青羽健仁市政報告/平成29年春号

青羽健仁市政報告/平成29年春号(表面)_01青羽健仁市政報告/平成29年春号(裏面)_01

子育て支援

ブログをきっかけに待機児童問題が大きく取り上げられるようになりました。
さいたま市 では保育施設の大幅な増設で対応しようとしています。
はたして、 本当にそれが正解なのか他に方法はないのか真剣に考えるべき
ときだと 思います。

青羽健仁市政報告/平成27年春号

青羽健仁市政報告/平成27年春号/表面青羽健仁市政報告/平成27年春号/裏面

青羽健仁市政報告(ダイジェスト版)/平成27年1月

青羽健仁市政報告/(ダイジェスト版)/平成27年1月/3-1青羽健仁市政報告/(ダイジェスト版)/平成27年1月/3-2青羽健仁市政報告/(ダイジェスト版)/平成27年1月/3-3

総選挙

みなさま。こんにちは。

昨日、総選挙の公示されました。
埼玉1区の村井候補の応援のため小泉進次郎復興大臣政務官が駆け付けてくれました。
浦和駅西口駅前で開催した演説会にも1500人を超える聴衆に集まっていただき、まだまだ
衰えぬ小泉人気に驚かされました。

今回の解散に対しては多くの市民から「なぜ今なの?」との疑問の声をよくお聞きします。
私も一面で、その通りだと思います。
しかし、もともと総選挙は時の政権の信を問うものですから、私たちも粛々と民意に耳を傾ける時
だと思います。
 

自転車レース(クリテリウム)

こんにちは。大変ご無沙汰しております。青羽健仁でございます。
2月の定例会が終わりました。昨年の10月に開催され、およそ2億2千万の
赤字をだした自転車レース。さいたまクリテリウムの開催経費3億3千万が計上されて
いる平成26年度予算も可決されました。
私たちは相当厳しい条件をつけて承認しましたが、もし第2回目も失敗したら市長の
政治責任に直結すると思います。
この大会自体は意義のあるものであると思いますが、何も無理してどうしてもさいたま市で開催
したいというほどのものでもないと思いますが・・・。
みなさんはどう思いますか?

首長の資質

こんにちは。青羽でございます。

今日、平成25年度の予算案が提出された。
今年は5月に市長選挙が行なわれる。当然国の予算も不透明な状況から、予算編成は市民生活
に影響を及ぼさないよう配慮した、「骨格予算」であるべきと思う。

ところが、その中身は例年と変わらぬ予算だ。

市長選挙で交代があったらどうするのか?
国の予算にどのように迅速に対応するのか。

こんな点からも「首長としての資質」を考えさせられる。
ますます民主党政権末期とさいたま市政の現況が近づいた感がある。

政治家の責任

みなさま、こんにちは。青羽でございます。ずいぶんブログがあいてしまいました。申し訳ありませんでした。

今、国会では解散しろ!とかいつ解散があるのか?政局の話題ばかりである。

本当に国家国民のために政治を命がけでやろうとしている国会議員が、野党、与党を問わずどれほどいるのか。みんな自分の選挙の事ばかりか・・・。
私自身も選挙は怖いし、大変だと思っている。
でもその前に自分らの職責をもう一度自覚してほしい。

本当に情けない・・・・。


大阪府の橋下知事が辞職されました

知事と市長の対立。
マスコミが煽るのは良くわかる。

でも政治の世界に身を置いていると、大阪府民・大阪市民を何処へ引っ張ろうとしているのか、よく見えない。
制度論を声高に主張するのは、官僚のツネ。
(予算は前年踏襲主義で、事業を見直すのではなく制度見直しにすり替える)

どうも「政治主導」という「美名」ばかりで、中身のない政治家が多すぎる。

我がさいたま市・さいたま市議会を振り返ってみると、困ったものだ。

経済産業大臣の力量

枝野幸男官房長官が、リリーフとして経済産業大臣に就任しました。

枝野大臣の今まで業績は他に譲ります。

一言だけ申し上げれば、官房長官の職にありながら「大本営発表」を行い「嘘をつき続けて、放射能被害、特に人的被害についての拡大を防げなかった人である」ことは間違いありません。

