2017年01月14日

1月2日(月) 朝宮公園のアオバト

22回目樹上採餌若♂



最終日は大阪から名古屋へ移動して朝宮公園でのアオバト観察でした。
始発から最寄り駅で降り、歩くこと40分。公園西側の現地到着しましたが、アオバトの姿は見れず。
2朝宮公園

事前にあちこちにいるかもしれないとの情報だったので、まわっていると公園北東の落葉樹に5羽いるのを確認。
2落葉樹アオバト

落葉樹に移動した後、7:50に水飲み。♂1と若♂1の水飲みを確認。他の個体は見えない観者側におりたと思われます。

2川沿い上アオバト

2川沿い下アオバト

その後、若♂が妙に近い枝に止まっている姿を確認後、
2近場の若い♂



球場北東のクスノキで休憩している姿を確認。
2クスノキアオバト

同時に♂1羽が到着地点のカシ林で樹上採餌の情報を得る。
お昼前にそのカシ林へ移動。12:40に♂2羽がカシ林へ来ると、樹上採餌、12:52には若♂と♀1がカシ林に。こちらも樹上採餌。若♂が飛び去った際に残っていたほかのアオバトも飛び去る。13:25に♀1がカシ林に。
こちらも樹上採餌を開始が、シャッター連射音(自分ではない)を気にしてかしきりに首をあげたままでちょこちょことドングリを食べるも13:30に首をあげたまま5分間動きが止まってしまう。カメラ目線のように見つつ。
25分間止まった♀

静止時間が終わった後、ドングリをさらに食べ続け、10個以上食べて満足したのか、川方向へ飛んでいきました。飛び出したうちの1羽だけは北方向で、あとはすべて東の川方向でした。
その後、川の方向などを捜索、一周してカシ林に戻るも戻っていないとの情報で、16時に観察を終了し、新幹線でもどりました。



22回目樹上採餌成鳥♂

23回目樹上採餌♀(2)

23回目樹上採餌♀(3)

22回目樹上採餌若♂(2)

21回目樹上採餌♂2 (3)

21回目樹上採餌♂2 (2)

21回目樹上採餌♂






6:40 現地到着。
7:18 北東の落葉樹に5羽が止まっている
7:20 人が来たため、川沿いの落葉樹へ移動
7:23 ♂4♀3の計7羽確認 高い木側に♂2♀1、他に♂2♀2
7:40 高い木からおりる
7:50 ♂1若♂1♀1が1羽ずつおりる。見えない側にもおりているよう。 南方向へ飛び出す
8:02 若♂1が近くの木に止まった後、川向こうへ。
9:28 北東のクスノキに3羽いるのを確認 ♂1♀2?
9:48 カラスが木に入り、4羽が隣接のクスノキへ ♂1若♂1♀2のよう
10:00 クスノキ樹冠で♂1♀2が実を食べる
10:04 ♂1♀1は球場上空から川の方へ、♀1残る
(10:17 若♂1羽カシ林で樹上採餌)
カシ林のほうへ移動

♂2♀1群れの動き:
12:40 ♂2がカシ林横の枝へ入る
12:41 ♀1がカシ林へ
12:42 ♂1が樹上採餌を開始するもすぐに止める
12:44 ♂1が樹冠の一番上に止まるもすぐに下の枝へ
12:51 最後まで残っていた♂1羽が川の方向へ

結局♂2羽だけ樹上採餌確認

♂1若♂1♀1の動き:
12:52 若♂♀1がアラカシ樹冠上の細い枝に止まる
12:53 すぐに下の枝に下りて、樹上採餌を開始
12:54 ♂1がカシ林の樹冠上の枝に止まり、その後樹上採餌
13:00 ♂1は北の方向へ
13:04 若♂1が川の方向へ
13:25 ♀1が樹冠上の枝に。川の方向に行ってから戻ってきたようだ

13:30 ♀1が樹上採餌開始するも、シャッター音に反応してか首をあげて警戒を解かず
カメラ目線でこちらを見ては、固まる。5分ほど首をあげたままほぼ動かない状態が続いたが、ドングリを10個近く食べる

13:43 樹上採餌終了。川の方向へ移動する。

aobatonahibi at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年01月12日

1月1日(日) 服部緑地のアオバト 2日目

1日本庭園♀

1昼休憩(1)


4日目は、2日目に得た日本庭園に早朝アオバトの群れ(10羽ほど)が来るという話を聞き、早朝は服部緑地の日本庭園で待機。2008年の時にもここでアオバトを目撃しており、水飲みの姿もこの冬確認されているとのこと。
期待をしながら、待っているとまだうす暗い7:12に5羽が落葉樹に止まりました。その後、人に驚き飛び立ち、東方向へ行ってしまいました。1羽戻ってきましたが、その1羽も東方向へ。結局水飲みは確認できず。9:00で切り上げ、おとといの場所へ。
到着すると、一昨日と同じアラカシにアオバトがいるのを確認。午前中に水飲みや降りる姿は確認できず。早朝に済ませていたと思われました。
1昼休憩(3)

動きだしたのはお昼過ぎでした。12:15に堤防上に1羽おりるもすぐに枝にあがってしまい、13:50に突然5羽のアオバトが飛び出し、北側にあるクスノキへ飛び込んでいきました。前冬も夕方に入ったクスノキでしたので、ねぐら入りかと思われました。
念のため、そっと木に近づいてみましたが、縦向きに密に生えている枝に非常にうまく隠れており、全く見つけられず。名古屋への移動もあったため、早い時間ではありましたが観察を終えました。



1月1日(日) 服部緑地1 6:50〜9:00 くもり

6:50 日本庭園付近到着
7:12 池北ワンド沿いの落葉樹に5羽来る。東方向から。♂1♀4
7:25 池北ワンドにある落葉樹に5羽が移動。しかし、人が来たため、飛んで行ってしまう。日本庭園西のあたりをぐるぐる飛び回る
7:29 5羽は飛び回りながら東方向へ
7:54 ♀1が戻る
8:00 ♀1は東方向へ飛んで行ってしまう
結局水飲みは確認できず。その後のアオバトの行方はわからず。広大な敷地にたくさんのカシ林のため、見つけるのは相当難しいのはわかっていましたが、2008年の時と同じ形に。

1服部緑地日本庭園

1変な色の朝日変な色の朝日に照らされたキジバト



1月1日(日) 服部緑地2 9:20〜14:20

9:20 現地到着。前々日と同じアラカシの樹冠で♂1♀2が休んでいるのを確認
9:28 ♀1羽 逆側の枝に。♂1♀3の4羽がいるよう
9:35 同じぬけに♂2♀3確認。逆側入れて、♂2♀4の6羽か
10:10 しきりに羽繕いを繰り返す。かなりリラックス状態で♂は時よりこちらを見ている
11:15 ぬけの♂1♀1下の枝へ。おりると思われたが、♂は上の枝へ戻り、♀は日向の枝へ
11:35 アラカシの中にムクドリ1羽が入り込む。♂と♀が少し動く
12:15 1羽堤防上におりるもすぐにあがる
13:45 ♀2羽ぬけの位置でキョロキョロ。おりる態勢か?
13:50 突然、5羽がアラカシから飛び出す。橋の下を通って、北側のクスノキ(南から2番目)の中へ。
13:52 ♂1羽が道路側の枝に顔を出し、南側の橋のあたりにある松の枝へ
13:55〜14:10 クスノキ、松ほかの各所捜索も見つけられず。クスノキの枝は密がすごく、そうそうに見つける状態ではない。

昨年に続き、クスノキでのねぐら入りと判断する。

14:20 観察終了、名古屋へ移動

aobatonahibi at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

12/31(日)京都御苑のアオバト 2日目

31松枝で日向ぼっこ♂(京都御苑)松の高い枝で日向ぼっこ中。日当たりのいい場所にしれっと出てきます


3日目(12月31日)は早朝夜明け前からいた京都南部から移動。
8:50頃に京都御苑到着。九条池を周り、一昨日の松林へ。
初日同様に、休んでいる状態を発見。時間が遅かったからか、水飲みや朝のドングリ採餌は確認できず。
向かっている途中に出会った地元カメラマンから8:40頃に地面におりていたとの情報をもらいました。
31日向ぼっこ(京都御苑)

31日向ぼっこ (京都御苑 2)

その後、日向ぼっこしているアオバトを見つつ、お昼すぎに動きが。12:17に♂3、12:22に♀2、12:24に♂2、12:34に♂3と立て続けにおりてドングリを食べていきました。その後は、松林内にある大きなモミの木へ入る物、丸太町通り沿いに入る物とわかれました。

31降りる直前♂(京都御苑)

31♂3降りる(京都御苑)

31♂3おりる1(京都御苑)

31♀2降りる(京都御苑)


