


たかいし

6ea63394.jpgまだまだ寒い日もありますが、ようやく釧路にも春がやってきましたね。


朝晩もあたたかくなり、犬の散歩もしやすくなりました^ ^


一緒に過ごす時間がすごく嬉しい毎日です。(笑)



いぬが先日、足を上げておしっこが出来るようになりました。←大人への一歩です!
芝生の斜面でおしっこをしようとした彼は、傾き過ぎて反対側にひっくり返ってしまいました←犬だよね?そんなことってあるのか…?



足腰が強くなりジャンプ力も増して、いたずらの領域が広がりました(^-^



寒すぎる朝は小走りで散歩(←散歩とは言わないのか…)しているのですが、いつの間にか同じ速さでついてこれるようになりました。(←今まで引きずっていたわけではありませんよ(^-^;)



そして、うんちは散歩中にするのですが、
うんちって歩道の脇とか草の中とか安全と思われる場所でするのかなと思ったら、歩道のど真ん中でするのです。しかもいつも。←やわらかうんちは処理が大変です。



いたずらも常にしているのでいろいろと破壊されているのですが、病気でクタっとしているよりは、元気すぎても元気なのは嬉しいなと思います。



落ち着いて!と言っても、いつも少し首を傾けてわたしをみて、目をパチパチさせています。←その姿を見て、なんて聞こえているのだろう、、、と考えてしまうのですが、彼はその隙にまたいたずらし始めます。
そんなことの繰り返しです。(^-^;




今日もおはようが言えたなぁと幸せになり、
「ありがとう。」


無事に生きているなぁと安心し、
「ただいま。」


帰りが遅くなってもシッポをフリフリして出迎えてくれる姿に
「おまたせ。」
(待っていたかどうかはわかりませんが笑、きっと待っていたはず。ごはんを。笑)



「長生きしてね」
も毎日のように言っています。笑←まだまだ生まれたばかりだけれど。苦笑。



犬を飼ってみて初めて知ったことがあります。
それは、周りのみんなが、我が家の犬のことをとっても気にかけてくれて、可愛いがってくれて、困ったときには助けてくれて、自分の大切なものを大切にしようとしてくれるってこんなに有難いのだなと、幸せなんだなということを知りました。
彼が来てから、毎日のありがとうがとても増えました。


これから初めての夏もやってきます。なにをしようか、どんなことが待っているのか楽しみです(´∀`)



先日散歩コースにふきのとうが生えていました。

春。
ふきのとう味噌の季節ですね( ´ ▽ ` )
←ふきのとうはふきのとう味噌にしか見えないなぁ、おいしそうです^^

8eff7ebf.jpg最近手にした本。得する睡眠法。





以前からソファで寝る癖がなかなかとれなく寝た気がしないまま朝を迎えることが多かったのでどうにかならないかと思い購入。




驚きだったのが、2016年のアメリカ大学の調査で
日本は平均睡眠時間が7時間24分と
世界100ヶ国中最下位であるそうなのです。(日本に並んでシンガポールもだとか)


ということは日本は世界最先端の
不眠国と言えます…。。




欧米では、オバマ前大統領やスポーツ選手俳優など一流の人達には
「睡眠トレーナー」をつけて、自身の睡眠の管理をしてもらうほど
睡眠と体の関係を重視しています。




適度な睡眠がとれないと、体調が不安定になり過密なスケジュールもこなすことも困難ということですね。





また睡眠不足の状態は
実は飲酒運転と同じ状態だとも言われています…!



これもアメリカの研究で明らかになっていて、


飲酒した運転シュミレーターと
一晩徹夜した後の運転シュミレーターの成績を比較すると
血中アルコール濃度0.07パーセント瓩琉酒時と同等の結果がえられたのだそうです。
(低そうに見えますが、捕まると免許取消2年以上の数値です…)


それくらい睡眠不足は体に及ぼす影響があることがわかります。




適度に睡眠をとるポイントとしては
「寝る直前」と「起きた時」が睡眠の質を上げるのに重要です!



仕事から帰ってきていつの間にか寝ていたバタンキューの状態はあまりよくないんだとか。




「寝る前」はちゃんと着替えて眠る準備をすること、
お風呂につかり身体を温めてから眠りにつくのも良いそうです。
また寝る前にアロマの精油を香らせるのも体がリラックスします。
ちなみにラベンダーやベルガモットなどは鎮静効果が高いのでおすすめです♪



「起きた時」は日の光を浴びて起きる(できる人はカーテンを開けて寝ると自然に日の光が入ってくるのでいいそうです)、
自分の好きなことをして気分を上げるなど
1日の活動を始めるために身体を目覚めさせることをするとよいそうです(((o(*゚▽゚*)o)))



たとえば、犬の散歩にいくとか好きな音楽をかけるとか…!