日本国内では、経済産業大臣の職務のに関して、原発の規制について注目が集まっていますが、
日本の将来に大いに影響あることとして、取り組まなければならないことは「TPP」。

かつて、繊維交渉や農産物交渉に見られたような、国際関係と国内産業との舵取りをどうするのか。
政策通とはいえ、枝野大臣の国際交渉能力があるのか全くわかりません。

日本国の舵取りを間違えなければ、次の時代の民主党リーダーとして一層注目されると思います。
しかし、記者会見で一所懸命やっている姿で評価を上げた官房長官とは職責が全く違う。
結果が全てのポスト。

どのように頑張られるのか、注目です。

ちゃんと予算委員会を開催して、議論してほしい。
その姿を国民に見せてほしい。

ますます政治不信が高まるのではないかと危惧します。

またぞろ

ニンジンをぷら下げようというのか。
「高齢者施策の充実」というお題目でバラマキして、その財源を敬老祝い金支給対象者縮小でまかなおうという動きが。
「少子高齢社会」に対応するためには、社会保障全体の見直しを議論しなければいけないのに、小手先の政策で何とかなると思っているのだろうか。

埼玉県知事選挙

ビックリしました。
だって午後8時と同時に上田清司候補(現職)の当選確実のテロップがテレビに出るんだから。
当選、おめでとうございます。

得票数は前回を10万票上回ったので、現職知事としての評価を頂いたことは間違いない。

ただし投票率。

大震災以降、こんなに投票率が低いことはなかった。
知事選だからと言うことか。
それとも国政の停滞から、政治そのものが魅力がなくなったということか。

大いに問題だ。

日本も、選挙における投票率のあり方について真剣な議論が必要だと思う。
例えば、外国では投票率が50%を下回ると結果に因らず再選挙を実施している国もある。

また有権者の責任についても明確にしなければいけない。
回りくどい言い方になるが、再選挙すると言うことは新たな経費を税金で負担することであって、他に実施できる施策が、有権者の棄権のために実施できなくなる事である。

本当に投票率が低いことは問題であるという意識をみんなで共有できなければ、政治がドンドン遠くなる。

皆さまは、如何お考えになりますか?

優勝!おめでとう

なでしこジャパンの皆さん!

優勝おめでとう。

国民栄誉賞だ! 


埼玉県知事選挙

7月31日投開票で、埼玉県知事選挙が行われています。

前回の投票率は30%を切る数字。

都市部だからと言っていられません。
この4月に執行された東京都知事選挙は50%を超える投票率。 

貴重な選挙権です。

棄権することなく、候補者の政策をよく比べて、埼玉県の舵取り役としてふさわしい人を選ばなければなりません。

地方議員の使命とは・・・

東日本大震災から100日を経過し、ようやく多少は冷静に身の回りを見渡せるようになってきているのではないかと思います。

そんな中、我々地方議員の中にも震災・被災地への支援を声高に主張する方々がいらっしゃいますが、冷静に立ち止まって考えれば我々の使命は明確で、市民からお預かりした貴重な税金を市民のために有効に使うシステムを堅持する事だと思うのですが。





8-1A街区

8-1A街区と言われて、ピンと来る人はかなり「埼玉県政・さいたま市政」に詳しい人ではないでしょうか。

今日、上田知事と清水市長が「さいたま新都心8-1A」街区の病院誘致について共同記者会見するとの情報をキャッチしました。

内容がどうなるのか興味津々です。

さいたま赤十字病院(さいたま市中央区)と小児医療センター(さいたま市岩槻区)の移転整備に関することではないかな?

特に小児医療センターは、周辺自治体である蓮田市・春日部市にも影響することから、単にさいたま市内での移転整備にとどまらない影響があるのではないかと思います。

記者会見が注目です。

青羽はいじめっこか?