まとまって入ることはあまりなく、ねぐらと思われる場所も個体によってやはり違うようです。この時期は日の入りが早いせいか、活動が終わるのも早かったため、この後は狛鳩がいるという三宅八幡宮へ行きました(後日アップします)。


12月31日(土) 京都御苑 9:00〜13:00

近鉄大久保から移動。到着は8:50頃。
8:40頃に2番アラカシ下に10羽降りたとの情報が。地元カメラマンankoさん?情報
9:00 おとといもいた高い松に4羽確認
9:17 2番アラカシ北側の松に1羽。南側の枝の日向に止まり、日向ぼっこ
9:40 同じ松(9:17)にもう1羽止まっている。計7羽か?
10:50 松の樹冠に移動も寝ている
11:40 日向ぼっこの♂(9:17)も少し奥に入る。高い松のアオバトも枝移り。日向に合わせての移動のよう
12:17 ♂3おりる 10から20個ほどのドングリを食べて、1羽は丸太町通り沿いのカシへ。2羽は富小路側のモミの木へ
12:22 ♀2おりる ゆったりと20個ほど食べる
12:24 ♂2もおりる。♀2と合流
12:27 ♀2は南方向にあるアラカシへ
12:30 ♂2は富小路側のモミの木へ
12:34 ♂3おりる 2番アラカシとやや離れた位置(西より)におりて10から20個食べる
31最後♂3降りる(京都御苑)
12:37 モミの木へ。♂1羽は隣接の松の木から北方向へ。その後不明
テニスコート周辺や九条池周辺を捜索も見つからず。
13:30 観察終了し、鳩の神社こと三宅八幡宮へ

aobatonahibi at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

12/31(土) 京都南部のアオバト

大久保のアラカシ


昨年も現地へ行きましたが、昨年よりもさらにナラ枯れによるダメージがひどくなっており、休憩場所やねぐらになっていたアラカシの枝葉がスカスカになっていました。朝の動く時間にも動きなく、この日も早めに観察を切り上げました。ナラ枯れがあるものの、ドングリの収量は多く、地面にはたくさんのドングリがありました。また、一番駅よりのアラカシは枝葉がしっかりしており、5羽程度であれば越冬できる可能性はあるかとは思います。ただその木以外がスカスカなので、来るかどうかは保証できない印象でした。



12月31日(土) 京都南部某所 7:00〜8:10

アオバト確認できず。昨年よりもナラ枯れがひどくなり、アラカシの枝がスカスカに。今後の越冬の可能性は低いと思われる。



aobatonahibi at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

12/30(金) 服部緑地のアオバト

303羽水飲み(服部緑地)3羽水飲み

30倉庫の屋根に止まった(服部緑地)屋根に止まった??



2日目は急遽3日目からを予定を変更して服部緑地へ。1月、2月以来、10ヶ月ぶりとなります。到着、すぐに落葉樹にいるアオバトの姿を確認。あまり長居はせず、昨年と同じアラカシの木の中へ移動。
周囲の様子も変わりなく、敷地内の地面に落ちているドングリもふんだんにありました。この冬も越冬してくれることを期待できます。
30朝落葉樹(服部緑地)

30朝休憩(服部緑地)

7:41に若♀1と♀1が川の堤防におり、若♀が1つドングリを食べました。あとで聞いた話では、堤防に落ちていたドングリを食べるシーンが結構見られたようですが、この時点ではドングリはほとんどなくなっており、この後もほとんど見られず。

7:43に♂1が河原におりたのを皮切りに、♂2♀4が続けて河原へおりて水を飲みました。水を飲むとすぐに元のアラカシへ戻り、9:02に堤防があって見えない対岸の地面におりて地上採餌。9:04に♂1羽が河原におりて水飲みと朝に動きが一気に見られました。
30皆で水飲み(服部緑地)

30昼♂1水飲み(服部緑地)


30昼休憩(服部緑地)





その後、しばらく昼休憩モードで動きなく。お昼を過ぎた12:10。アラカシの樹冠で休んでいた♀1羽が突然、妙な動きを始めた。白い腹を対岸側(観察者側)に向けるという妙なポーズ。羽を少し広げ、体全体を横向きにしたようなポーズ。
ちょうど、太陽の位置が対岸側にあり、お腹を空の方向へ向ける雨浴びのポーズによく似ているため、おそらく日光浴のポーズと思われました。そのポーズは12:10〜12:12、12:18〜12:23と中断を挟んで7分にもわたって行っていました。
30日光浴のポーズ1回目(服部緑地)1回目

30日光浴のポーズ2回目(服部緑地)2回目



♀のアオバトも暖かい日差しに誘われたことに加えて、観察者側からだと枝が被って大丈夫という判断もあってか、珍しい光景を見ることができました。その後は、車がやってきた影響か群れが一斉に飛び出してしまい、午後の採餌などは見ることができず。

動きが見えなくなり、日が落ちてきた15:30に観察を終えました。



12月30日(金) 服部緑地 7:12〜15:30 晴れ時々曇り

7:12到着。 橋側の落葉樹に6羽確認。♂2♀4か?
7:14 北のアラカシの木へいどう
7:25 ♂1♀2 見える位置に。 さらに奥に2羽。♂1♀1。
7:30 よく見える位置の♂1は下の枝へ
7:40 ♀1と幼鳥♀1が堤防へおりる。幼鳥♀1がドングリを1個食べる
30幼鳥♀ドングリ食べる(服部緑地)

7:41 おりた♀2 固まる
7:43 上にいた♂1 河原へおりる。堰を切ったかのように、♂2♀4が河原で水飲み
計7話 ♂3♀4がいるよう
7:45 最後の♀2が同じアラカシへあがる 水飲み終了
7:50 1羽が地面へ。他に飛び出そうとするも戻る
8:00 ♂1♀2、♀1がアラカシの樹冠にいるのを確認
8:31 軽トラックが出るもアオバトは反応せず
(8:04に別の6羽が出ていることを確認、1/1に見に行くこととなる)
9:00 イカル3羽が河原におりて水を飲む
9:02 2羽地面におりる。たぶん、ドングリを食べる
9:03 2羽アラカシにあがる
9:04 ♂1河原におりて、水を飲む。すぐにあがる
9:10 ♂1♀2 樹冠に休憩しているのを確認
9:20〜10:20 園内捜索
10:20 ♂1♀1 残っていることを確認
11:53 ♂1♀1 下の枝に行くも上へ戻る
12:10 ♀1 白いお腹を太陽に向ける雨浴びのポーズと同じ、日光浴のポーズ。白い腹がしっかり見える、横向きのようだ
12:12 車が来たので、日光浴のポーズを止める
12:18〜12:23 もう一度、日光浴のポーズを。5分間続く

30日光浴のポーズピントあってない(服部緑地)

12:24 突然、6羽がカシの木から飛び出す。車が再度来たのは2分くらい前のため、影響は少ないようだが。日光浴の♀は飛び出し遅れる。大慌ての飛び出し方は近くの電線にいたドバトが吊られてしまうほど。南の方角へ。
12:27 出遅れた日光浴の♀1は上の枝へ
12:30 ♂1も出遅れ判明、♂1♀1残る 計8羽いたのか?
12:50 ♂1♀2が別の場所にいる。戻ってきたか。
13:13 1羽が地面におりる おそらく地上採餌
13:15 アラカシへあがる
13:19 軽トラが来て、木の中にいるアオバトが飛び出す。南の方角へ
13:25 ♂1が背の高い松の中ほどの枝、見える位置に止まっているのを確認
13:30 ♂1 アラカシに戻る
13:36 ♂1含む戻っていた5羽が飛び出し、南方向へ
13:55 1羽が北側のクスノキへ入る。去年の観察からねぐら入りか?
その後、出戻りもねぐら入りも動きもなし
15:30 日が落ちてきたため、観察終了


aobatonahibi at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

12/29(木)京都御苑のアオバト観察記録

松で休むアオバト (3)松で休むアオバト

29朝降りた(京都御苑)朝に地面に降りた





初日(12月29日)、夜行バスで到着。そのまま、京都御苑へ。九条池に到着してみると、かいぼり(浚渫工事)のため、九条池の水位が見たことなない高さに。
29かいぼり中の九条池

池東側にある小さな滝は流れておらず、そこに水飲みにアオバトがおりることはない状態でした。九条池でしばらく待ちましたが、アオバトの姿は見られず。池には魚の姿はないのですが、アオサギがいました。この池付近にはいつもアオサギがいます。