この本を読んで


私もバタンキュー状態ではないですが、
眠る準備がちゃんと出来ていなかったなと…反省(ー ー;)




睡眠が1日の活動を支えているのだと思うと、睡眠の時間も充実させることが大切なんですね。




皆さんも参考にしてみて下さいね(*^◯^*)




iPhoneから送信

久しぶりの歯の治療。

前回治療した歯の確認でしたが、タイミングよく?不調に感じていた箇所があったため、そこも診てもらいました。

昔から歯の不調に悩まされ、放置しては手遅れ寸前で駆け込んでいた自分も、ここ数年は悪化前に治療という社会人らしい受診が出来ています。

人は変わるもので、今では歯の治療が好き。楽しみでもあります。

治療中は完全無防備状態。且つ口の中という普段他者との触れ合いの無い器官を診てもらっていると、担当する先生・衛生士さんによって、触れ方の違いを顕著に感じます。

その触れ方、治療から、その人の人柄をイメージします。

皮膚(口の中は粘膜ですが)はとても「社会的」な器官であり、そこから得られる情報は単に物理刺激という範囲を超え、認知・感情・行動に影響します。


こんな実験結果があります。

実験参加者を心理学の実験室に案内するエレベーターの中で、実験者がメモを取る間、持っている温かいあるいは冷たいコーヒーを、参加者に持っていてくれと依頼する。
実験室に到着後、参加者には「ある人物のことを書いた文章」を読んでもらい、その人物の印象について評定した。
すると、手に温かいコーヒーを持った人は、人物の人格を「親切」「寛容」だと判断した回答が多かった。さらに実験のお礼として「友人へのギフト」と「自分用の品」のどちらかを選んでもらうと、手を温めた人は前者を選ぶことが多かったという。

ここでは皮膚から伝わる温冷覚の違いが、人の行動と感情に変化を与えています。


「人間性」や「人柄」というものがどう印象付けられるかは、触れ方・つまり技術的な要素で形成されることも大きいのだと思います。

これは「触れる」医療である鍼灸にとって非常に重要なことです。

人間性を磨け、というのは、重要ですが抽象的で難しく、一朝一夕にはいかないものです。特に医療従事者は人間性を求められることが多いと思います。

だからこそ、まず技術を磨くことが大切なのだと思います。
「いま出来ること」を確実に拡げていくこと。

そして、 技術の向上は自信に繋がります。それは人間性の成長にもなるでしょう。

明日出来ること、次会う患者さんに出来ることを拡げるために、また勉強です。

、、と、そんなことを考えながら治療を待っていたら、奇遇にも隣に大道寺さんがいました。

そんな大道寺さんもブログに書いていた「触れる」ことを知れる一冊はこちら。

https://www.amazon.co.jp/dp/4794222149/ref=cm_sw_r_cp_awdb_H6F-ybKB17MHZ

6b337294.jpgこの本は、著者が数多くの取材を通して、実際に女性たちの体験談、生の声に耳を傾け、情報を得て、作りあげた物語です。



結婚、妊娠、出産、子育て、女性の社会進出、男性の育児休暇、援交、高校生の妊娠、死産、不妊、高齢出産、羊水検査、子宮ガン、染色体異常、など、現代に生きる女性が直面するであろう出来事が描かれていました。



主人公たちは、それぞれの状況で喜びも、悲しみも苦しみも繰り返して、けれども最後には自分の人生をしっかり生きていました。



治療をする際に、不妊症で傷つき苦しんでいる人にも出会いました。なんと声をかけたら良いのかわからないことばかりでした。
今でもそうです。だからこの本が目に入ったのかもしれません。



しかし、
産むでも、産まないでも、産めないでも、
その人が存在していることには何にも過不足はなくて、
この本の帯にも書かれていますが、
この本を読んで受け取ったメッセージは、なにが正解かとか正しいとか正しくないとかではなく、
その人が自分で決めた道を自分の力で歩いていくことが一番大切なのだいうことでした。
それがどんな決断であっても、とても美しいということも感じました。


産んでも産まなくても産めなくても、今居ることがすべてなんだということを。


うーん、でもやっぱり難しい。
こう思うのは
こんな表現ではない感情に触れているからなのか、、、
なんだかうまく表現できませんが、興味がある方は読んでみてください。

587b1aae.jpg
a99c6db6.jpg
6e7f85a3.jpg
心理カウンセリングを学び始めて、3年半が過ぎました。


カウンセリングというと、一般的にはまだまだ何らかの理由がある人が受けるというイメージが強いのではないかと思います。


私も勉強し始める前はそう思っていました。
病気になったらするもの、とか、人には言えないこと、だと。


しかし、私がこれまで勉強してきたカウンセリングは、もっと気軽で身近なものでした。


誰でも、いつでも受けて良いもので、それはアロマに通う感覚だったり美容室に行くような感覚に似ているなぁと思いました。


カウンセリングといっても、ただ話をするだけではなく、時には絵を描いたり、粘土で何かを作ったり、雑誌を切り抜きしてみたり、砂遊びをしてみたりと様々な方法があります。