お久しぶりです。

最近よくこんな話を聞きます。「青羽議員は、清水市長をいじめている」とか「清水市長のやりたいことを青羽が邪魔している」。

私は疑問に思います。いわゆるいじめは力の強い者が、あるいは立場の上位の者が弱い者に対し、下の者に対してやることで、そもそもさいたま市で一番大きな権力を持っている市長を一議員がいじめるなどということは、市長に対して大変失礼であると共に、市長という職に対するぼうとくだと思います。

私は、議員として市民の立場で市長が間違っていれば批判をするし、正しいと確信していることを発言しているつもりです。

まさに議員の本分を果たしているだけであると思っていますが、みなさんはどう思いますか?

読売新聞の記事

東日本大震災の記事を目にしない日はありません。

そんな中で「被災地支援には何があるのか」を考えています。
一方「地元さいたま市のために出来ることは何か」も大切です。

西区の栄小学校の被災は、さいたま市にとっても見過ごすことの出来ない災害です。

昨日、前市議会議員の青木一郎先生が、市議会議員を卒業しても心配されていること・議会の積極的な支援を求めたことに、議員としての市議会議員としての見識の高さを感じました。

震災地を視察することが、危機管理であると勘違いしている議員の多いこと。

被災地支援は大切ですが、物見遊山は絶対にダメです。
発災後に、支援物資を送るという名目で被災していない自治体の首長が数多く被災地に入りました。
私は批判的な意見を持っています。

まずそれより、自分たちの地元がどうであるか、市民の不安や不満はどうか、職員の意識はどうかをしっかり把握することが、被災していない地方自治体のやるべき事ではないでしょうか?

このタイミングで読売新聞の記事を目にしてその意を強くしました。

東日本大震災の被災地を国会議員が相次いで視察に訪れていることに対し、地元から、対応に追われることへの困惑や、国会議員に対する陳情の効果に疑問の声が漏れている。

 国会では11日に被災地を訪れた衆院の3委員会を含め、これまでに衆院6、参院3の計9委員会が視察を行っており、今後も衆院予算委など3委員会が予定を組んでいる。個人単位でも多くの議員が被災地入りしている。

 この「視察ラッシュ」に対し、宮城県の畠山和純県議会議長は6日、仙台市を訪ねた横路衆院議長に「国会議員は超党派でまとまって来るよう配慮を」と要請。被災自治体からは「大勢視察に来て要請を聞いてくれるが、その後、各省庁の担当者に確認すると全く進んでいない事例が多い」(岩手県幹部)と不満も出ている。

(2011年5月11日19時05分  読売新聞より)
 

今日から新任期が開始します

さいたま市議会議員の新任期が本日から開始されます。
前任期の諸先輩方、本当にご苦労様でした。

大震災の発生を受けて、任期満了まで危機管理対応に明け暮れた皆さま、議員としてのあるべき姿を見た気がします。
いつもさいたま市民のためにご奮闘頂いた姿に少しで近づけるよう、身を律して参ります。

市議会での活動の前に

市議会議員が議会内で活動する集まりを「会派」と言います。
選挙で所属している政党が原則ですが、それにとらわれず活動している地域はたくさんあります。

さいたま市議会で注目されるのはさいたま市長が代表者である「埼玉改援隊」 の支援を受けて当選された議員さんたち。

民主党公認で当選された方が中心ですが、その他無所属で当選された方や地域の政治団体や政党で当選・推薦を受けた方もちらほら。

早速昨晩から民主党議員を中心に最大会派づくりに忙しいとの情報。

パワーゲームが好きなのか、議会内のポストに執着するのか良くわかりません。
これからの4年間、さいたま市議会の基礎を作り上げるためにお互いの信頼関係を作り上げなければいけないと思うのですが。




 
Profile
青羽健仁(あおば けんじ)
浦和生れの浦和育ち。浦和市議会議員から通算4期、最大会派の幹事長を務め、平成19年5月〜平成21年6月までさいたま市議会議長に専念した後、現在は自由民主党さいたま市議会議員団団長、また一議員として市政進展、地域発展のため日々邁進しております。
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