堺町御門付近の松林に移動。切られずに残ったアラカシの大木(2番アラカシ)近くの高い松にアオバトが3羽止まっているのを確認。アオバトにあえてほっとしました。8:15に2羽だけ下の枝におりる不思議な行動。見守っていると、大きな枝のあった根本、樹洞のように穴が開き、水が溜まっている場所で水を飲んでいました。ちょうど前夜に雨が降ったこの日。九条池などの池に行かなくても水を飲む場所があることを改めて確認できました。この場所にはその後、アトリ、イカルも水を飲んでいました。
29水飲み中(京都御苑)

29水飲み中2(京都御苑)

29水飲み直前(京都御苑)


29朝降りた(京都御苑)
8:30頃に2番アラカシの下に3羽おりてドングリを食べるも、他のアオバトは地面におりず。昼間は高い松の樹冠で休憩。この日はお昼前の動きはなく、そのまま午後へ突入。このまま動きがないのかと思いましたが、13時半を過ぎてから動きが。13:46に地面におりるも、人が来たため一度別の場所へ。
29昼休憩(京都御苑)

29昼寝(京都御苑)



2羽ほど樹上採餌(丸太町通り沿いのアラカシ)をしたところを確認した後、15:02〜15:10にかけて、地面におりてドングリを食べました。朝食べていないからか、ゆったり食べた後、丸太町通り沿いの方向へ飛び立ちました。動きも見られず、ねぐら入り状態で枝の奥に入ったようで早々見つけられないと判断して15:30に観察を終え、遅い昼飯にありつきました。
29降りる直前(京都御苑)

29午後♂1降りた(京都御苑)

29午後降りた2(京都御苑)





12月29日(木) くもり時々晴れ一時小雨 7:10〜15:30

7:10 九条池到着。九条池はかいぼりのため、水位が下がっている
アオサギ、シメ、イカル、トビ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、シジュウカラ確認
7:30 堺町御門横松林へ。残った2番アラカシの近くの高い松に♂1羽確認
7:53 2番アラカシ上に3羽止まっているのを確認。すぐ横のアラカシの中へ♀1羽だけ見えている
8:06 1羽のアオバトが北から三本松へ入る
8:15 ♂1♀1が2番アラカシから旧3番アラカシ横のエノキの枝へ。下の方の枝にとまる。
謎の行動だったが、♀1羽が幹にある樹洞(枝あったところの穴)で水を飲む。♂1羽は飲まず。
その後、アトリ、イカルもこの場所で水を飲む
8:30 ♂1♀2 2番アラカシの地面におりる。人がホッカイロを取っているのを見て降りた模様
8:34 地上採餌終了。上へあがる
8:35 降りた以外のアオバトが2番アラカシに集まる
8:54 2羽+4羽(♂3♀1)が2番アラカシ南東の高い松の樹冠に。2番アラカシから移動していたようだ
10:14 ♂1が4話のいる枝に止まる 計7話に 2番アラカシから出てきた?
10:49 1羽がモミの木へ。7羽とは別のよう
その後、樹冠から動きなし

13:32 5羽の群れが下を見て横に移動。そろそろ降りる?
13:43 2+4羽が2番アラカシへ
13:45 ♂1羽が2番アラカシから近くの松の枝に止まる。すぐに地面におりる
13:46 ドングリを数個食べるが、人に来たため、上へあがる
13:48 2番アラカシにいたアオバトは一斉に丸太町通り沿いの木へ。人が来たことが遅れて働いた?
13:50 ♂1羽が2番アラカシへ
13:53 ♂4♀1が2番アラカシへ戻るのを確認
14:04 ♂3♀2は枝の見える位置に。羽繕いをしている。すぐにはおりないか
14:14 6羽が2番アラカシからテニスコートよりの通り沿いアラカシへ。なんで動いた?
14:20 丸太町通り沿いから捜索、アラカシの枝で樹上採餌を確認。
テニスコートやゲートボール場の周囲を捜索
15:02 ♂2♀1 2番アラカシの見える位置に確認 徐々に下の枝へ
15:05 ♂4♀2 2番アラカシの下におりる ドングリを20個以上食べる
15:10 2番アラカシを飛び出したアオバトは皆、通り沿いのアラカシの木へ
15:30 観察終了

aobatonahibi at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年12月27日

年末年始関西、名古屋アオバト観察へ

松で休むアオバト (3)

今年も、関西、名古屋にアオバト観察へ行ってきます。

12/29、12/30は京都御苑
12/31は大阪の服部緑地
1/1、1/2は名古屋の朝宮公園

を予定しています。12/31以降は、日程の変更がありそうです。
関西のほかの場所も視野に入れています。

aobatonahibi at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月10日

10/10(月祝) 秋風吹く照ヶ崎のアオバト

10蜃気楼と雲間から差し込む朝日蜃気楼と雲間から差し込む朝日

10少し手前降りたアオバト少し手前降りたアオバト

10飛来アオバト岩におりたアオバト

今朝は5時半前に照ヶ崎に到着。想像よりも雲が厚いこともあってかなり暗い状態でした。初飛来は5:57の29羽と夜明けより10分以上後に来ました。その後は、20〜40羽くらいのアオバトの群れが多く、50羽を超えるような大きな群れはありませんでした。

このところ週末によく来られている車いすカメラマンのホリウチさん(漢字を聞いていませんでした)が途中から帰るまで堤防上で隣同士観察と撮影でした。時期も天気もあるのか、アオバトを見に来る人もカメラマンも少なくなりました。


アオバト以外:
6:45 照ヶ崎プールに4羽のカルガモが。プールサイドにいたり、ぷかぷか浮いていたりしていました。9:11にプールサイドに落ちているドングリを食べたのを確認しました。

10照ヶ崎プールのアオサギ照ヶ崎プール照明灯に止まったアオサギ


天気:くもり
潮:干潮
風:北東風やや強く、堤防上は晩秋のよう

観察時間:5:25〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):33回
飛来羽数:683羽(149.0羽/h)
最大羽数:47羽(8:35)
観察羽数:383羽(♂149羽:39%)
<幼鳥>第1期0羽・第2期♂8羽・第2期♀6羽:計14羽
(出現率3.7%)


5時台 29羽♂9♀9

5:57 29 ♂9♀9


6時台 165羽♂36♀58 幼鳥♂1♀2

6:05 22 ♂6♀9
6:08 ♀1
6:12 照ヶ崎プールにカルガモ2羽、ハクセキレイとともにプールサイド歩く
6:18 2 旋回
6:21 28 ♂10♀10
6:25 34 ♂7♀18 幼鳥♀2
6:38 42 ♂9♀12 幼鳥♂1
6:45 照ヶ崎プールのカルガモは4羽に
6:53 20 ♂4♀8
6:55 7
6:58 9 旋回


7時台 148羽♂22♀49 幼鳥♂3

7:04 14 ♂5♀5 幼鳥♂3
7:23 42 ♂6♀13
7:25 2
7:29 4 ♂1♀3
7:35 ♀3
7:40 24 ♂6♀13
7:50 37
7:55 16 ♂4♀12
7:59 6


8時台 249羽♂40♀89 幼鳥♂1♀4

8:04 38 旋回 突っ込んできたドバトに反応し、森へ戻る
8:08 31 ♂4♀13
8:18 13 ♂2♀8 幼鳥♂1♀1
8:29 45 ♂9♀19 幼鳥♀1
8:35 47 ♂9♀10 幼鳥♀2
8:40 25 ♂7♀15
8:44 24 ♂3♀11
8:50 26 ♂6♀13


9時台 71 ♂42♀29 幼鳥♂3

9:01 24 ♂9♀7
9:08 12 ♂3♀9
9:11 プールにいるカルガモがプールサイドでドングリを食べる
9:20 12 ♂8♀2
9:32 15 ♂9♀2 幼鳥♂1
9:41 16 ♂8♀4 幼鳥♂1
9:51 13 ♂5♀5 幼鳥♂1

aobatonahibi at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年09月26日

9/26(月)久しぶりの晴れの照ヶ崎とアオバト

_MG_8666

朝焼けに当たるアオバトの群れ朝焼けに当たるアオバトの群れ



昨日のアオバト観察会は途中からの参加でしたが、今朝は夜明け前から到着です。
最初の飛来は5:24の12羽で、夜明けの10分ほど前のかなり暗い中で、♂と♀がわかるのがやっとでした。
夜明け前から6時までの30分ほどに5:44の280羽の最大を含めて、700羽以上の飛来がありました。

その後も3分に一度と言わんばかりの飛来回数でアオバトが来ました。
先週の雨続きの天気の影響もあったのかもしれません。
それでも秋の飛来パターン、「早朝多く、遅くなると少ない」には当てはまったようで、9時台から飛来数ががくっと減りました。

