ADD日記

30才過ぎてADD(注意欠陥障害)と診断されてしまい、むせび泣くのにも疲れたので、むしろ障害なのは僕じゃなくて生きづらい社会の方だよね、というスタンスを試みるエッセイとマンガの中間にあるほのぼの日常4コマ。

あ、どうも。Remanです。
適応障害になったのを機に心療内科へ行き、ついでに軽度の注意欠陥障害
(ADD)と診断されました。
まだ小さい娘もいるってのにーー!ってことで
症状を抑える薬を飲みながら、健常者のフリして働いてます。
ADDあるあるや妄想を織り交ぜながら、家族や仕事でのほのぼの4コマを
描いていきたいと思います。ショートショートや絵本も好きで描いてます。
「目指せ!ADDの住みよい社会!!
 目指せ!脱サラリーマン!!
 食いつなげ!我が家!!」が目標です。
 ≪ADDってなに??≫

(気になると人の目を見つめすぎる癖をやめたい) ...

(マイノリティは優しい。1日で辞めたけど) ...

(一言多いって言われるタイプ) ...

(1コマ漫画はじめました。) ...

それは精神的にまいって、過眠の症状が出ていたある日のこと。嫁が嘘をつきました。子どもいるのに仕事やめても大丈夫なんて本心ではこれっぽっちも思ってないのに(後日談)。あの時、将来どうなるか、よりも、いまの私を助けようとしてくれたおかげでいまも生きておりまする( ...

↑このページのトップヘ