ギャルゲー

2016年05月21日

エンターグラム新作5月6月はギャルゲーの発売が少なくて寂しいですね。
加賀クリエイトやアルケミストの倒産を見るに、今やギャルゲーを取り巻く環境はかなり厳しいのでしょう。

しかし4月は各メーカーから新作の発表が多数あり、7月以降のギャルゲー発売予定はまた盛り返しています。
面白そうなもの、興味をそそられるものもあって嬉しい限りです。
これからも安定してギャルゲーが発売されるよう願いつつ、私は積んで崩してを繰り返しています(笑)。

aoba_ei at 17:26コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月31日

家庭用ギャルゲー発売日一覧Smartスマートフォンサイト「家庭用ギャルゲー発売日一覧Smart」を公開しました。
サイト訪問者に占めるスマートフォンユーザーが年々多くなってきていたので、スマートフォンでの閲覧に特化したページを制作しました。
PC版と同様、ハードごとのギャルゲーの発売日を掲載しています。ただし、表示を簡略化するために移植元メーカーや価格などは掲載していませんのでご了承ください。なお、一部リンク先はPCサイトとなっていますのでご注意いただきたいと思います。
スマートフォンユーザーの方は是非ご利用ください。

また、携帯電話向けサイト「家庭用ギャルゲー発売日一覧 モバイル」の更新も引き続き行いますので、従来のガラケーユーザーの方はこちらをご利用ください。

aoba_ei at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月22日

CROSS†CHANNELと紫影のソナーニル Refrain来月から消費税が8%になるということで、その前に数本ギャルゲーを購入しました。
まずは先月発売された「紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-」。こういった世界観のギャルゲーはあまりないように思うので楽しみです。もしかしたらXbox 360最後のギャルゲーになるかもしれませんし。
それから「CROSS†CHANNEL 〜In memory of all people〜」。名作と名高い作品ですが、恥ずかしながらPS2版もPSP版も未プレイだったためこの機会に購入しました。

まんまと増税前の販売戦略に嵌まってしまってますかねえ(笑)。

aoba_ei at 22:52コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月31日

大晦日恒例の「ギャルゲー総決算」ですが、ブログの内容にそぐわなくなってきたので今年から「家庭用ギャルゲー発売日一覧」のトップページにて掲載しています。
掲載場所の変更により非常に簡素化しましたので、少し物足りない反面見やすくなったと思います(笑)。

2013年はどんなギャルゲーが発売され、話題を集めるのでしょうか。

それでは、良いお年を。

aoba_ei at 17:05コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月23日

良い機会ダーPS Vitaが発売されて1年になります。
発売1年目だというのに早くもギャルゲーが何本も発売され、この先の発売予定ソフトの本数もPS3より多い状況です。

PSPがギャルゲーハードとしてまだまだ現役ですが、PS Vitaの勢いを見ているとギャルゲーマーとしてはそろそろ購入に踏み切ってもいいのではないかと思ってしまいます(笑)。

aoba_ei at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月31日

激動の2011年もあと少しで終わりを迎えます。
今年も大晦日恒例の「2011年ギャルゲー総決算」で、2011年に発売されたギャルゲーを発売本数的に振り返っていきたいと思います。

まずは2011年のギャルゲー発売本数(マルチプラットフォームの同タイトルを含む)。
パッケージ版 … 全119本!(前年比+10本)
今年発売されたパッケージ版のギャルゲー(当サイトに掲載したもの)は119本でした。これをハード別に見てみますと…
PSP … 74本(−1本)、PS Vita … 1本(新機種)、PS3 … 16本(+13本)、PS2 … 3本(−7本)、Xbox 360 … 19本(+5本)、3DS … 2本(新機種)、NDS … 4本(−2本)、Wii … 0本(−1本)という結果でした。
一昨年、去年と1位だったPSPは今年も安定の1位でもはや不動のギャルゲーハードといったところです。
それから今年はPS3の本数が大幅増となりました。去年は10本以上の差があったXbox 360の本数にも迫ってきました。
他には今年発売された新ハードのPS Vitaと3DSに早くもギャルゲーが発売されているというのも注目すべき点でしょうか。

次にオリジナル、移植(PC18禁、コンシューマ他機種からの移植含む)、他メディア原作、廉価版(オリジナル、移植、他メディア原作全て含む)のそれぞれの本数を見てみますと…
オリジナル … 31本(+17本)、移植 … 43本(−14本)、他メディア原作 … 18本(−1本)、廉価版 … 27本(+9本)という結果でした。
今年はオリジナルタイトルが多い年になったようです。BOOST ONの分割販売で多少水増しされている感はありますが…。
過去タイトルの移植は大分落ち着いたようです。そして今年は廉価版の割合が例年より少し高かったようです。

最後にダウンロード版の配信本数(PS Vita除く)を見ていきます。
ダウンロード版 … 全46本!(−17本)
今年は増えると見ていたダウンロード販売ですが、いまいち本数は伸び悩んでしまいました。ハード別ですと…
PSP … 32本(−6本)、PS3 … 1本(±0)、ゲームアーカイブス(PSP/PS3) … 8本(−9本)、Xbox 360 … 5本(−2本)という結果でした。
来年はPS Vitaも普及するでしょうし、UMD不要のPS Vita互換タイトルやUMDパスポートに対応したダウンロードソフトが増えればいいのですが。