10月に大磯照ヶ崎に来られる方は間違いなく早朝から来ることをおすすめします。
夏場と違い、朝遅いと数がほとんど来ないということもありえます。



面白い行動を示したアオバトがいたのでご紹介します。
1)6:20くらいに飛来した♂1羽。3分ほど太陽の方向を見ながらじっと動かず、1度だけ海水吸飲。その後、太陽に背をむけて3分ほどじっと動かず、1度だけ海水吸飲。次の群れと一緒に飛び立ち帰っていきました。日向ぼっこをしながら、2度海水吸飲をしていたようです。
日向ぼっこ&海水吸飲アオバト♂日向ぼっこ&海水吸飲アオバト♂

2)9:00くらいに磯におりた8羽の群れ。なぜか、同じ小さな岩に皆おりたため、はじっこにいた幼鳥が追い出されるという光景が見られました。小さな岩は8羽には狭すぎたのか、幼鳥含む4羽ほどが隣の岩で結局海水を飲みました。な来た群れが皆同じ岩に止まるのは、今朝はよく見かけましたが、そこまで小さな岩にこだわっていたのは不思議でした。
一つの岩に集中一つの岩に集中


アオバト以外については:
1)7:45と8:30にドバトにモビングしているハクセキレイがいました。同じ個体なのでしょうか、結構しつこく追いかけていて、ドバトが逃げ回っていました。
2)9:30過ぎに、カルガモ3羽がプールで水浴びの後、プールサイドにあがっていました。

水浴び,飲みドバト水浴び,飲みドバト

_MG_8665





天気:晴れ時々くもり
観察時間:5:15〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数、参考記録):56回
飛来羽数:2090羽
最大羽数:280羽(5:44)
観察羽数(参考記録):832羽(♂339羽:40.7%)
幼鳥(参考記録):第1期13羽・第2期♂25羽・第2期♀45羽:計83羽(出現率9.9%)



5時台 711羽♂124♀129 幼鳥♂2♀8 第1期3

5:24  12 ♂6♀6
5:28 130 ♂20♀24 幼鳥♀2 洗濯岩に20羽おりる。
5:33  80 ♂19♀19 幼鳥♂1♀1 第1期1
5:37  47 ♂16♀10 幼鳥♀1
5:40  27
5:44 280 ♂40♀59 幼鳥♀2 第1期1 喉赤♂1(赤くなっていない喉赤♀2)
5:55  80 ♂19♀23 幼鳥♂1♀2 第1期1
5:59  55 ♂4♀8


以下、セカンドカウント(参考記録)となります。

6時台 486羽♂60♀126 幼鳥♂4♀9第1期1

6:00 60 ♂8♀18 幼鳥♀2
6:07 70 
6:09 16 ♂7♀6
6:15 20 ♂4♀3 幼鳥♂2♀1第1期1
6:20  7 ♂1♀1 
3分ほど太陽の方向を見ながらじっと動かず、1度だけ海水吸飲。その後、太陽に背をむけて3分ほどじっと動かず、1度だけ海水吸飲。次の群れと一緒に飛び立ち帰っていきました。日向ぼっこをしながら、2度海水吸飲

6:26 53 ♂2♀12 幼鳥♀2
6:30 25 ♂4♀7
6:34 50 ♂3♀17 幼鳥♀1
6:37 52 ♂8♀13 幼鳥♀2
6:44 14 ♂5♀12 幼鳥♂1
6:47 13 ♂4♀7 幼鳥♂1
6:52  5 旋回
6:54 ハクセキレイ5羽?西から東へ、海上を移動。渡りか?
6:55  9 ♂4♀2
6:59 92 ♂10♀28 幼鳥♀1


7時台 538羽♂73♀142 幼鳥♂13♀15第1期7

7:02 45 ♂8♀12  幼鳥♀3
7:08 19 ♂6♀5  幼鳥第1期1
7:10 ♂2
7:13 38 ♂5♀12  幼鳥♂1
7:20 50 ♂11♀17 幼鳥♂2♀1第1期1
7:25 11 ♂3♀5
7:27 ♀5
7:28 18 旋回
7:30 60 ♂9♀26 幼鳥♀1第1期1
7:32 17 
7:37 25 ♂3♀8  幼鳥♂1♀2第1期1
7:40 100 ♂3♀14 幼鳥♂1♀3第1期1
7:45 ハクセキレイがドバトをモビング、結構追いかけている。ドバトは逃げるしかなすすべなし
7:47 80 ♂15♀17 幼鳥♂3♀1第1期2
7:54 43 ♂7♀11  幼鳥♂4♀4
7:57 25 ♂6♀10  幼鳥♂1 


8時台 272羽♂63♀74 幼鳥♂3♀8第1期2

8:00 10 ♂1♀3
8:04 40 ♂5♀9 幼鳥♂2♀2第1期1
(8:07 40羽のうち♂1が洗濯岩に止まる)
洗濯岩で飲むアオバト洗濯岩で飲むアオバト

8:11 31 ♂9♀6
8:15 17 ♂4♀9
8:18 10 ♂4♀3
8:22 30 ♂7♀9 幼鳥♀1
8:26  4 ♂1♀2
8:30 ハクセキレイがドバトをモビング2回目
8:31 50 ♂9♀14 幼鳥♀1
8:36 28 ♂6♀9
8:45 23 ♂5♀11 幼鳥♀3
8:50 21 ♂8♀10 幼鳥♂1♀1
8:59  8 ♂4♀4 幼鳥第1期1
浜辺に下りかけた後、狭い岩にいっきにおりる。端の幼鳥がはじきだされて隣の岩へ。結局幼鳥含む4羽は隣の岩で海水吸飲。なぜ、狭い岩に皆おりることにこだわるのか?


9時台 83羽♂19♀22 幼鳥♂3♀5

9:02 20 ♂6♀8 幼鳥♀2
9:13  5 ♂4♀1
9:14  4 ♂2♀2 幼鳥♂1
9:22 14 ♂3♀8 幼鳥♂2♀2
9:25  9 ♂4♀3 幼鳥♀1
9:38 カルガモ3羽照ヶ崎プールで水浴び。その後プールサイドで休憩
9:52  5 旋回
9:56 26

aobatonahibi at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年09月22日

9/22(木)秋分の日 雨の照ヶ崎とアオバト

22照ヶ崎雨の照ヶ崎



天気:雨
観察時間:5:20〜10:00
観察者:松井
飛来回数(防波堤を越えた数):3回
飛来羽数:25羽(75.0羽/h)
最大羽数:12羽(8:41)
観察羽数:6羽(♂2羽:33%)
<幼鳥>第1期0羽・第2期♂0羽・第2期♀0羽:計0羽(出現率0.0%)


5時台 飛来なし


6時台 飛来なし
6:23 カモの群れが沖を西から東へ。お腹白く、シルエットはオナガガモか?


7時台 8羽
7:15  8 旋回


8時台 17羽♂2♀4
8:41 12 ♂2♀4
8:48  5


9時台 飛来なし
9:23 チドリsp4羽が磯からテトラポット東へ

aobatonahibi at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年09月04日

9/4(日) 飛来少なめでも幼鳥多め 照ヶ崎のアオバト

4満潮の早朝照ヶ崎満潮だった早朝の照ヶ崎。台風のうねりも入っていました。



雨の天気予報ということで、雨対策万全で照ヶ崎へ向かいました。移動前にぱらついた程度で雨が降る様子はあまりなく。その後も雨らしい雨はなく、時間が経つにつれて、雲は少なくなっていきました。8時を過ぎると雲はなくなり、晴れ間が広がりました。サングラスを忘れてきたため、日が上がるにつれて逆光になるところではカウントするのも大変でした。

さて、肝心のアオバトはというと、夜から早朝の雨の影響もあってか飛来は少なめ。先週の少ない時とは違い、エリザベスサンダースホームまでは群れが来ているようでした。5:52にチョウゲンボウの姿をエリザベスサンダースホームの森前で飛んでいる姿が見られました。照ヶ崎への飛来は猛禽類への警戒の部分が大きいのかもしれません。6:01に60羽の群れが今朝初飛来となりましたが、警戒心の強さか磯へはおりず。その後も磯へおりない群れが多く、♂♀及び幼鳥のカウントはかなり少なくなりました。

それでも、時々磯におりる群れを見ていると、おりた群れの中に多くの幼鳥の姿が。
とある磯におりた群れは、10羽のうち6、7羽が幼鳥だったり、5羽のうち4羽幼鳥で、1羽の成鳥がかえってしまったため、幼鳥だけの群れが磯におりていることもありました。たくさんいる幼鳥の中には変わったことをするものもいるようで、6:43に飛来した80羽の群れの中にいた幼鳥♀1羽は東側テトラポットに突き刺さっている枯れ木に止まるという珍しいシーンも見られました。

4幼稚園観察会上から今日は地元幼稚園のアオバト観察会が行われました。

観察時間:5:10〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):16回
飛来羽数:700羽(144.8羽/h)
最大羽数:90羽(6:25)
観察羽数:109羽(♂33羽:30%)
<幼鳥>第1期8羽・第2期♂13羽・第2期♀17羽:計38羽
(出現率34.9% 磯におりてきた回数が少ないため参考記録になるかとは思いますが、おりる群れ、群れが幼鳥だらけでした)


5時台 飛来なし

5:16 東の空の一部がオレンジ色に。雨に朝日があたって色が変わったと思われます
4雨に映る朝焼け

5:24 ウミウ24羽 水平線を東から西へ
5:48 アオサギ2羽 街中を西から東へ
5:52 チョウゲンボウ1羽 エリザベスサンダースホームの森前から平塚方向へ移動。
早朝の飛来がなかったのは、この個体を警戒していた?