その方のその時の状況に合わせて、何をするかを決めて行なっていくのです。


カウンセリングを受ける方は気負わずに、リラックスして流れに身を任せていたら良いのです。
言いにくいことを無理やり言わせたり、出来ないことをさせたりはしません。


あんずの鍼が、痛いことはしない。のと同じで、あんずのカウンセリングの基本は、嫌なことはしない。のです。


カウンセリングの先生が
「カウンセリングは心の窓拭きのようなもの。
心も時間が経つと自然と曇ってきてしまう。曇ったガラスからはそのように世界が見えます。だからたまに窓拭きをして、いつもピカピカにしておくことが大切なんですよ。」とおっしゃっていました。



心身一如という言葉通り、心と身体は切り離すことのできないものです。
みなさんにも、体は元気なはずなのに気持ちが落ち込んでいて、どうにもこうにも動けないなんて経験が一度はあるのではないでしょうか?


逆に気持ちが晴れやかで勇気が湧いたら大変な状況も乗り越えていけることがあるのではないでしょうか?


アロマを受けて体が軽くなったり、髪を切って気分がスッキリするように、カウンセリングがもっと日常のなかに溶け込んで、毎日が今よりふわっと軽く過ごせたら良いなと思います。



あんずの種では加代さんがカウンセリングを担当しています。


まだまだ知られていないカウンセリングですが、あんずの中でもこれからもっともっと広がって、みなさんの笑顔が増えたら嬉しいです。


写真は貸していただいた心理学の本たち。
理解できたとは到底言い難いですが、とても勉強になりました。


カウンセリングの知識や技術を学んで分析やカウンセリングができるようになっても、やっぱり最後は「人」なのだと思います。

ある方が言っていました。
「その人のことを心から思ってでてくる言葉だから相手に届く。一番大切な心を忘れてはいけない」と。


出来るようになった気になったり、わかったような気になっていては、見えなくなるものがある。


心を扱うものとして、常に胸に留めておきます。

今日は雨が降りましたが最近、春らしい日差しが降り注ぐ日が多くなりました。

日も長くなり、季節の移り変わりを感じます。

日が長くなるとなんとなく気持ちの余裕も出てきますね。

気分も良い反面、気になるのは

「紫外線」

さて、紫外線が一番強いのはいつでしょうか?実際に記録される紫外線量の数値のピークは夏となっています。

しかし、 紫外線が強いということで言えば、紫外線の95%を占めるUVAのピークであるのが5月、また梅雨(夏至)を挟んだ5月・夏が強いと言えます。

なので、予防とケアが大事。

私、生まれつきと小さい頃の無防備な外遊びでソバカスの多い顔です。今も、シミソバカスの数は多いのですが、あるものを使い始めてから薄くなってきました。

それは、

バイオラブから販売されている

「ブランシサン」という美容液。月桃、クララ、オウゴンなどの植物成分が、肌のターンオーバーを整え、表皮内に蓄積したメラニンの排出を促します。

さらに、サトウキビから得られたエキスも配合!!サトウキビから得られたエキスの着色成分を分離、濃縮しており、過酷な炎天下でも耐えうるだけの生命力をもち、紫外線防御能を持ちます。お肌に透明感を与えいきいきと整えます。
このサトウキビ、江戸時代にはサトウキビを使った美容パックがあったとか。
どんなものだろうと、真似してやろうとしましたが、もったいないのと手間なのでやめました。

シミやくすみが気になる方には、是非オススメです。使い続けると効果を実感できます。

今なら、ブランシサンご購入の方に、
お肌の栄養補給パック「ヌリサン」着きで、更にお肌が美しく甦ります!

予防とケアで、今より輝く肌が待ってますよ!

まず少し試してみたい方は、サシェをお渡ししますのでスタッフまでお気軽にお声かけください♪( ´▽`)






iPhoneから送信

昨日は年度始めの「元気総会」

会社の総会として、今年度の方針、計画、目標を皆で確認しました。

今回で9回目。自分が参加してから8回目の総会でした。

ふと思ったのが、「元気」な総会ってなんだ?ということです。

元気のイメージは「活発」「明るい」「ポジティブ」といったところでしょうか。

「元気」というのは中国伝統医学の言葉です。「原気」とも表記します。

中医学の本を調べると、

【元気】
これは最も重要で基本的な気である。
〜中略〜
この意味から、元気は生命活動の原動であると考えられる。元気が充実すればするほど、臓腑・組織の働きは活発になり、身体の健康は保たれて、病を受けつけにくくなる
「針灸学 基礎編」より

とのこと。

元気は、最重要で基本的なものとのことです。

年度始めの元気総会も、新しい提案や計画を盛り込みながらも、、最重要である基本的なことを再確認する場です。

それは、

患者さま・お客さまにハッピーになっていただくこと、

そして共に僕らあんずスタッフもハッピーになること、

鍼灸とアロマを信じること、

などなど、

ということです。

また元気満ち足りて、最重要な基本を振り返り、進みだします。

どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.amazon.co.jp/dp/4924954926/ref=cm_sw_r_cp_awdb_A808ybZVDC03Z

このページのトップヘ