2011年は「STEINS;GATE」や「アイドルマスター2」などアニメとの相乗効果で売上が伸びたタイトルがいくつかありましたが、2012年はどんな1年になるのでしょうか。

それでは、良いお年を。

aoba_ei at 16:06コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月31日

2010年も残すところあとわずかとなりました。
今年も「2010年ギャルゲー総決算」と銘打って、2010年のギャルゲーを発売本数的に振り返ってみたいと思います。

まずは2010年のギャルゲー発売本数。
パッケージ版 … 全109本!(前年比−8本)
今年発売されたパッケージ版ギャルゲー(当サイトに掲載したもの)は109本でした。去年の117本を若干下回る結果となりました。これをハード別に見てみますと…
PSP … 75本(+19本)、PS3 … 3本(+1本)、PS2 … 10本(−23本)、X360 … 14本(+4本)、Wii … 1本(−1本)、NDS … 6本(+4本)という結果でした。
去年56本で1位だったPSPは今年は75本とまたしても大幅増。もはやギャルゲーではPSPの一人勝ち状態といえそうです。そして去年から勢いが衰え始めたPS2は10本で、Xbox 360の14本を下回ってしまいました。

次にオリジナル、移植(PC18禁、コンシューマ他機種からの移植含む)、他メディア原作、廉価版(オリジナル、移植、他メディア原作全て含む)のそれぞれの本数を見てみますと…
オリジナル … 14本(−9本)、移植 … 57本(+3本)、他メディア原作 … 19本(+1本)、廉価版 … 18本(−4本)という結果でした。
去年23本あったオリジナルは14本に激減。発売本数の多いPSPも殆どが移植や他メディア原作でした。また、PS2に至ってはオリジナルが0本という結果でした。

次にダウンロード版の配信本数を見ていきたいと思います。
ダウンロード版 … 全63本!
PSPギャルゲーなどのダウンロード版は今年になって急激に増えてきたように思います。これをハード別に見てみますと…
PSP … 38本PS3 … 1本ゲームアーカイブス(PS3/PSP) … 17本X360 … 7本という結果でした。
全体の半数以上がPSPで、ゲームアーカイブスも含めると全体の約9割でした。値段も安く手軽にダウンロードして楽しめるので、来年はさらに本数が増えそうです。

2010年は「初音ミク -Project DIVA- 2nd」や「けいおん! 放課後ライブ!!」などキャラクター+リズムゲームが人気で売上を伸ばしましたが、2011年はどんな年になるのでしょうか。

それでは、よいお年を。

aoba_ei at 16:59コメント(0)トラックバック(0) 

2010年12月20日

ダウンロードギャルゲー一覧家庭用ギャルゲー発売日一覧」に、PSPやXbox 360、ゲームアーカイブスのギャルゲーの配信日を掲載する「ダウンロードギャルゲー一覧」を公開しました。
ダウンロード配信されるギャルゲーやゲームアーカイブスのギャルゲーが今年になって急激に増えてきましたので、当サイトでも新たなページを作って対応しました。パッケージ版のギャルゲー発売日とあわせてご利用ください。

aoba_ei at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月24日

ブラック★ロックシューター THE GAMEイメージエポックから発売が発表されたJRPGブランドの2作品「最後の約束の物語」と「ブラック★ロックシューター THE GAME」ですが、ゲームジャンルが明確に“RPG”と示されていますので、当サイト「家庭用ギャルゲー発売日一覧」では掲載・情報の取り扱いは致しません。


当サイトでは、恋愛ゲーム、別ジャンルではあるもののギャルゲーと親和性の高いもの(「フェイト/エクストラ」など)、美少女を前面に押し出しているもの(「魔法少女リリカルなのはA's」シリーズなど)、アドベンチャーパート・シナリオパートなどがあるもの(「とある魔術の禁書目録」など)等を大まかな基準として掲載する作品を選んでいます。
“ギャルゲー”の定義は人によって違うものであり、判断の難しい作品もあります。
何かご意見、掲載作品の要望などありましたら、こちらのメールフォームからお願い致します。

aoba_ei at 23:41コメント(0)トラックバック(0) 

2010年06月24日

密室ののーふぇいとロワイヤル乙女ノNOAH右の写真は今年に入って私が買ったギャルゲーです。
「密室のサクリファイス」「のーふぇいと! -only the power of will-」「マリッジロワイヤル プリズムストーリー」「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 乙女ノ五重奏」「CHAOS;HEAD NOAH」。ストーリーやスタッフ、発売メーカーなどはばらばらなのですが、1つ共通点があります。それは、すべての作品に喜多村英梨さんが出ていること!(笑)
私が2010年上半期に買ったギャルゲーでは出演率100%です。

ほかにも「プリンセスラバー!」「CHAOS;HEAD らぶCHU☆CHU!」「ファイト一発!充電ちゃん!! CC」などにも出演されていますし…。

キタエリ、ギャルゲー出すぎだろう(笑)。

aoba_ei at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール
Archives
注目
TVアニメ「ハイスクール・フリート」公式サイト
Recent Comments
Recent TrackBacks
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