6時台 257羽♂15♀13 幼鳥第1期5羽♂8羽♀6羽

6:01 60 旋回
6:14 27 旋回
6:23 イソヒヨドリ♀タイプが2羽追っかけあっていた
6:25 90 旋回
6:43 80 ♂15♀13 幼鳥第1期5♂8♀6 
幼鳥♀1羽が東テトラに突き刺さっている枯れ木の上に止まる。初確認。見た目は山の光景のよう?


7時台 68羽♂7♀15  幼鳥第1期2羽♂3羽♀3羽
(お泊り組と入れ替え時間?)

7:48 18 旋回
7:59 50 ♂7♀15 幼鳥第1期2♂3♀3


8時台 169羽♂5♀24 幼鳥第1期0羽♂1羽♀3羽

8:18 22 旋回
8:28 27 旋回
8:31 55 旋回
8:41 65 ♂5♀24 幼鳥♂1♀3



9時台 206羽♂6♀24 幼鳥第1期1羽♂1羽♀5羽

9:08 65 ♂3♀13 幼鳥第1期1♂1♀2
9:21  8 ♀4
9:31 43
9:44 80 旋回
9:53 ♂1
9:56  9 ♂2♀7 幼鳥♀3 



aobatonahibi at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年08月29日

8/29(月) 1時間虹がずっと出る! 照ヶ崎のアオバト

29照ヶ崎7時半の虹7時半の虹

29照ヶ崎7時最初の虹拡大 (2)最初の虹の拡大

29照ヶ崎アオバト磯におりたアオバト、この光景を見ることが非常に少なかった

29早朝の照ヶ崎早朝の照ヶ崎





夜明け前は小雨が降っており、前日の涼しさもあって、アオバトの飛来数は少ないはずだと考えていました。ただ、前日も95羽と非常に飛来が少なかったそうで、その反動で多くなる可能性も考えられました。

前者の予想があたり、5時台が飛来数0羽となりました。それでも0羽とは予想だにしませんでした。
朝からの小雨は8時過ぎまで降ったりやんだり。小雨降るにも関わらず、晴れ間が見える不思議な展開でした。そのせいか、7時〜8時の間、かなりの時間、こゆるぎの浜の沖から陸にかけて虹が出ていました。
虹は何度も見ていますが、このように長い時間虹が出ている光景ははじめてでした。


7時から8時の虹の記録(下にさらに詳細を書いています):
7:00〜7:10 最初の虹(早川方面に半分ほどの虹が出る)
7:13〜7:28 2回目の虹(虹が復活、7:18に綺麗に半円形に)
7:30〜7:40 3回目の虹(「7時半の虹」、しっかりと半円形、前の2つよりもやや照ヶ崎よりの位置にできる)
7:56〜8:10 4回目の虹(薄く、松林の上に少し出ている程度。海側にはあまり見えず、8:07に半円形に)


早朝浜辺を歩くドバトの群れの1羽に青い足環がついていました。数字が書いてあり、レースバトだったのでしょうか。


天気:曇り時々晴れ時々小雨 たまに虹
潮:干潮
波:1〜4m 時より台風の高いうねりあり
観察時間:5:08〜9:00(自分以外は10時まで観察)
観察者:こまたんメンバー2名

飛来回数(防波堤を越えた数):回
飛来羽数:126羽(31.5羽/h)
最大羽数:42羽(8:08) ⇒10時までだと64羽(9:58)
観察羽数:16羽(♂10羽) 
 ⇒数が少ない、磯におりないため参考記録
<幼鳥>第1期0羽・第2期♂1羽・第2期♀1羽:計2羽 
 ⇒数が少ない、磯におりないため参考記録


5時台 飛来なし
5:40 イソシギ1羽が磯へ。鳴きながら磯へ入るもうねりですぐにテトラポットのほうへ戻る


6時台 41羽♂5♀3 幼鳥♂1♀1
6:20 浜を歩くドバトの群れの1羽に青い足環がついていた。番号らしきものが書いてあるのを確認
6:24 24 ♂5♀3 幼鳥♂1♀1
6:36 17 旋回


7時台 1羽
7:52 1 旋回


8時台 84羽
8:02 13 1羽おりるが、12羽はおりず
8:08 42 旋回 最初の飛来が高く、警戒モード強め
8:37  5 
8:38 21 旋回
8:50  3 旋回

29照ヶ崎7時最初の虹 (3)

29照ヶ崎7時最初の虹 (2)

以下虹の記録

7:00 早川方面に虹が出る
7:10 虹がかなり薄くなる

7:13 虹が復活、位置は変わらず
7:18 虹が半円形状に
7:28 虹がかなり薄くなる 30分近く虹がずっと出ていたことに

7:29 やや近場に虹ができる。半円形状の綺麗な形
7:40 陸側から消えて行き、海側に残っていた虹が消える

7:56 こゆるぎの浜の上あたりに薄く虹が出る
8:07 虹が濃くなり、半円形状に
8:10 その後、虹は急に消えていった



aobatonahibi at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年08月15日

8/15(月) 200羽超えの群れが飛来! 照ヶ崎のアオバト

15磯におりるアオバト (1)磯におりるアオバト

15 200羽の一部200羽の群れの一部



5時少し前に到着。曇り空でうす暗い夜明け直後の5:04に10羽が初飛来。5:14に144羽、5:43に246羽と多くのお泊り組の飛来がありました。

小雨の降る曇り空で、その後の飛来は厳しいかと思っていましたが、8時以降に丹沢からの本隊が遅れて到着したのか100羽以上の群れが何度も何度も飛来し、途中数えるのが大変になることがしばしばでした。大きな群れが多かった理由の一つ田として、猛禽類への警戒のためか、すぐに磯におりないケースが多く、前の群れに後ろの群れが合流して群れがどんどん大きくなる状況がありました。台風からのうねりはまだ高くなく、カメラマンがそこまで多くなかった(10人いかないくらい)ため、警戒が磯におりなくなる一番の大きな理由と感じました。

アオバト以外では、
・ダイサギの20羽くらいの群れが2つ町の上空を東から西へ移動していました。
・6:30にチュウシャクシギが磯の上に止まり、あまり動かなかったためか、アオバトがすぐ近くによく止まっていました。
・キアシシギ2羽が8:03に磯に来ました。鳴き声だけはその時間前に確認していましたが、時間を書きそびれています。


幼鳥がたくさんくるようになってから初のカウントで幼鳥のカウントに少し戸惑いました。
今日は下りている時間が短く幼鳥の割合は高くないですが、群れの中には2羽以上ほぼいるような状態でした。


15 早朝の照ヶ崎早朝の照ヶ崎

15 9:59のアオバト9:59のアオバト


天気:曇り時々小雨
潮:満潮から干潮
波:0mから2m、低いながら台風のうねりあり
観察時間:4:30〜10:00
観察者:こまたんメンバー2名
飛来回数(防波堤を越えた数):38回
飛来羽数:3259羽(592.5羽/h)
最大羽数:280羽(9:14)
観察羽数:784羽(♂403羽:51%)
<幼鳥>第1期10羽・第2期♂11羽・第2期♀31羽:計52羽
(出現率6.6%)


4時台 飛来なし

5時台 659羽♂142♀34

5:04  10 ♂5♀2
5:09  19 ♂9♀2
5:12 144 ♂16♀3
5:15 20 ♂10♀3  幼鳥♀1
5:17 39 ♂17♀3
5:24 89 ♂25♀5  幼鳥♀1
5:30 12 ♂5♀1   幼鳥♀1
5:39 22 旋回
5:43 246 ♂29♀10 幼鳥第1期2
5:59  58 ♂25♀5 幼鳥第1期1


6時台 398羽♂111♀41

6:07 12 旋回
6:12  8 旋回
6:20 190 ♂37♀18 幼鳥♀2第1期3
6:27 40 ♂9♀2   幼鳥♀2
6:30 13 ♂10♀3 
6:30 チュウシャクシギ1羽、磯の上に
6:39 44 ♂29♀3   幼鳥♀1
6:42 35 ♂15♀8   幼鳥♀2
6:50 38 旋回
6:59 18 ♂11♀7   幼鳥♂1 チュウシャクシギの真横におりる。

チュウシャクシギは磯で動かないことが多く、アオバトが近くに止まることがその後も多かった


7時台 381羽♂73♀98

7:02 48 ♂22♀9   幼鳥♂1♀2第1期1
7:07 29 ♂8♀6    幼鳥♂1
7:12 18 ♂4♀8    幼鳥♀1
7:17 102 ♂6♀9   幼鳥♀1 後ろから来たアオバトに反応して戻る
7:28 82 ♂13♀18  幼鳥♀3
7:33 22 ♂4♀9    幼鳥♂1第1期1
7:41 23 ♂2♀11   幼鳥♀1第1期1
7:43 17 ♂5♀11   幼鳥♂1♀1
7:52 22 ♂9♀6    幼鳥♂1♀1
7:57 ♀5
7:59 13 ♀6


8時台 630羽♂40♀87

8:03 キアシシギ2羽 早朝にもいたと思われる。声だけ確認
8:07 ドバトが照ヶ崎プールで集団水浴び
8:08 120 ♂1♀3
8:17 60 旋回
8:20 小雨が降りだす
8:25 84
8:32 68 ♂8♀15 幼鳥♂1♀3
8:40 210 ♂25♀43 幼鳥♂3♀1 〜8:49頃まで群れがぐるぐるまわる
8:50 37 ♂4♀12
8:55 61 ♂2♀14 幼鳥♀1


9時台 1191羽♂37♀121

9:01 52 ♂5♀15 幼鳥♀2
9:10 208 ♂9♀23 幼鳥♂1♀3第1期1
9:14 280 ほとんどおりず
9:21  98
9:27 18 旋回
9:31 200 ♂10♀42 幼鳥♀1
9:38 105 ♂8♀25
9:47 106 旋回
9:48  2 小雨落ち着く
9:50  6 ♂1♀5
9:55 120


aobatonahibi at 20:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年08月08日

8/8(月) 台風による高波、強風 照ヶ崎のアオバト

IMG_20160808_044807早朝の照ヶ崎

IMG_20160808_061958200羽の群れと磯

赤富士とアオバト赤富士とアオバト

富士山とアオバトの群れ富士とアオバトの群れ

今朝は夜明け前に到着。すでに西湘バイパスは通行止めとなっていました。
堤防に上がってみると、台風の影響で高波が打ち寄せていました。いつも通行止めにする時よりも波が弱い感じでしたが、今後を踏まえての早めの対処でしょうか。

アオバトも高波の影響で磯におりることがままならず、♂♀幼鳥のカウントもあまりできませんでした。
高波で降りれないことはアオバトに取っては高波に呑まれる危険が減るという点では利点になります。
それでも、5羽のアオバトが高波に呑まれてしまいました。♂3羽は助かりましたが、残りの2羽は落鳥となりました。

強風の影響か富士山がくっきり見えました。日が昇ると赤富士となりました。このところ、富士山がくっきり見えることが多い気がします。

磯におりれずしびれを切らしたアオバトが浜辺におりるシーンが2回ありました。また、アオバト以外では、ダイサギとチュウサギの群れが3〜4回ほど西の海上から飛来し、東に飛んでいきました。強風で飛ぶルートが違っているのかもしれません。7:26には久しぶりにイソヒヨドリを見ました。繁殖が終わって戻ってきたのでしょうか。


夜明け前から通行止め夜明け前から通行止めの西湘バイパス。

_MG_8643浜辺におりたアオバト

_MG_8641浜辺におりたら歩く

_MG_8648波が来たので飛ぶ



天気:晴れ時々曇り
潮:満潮から干潮
波:2mから5m
観察時間:4:45〜10:00
観察者:こまたんメンバー他
飛来回数(防波堤を越えた数):回
飛来羽数:1518羽(379.5羽/h、公式カウントと違うのはご愛敬)
最大羽数:220羽(6:20)
観察羽数:299羽(♂192羽♀107羽:♂比率64.2%)
<幼鳥>第1期0羽・第2期♂0羽・第2期♀1羽:計1羽(出現率0.33%)


4時台 51羽
4:56  9
4:59 42 旋回


5時台 396羽♂90♀48
5:03 15 旋回
5:07  7 旋回
5:15 122 ♂34♀24
5:30 60
5:36 32 ♀1
5:45 160 ♂56♀23


ここまでが公式記録、以下、参考カウント

6時台 382羽 ♂25♀10
6:12 22 ♂5♀2
6:20 220 ♂19♀7 幼鳥♀1
6:30  6 ♂1
6:40 80
6:52 42 旋回
6:58 12 旋回

7時台 382羽♂62♀29
7:04 60 ♂19♀11 
7:12 1羽犠牲に
7:15 44
7:23 32 旋回
7:26 イソヒヨドリ♀タイプ2羽
7:30 65 ♂29♀18
7:49 38 旋回
7:55 120 ♂4
7:59 23 旋回

8時台 207羽♂6♀11
8:01 80 旋回
8:06 40
8:10 13
8:19 30 ♂2♀10
8:23 24 ♂2助かる
8:30  2 ♂1♀1 いきなり浜辺におりる
8:35 18 ♂1


9時台 100羽 ♂9♀3
9:04  6 旋回
9:18 10 旋回
9:25 11
9:30 22 ♂9♀3
9:36 ハヤブサが現れる。狩りする気なし
9:40 15 旋回
9:45 35 旋回
9:53 ♂1 旋回

aobatonahibi at 14:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年07月30日

7/30(土) 猛暑!照ヶ崎のアオバト

_MG_8618快晴でよく見える富士山

_MG_8621

_MG_8627

_MG_8623



今朝は早朝夜明け前から快晴の天気でした。
西は富士山に箱根の山、東は日の出が見れる快晴でした。
このような日は夏ではなかなかないと思われます。

アオバトも夜明け前の4:42から飛来。4:50には208羽のアオバトが来てくれました。
その後も順調に飛来。特に早朝は相当の数が来ていました。また久しぶりの数で数えるのも大変でした。
幼鳥が14羽、のど赤アオバトも♂2羽♀1羽を見かけました。

また、珍しくクロサギが5羽磯へ寄ってくれました。
_MG_8631磯に立ち寄ったクロサギ

浜辺におりたアオバトも見られました
_MG_8630

_MG_8629

_MG_8628



天気:快晴
潮:干潮
波:なぎ
観察時間:4:30〜9:50
観察者:こまたんメンバー他
飛来回数(防波堤を越えた数):54回
飛来羽数:2304羽(418.9羽/h)
最大羽数:208羽(4:50)
観察羽数:759羽(♂298羽♀461羽:♂比率39.26%)
<幼鳥>第1期3羽・第2期♂6羽・第2期♀5羽:計14羽(出現率1.84%)


4時台 632羽♂100♀96
4:42  86 ♂23♀22
4:48  58 ♂15♀13
4:50 208 ♂32♀33
4:55   6 ♂3♀3
4:59 274 ♂27♀25


5時台 390羽♂77♀76 幼鳥♂2♀2 のど赤♂2
5:08  21 ♂5♀4
5:14 110  ♂10♀16
5:22  49 ♂15♀15 幼鳥♂1
5:29  75 ♂15♀15
5:33  11 ♂3♀1
5:37  45 ♂8♀6 幼鳥♂1♀1
5:44  38 ♂10♀9 のど赤♂1
5:49  14 ♂3♀2
5:56  27 ♂8♀8 幼鳥♀1 のど赤♂1

6時台以降はセカンドカウントです


6時台 271羽♂34♀48 幼鳥♂2♀2第1期1
6:01  3 ♂2♀1 浜へ下りる
6:04 15 ♂4♀7
6:11 34 ♂2♀5 1羽海面に浮いた状態に
6:18 ♀3
6:21 43 ♂6♀23
6:27 18 ♂5♀5 幼鳥♂1
6:33 23
6:40 14 ♂3♀7

6:44 クロサギが5羽飛来

6:46 30 ♂8♀10 幼鳥♂1
6:50 40 ♂4♀9
6:55 20      幼鳥♀1
6:58 28 幼鳥第1期1♀1


7時台 350羽♂49♀72 幼鳥♂1第1期1 のど赤♂2♀1
7:09 60 ♂4♀13
7:15 38 ♂4♀6 のど赤♂1
7:19 21
7:22 17 ♂2♀4 幼鳥♂1
7:24 15
7:27 44 ♂2♀9
7:42 50 ♂9♀16 幼鳥第1期1 のど赤♂1
7:51 16 ♀7
7:55 42 ♂3♀17 のど赤♀1
7:59 47 ハシボソガラスを警戒


8時台 467羽♂18♀95 幼鳥♂1
8:06 70 ♂4♀21
8:11 30 ♂1♀4
8:18 74 ♂5♀29 幼鳥♂1
8:20 50 旋回
8:25 ドバトが♀1をずっと追いかけて森から磯へ。戻るのも一緒。求愛行動??
8:28 11 旋回 尾羽が落ちかかっている♀1羽
8:33 44 ♂4♀32
8:40 44 ♂2♀4
8:43 32 ♂1♀1
8:50 22 ♂1♀3
8:55 90 ドバト1羽混ざる、尾羽が落ちかかっている♀1羽(8:28と同じ)


9時台 194羽♂20♀74 幼鳥♀1第1期1
9:00 65 ♂4♀23
9:17 11 
9:20 35 ♂9♀17
9:26 メダイチドリ若鳥1羽
9:33  8 ♂1♀3
9:38 12 ♂2♀9
9:39  6 ♂1♀4 幼鳥第1期1
9:41 38 ♂1♀4 幼鳥♀1
9:46 19 ♂2♀14

aobatonahibi at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年07月18日

3週間ぶり! 7/18(月) 照ヶ崎のアオバト

18アオバトの群れアオバトの群れ

IMG_20160718_044555朝の照ヶ崎

3週間ぶりの照ヶ崎でした。夜明け前に堤防に着きました。6月の一番夜明けの早い時期が過ぎ、10分ほど遅くなっているため、気持ちだけは少し楽にになります。

さて、アオバトの初飛来は4:41の15羽。ほぼ夜明け時間の予定通りです。昨日は1000羽超えとアオバトの数が戻ってきていましたが、今朝も霧のないうす曇りでしたが、早朝からアオバトは少なめでした。前日と違い、アオバトが来る頻度は多くありませんでした。また、早朝の♂の比率は5割少しと低かったものの、その後も極端に♀が多いということはなく、遅い時間になっても♂の多い群れがちょくちょくと見られました。


特徴のあるアオバト:

・喉赤アオバトは4羽見られました。
5:35の♂の喉赤アオバトはクチバシの先も赤くなっており、6:23の♀の喉赤アオバトはやや側面?寄りの喉の部分が赤くなっていました。

・幼鳥が飛来!
土曜に初飛来となった幼鳥は2回目の飛来がありました。
9:15の15羽の群れの中にクチバシがピンク色の♀タイプが1羽。9:20の9羽の群れの中に第1期タイプが1羽でした。

・頭頂部が白いアオバト
5:01には頭頂部が色が抜けて白くなっている♀のアオバト1羽が現れましたが、残念ながらその後は現れませんでした。



天気:曇りのち晴れ
潮:満潮から干潮
波:なぎ
観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー他
飛来回数(防波堤を越えた数):52回
飛来羽数:770羽(128.3羽/h)
最大羽数:95羽(7:54)
観察羽数:464羽(♂203羽:40%)
<幼鳥>第1期1羽・第2期♂0羽・第2期♀1羽:計2羽(出現率0.4%)





4時台 97羽♂41♀34

4:41 15 ♂3♀8
4:45 22 ♂13♀6
4:46 イソシギ1羽 磯の上に。声も聞こえる
4:51 60 ♂25♀20


5時台 126羽♂49♀38

5:01  7 ♂2♀5 頭頂部白い♀1
5:05 10羽くらいのアオバトの群れ、エリザベスサンダースホームの森から上へ飛びだし、そのまま山の方向へ。紅葉山の裏を通っていったようです
5:22 47 ♂19♀5
5:35  5 ♂1♀4 喉赤♂1、くちばし先端も赤い
5:41  2 ♂1♀1
5:43 ♀4
5:52 59 ♂25♀18
5:59  2 ♂1♀1 尾羽を振る行動、求愛行動?


6時台 116羽♂29♀41

6:01  3 ♂1♀2
6:12 ♀1
6:23 13 ♂3♀7
6:26  6 ♂2♀3
6:30 12 ♂4♀6
6:32  2 ♂1♀1
6:35 ♀1
6:40  5 ♂1♀1
6:43 63 ♂17♀19
6:52 10 旋回


7時台 187羽♂33♀92

7:06  7 旋回
7:12 13 旋回
7:33 51 ♂9♀17 飛来高い。おどおどしている様子あり。
7:41 13 ♂5♀6
7:54 95 ♂18♀63
7:57  8 ♂1♀6


8時台 105羽♂20♀32

8:03 26 旋回
8:07  2 ♂1♀1
8:17 12 ♂1♀1
8:23 31 ♂6♀16
8:35 ♀1
8:51 22 ♂9♀7
8:54 11 ♂3♀6


9時台 139羽♂14♀41

9:01 17 ♂4♀6
9:04 16 ♂3♀8
9:07 28 喉赤♂1
9:15 11 ♂2♀5  幼鳥♀1羽
9:20  9      幼鳥。臼
9:26 32 ♂3♀12
9:45  9 ♂3♀5
9:50 13 旋回
9:59  4 ♂1♀3
9:59  4 ♂1♀3

aobatonahibi at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年06月27日

6/27(月) 照ヶ崎のアオバト&朝焼け

27富士山とアオバト富士山とアオバト

27磯上のアオバト磯におりたアオバト

27磯上の群れ (1)アオバトの群れ



早朝のアオバトの初飛来は4:32の28羽で、喉赤の♂が1羽いました。次の4:43の群れは最大の100羽でした。朝一あたりはいつもどおりかなと思いましたが、複数の大きな群れが乱舞するような様子はなく、お泊り組のアオバトたちが何度か来ている印象でした。その後も大きな群れが来ることはほとんどなく。50羽くらいまでの群れが何回も来ていました。昨日は最大が300羽超えと非常に大きな群れが来ていましたが、その反動なのでしょうか。また、相変わらず、空の高い

月曜でしたが、カメラマンを含めた訪問客が非常に多く、海岸にはカメラマンが40人以上並ぶ時間もありました。アオバトを見に来た人を合計すると100名以上の訪問者が今朝の照ヶ崎に来ていたと思われます。



早朝から空気が澄んでいて気持ちのいい朝でした。
今朝はアオバトよりも空の景色でした。澄んだ空気に独特の空の顔をお楽しみください。

27油絵の朝焼け油絵のような朝焼け

27飛行機雲ひこうき雲

27下弦の月下弦の月



天気:晴れ時々くもり
潮:満潮から干潮
波:なぎから2m
観察時間:4:20〜10:00(実際には10:20まで)
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):回
飛来羽数:1022羽(185.8羽/h)
最大羽数:100羽(4:43)
観察羽数:348羽(♂128羽:37.6%) ♀220
幼鳥:0羽


4時台 188羽♂42♀48

4:32  28 ♂4♀6 喉赤♂1
4:43  100 ♂22♀23 喉赤♂1
4:58  60 ♂16♀19


5時台 159羽♂15♀31

5:04  カルガモ1 西から東へ プールによくいる個体?
5:10 16 東テトラに少しおりただけで森へ戻る
5:29 60 ♂1♀2
5:36  4
5:41 アマサギ&ダイサギの群れ 西から東へ
5:46 10 ♂1♀9
5:51 34 ♂3♀7
5:58 35 ♂10♀13

27磯上のアオバト (2)

以下、セカンドカウント(参考カウント)

6時台 230羽♂24♀26

6:06 2
6:11 43 ♂8♀10
6:16 38 旋回
6:22 36 ♂5♀6 喉赤♂1
6:30 14 喉赤♂1
6:36 37 ♂3♀5
6:42 喉赤♂1 うすくオレンジ色(6:36の群れ)
6:45  4  ♀1
6:47 14
6:54 15 ♂3♀1
6:59 27 ♂4♀3


7時台 234羽♂17♀38

7:03 54 ♂2♀1
7:08 19 ♂4♀12
7:22  6 ♂3♀2
7:30 70 喉赤♀1
7:35 35 ♂2♀13

この段階でカメラマン40人以上が浜に並ぶ、訪問者は50人を超える
27カメラマン40人

7:45  6 ♂2♀2
7:51 14 ♂4♀7 東テトラから磯へ
7:58 30 旋回


8時台 162羽♂28♀55
 
8:04 38 ♂8♀9 喉赤♂1
8:06 15 ♂3♀7
8:13 ♂2
8:18 44 ♂4♀14
8:23  2 旋回
8:30  5 ♂3♀2
8:31 18 
8:48 38 ♂8♀12 ムクドリ幼鳥が一緒に磯の上にいる
8:52 13 ♂2♀11


9時台 49羽♂13♀22

9:08 ヒメアマツバメ1
9:23  2 ♂1♀1
9:27  6 ♀2
9:32 28 ♂8♀13
9:38  6 ♂2♀2
9:48  3 ♂1♀1
9:57  4 ♂1♀3


10時台(参考) 飛来なし

27磯遊び

aobatonahibi at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年06月22日

6/22(水) 照ヶ崎のアオバト

22飛びアオバト飛びアオバト

早朝は雨の気配はあまりなく、うっすら満月も見えていて、少しだけ青空も見えていました。
今朝の初飛来は4:36の42羽で、4:55の66羽が10時までの最大の群れでした。

群れの中の♀の比率が早朝にしては高く、♂:♀が50:50くらいの印象でした(カウントも♂比率54%)。
お泊り組も昨日の雨の影響を受けていたのかもしれません。飛来数もそこまで多くなく、その状況で今朝の見通しの悪い天気と霧雨では少なくなりますね。この天気は幸いにも、照ヶ崎は涼しく快適に観察ができました。

7時前から水曜日に探鳥会を行っているすいたんの皆さんが照ヶ崎に来ました。
いつになくにぎやかな雨の日の照ヶ崎となりました。

22霧雨をしのぐ雨が強くなったため、堤防軒下でしのぎました。

22高い位置に飛ぶアオバト高い位置を飛ぶアオバト。警戒心が強いせいか、高い位置で照ヶ崎に来るアオバトが多かったです


天気:曇り時々霧雨、小雨
潮:満潮から干潮
波:べたなぎから1m
観察時間:4:26〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):25回
飛来羽数:480羽(85.7羽/h)
最大羽数:66羽(4:55)
観察羽数:288羽(♂134羽:46.5%)
幼鳥:0羽


4時台 108羽♂47♀33
4:35 ゴイサギ2羽 先頭ホシゴイ、後ろ成鳥。港上空をふらついた後、北方向へ
4:36 42 ♂22♀14
4:46 ツバメ14羽が東テトラ付近を飛びまわる
4:55 66 ♂25♀19


5時台 132羽♂32♀33
5:04 28 ♂6♀8 東テトラ側から海へ入り、テトラにおりたあと磯へ
5:14 14 旋回 高く入り、降りる気配なし
5:21 25 ♂6♀5 東テトラに下りてから磯へ
5:30 13 
5:35  5 ♂2♀3 
5:36 ウミウSP12羽が沖の海面すれすれを一列で東から西へ
5:45 20 ♂5♀5
5:48  6 ♂2♀4
5:50 21 ♂11♀8


ここからはセカンドカウント(公式カウント数)ではありませんので参考までに。

6時台 68羽♂24♀9
6:06 イワツバメが3羽プールあたりを飛び交う
    ドバト1羽が水飲み場のプール銀傘に待ち伏せてひたすら求愛行動
6:16 13 ♂8♀5
6:19 14 ♂10♀2
6:42 ♀4
6:56  7 
6:59 30 ♂6♀2


7時台 58羽♂9♀9
7:02  2
7:20 12 ♂7♀5
7:35  4 ♂2♀2
7:44 ♀2 もう一度おりる7:45
7:47 コアジサシ1 磯の近くで飛びこむ
7:57  3 旋回
7:59 35 旋回


8時台 62羽♂8♀37
8:04 2 ♂1♀1
8:27 1
8:38 6 ♂1♀4
8:42 53 ♂6♀32
雨が強くなる


9時台 52羽♂14♀33
9:15 10 ♂3♀5
9:28 10 ♂2♀8 
9:42 23 ♂6♀14 
9:48  9 ♂3♀6

aobatonahibi at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年06月11日

6/11(土)照ヶ崎のアオバト カウント詳細は参考記録に

11朝焼け朝焼け


11雪をかぶった富士山雪をかぶった富士山

プールのかわせみ照ヶ崎にプールにいたカワセミ

先週は雨のため、アオバト観察はお休み。月曜の予定でしたが、こちらも雨になりそうということで体調不良を押して、行って来ました。そのせいもあって、途中からのカウント(セカンドカウントですが)がままならず。詳細のほうが参考とさせてください。

早朝から群れの飛来はあるのですが、100羽を超えるような群れは少なく。猛禽類がいるのか、高く飛んで入ったまま下りないケースが多かったです。照ヶ崎プールにカワセミがいました。自転車のブレーキ音のような声で鳴いていました。

富士山の山頂に雪が残っているのが見えました。早朝の短い時間だけ見えていました。



天気:晴れ
潮:満潮から干潮
波:べたなぎから1m、時よりうねり
観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):59回
飛来羽数:1685羽(193.7羽/h)
最大羽数:112羽(6:47)
観察羽数:680羽(♂293羽:43%)
幼鳥:0羽


4時台 97羽♂45♀21

4:22   8 ♂5♀3 一番右の個体の喉が少し赤い?
4:28   5 旋回 東テトラにおりかける
4:32  47 ♂20♀7
4:41  16 ♂11♀6
4:48  21 ♂9♀5


5時台 258羽♂46♀29

5:06  66 ♂17♀3
5:10  33 ♂19♀12
5:13  32 旋回
5:16  26 旋回
5:29  56
5:33   7 
5:37   8 ♂7♀1
5:41  5 
5:53  25 ♂3♀13

<<これ以降参考記録>>
6時台 156♂13♀9

6:00  48 
6:25   6 旋回
6:48 112 ♂13♀9

7時台 185羽 ♂10♀19

7:02   5 旋回
7:06  43 ♂9♀9
7:09  55 旋回
7:15   8 旋回
7:24  35 
7:34  39 ♂1♀10

以降8:20まで記録をきちんと取れず


8時台 198羽♂6♀42

8:20  86 ♂3♀16
8:23   9 旋回
8:29  70 旋回 ドバト2羽に釣られて入ってきて、途中でばらける
8:33  13 ♂2♀11
8:37   9 ♂1♀5
8:44  10 旋回
8:56   1 旋回


9時台 144羽♂5♀10
9:05  16 旋回
9:10  47 ♂5♀10
9:15   51 
9:46 40羽の群れが東テトラにおりる
9:48   30 旋回

aobatonahibi at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト 

2016年05月29日

5/29(日) 照ヶ崎のアオバト(2016年初アオバト観察会)

29照ヶ崎早朝日の出

2016年初となるアオバト観察会の朝のアオバト飛来記録です。
アオバトの初飛来は夜明け時間より少し遅い4:34の126羽でした。
その後、5:11の今朝最大の211羽が来る間、エリザベスサンダースホームの森を見ると数えられる範囲で20羽以上のアオバトたちが木になっていました。まさしくアオバトのなる木といった感じでした。

211羽の群れが来た後のアオバトのなる数は少なくなり、それに合わせるかのように飛来数も少し少なくなりました。7時以降に大きな群れが来るぞ来るぞと期待しておりましたが、そこまで大きな群れが見られず。それでも50羽を超える群れも何度も来ましたので、良かったです。



天気:晴れ
潮:干潮から満潮
波:べたなぎから1m
観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー(観察会参加された方全員)
飛来回数(防波堤を越えた数):49回
飛来羽数:1162羽(193.7羽/h)
最大羽数:211羽(5:11)
観察羽数:395羽(♂189羽:48%)
幼鳥:0羽


4時台 245羽♂67♀28

4:34 126 ♂40♀13
4:45 アマサギ1、ダイサギ5 西から東へ
4:50 13 ♂5♀3
4:59 106 ♂22♀12


5時台 277羽♂56♀19

5:07  2 ♂1♀1
5:10 キジバト1羽 東テトラ側の堤防を超えて海へ。珍しい光景
5:11 211 尾羽なしで下尾筒のみになっているアオバト♂1。尾っぽが白いように見える
5:17  2 ♂1♀1  5:07と同じ??
5:25 アオサギ1 北西から南東へ プール上空
5:41  9 ♂5♀1
5:52  2 ♂1♀1
5:58 51 ♂23♀7


6時台 123羽♂35♀39

6:00〜6:30 ごみ拾い時間
6:30 55 ♂12♀4
6:40 10 ♂1♀5
6:56 30 ♂10♀6
6:58 28 ♂3♀18


7時台 199羽♂5♀32

7:14 60 ♂4♀16
7:23 ツバメ1羽 白い蝶を追いかけて捕らえようとする
7:27 39 ♂1♀16
7:37 55 旋回
7:47 45 旋回


8時台 207羽♂22♀73

8:06 75 ♂4♀26
8:23 40 ♂8♀1
8:26 38 ♂2♀10
8:52 46 ♂8♀31
8:59  8 ♀5


9時台 111羽♂4♀15

9:05  5
9:13 32 旋回
9:16  8
9:22 15 ♂2♀8 弱って海面に浮いていたハシボソミズナギドリが磯に上陸。その後、寝ている姿勢のまま動けないよう
9:28  8
9:35 13 旋回
9:51  9 ♂2♀7
9:55 21



aobatonahibi at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング