2017年10月25日

10月25日(水) 冷たい秋雨の照ヶ崎


25削られた浜辺高波に削られた浜辺

25台風高波で壊れた柵高波で壊れた柵

25照ヶ崎プールに海水が溜まる照ヶ崎プールに海水が溜まる


6時過ぎから照ヶ崎へ行きました。
堤防の上は強い東風で寒く、雨が背中にあたる状況では堤防にも浜にも誰もいませんでした。

こんな天気でしたが、アオバトは6:47に22羽が初飛来。ハヤブサが現れてばかりで、結局磯におりるアオバトはいませんでした。雨が強くなった9時に引き上げるまでに6回と少ない飛来でしたが、70羽の群れがまとまってきていましたので、本当は海水を飲みたかったのではないでしょうか。

日月曜の台風の高波の影響で照ヶ崎プールの柵や堤防上からやや下った公園横の柵が壊れていました。高波が砂や泥、ごみを運び、プール、公園が泥だらけとなっていました。大磯港の駐車場もそのような状態だったそうですが、すでに掃除が完了し、端っこに寄せられて駐車場営業は再開していました。西湘バイパスもこの日の朝の8時半ころにバリケードがなくなり、通行が再開していました。


天気:曇り
観察時間:6:15〜9:00
飛来回数(防波堤を越えた数):6回
飛来羽数:210羽(76.4羽/h)
最大羽数:70羽(7:25)
観察羽数:磯に降りず
幼鳥:飛来なし



6時台  22羽

6:47 22 旋回  ハヤブサがアタック


7時台 110羽

7:15 アジサシ7羽が西から東へ。東テトラから港へ。
     アジサシの周囲にユリカモメが3羽いる
     コサギ1羽 東から西へ
7:16 40 旋回
7:20 ウsp2羽 町上空を西へ
7:22 キジバト3羽 浜辺から港へ。珍しい
7:25 70 旋回 ハヤブサ2回目
7:50 イソヒヨドリ若♂1 プール上照明あたりをうろうろ
     キジバト1 プール上空通過
     ハクセキレイ2 駐車場うろつく


8時台  78羽

8:00 47 旋回 ハヤブサ3回目
8:35  4 旋回
8:37 ミサゴ1羽 強い東風にあおられて登場。海に飛び込むなどの行動なく、いなくなる
8:59 27 旋回 ハヤブサ4回目


aobatonahibi at 18:26|PermalinkComments(1)アオバト | バードウォッチング

2017年10月08日

10月8日(日)の大磯照ヶ崎のアオバト

8晴れ間に映えるアオバト晴れ間に映えるアオバト

8 300羽のアオバト300羽のアオバト

北海道から帰ってきて初のアオバト観察となりました。
北海道各所の海水吸飲地の観察も大磯照ヶ崎での観察の積み重ねがあってこそと改めて感じました。
このところ、体調がよくなく、マメにはできませんが、引きつづき行っていきます。

昨日と変わって朝から晴れ間の見える天気で、夜明けすぎからカメラマン含め10人くらいの人が照ヶ崎にいました。一昨日から昨日の雨で来れなかっこともあってか、朝からたくさんのアオバトが来ました。満潮と低気圧のうねりも重なり、磯におりる場所が少ない+降りる時間が短いことも飛来の多さの一因になっていたのかもしれません。

5:52、7:14にともに群れの後ろからしれっと近づき、あっさりとアオバトを捕まえたのにはびっくりしました。ハヤブサが暴れまわる時間が少なかったこともあり、9時までは落ち着いて飛来できていましたが、9時前にまた登場し、9時以降はハヤブサがいるせいもあり、ぐっと少なくなりました。

今日のハイライトは6:45の90羽の群れの中に、10〜20羽ほどのヒヨドリが紛れ込み、一緒に磯の上まで来たところでした。渡りのヒヨドリが飛ぶときによく聞こえる鳴き声を出しながら、磯におりないアオバトたちと一緒に、磯上を旋回していました。さすがに、磯にはおりませんでしたが、最後までアオバトたちと一緒に群れの中にいてエリザベスサンダースホームの森まで帰っていきました。

17アオバト群れに紛れ込んだヒヨドリ

17アオバト群れに紛れ込んだヒヨドリ (3)

17アオバト群れに紛れ込んだヒヨドリ (2)
アオバト群れに紛れ込んだヒヨドリたち。



天気:曇りのち晴れ
観察時間:5:30〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):36回
飛来羽数:1844羽(404.4羽/h)
最大羽数:300羽(5:50、6:07)
観察羽数:357羽(♂112羽・20%)
<幼鳥>第1期1羽・第2期♂10羽・第2期♀12羽:計24羽(出現率6.7%)
初飛来:8羽♂1♀5幼鳥♀1(5:38)


5時台 634羽♂1♀5 幼鳥♀1

5:38 8 ♂1♀5 幼鳥♀1
5:39 71
5:40 日の出
5:45 150 旋回
5:50 300
5:52 ハヤブサが群れの後ろから、1羽を捕らえる
5:56  43 旋回
5:59  62 旋回

満潮+大潮+うねり+ハヤブサで数は繰るも降りる場所がない状態。
東テトラから磯へ行く組多数、飛来してからすべてが帰るまで時間のかかる乱舞の状態


6時台 683羽♂66♀134 幼鳥♂4♀3第1期1

6:07 300 ♂21♀61 幼鳥♂1第1期1
6:15 164 ♂13♀34 幼鳥♂1♀1
6:28  31 ♂4♀4   幼鳥♂1 東テトラから磯へおりる
6:33  42 ♂6♀6   幼鳥♂1
6:37  36 ♂7♀14
6:45  90 ♂15♀15 幼鳥♀2 
ヒヨドリ10から20羽の群れがアオバトの群れに混ざって一緒に磯まで飛来。磯にはおりず、磯におりないアオバトの群れと一緒に行動。最後までアオバトと一緒にいて、エリザベスサンダースホームの森まで戻る。

6:47  5羽ハクセキレイが西方向へ。渡りなのか。
6:51  15 東テトラおりる ハヤブサ2回目。
6:59   5 旋回


7時台 227羽♂31♀67 幼鳥♂4♀4

7:00頃 ボラがたくさん跳ねる
7:12  17 ♂7♀10 幼鳥♂1♀1
7:14  60 ♂7♀20 幼鳥♂3♀1
7:24  36 ♂7♀17 幼鳥♀1
7:25   4 ♂1
7:30  12 ♂4♀5
7:37  ♀3
7:46  36 ♂6♀10 幼鳥♀1
7:48  50 
7:58   7 ♀1


8時台 236羽♂11♀27 幼鳥♂2♀5

8:03  18 旋回
8:05  25 旋回
8:10  82 ♂7♀20 幼鳥♀2
8:20   6 ♂3♀3  幼鳥♂2
8:23  18 ♀2
8:28  22 旋回
8:33  ハヤブサが東から西へ移動するだけ
8:38  ハヤブサが街中上空を旋回して上昇
8:47  65 ♂1♀4 幼鳥♀1 ハヤブサ4回目


9時台  64羽 ♂3♀12

9:10  7 ♂1♀1
9:25 16 旋回
9:26 ミサゴ1 西から東へ。魚を捕る様子なし。
9:33 28 ♂2♀10
9:56 12 旋回



アオバト以外:
6:47 ハクセキレイ5羽が海の上を西方向へ。渡りなのか。
7:00頃 多くのボラが水面を跳ねる。小野さんが跳ねたボラの写真を撮っていました
9:26 ミサゴ1羽が西から東へ。魚を取る様子はなく。

5:52 ハヤブサ1回目 群れの後ろからすっと行って捕まえる
6:51 ハヤブサ2回目 別の個体か。つっこむも捕る様子なし
7:14 ハヤブサ3回目 群れの後ろから行って捕まえる。
8:33 ハヤブサ4回目 アオバトのいないときに東から西へゆったりと移動
8:38 ハヤブサがエリザベスサンダースホームの森の上空から町中を旋回して、上昇気流を受けながらあがっている

aobatonahibi at 21:51|PermalinkComments(2)アオバト | バードウォッチング

2017年09月29日

白糠町のアオバトと長節湖で目撃


海岸から見た山側
海岸から見た山側

海岸から見たテトラポットと沖の磯海岸から見たテトラポットと沖の磯



日高のアオバト記事が無事終了し、アオバトとしては一番のメインとなる白糠町のアオバトです。
訪問翌週にNHK総合の「さわやか自然百景」で放送されるとは夢にも思いませんでした。

日高の前日の9月16日(土)は池田町のライダーハウスから出発。この時点でかなりの濃い霧で、見えないことを覚悟しつつ移動していましたが、幸いにも霧は晴れてくれました。

白糠町刺牛海岸に着いたのは6:20頃。車で走っていたすぐにわかるほどの数が来ていました。100羽を超える群れが何度も何度も来ていました。ただ、照ヶ崎のように降りやすい磯はなく、沖にある岩が一つあるのみ。降りれない、警戒しているアオバトたちは岸よりのテトラポットに止まっていました。一部の個体はテトラポットから浜におりて海水吸飲をしているのかもしれません。

海岸前のテトラポットに止まるアオバト海岸前のテトラポットに止まるアオバト



さわやか自然百景にも登場したオジロワシは海岸から見える位置に止まっていましたが、動くことはありませんでした。土曜でしたが、カメラマンなどはおらず。双眼鏡を持った地元の漁師らしきおじさんが一人いただけでした。観察はまったりと2時間ほど見ていました。磯が1つだけのせいもあって、海水吸飲のためにおりるアオバトの数は相当少ないようで、群れの数が多くなるのもこのあたりの要因があるのかもしれません。

沖の磯で海水吸飲沖の磯で海水吸飲

海岸沿いの住宅横を抜けるアオバト海岸沿いの住宅横を抜けるアオバト


アオバトがいないタイミングで下の浜辺におりてみました。双眼鏡を持ったおじさん曰く、テトラポットの隙間から撮影をしている人がいるとのこと。

アオバトのいない太イングでテトラポット下へ



最後に、同じ日、帯広のばんえい競馬へ向かいつつ十勝平野の太平洋側を走り、長節湖というところの海岸沿いの一番西側にある売店横のトイレに寄ったところ、偶然アオバトの群れを目撃。昼前の11:40頃と数少ない時間だっただけに驚きました。長節湖と海がつながっている部分の西側。人が簡単に入れない側の崖あたりを30羽くらいの群れがぐるっとまわっていました。


aobatonahibi at 23:10|PermalinkComments(0)アオバト 

浦河〜静内〜日高のアオバト

9月15日〜18日にかけて、北海道へ行ってきました。
9月17日(日)は牧場見学の移動を兼ねつつ、浦河町から日高町にかけて海岸沿いの国道236号線を走って海に向かうアオバトを確認してきました。北海道庁のホームページ(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/sizenhome/100p/tai20p.htm)に掲載されているので、アオバトが来る場所はあると思っていましたが、6か所ものアオバト飛来場所を確認できました。




1)浦河町月寒地区東側
5:30  浦河月寒の東よりで海へ向かうアオバト確認
5:45 一度浦幌方面から戻り、再度確認、人いるとおりないが、アオバトは来ているよう。
10羽ほどの群れでさほど大きい群れではない感じ。しばらく待ったが、アオバト来なくなったため引き上げ 
s_浦河町月寒山の上のアオバト月寒地区山の上のアオバト

_MG_0247
海沿いの国道に山が迫っていました





2)浦河町自動車販売店海岸 
6:10  浦河町西外れのトヨタ販売店沖のテトラポットにおりている。30から40羽ほどの群れが割とひっきりなしに来ている
6:18 ハヤブサが一直線にテトラポットあたりへ。そのせいでアオバトの飛来が少なくなる。
6:30頃までいたが、アオバトはちらほらとしか来なくなる

浦河町2ノテトラポット

この日は浦河町で宿泊。少し襟裳方面へ戻ってみると早速アオバトの姿を発見。その後、静内方面へ向かってまた発見。2のポイントでは結構な数が頻繁に来ていました。

 



3)道の駅みついしあと2km看板あたり
7:00頃 道の駅みついしまで2km看板のあたりにアオバトが国道横の山から海の方へ。浜辺におりているのだろうか。詳しくは見れず。

道の駅みついし2km看板の後ろに飛ぶアオバト




4)三石鳧舞漁港西
7:24 三石鳧舞港の西、海岸におりて海水飲む。最大80羽くらい。車に近い高さで国道を横切ることも。海と国道の間にある出っ張りのような山に一度止まるシーンがしばしば。
7:30 人のいない浜辺の波打ち際で海水飲むのを確認

浜辺で海水吸飲を見ることができました。釣り客もいないがらんとした浜辺でした。北海道のアオバトはあちこちのこんな浜辺におりているのかもしれないと感じました。
鳧舞漁港西浜辺におりるアオバト

_MG_0269

_MG_0265





5)元静内西 洗濯岩沖の磯
8:20 元静内西の洗濯岩の磯に向かって100羽の群れおりる。
8:23 ハヤブサが来てアオバトが来なくなる
その後、20分ほど待ったがアオバトは来ず。そのまま静内へ。

テトラポット、浜辺と来て、ようやっと磯におりるアオバトを確認しました。
海沿いにも露出した岩があるのですが、波や満潮時には埋もれてしまうためか、沖の高さのある岩におりていました。
アサリ浜沖の岩沖の磯におりて海水を飲むよう

アサリ浜に飛来したアオバト群れ飛来したアオバトの群れ





6)厚賀古川牧場南
16:42 古川牧場国道側、出口牧場入口看板あたりに40羽くらいの群れが海岸へ
16:48 堤防にアオバトの群れ止まる。直後にハヤブサらしきシルエットが突っ込む。そのせいでか、その後アオバトの飛来がぐっと少なくなる

夕方で色出ず厚賀古川牧場南夕方で色出ず厚賀古川牧場南

ここは国道から海岸側が資材置き場のようになっており立ち入りができない場所。牧場見学が終わって夕方でアオバトの飛来場所が見つかるとは思ってもいませんでした。本州とは違い、夕方は15度くらいの気温で、大磯だったら数が少なそうなイメージでしたが、来ていました。早朝もそうですが、北海道のアオバトは寒さ強いですね。厚賀古川牧場で育った馬たちはアオバトの群れを見て育っていたのかもしれないですね。


aobatonahibi at 22:14|PermalinkComments(0)アオバト 

2017年09月24日

9月24日(日) 今シーズン最後のアオバト観察会

24照ヶ崎の様子今朝の照ヶ崎

24アオバトアオバトの群れ

今朝は3週間ぶりの照ヶ崎でした。曇り空で日の出が見えないかと思っていましたが、日が出たあたりだけ雲が薄くなり、日の出が見ることができました。

さて、日の出少し前の5:28頃に50羽くらいの群れが飛んだあと、5:30に168羽の大きな群れが飛来。5:45には210羽の群れが来ました。その大きな群れの中には喉赤アオバトの♂を見ることができました。喉赤アオバトが見られたのは早朝のみでその後は代わるかのように幼鳥がぐっと増えてきました。3週間前よりもオスの幼鳥が増えた印象でした。



天気:曇り時々晴れ
観察時間:5:20〜10:00
観察者:観察会参加者の皆様
飛来回数(防波堤を越えた数):43回
飛来羽数:2418羽(460.8羽/h)
最大羽数:210羽(5:45)
観察羽数:718羽(♂272羽・38%)
<幼鳥>第1期8羽・第2期♂34羽・第2期♀44羽:計87羽(出現率12.1%)
<喉赤アオバトの記録>5:30 ♂1  5:45 ♂1

5:40 イソシギとキアシシギが1羽ずつ磯の上に
6:00 アオサギが照ヶ崎プールの上に止まっている
24照ヶ崎プール上のアオサギ照ヶ崎プール上のアオサギ

8:10 ハヤブサ1回目飛来
8:46 ハヤブサ2回目飛来
8:50 ハヤブサ3回目飛来、かなりの出遅れ




5時台 682羽♂117♀107

5:28 40、50羽の群れ、森を一度出るも戻る
5:30 168 ♂41♀26           喉赤アオバト♂1
5:40 キアシシギ1、イソシギ1 磯の上に
5:45 210 ♂23♀20 幼鳥♂1♀4第1期1 喉赤アオバト♂1
5:52 183 ♂39♀40 幼鳥♂2♀1第1期1
5:54   3 
5:55 118 ♂23♀21 幼鳥♂3♀1第1期1


6時台 310羽♂59♀114

6:06  96 ♂14♀25 幼鳥♂1♀2第1期2
6:13  20 ♂6♀10  幼鳥第1期1
6:17  23 ♂6♀15
6:19  35 ♂5♀10  幼鳥♀1第1期1
6:21  29 ♂7♀6   幼鳥♂2♀1
6:25  38 ♂4♀14  幼鳥♂2♀1
6:38  32 ♂7♀17
6:43  27 ♂7♀10  幼鳥♂1
6:47  10 ♂3♀7   幼鳥第1期1


7時台 363羽♂19♀46

7:00  58 ♂4♀15
7:08  42        幼鳥♂2♀2第1期1
7:10  27
7:18  20 ♂1     幼鳥♂1
7:21  13 ♂1♀4   幼鳥♂1♀4
7:29  53 ♂7♀11  幼鳥♂1♀1
7:33  40 ♂4♀10  幼鳥♂2♀1
7:37  51 ♂2♀4   幼鳥♂2♀3第1期1
7:53  14        幼鳥♀2
7:56  45 旋回


8時台 368羽♂6♀34

8:00  61 ♂1♀26 幼鳥♂2♀3第1期1
8:10  37 旋回 ハヤブサ
8:34  30 旋回
8:41  52 旋回
8:46  55 ハヤブサ
8:50  80 ♂5♀8 ハヤブサ出遅れ
8:57  53 旋回


9時台 695羽♂71♀145

9:00  95 ♂4♀16
9:06  52 ♂6♀27 幼鳥♀3
9:18  78 ♂7♀14 幼鳥♂3♀2
9:24 170 ♂9♀10 幼鳥♂2
9:27  21 
9:30  29 ♂3♀6
9:38  33 ♂4♀19 幼鳥♀2
9:40  38 ♂4♀12 幼鳥♂1♀1
9:44 100 ♂8♀28 幼鳥♂3♀5
9:45  12
9:49  35 ♂8♀17 幼鳥♂3♀2第1期1
9:58  32 ♂9♀5  幼鳥♀1

aobatonahibi at 20:56|PermalinkComments(4)アオバト | バードウォッチング

2017年09月03日

9月3日(日) 500羽のアオバト!

3富士山とアオバト富士山とアオバト

2 414羽の一部414羽の一部

2 414羽の一部(2)414羽の一部(その2)

2朝焼け綺麗な朝焼け


500羽のアオバトの群れ、4500羽近い飛来数。数えるのが大変な朝でした。

昨日は朝は肌寒い雨、午後は一転晴れの天気。
今朝は昨日よりもさらに雲のない朝でした。久しぶりに夜明けの朝日が綺麗に見えました。日があがるとすぐに海面が温められて白いもやが出てきた姿は初めてみました。

アオバトは5:10に136羽の大きな群れが飛来。5:34に414羽という大きな群れが飛来した後、5:45には歴代3位タイの500羽の群れがやってきました。500羽の群れもそうですが、ハヤブサの影響で群れの塊がすぐにばらけてしまうため、今日はアオバトの群れを数えるのに苦労しました。そのハヤブサは5:10の初飛来から7:32まで11回姿を現し、全て狩りに失敗となりましたが、ハヤブサから逃げる途中に♂1羽が西湘バイパスにぶつかり落鳥、♀1羽が照ヶ崎プールで落鳥となってしまいました。
19時半を過ぎて、ハヤブサがいなくなってからも警戒心が強く、磯におりないアオバトが多かったためか、飛来数は落ちず。10時までに4500羽近い飛来となりました。磯におりてもすぐに飛び立つアオバトが多く、幼鳥の確認が難しく、第1期の数が少なくなっています。




天気:晴れ
潮:干潮へ
風:北東風弱い

観察時間:4:30〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):60回
飛来羽数:4435羽(806.4羽/h)
最大羽数:500羽(5:45)
観察羽数:932羽(♂375羽・40%)
幼  鳥:第1期1羽・第2期♂29羽・第2期♀29羽:計59羽(出現率6.3%)

2百人のカメラマン100人のカメラマン

3朝日に反射する山小屋朝日に反射する富士山の山小屋

2磯におりたアオバト
aobatonahibi at 20:29|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

2017年08月27日

8月27日(日) 8月のアオバト観察会


27降りた

27単独

27群れ


今朝は8月最終日曜のアオバト観察会でした。
カウントは6時までで、そこからは案内しながら気ままに見ていただけなので参考記録です。

朝は曇り空で蒸し暑いものの秋の空気漂い、北東風も強く堤防上は涼しかったですが、堤防下のほうは風がなく暑かったです。風があるときは堤防上が一番ですね。曇りということで飛来は若干後ろに回った感じでした。


海上保安庁のヘリが早朝に陸沿いに西へいった後、東へ戻るように飛んでいましたが、何かあったのでしょうか。
27単独

天気:曇り時々晴れ
潮:満潮から干潮
風:北東風 強めで涼しいも堤防下は暑い

観察会の案内もありましたので、カウントは参考記録です。

観察時間:4:30〜9:00
飛来回数(防波堤を越えた数):33回
飛来羽数:1675羽(418.75羽/h)
最大羽数:225羽(8:02)
観察羽数:309羽(♂128羽 41.42%) 181
幼  鳥:第1期5羽・第2期♂21羽・第2期♀22羽:計48羽(出現率%)


4時台  飛来なし

4:45 イソシギの声
4:47 シギのような謎の声 イソシギより低い
4:57 ウミネコの白と茶が飛ぶ。鳴く。まだ暗いのに動き出すウミネコ2羽


5時台 345羽♂59♀30 幼鳥♂7♀8第1期2

5:02 カワウ 20羽くらい 沖を東から西へ
5:05 イソシギ1 釣り堀あたり動き回る
     ダイサギ3、チュウサギ1 西から東へ
     イソヒヨドリ♀1電線に。その横の電柱にウミネコ1
5:13  26 旋回
5:20 チュウシャクシギ1
5:26  68 ♂23♀7 幼鳥♂1♀1
     イソシギ2羽がアオバトの群れの中に飛んでいる
5:27   7
5:33  ダイサギ1(クチバシ黒)チュウサギ1(クチバシ黄)が西から東へ
5:36  55 旋回 ♂8♀4 幼鳥♀1  チュウシャクシギの飛び上がりに反応して戻る
5:42 ミサゴ 東側の磯で少しホバリング
5:43 イソヒヨドリ3羽 そのうち1羽が地上にいるドバトを追い払う
5:51 140 ♂20♀12 幼鳥♂4♀2第1期1
5:54  24 ♂3 幼鳥第1期1
5:57  25 ♂5♀7 幼鳥♂2♀4


6時台(参考記録) 113羽♂21♀9 幼鳥♂5♀5第1期2

6:00〜6:20 海岸清掃でカウントできず
6:31 45 ♂8♀2 幼鳥♂2♀1第1期1
6:40  4 
6:50  4
6:55 60 ♂13♀7 幼鳥♂3♀4第1期1


7時台(参考記録)  612羽♂29♀69 幼鳥♂5♀5第1期1
7:04  22
7:10   4 ♂3♀1
7:14  81 ♂6♀20 幼鳥♂1♀3
7:18  13 ♂3♀7
7:22  45 旋回
7:26  72
7:29  12 ♂4♀7 幼鳥♂1
7:31  47      幼鳥♂1第1期1
7:35  ♀7
7:40 120 旋回
7:44  47 ♂4♀7
7:47  14 ♀12 幼鳥♀1
7:51  49 ♂4♀20 幼鳥♀1
7:57  79 ♂5♀7 幼鳥♂2


8時台(参考記録) 605羽♂19♀73 幼鳥♂4♀4

8:02 225 ♂8♀39 幼鳥♂1♀2
8:16  60 
8:22  80 ♂2♀11
8:29  53 
8:35   6 ♂2♀4
8:40  33 ♂5♀17 幼鳥♂2♀1
8:56  28 旋回
8:59 120 ♂2♀2 幼鳥♂1♀1

aobatonahibi at 17:28|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

8月26日(土) 照ヶ崎のアオバト(写真のみ)

26アオバト群れ

昨日は大磯に茨城方面から来られる方の案内で6時すぎから照ヶ崎入りしました。
久しぶりにカウントしない状況になりました。まったり待つのは楽しいです。

この日はハヤブサが10回ほど来ておりました。
ハヤブサに追われて混乱した♂が1羽35分ほどテトラポットに止まっていました。
ずっと体を震わせていました。時間が経ち飛び立ちました。

27照ヶ崎のハヤブサ

26 ハヤブサに驚いて動けなかった♂

aobatonahibi at 15:27|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

2017年08月20日

8月20日(日) 秋の空気漂う照ヶ崎のアオバト

20アオバト群れ鏡面海面1

20鏡面海面鏡面海面2


2週間ぶりの大磯照ヶ崎でのアオバト観察でした。

今朝は秋の空気漂う曇り空で、昨日の雷雨もあり、アオバトの飛来は少なくなるのかなと思っていましたが、5時台、6時台、7時台、8時台、9時台といずれの時間にも100羽以上の群れがやってきました。遅い時間に数が増えるのは予想できましたが、昨日の飛来数でしたのでお泊り組も結構な数がいて、翌朝早朝の数も多くなったのかもしれません

今朝も幼鳥は多く、群れの一部に固まって10羽以上いることもありました。気になったのは、一番最初に磯におりる群れには幼鳥はあまりおらず、二番目以降におりる群れに多いように見えました。幼鳥の一団は磯におりるのを慎重なのかもしれませんね。




天気:どんより曇り
潮:満潮から干潮
風:北東風 涼しい

観察時間:4:30〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):43回
飛来羽数:2618羽(451.3羽/h)
最大羽数:215羽(8:28)
観察羽数:674羽(♂228羽・34%)
幼  鳥:第1期28羽・第2期♂43羽・第2期♀65羽:計136羽(出現率20.2%)


4時台 0羽

4:59 ダイサギ22羽の群れが東から西へ


5時台 404羽♂68♀24

5:06   7 ♂6♀1
5:13  80 ♂30♀6
5:21 103 ♂15♀12 幼鳥♂3
5:24 若いウミウが磯にあがる
5:30  11 ♂7♀2 幼鳥♀1
5:35  10 ♂8♀1
5:38  32 ♂9♀5 幼鳥第1期1♀2
5:49 116 幼鳥第1期1♂2♀4
5:54  38 幼鳥第1期2♂1♀6
5:55 アオサギ3羽 西から東へ


6時台 289羽♂43♀46

6:00  28 旋回
6:01  ハクセキレイ若鳥 小さなフナムシをつつく。照ヶ崎プールサイド。
20フナムシ食べるハクセキレイ若鳥
6:14  40 ♂13♀6 幼鳥♂3♀3
6:18 110 ♂14♀16 幼鳥第1期1♂1♀5
6:22 イソヒヨドリ♀1 電柱に止まったて鳴いている
20イソヒヨドリ♀
6:23   4
6:30  34 ♂3♀5   幼鳥第1期1 ダイサギ3羽が東から西へ
6:46  73 ♂26♀25 幼鳥第1期4♂10♀10


7時台 439羽♂42♀84

7:08  74 ♂6♀5   幼鳥第1期3♂3♀4
7:13  13 旋回
7:18   1
7:27   6 ♂1♀5
7:36  37 旋回
7:39  24 ♂6♀12  幼鳥第1期2♂1♀5
7:42 125 ♂20♀22 幼鳥第1期2♂2♀1 ♀1羽が海面に浸かって海水飲む
7:48  71 ♂6♀33  幼鳥第1期1♂1
7:54  88 ♂9♀19  幼鳥第1期2♂3♀3


8時台 673羽♂34♀106

8:02  74 ♂3♀23  幼鳥第1期5♂2♀5
8:11  86 ♂8♀29
8:15  36 ♂4♀2
8:18  25 旋回
8:23  80 ♂3♀10  幼鳥第1期1♂1♀6
8:28 215 ♂8♀28  幼鳥第1期2♂2♀4
8:45  ♀2
8:47  32 ♀4     幼鳥第1期1♂1♀2
8:49   5 ♂1♀3
8:54  41
8:58  77 ♂7♀5 幼鳥♀1


9時台 813羽♂41♀186

9:00  30 ♂2♀13 幼鳥♂3
9:04 202 ♂7♀28 幼鳥♂3♀1
9:07   3 ♂1♀1
9:08  ♂1
9:12 199 ♂10♀49 幼鳥♂3♀4
9:20 110 ♂9♀63  幼鳥第1期2♂5♀5
9:37  38 旋回
9:43 100 ♂10♀32 幼鳥♀2
9:50 130

aobatonahibi at 14:33|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

2017年08月06日

8月6日(日)照ヶ崎のアオバト


20170806_照ヶ崎10時過ぎ照ヶ崎10時過ぎ

20170806_早朝照ヶ崎258羽の群れ2_早朝照ヶ崎258羽の群れ

20170806_早朝照ヶ崎258羽の群れ_早朝照ヶ崎258羽の群れ(2)


夜明け前の照ヶ崎は、非常に湿度が高く、蒸し暑い状態でした。湿気の影響か湘南平や小田原が見えないほどが視界が悪く、夜明け前30分前とは思えないほどの暗さでした。大山や丹沢が見えておらず、飛来数が少ないのかと心配しましたが、夜明け前の4:48に17羽が飛来し、4:58には258羽のこの朝最大の群れが来ました。7時時点で35人ものカメラマンが照ヶ崎におりました。今朝も幼鳥がたくさん見られました。1期から2期に向かっている感じの幼鳥が多いのが印象的でした。


変わったアオバト:
7:39に来た群れにいた幼鳥は5分ほど同じ岩にずっと止まっていました。すぐ横に成鳥の♂が一緒にずっと止まっていました。金子さん曰く、親子ではないかとのこと。成鳥が♂が飛び出すと幼鳥も一緒に飛び出しました。飛んだ後も隣り合って飛んでいました。

6:19に来た16羽のうちの1羽がいきなりざぶんと海水に漬かり、すぐに岩にあがりました。暑かったので、海水浴をしたかったのでしょうか。

アオバト以外:
7:38 ミサゴが西から東へ
8:30 ミサゴが東から西へ。朝の狩りが終わったのでしょうか。




天気:くもりのち晴れ
潮:満潮から干潮
風:なしから南微風から北東微風から南東の風

観察時間:4:30〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):50回
飛来羽数:2032羽(369.5羽/h)
最大羽数:258羽(4:58)
観察羽数:670羽(♂249羽・37%)
幼  鳥:第1期4羽・第2期♂3羽・第2期♀12羽:計19羽(出現率2.8%)



4時台 307羽♂86♀53

4:28 湘南平、高麗山全く見えない。かなりガスっている。日の出30分前にしては暗い
4:48  17 ♂5♀4
4:54  32 旋回
4:58 258 ♂42♀32  群れ高く、おりるのをためらっている間に増えてくる


5時台 143羽♂52♀32 幼鳥第1期1羽♂1羽

5:07   3
5:11  山側のガスが取れだす。雲も少なくなっている
5:16  14 ♂6♀3
5:20 エリザベスサンダースホームの森頂上部の枝奥にオオタカが止まっている。
     ⇒その後いなくなる
5:24  67 ♂24♀14 後ろから来たアオバトに一部が戻る
5:30   4 ♂1♀1
5:35   8 ♂4♀4 幼鳥♂1
5:41   9 ♂7♀1
5:46  22 ♂8♀5 幼鳥第1期1羽(くちばし少し水色)
5:53  16 ♂2♀4 晴れ間が見える


6時台 317羽♂32♀69 幼鳥第1期1羽♂1羽♀1羽

6:01  7 旋回
6:04 21 旋回
6:09  2 ♂1♀1
6:14 38 旋回
6:19 16 ♂3♀8  海水に飛び込んでから磯にあがる♀1、海水浴なのか。
6:24 22 ♂3♀3 幼鳥第1期1羽
6:28 40 ♂5♀8 幼鳥♂1♀1
6:33  8 ♂2♀5
6:35 18 ♂5♀6
6:43 90 ♂8♀15
6:55 55 ♂6♀22 


7時台 435羽♂35♀147 幼鳥第1期1羽♀5羽

7:00 25 ♂4♀15 幼鳥♀1
7:07 +22 ♂5♀18
7:12 30 ♂2♀10
7:16 92 ♂6♀15
7:26  6 ♂1♀4
7:30 75 ♂7♀27 幼鳥♀3
7:34 34 ♂3♀15
7:37 15 ♂1♀11
7:38 ミサゴが西から東へ
7:39 35 ♂3♀12 幼鳥第1期1♀1
幼鳥♀1が成鳥♂1と同じ岩に5分以上とどまる。♂も幼鳥とつかず離れずの位置にいる。♂が飛び立つと追うように幼鳥も飛び立ち、隣り合う位置のまま山へ帰る。もしかしたら親子かもしれない。
7:53 60 ♂2♀19
7:58 41 ♂1♀11


8時台 474羽♂21♀62 幼鳥第♂1羽♀3羽

8:05   9  ♂1♀8
8:09 193       幼鳥♀1
8:19  73 ♂1
8:24 110 ♂7♀24 幼鳥♀1
8:30  36 ♂5♀20 幼鳥♂1
8:30 ミサゴ 東から西へ。帰りか。
8:35   6 ♀4
8:39  30 ♂7♀6  幼鳥♀1
8:50  17


9時台 356羽♂23♀58 幼鳥第1期1羽♀3羽

9:02  57 ♂4♀17 幼鳥♀1
9:10  22 ♂9♀3
9:19  36 旋回
9:25  27 旋回
9:32  34 ♂2♀5  幼鳥♀1
9:40  92 ♂3♀12 幼鳥第1期1
9:44  16 旋回
9:50  33 ♂4♀16 幼鳥♀1
9:57   4 ♀1
9:59  35 旋回


aobatonahibi at 21:12|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

2017年07月22日

7月22日(土) 照ヶ崎のアオバト

22富士山富士山が見えていました


22早朝照ヶ崎早朝の照ヶ崎

22大入りの浜辺(Young探鳥会)大入りの浜辺

22アオバト着陸アオバト着陸

今朝は4時半過ぎに照ヶ崎に到着。到着して堤防を登っているときに横切るように浜辺へ入っていた2羽が今日の最初の飛来でした(4:34)。雪のない夏の富士山が見え、大島もうっすら望めるほど見通しの良かった早朝でした。今朝のアオバトは一度照ヶ崎に入るとなかなか群れが帰らないケースが非常に多く、常にアオバトが舞っているような状態でした。高波で磯におりれないわけでもないのに不思議でした。

山梨から来た子供たちが来ている真っ最中の8:26。磯におりた48羽の群れの真ん中に幼鳥第2期の♂を確認しました。今シーズン初の確認となりました。2列の白いラインと赤色部分、小さめの体としっかり第2期の特徴が出ている個体でした。群れのど真ん中にいてすぐにわかる位置でした。幼鳥が来ると数が少なくなるという喉赤アオバトはまだまだ多い状況で、7:05の♀は血がにじんだような真っ赤な喉赤アオバトでした。


天気:晴れ
観察時間:4:00〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):61回
飛来羽数:2195羽(365.8羽/h)
最大羽数:125羽(8:43)
観察羽数:976羽(♂341羽・35%)
幼鳥:第2期♂1
喉赤アオバト:12羽 ♀2羽
4:42 ♂1 クチバシの下が赤い
4:52 ♂2
5:37 ♂1
6:00 ♂1
6:22 ♂1
6:51 ♂1
7:05 ♂1♀1 ♀は血がにじんでいるように真っ赤!
7:27 ♂1
8:26 ♂1
8:43 ♀1


22アオバトの群れアオバトの群れ

22


4時台 275羽♂94♀46

4:34 2+7 ♂3♀4
4:38   8 ♂4♀3 
4:42 107 ♂27♀7 喉赤アオバト♂1 クチバシ下のほうが赤い
4:50   3 ♂2♀1
4:52  58 ♂23♀17 喉赤アオバト♂2
4:56  90 ♂17♀6


5時台 206羽♂56♀42

5:01  8 ♂4♀3
5:07 13 旋回
5:10 59 ♂22♀15
5:16 再飛来。お腹に抱卵斑のようなもののある♀1 丸いくぼみが
5:17 18 ♂5♀6
5:24 11 ♂4♀4
5:28  4
5:35  2 ♀1 旋回
5:40 36 ♂12♀8
5:46 11 ♂6♀4
5:49 11 ♂3♀1
5:57 33 旋回


6時台 237羽♂60♀66

6:00 40 ♂6♀4 喉赤アオバト♂1
6:05  2 ♂1♀1
6:12 31 ♂12♀8 喉赤アオバト♂1
6:22 16 ♂4♀10 喉赤アオバト♂1
6:26 17 ♂3♀9
6:29  4 旋回
6:31  7 ♂4♀2
6:33  8 ♂4♀4
6:37 32 ♂10♀8
6:46  4 ♂2♀2
6:47 15 ♂7♀4
6:51 40 ♂1♀3 喉赤アオバト♂1
6:52 21 ♂6♀11


7時台 681羽♂42♀185

7:00  29 ♂1♀7
7:15  90 ♂6♀13
7:17  44 ♂6♀17
7:26 114 ♂1♀23
7:27  67 ♂3♀37 喉赤アオバト♂1
7:43  78 ♂2♀15
7:47  71 ♂3♀5
7:55 108 ♂10♀48


8時台 456羽♂47♀191

8:04  55 ♂4♀26
8:15  40 ♂3♀10
8:18  27 ♂1♀7
8:26  58 ♂7♀27 幼鳥♂1 今シーズン初の幼鳥確認
8:30  34 ♂8♀19
8:35  12 ♀12
8:38  24 ♂2♀16
8:40  53 ♂9♀16
8:43 125 ♂13♀52
8:58  28 ♀6  


9時台 340羽♂42♀106

9:02  9 旋回
9:04 34 ♂4♀12
9:10 16 旋回
9:14 27 ♂2♀13
9:17 45 ♂6♀15
9:22 42 旋回
9:27 25 ♂6♀11
9:30 32 ♂7♀11
9:34 25 ♂7♀11
9:39 22 ♂4♀15
9:41 10 ♂6♀3
9:59 53 ♂15♀5


aobatonahibi at 21:43|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

2017年07月13日

7月13日(木) 照ヶ崎のアオバト

13朝焼けピンク色の朝焼け。曇り予報だったのに朝焼けが見れるとは

13早朝照ヶ崎早朝の照ヶ崎、波が高いです


今朝は曇り、雨予報でしたが、夜から晴れ間が見える南風の強い天気。変わるかと思ってしましたが、そのまま夜明けとなりました。堤防上に到着すると東にはピンク色の朝焼けが見え、台風接近しているかのような強風が吹いていました。丹沢(大山)は雲で覆われていて、雨雲レーダーを見ると箱根から丹沢に雨雲がかかっているようでした。昨夜からこのような感じのようで、その影響を受けてか早朝のアオバトの飛来は少なめでした。出遅れていたアオバトたちが出てきたようで、8時台、9時台と100羽を超えるような大きな群れがなかったものの、来る頻度が多かったこともあって、当初1000羽もいかないとの予想が外れて1200羽近い数が飛来となりました。10時過ぎてからも来る群れが見えましたので、飛来が後ろにずれたのでしょう。

強い南風による波しぶきで視界がぼやけていること、さらに強風によるスコープのブレがすごく、♂♀カウントも苦労する状況で喉赤アオバトの確認はほとんどできない状況でしたが、視界がクリアになってきた10時前に♂の喉赤アオバトを1羽だけ確認できました。


13昼照ヶ崎帰る直前の照ヶ崎



天気:晴れのち曇り時より晴れ間  満潮から干潮
観察時間:4:25〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):56回
飛来羽数:1198羽(214.6羽/h)
最大羽数:92羽(6:28)
観察羽数:561羽(♂196羽・35%)

<喉赤アオバトの記録> 1回出現、計1羽
9:56 ♂1




4時台 30羽♂9♀7

4:40  4 ♂1♀3
4:47  2 ♂1♀1
4:50 24 ♂7♀3


5時台 113羽♂16♀13

5:05  7 ♂1♀2
5:09  2 旋回
5:12 ♂2
5:35 47 ♂9♀7
5:40 34 旋回 ♂1
5:46  3
5:59 18 ♂3♀4


6時台 238羽♂44♀69

6:07 24 ♂2♀7
6:09 12 ♂3♀6
6:15 ♀2
6:17 14 ♂3♀5
6:22  6 旋回
6:28 92 ♂16♀20
6:41 19 ♂6♀7
6:49 60 ♂12♀17
6:56  7 ♂2♀5


7時台 260羽♂44♀66

7:00 25 旋回
7:08 11 ♂7♀4
7:10  6 旋回
7:14 23 旋回
7:16 18 ♂7♀1
7:22 52 ♂10♀19
7:33 21 ♂5♀14 前の残った群れと混ざる
7:40 20 ♂4♀11
7:48  9 ♂5♀4
7:51 53 ♂4♀10
7:54 22 ♂2♀3


8時台 189羽♂31♀81

8:04 22 ♂7♀13
8:05  3 ♂1♀2
8:10  4 ♂1♀3
8:12  8 ♂1♀7
8:18 11 ♂4♀7
8:22 15 旋回
8:24  4 ♂1♀2
8:25 12 ♂1♀4
8:30 36 ♂2♀14
8:38 32 ♂4♀11
8:43 32 ♂6♀5
8:46  9 ♂2♀7
8:54 ♀1


9時台 368羽♂52♀129

9:04 90 ♂17♀39
9:06 15 ♂1♀13
9:10 11 ♂5♀6
9:17 70 ♂12♀39
9:20〜 こゆるぎの浜で海上自衛隊の輸送船による上陸訓練開始
こういう日に限って一眼レフカメラを持っていないという
13海自上陸訓練

9:22  6 ♂1♀3
9:31 18 ♂3♀10
9:36 47 
9:38 33 旋回
9:41 23 ♂5♀16
9:47  2 ♂1♀1
9:53 25 ♂6♀7
9:56 11 ♂2♀3 喉赤アオバト♂1
9:59 17


aobatonahibi at 13:58|PermalinkComments(2)アオバト | バードウォッチング

2017年07月09日

7月9日(日) 照ヶ崎のアオバト

9早朝もやの照ヶ崎早朝もやの照ヶ崎西

9早朝もやの照ヶ崎3早朝もやの照ヶ崎南

9早朝もやの照ヶ崎2早朝もやの照ヶ崎磯側



今朝はもやが濃く、西は大磯プリンスホテル、北は湘南平テレビ塔、東は平塚新港が見えないほどでした。大山も見えていない状況で飛来は少な目になるか心配していましたが、早朝は100羽超えの群れが何度も来てくれました。群れの大きさだけでなく、喉赤アオバトの数も多く見られました。今日はかなり多く、♂♀合わせて17羽の喉赤アオバトを見ることができました。

6:13に尾羽のない♀1羽が確認されました。上空高く飛来する群れも多く、時よりぱたっと飛来が止まることもあったので、山ではハヤブサか何かが動いているのでしょうか。尾羽のないアオバトはこの1回のみの観察でした。
9しっぽなしアオバト尾羽のないアオバトが写りこんでいました


9アオバト群れ


9カメラマンの群れカメラマンが多く35人はいました。



天気:くもり(もや)のち晴れ
観察時間:4:30〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):55回
飛来羽数:1780羽(296.7羽/h)
最大羽数:139羽(5:30)
観察羽数:718羽(♂244♀474・32%)



喉赤アオバトは、14回、計17羽 ♂14♀3を確認。
4:53 ♂2
5:30 ♂2
5:57 ♂1
6:44 ♀1
6:56 ♂1
7:02 ♀1
7:22 ♂1
7:25 ♂1
7:39 ♂2
7:52 ♂1
8:09 ♂1
8:27 ♂1
8:57 ♂1
9:17 ♀1

他の変わったアオバトなど:
6:13 尾羽なしアオバト♀1確認、125羽の群れの一部
9:07 海面に浮いて海水飲むアオバト♀1、15秒ほど浸かっていました。26羽の群れの一部





4時台 260羽♂19♀32

4:34  14 ♂4♀6
4:43 103 旋回 相当高い、少し東テトラおりる
4:44  13 ♂2♀11 
4:53 107 ♂13♀15 喉赤アオバト♂2

照ヶ崎にはもやがかかっている。
西は大磯プリンスホテルが見えず、東は平塚新港、北は湘南平のテレビ塔が見えない


5時台 262羽♂45♀74

5:00   8 ♂4♀4
5:03  21 旋回
(5:04 エリザベスサンダースホームの森に喉赤アオバト♂1見える
⇒この後20分ほど見える位置にいた。おそらく5:30の群れとして動いたのではないか?
5:09  ♀2
5:10 ゴイサギ成鳥1羽 西から東
5:12   2 ♂1♀1 旋回
5:15  16 ♂4♀12
5:18  37 ♂11♀11
5:30 139 ♂13♀36   喉赤アオバト♂2
5:48  27 ♂11♀7
大磯駅から横浜銀行へ抜ける道で何羽ものアオバトの声を確認とのこと
5:57  6 ♂1♀1     喉赤アオバト♂1
5:59  4 東テトラに止まる


6時台 404羽♂60♀82

6:00  19 旋回
6:04   7 ♂3♀3
6:07 125 ♂9♀5
6:13  尾羽なしの♀1羽確認 125羽の戻り群れの中
6:18  11 ♂3♀6
6:23   3 ♂6♀9 喉のあたりが濡れている♀1
6:28  70 ♂21♀23
6:31  16
6:35   3 ♂2♀1
6:41   4 ♂2♀1
6:44  22 ♂6♀9    喉赤アオバト♀1
6:46  35 ♂10♀14
6:56  89 ♂3♀18   喉赤アオバト♂1


7時台 327羽♂46♀129

7:02  13 ♀3     喉赤アオバト♀1
7:08  44 ♂6♀36
7:10  12 ♂1♀5
7:18  13 ♀1
7:22  35 ♂6♀10  喉赤アオバト♂1
7:25  42 ♂6♀14  喉赤アオバト♂1
7:39 101 ♂16♀32 喉赤アオバト♂2
7:47   7 ♂1♀6
7:52  60 ♂10♀22 喉赤アオバト♂1


8時台 405羽♂53♀112

8:00  65 ♂3♀6
8:04  15 ♂5♀7
8:09  30 ♂5♀13  喉赤アオバト♂1
8:14  32 ♂8♀14
8:17   7 ♀1
8:23  88 ♂16♀28
8:27  35 ♂7♀20  喉赤アオバト♂1
8:37  12
8:40  25 旋回
8:42   9 ♂2♀4
8:54   9 旋回
8:57  78 ♂7♀19  喉赤アオバト♂1


9時台 122羽♂21♀45

9:07  26 ♂6♀8  海面に浮いて海水を飲む♀アオバト1
9:17  26 ♂7♀13  喉赤アオバト♀1
9:21  21 
9:22  11 旋回
9:33   5 ♂1♀3
9:37  ♂2
9:53  25 ♂7♀19

aobatonahibi at 20:17|PermalinkComments(0)アオバト | バードウォッチング

2017年06月24日

6月24日(土) 照ヶ崎のアオバト


24照ヶ崎昼パラグライダー?が飛んだ10時過ぎの照ヶ崎


アオバトの飛来前に、珍しい夜明け少し前に東の空がピンク色に染まったのを見ることとなりました。先日も夕方にこのような色の太陽光を見ており、梅雨時期独特なのでしょうか。
24照ヶ崎ピンク色の夜明け
行く途中に花水橋から大山がうっすらと見えており、気象庁のスーパーコンピューター予報よりも雲もなく、アオバトの飛来は順調かと思っていました。

ですが、夜明け前頃にいつもはエリザベスサンダースホームの森に止まっているアオバトたちが見えず、その後の4時台、5時台の飛来は少な目となりました。
昨夜の影響なのか、今朝の山の天気の影響(霧?)なのかわかりません。少な目だった分、飛来が遅れていたようで、6時を過ぎるとアオバトの飛来も戻った形で6:22に100羽の群れが来ました。その後は100羽超えの大きな群れもちょくちょくとやってくるようになり、6時過ぎてから来始めたお客さんたちにはちょうどいい感じとなってくれました。早朝の飛来が少なかったものの、その後の♂の割合がそこまで減らず、極端に♂の割合が低いことにはなりませんでした。

9時半を過ぎた頃に「ふれあい自然探鳥会」のメンバーがバラバラに30人ほど集まって浜辺で観察が始まりました。堤防上から見ていて、天候が不安な明日の探鳥会よりも人が多いかな?と思ってしまいました。探鳥会のお知らせのHP(http://bwcfura.northern-pika.com/modules/eguide/index.php?cat=4)がありました。


観察時間:4:10〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):51回
飛来羽数:2200羽(377.1羽/h)
最大羽数:150羽(8:12)
観察羽数:684羽(♂245 36%)


喉赤アオバト:
4:57 67羽の中に薄めの喉赤アオバト♂1羽
6:59 42羽の群れの中に♀の喉赤が1羽

その他:
5:54 アオサギが魚をくわえたまま西から飛んできて、東テトラポットに止まりました。その後、魚を丸のみにしてようです。

4時台 151羽♂46♀23

4:14 ピンク色の朝焼けが見られる。珍しい
4:29 日の出
4:33  24 ♂14♀5 初飛来
4:37  60 旋回
4:57  67 ♂32♀18


5時台  32羽♂12♀6

5:12   8 旋回
5:38  23 ♂12♀6
5:52   1 旋回
5:54 魚くわえたアオサギが西から東へ。東側テトラに止まり丸のみした模様


6時台 528羽♂105♀141

6:01  31 ♂14♀13
6:12  28 ♂11♀10
6:14   8 ♂4♀3
6:17  31 ♂9♀16
6:22 100 ♂9♀18
6:32  67 ♂16♀19
6:34  30 ♂9♀12
6:38 125 ♂20♀31
6:44  15 ♂2♀5 
6:46  13 ♂4♀3
6:53  30 ♂7♀10
6:57   8 ♂2♀3
 

7時台 451羽♂45♀99

7:05  28 ♂5♀10
7:12  25 ♀2
7:18  52 ♂10♀37
7:22  18 ♂4♀4
7:27  51 ♂7♀27
7:33  65 旋回
7:35  26 ♂3♀8
7:38  62 ♂1♀2
7:45  46 ♀1
7:50   9 旋回
7:55  69 ♂11♀8 


8時台 668羽♂21♀129

8:03  12 ♀3
8:08 104
8:12 150 ♂24♀61
8:20  31 ♂7♀14
8:26  65 ♂10♀5
8:30  16 ♂3♀9
8:35  45 旋回
8:40 100 ♂6♀15
8:47   9 ♂1♀8
8:49  43 ♂7♀10
8:53  60 旋回
8:56  33 旋回


9時台 370羽♂16♀41


9:05  75 ♂1♀8
9:13  52 ♂5♀7
9:24   7 ♀5
9:28  90 ♂2♀9
9:30  34 ♂1
9:35  28 旋回
9:45  47
9:50  ♀2
9:59 35 ♂6♀18


aobatonahibi at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年06月17日

6月17日(土)照ヶ崎のアオバト

17岩場におりるアオバト岩場におりるアオバト

17アオバトの群れアオバトの群れ

17富士山珍しくきれいに見えた富士山。雪がまだ残っているとは


今朝は夜明け前から雲はほとんどなく、久しぶりに日の出を堤防上から見ることができました。
17夜明け

アオバトも夜明けに合わせて、動きだし、初飛来は4:27の32羽でした。初飛来の群れは結局磯にはおりず。その後も磯におりないばかりか、堤防を越えず、港やプール、街中を旋回して戻る群ればかりでした。猛禽類に対する警戒なのか、100羽を超える群れがエリザベスサンダースホームの森まで来ているにも関わらず、磯まで来ないもどかしいことが多く見られた日でした。

早朝に来る群れの大きさも200羽を超えるような大きなものはなく、前日のにわか雨の影響を受けて飛来が遅れていて、7時台、8時台に大きな群れが来るかもしれないと期待していました。ですが、7時半を過ぎると100羽を超えるような♀ばかりの大きな群れが磯に飛来することはありませんでした。遅い時間帯に団体での来訪の予定があっただけに、残念でした。


二宮町から来た団体が7時過ぎ頃から、川崎から来た団体は8時半頃から、関東学生鳥ねっとは9時半を過ぎてから照ヶ崎に来訪しました。カメラマンも多く、150名近い人数が照ヶ崎の浜辺にいたと思われます。




観察時間:4:00〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):39回
飛来羽数:1304羽(217.3羽/h)
最大羽数:149羽(5:12)
観察羽数:427羽(♂241 56%)


喉赤アオバト:
6:55 8羽の群れの中に♀の喉赤が1羽
7:14 108羽の群れの中に喉赤の♂が1羽


17シラス漁船しらす漁船が早朝からこゆるぎの浜、二宮方向へ



4時台 120羽♂34♀19

4:27 32 旋回 東テトラポットの枝に止まったトビに過剰反応か
(4:37 100羽の群れ照ヶ崎プール上空で引き返す。今日はこのようなケースが続出した)
4:37 アオサギ 東から西へ。いつもの朝の移動か
4:45 16 ♂4♀8
4:48 15 ♂6♀3
4:54 57 ♂24♀8


5時台 374羽♂97♀31

5:06  26 2羽だけ一瞬おりる
5:12 149 ♂36♀7 朝の最大の群れ
5:24  14 旋回
5:27 101 ♂30♀12
5:29   4 東テトラ おりる
5:33  16 ♂8♀3
5:48  44 ♂13♀5
5:52  20 ♂10♀4


6時台 212羽♂38♀17

6:15 120 ♂25♀6
6:30  44 旋回
6:45  20 ♂9♀9
6:54  20 旋回
6:55   8 ♂4♀2  喉赤の♀1羽(今季初確認)



7時台 298羽♂45♀41

7:03  46 旋回
7:10   7 ♂6♀1
7:14 108 ♂19♀16 喉赤の♂1羽
7:22  34 ♂11♀15
7:37   7 ♂4
7:44  16 ♂3♀7
7:48   4 旋回
7:53  58 ♂2♀2
7:58  18 旋回


8時台 180羽♂20♀66

8:10 ♀2
8:15 65 ♂10♀29
8:24 48 ♂4♀15
8:28  3 ♂1♀2
8:32  8 ♂2♀5
8:47 40 ♂3♀13
8:50  4 旋回


9時台 120羽♂7♀12

9:12 11 ♂3♀2
9:15  5 ♂3♀2
9:28 57 一瞬おりただけ、群れは線路を超えて山に帰ったよう
9:34 34 旋回
9:40 ♀6
9:52  7 ♂1♀2

10時以降もちょこちょこと30〜50羽の群れの飛来あり。
関東学生鳥ねっとの案内あり

aobatonahibi at 18:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年06月15日

6月14日(水) 午後のアオバト

14午後のアオバト(2)

14午後のアオバト



昨日、午後14時から17時までアオバト観察してきました。
朝は涼しく、アオバトの飛来は少なかったとの情報が入り、飛来が遅くなった群れが午後に来るのかなど色々と考えながら観察できました。

誰もいない浜辺を想像したのですが、カメラマンが4人ほどおり、潮の引いた磯では磯遊びの家族が何家族かいる状況でした。磯に人がいるので、アオバトは近場の磯にはおりず、遠くの磯におりることが多く、磯にいる人が動くたびに飛び立ってしまうケースが多く見られました。

飛来はピークと思っていた15時、16時台よりも14時台のほうが多く、もしかしたら、午前中の飛来が遅れていた群れがまだ来ていたのかもしれません。


観察時間:14:00〜17:00
飛来回数(防波堤を越えた数):19回
飛来羽数:226羽(75.3羽/h)
最大羽数:43羽(15:46)
観察羽数:97羽(♂19 19.58%)

14午後のアオバト(3)


14時台 94羽♂8♀38

14:04   2
14:08  18 ♂2♀9
14:21 ツバメが照ヶ崎プールの電線で疑似交尾?
14ツバメの交尾?

14:23   4 ♂1♀3
14:28  34 ♂4♀11
14:29   9 ♂2♀7
14:31   4
14:43  19 ♂1♀4
14:54  ♀4

14浜辺のドバト
アオバトの飛来が少ないので、ドバトも撮影していました。


15時台 61羽♂2♀9

15:09 15
15:25  3 
15:46 43 ♂2♀9


16時台 71羽♂9♀31

16:09 12 ♂1♀7
16:15 11 旋回
16:19  4 旋回
16:25 ♂1
16:26 ドバトがBBQの網をつつく
14BBQ網をつつくドバト
16:30 11 ♂3♀2
16:39 14 ♂1♀7
16:54 18 ♂3♀15



aobatonahibi at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年06月11日

6月11日(日) 照ヶ崎のアオバト  たくさん来ましたが

11最大298羽の群れの一部最大298羽の群れの一部

11照ヶ崎プールのカルガモ2羽照ヶ崎プールのカルガモ2羽

雲が厚く、日の出の全く見えない早朝でした。堤防上は北東風は弱めでそこまでの寒さは感じずも、涼しいといったところでしょうか。山は少し雲がかかっていて、アオバトの飛来は少なめではないかと予想しましたが、エリザベスサンダースホームの森にはアオバトが続々と集まり、4:35の初飛来は42羽は一部だったようで、4:48には298羽の群れが3つほどの群れに分かれながらも照ヶ崎に来ました。

今朝は数よりも気になったのが、山のほうで猛禽類が出ていたようで、高度が相当高く照ヶ崎へ入り、磯におりようとしても接近する仲間の姿やちょっとしたことで群れがバタバタと森へ帰ることばかりでした。今朝の飛来数の多さは、「たくさん飛来する⇒警戒心強くすぐに森へ帰る⇒海水が飲めない⇒森にアオバトが残る⇒さらに山からアオバトが来る⇒照ヶ崎へ向かうアオバトが増える」という悪循環?が働いた結果なのかもしれません。


気になったアオバト;
8:13〜8:19 ♀3羽のアオバトが磯の上でぼーっとしていました。時より海水を飲んでいましたが、ほとんど動かず。5分以上磯の上にいました。ハヤブサに追っかけられたりして疲れていたのでしょうか
11ボーっとしていた♀3羽ボーっとしていた♀3羽
8:29 20羽飛来のアオバトのうち、♂1羽の雨覆いの赤色が小さくまだら模様でした。若鳥なのでしょうか。5,6月にも時より見ることがあります




アオバト以外;
4:44 風切羽の欠けたアオサギが西から東へ6月4日にも観察しており、このあたりに住み着いているアオサギと思われる
5:23 照ヶ崎プールのコンクリート上にアオバトの羽根を掴んだスズメが。すぐに見てみると、羽根は離したが、しっぽをあげる不思議な動きをしていた。もう1羽が近くにおり、求愛だったのかもしれない
11しっぽをあげて歩くスズメ

6:55 ムクドリ2羽が磯の上で穴にクチバシをつっこみ虫を食べていた。クチバシから海水がぽたぽたと落ちてきていて、海水を飲んでいた可能性もありえる
9:52 パラグライダーが珍しく照ヶ崎上空を東から西、西から東へと往復して通過しました。高度が高く、アオバトの飛来への影響はありませんでした



天気:くもり時より晴れ間
風:北東風弱く、少し肌寒いくらい
潮:満潮から干潮

観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー他
飛来回数(防波堤を越えた数):56回
飛来羽数:3904羽(650.7羽/h)
最大羽数:298羽(4:48)
観察羽数:962羽(♂412羽・43%)



4時台 345羽♂85♀16

4:25 エリザベスサンダースホームの森の下の枝から上の枝へアオバトが移動。アオバトが集合している
4:26 日の出
4:35 42 ♂13♀6
4:38 ♂5 
4:39 ダイサギとアマサギ?の群れが西から東へ
4:42 アオサギ 東から西へ
4:44 アオサギ 東から西へ。風切羽が欠けている。6/4にも飛んでいるのを確認した個体と思われる。このあたりにいついているのか
4:48 298 ♂67♀10


5時台 774羽♂100♀46

5:02 160 旋回
5:09  88 旋回 高く入り、落ち着かない
5:11   7 ♂6♀1
5:13 232 ♂33♀13
5:21 196 ♂36♀23
5:23 照ヶ崎プールに、アオバトの羽根を加えたスズメ。すぐに羽根を
5:30  15 旋回 
5:45 アオサギ1 西から東へ 戻りか?
5:51  ♂2
5:54  69 ♂25♀7
5:57   5 


6時台 378羽♂89♀36

6:01  72 ♂22めす6
6:03   8 ♂7♀1
6:09  42 ♂18♀9
6:20   5 
6:26  52 ♂30♀8
6:45 138 ♂18♀6
6:53  11 旋回
6:55 ムクドリ2羽が磯の上でクチバシを穴につっこみ虫を食べる。クチバシから海水がたれ、海水を飲んでいるかもしれない
6:57 60 旋回


7時台 946羽♂55♀123

7:02  29 旋回
7:03  46 
7:08  51 旋回
7:11 140 ♂12♀8
7:14  35 旋回
7:20 170 ♂11♀22
7:26  48 旋回 自分たちの影に驚いて逃げる?
7:30 100 ♂12♀8
7:34 100 旋回
7:38  67 旋回
7:43  50 ♂5♀33
7:45  45 ♂5♀9
7:46 ハヤブサ若鳥1 役場上空を海側から山へ。高麗山方向へ消える
7:49  19 ♂4♀15
7:53  46 ♂6♀28


8時台 586羽♂73♀273

8:00 135 ♂17♀72
8:05  25 ♂3♀10
8:06 110 ♂3♀17
8:09  40 ♂7♀21
8:14  ♀3  8:19まで磯の上でぼーっとしている
8:27  22 ♂5♀7
8:29  20 ♂4♀5  雨覆の赤色まだらな♂1
8:34  10 旋回
8:37  17 ♂4♀13
8:46 137 ♂17♀78
8:53  19 ♂4♀13
8:55  48 ♂9♀34


9時台 875羽♂10♀56

9:02 110 ♂3♀14 3つの高度高い群れが合流
9:06  50 旋回
9:10  84 ♂2♀3
9:22  98 
9:24  91 ♂4♀20
9:30 112
9:36  20
9:43  60 ♂1♀19
9:49 160
9:52 パラグライダーが照ヶ崎上空を東西に往復
9:59  90 旋回 

aobatonahibi at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年06月08日

6月8日(木) 照ヶ崎のアオバト 荒天飛来パターンでした

8飛来するアオバト
8もやのかかる箱根の山もやのかかる箱根の山

8飛来するアオバト(2)

今朝は雨予報ということで遅めの到着でした。土砂降りの中でもと思っていたのですが、雨はほとんど降っておらず。南風が意外と強く、涼しい堤防上でした。雨予報も相まってか、浜辺にはカメラマンも観察者はおらず、釣り人もほとんどいませんでした。大磯駅から向かう途中に4羽ほどのアオバトが戻る姿が見えたのですが、果たして磯まで来ていたのでしょうか。

6時台は6:47の26羽しか飛来がなく、雨がいつ降るかわからない状況でしたが、7時を過ぎてから徐々に飛来が戻り、8:00の80羽、8:19の67羽、8:32の54羽、8:37の85羽と50羽超えの群れが何度も来ました。ただ、大きな群れも小さな群れも関係なく、磯におりる気があまり感じられない個体が多い印象でした。

9:20〜10:00くらいまで雨脚が強まりましたが、アオバトの飛来は止まらず。天気の悪い日の遅れる飛来となりました。

今朝は浜辺に人がいなかった関係で、磯の手前側におりる群れが多く見られました。また、7:38にテトラポット近くの浜辺、9:50に浜辺前岩におりるなど浜辺におりる群れもいました。また、8:17の群れの一部が照ヶ崎プール横の松に止まりました。



観察時間:6:15〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):30回
飛来羽数:888羽(236.8羽/h)
最大羽数:85羽(8:37)
観察羽数:782羽(♂177羽・40%)


6時台 26羽

6:47 26 旋回


7時台 176羽♂13♀17

7:00  3 ♀1
7:09 53 旋回
7:12 ♂1
7:25 18 旋回
7:32 28 旋回
7:38 20 西テトラ横あたりの浜辺におりる、波打ち際から距離はかなりある
8テトラ前の浜辺におりた
7:41  2 ♀1
7:45  9 ♂3♀4
7:49 14 ♂5♀9
7:53 36 ♂2♀4
7:55 ♀1
7:58  9 旋回  ウミネコに磯から追い出される


8時台 368羽♂51♀75

8:04 80 ♂6♀11
8:09 15 旋回
8:17 51 ♂9♀7 照ヶ崎プール横の松に止まる
8照ヶ崎プール横に止まるアオバト,8時17分
8:19 +16(計67羽)
8:21 ♀3
8:25 18 ♂1♀13  ⇒8:17の51羽の群れが東テトラをぶらついており、合流
8:32 54 ♂7♀6
8:37 85 ♂16♀23
8:50  8 ♀2
8:55 14 ♂9♀5
8:58 24 ♂3♀5


9時台 318羽♂6♀15

9:07 22 ♂4♀4
9:20 雨脚強まる
9:24 44 ♂3♀2
9:27 21 旋回
9:37 70 ♂3♀5
9:40 36 旋回
9:50 70 浜辺前岩に少しだけおりる
9:59 55

雨は10時前に止み、10時以降も群れの飛来は続いていたと思われる。
午後は晴れ間も見え、午後の飛来もあったのだろうか。

aobatonahibi at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年06月04日

6月4日(日) 照ヶ崎のアオバト

4 アオバト磯におりるアオバト

4アオバト空の群れ青空バックのアオバトの群れ



北東風はそこまで強くないものの、長袖の手放せない寒い夜明けでした。日の出前の4:26に10羽のアオバトがエリザベスサンダースホームの森にある大きな松から動いて裏側に入るという動きが見られました。その後、群れは森に入れど飛来はない時間が続きましたが、アオバトが溜まり切ったのか、4:47に294羽とこの日最大の群れ兼初飛来でした。その後もアオバトの数が溜まった時に飛来するような感じで大きな群れが時より来る感じでした。♂♀比率は6:50の群れから突然♀の割合が増えだした形となり、7時台以降は完全に♀優勢となりました。




観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):40回
飛来羽数:2082羽(347羽/h)
最大羽数:294羽(4:47)
観察羽数:782羽(♂331羽・42%)



4時台 294羽♂38♀18

(4:26 エリザベスサンダースホームの森に10羽大きい松の所から動いて裏側へ。♂1は見える位置に)
(4:32 ツバメが鳴きながら浜辺を飛ぶ)

4:47 294 ♂38♀18
24 300羽の群れ
 
同時刻 アオサギが西から東へ

飛来の合間に集合するかのようにエリザベスサンダースホームの森に集まってくる。35羽木に止まっているのを確認できる。箱根の駒ヶ岳ロープウェイ乗り場が見える。


5時台 365羽♂134♀56

5:11 158 ♂62♀14
5:21 10 ♂7♀3
5:27 50 旋回
5:44 130 ♂53♀14
5:48 アオサギ 西から東へ 4:47と同じ個体のよう。羽の換羽具合から。
5:50  7 ♂3♀4 尾っつけ
5:58 10 ♂9♀1 群れのすべてが磯のないところで尾っつけ
4尾っつけをする群れ尾っつけをする群れ


6時台 333羽♂97♀77

6:10 ♂1♀1
6:11 77 ♂15♀12
6:15 50 ♂20♀12
6:25 59 ♂26♀12
6:32 ♂1♀1
6:37 23 ♂17♀5
6:41  2 ♂1
6:48 12 ♂4♀4
6:50 90 ♂7♀19
6:59 16 ♂5♀11
 

7時台 366羽♂25♀106

7:03 55 ♂6♀20
7:08 31 ♂4♀14
7:15 18 ♂5♀9
7:17 13 ♂1♀11
7:28  9 旋回
7:36 62 ♂4♀29
7:45 85
7:48 48 ♂5♀23
7:55 15 旋回
7:59 30 旋回


8時台 402羽♂18♀104

8:02 105 ♂5♀33
8:16  71 ♂4♀31
8:28 103 ♂4♀8
8:36  71 ♂3♀16
8:50  14
8:52  16
8:57  22 ♂1♀13


9時台 322羽♂19♀90

9:05 120 ♂5♀41
9:15  25 旋回
9:22  11 ♂1♀7
9:24  31 ♂4♀13
9:33   9 ♂2♀7
9:34  45 ♂4♀4
9:42  22 ♂1♀6
9:49  21 ♂1♀7
9:51   7 ♂1♀5
9:55  31 旋回

4こゆるぎ浜投げ釣り大会こゆるぎ浜投げ釣り大会

aobatonahibi at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2017年05月28日

2017年アオバト観察会1回目(5/28)照ヶ崎のアオバト

28早朝照ヶ崎早朝の照ヶ崎

28観察会観察会とゴミ拾いが重なり、にぎやかな浜辺

28アオバト群れアップアオバトの群れアップ




今シーズン初のアオバト観察会の夜明け前は予想に反し、肌寒い北東風が吹く、曇り空でした。
夜明け時間の4:30を少し過ぎた4:32に12羽が初飛来で、そのまま磯におりました。磯でアオバトを数えていると、キアシシギ1羽が磯の上にいるのが見えました。このキアシシギは引き続き、磯の上にいたようで、4:41の93羽の群れが来た時に驚いたように飛び立つ姿が見られました。

5:11の146羽、7:25の209羽、7:45の150羽など100羽を超える大きな群れが三回、50羽を超える群れは何度も見られ、前日の飛来数をあっという間に超えていきました。磯になかなかおりない個体が多い印象が強く、海水を飲めない個体がどんどん残っていって大きな群れが形成されていったような感じもしました。

7:45の150羽の群れが飛来した時は、ハシブトガラスやトビ、ウミネコが磯付近にたくさんいたため、磯に降りれないということもあり、さらに7:52にはハシブトガラスの近くにおりた♀1羽がカラスに掴まれかけて、羽根が飛び散る場面も。カラスのほうは狩りをするつもりだったのが、追い出しをしただけなのか不明ですが、珍しいシーンがありました。

それと、早朝の4:36にエリザベスサンダースホームの森に止まっていた♀のアオバトに♂が乗っかる交尾のようなシーンも見られました。


天気:くもりのち晴れ
風:北東風涼しいから南風涼しい
観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):32回
飛来羽数:1744羽(268.3羽/h)
最大羽数:209羽(7:25)
観察羽数:511羽(♂158羽 ♂比率31%)


4時台 105羽♂43♀39

4:32 12 ♂4♀2 キアシシギ1羽磯に
4:36 エリザベスサンダースホームの森に止まる♀1の上に♂が乗っかる。疑似交尾?
4:41 93 ♂39♀37
4:52 ツバメが虫をフライイングキャッチ


5時台 209羽♂42♀68

5:11 146 ♂31♀43
5:25 16 ♂3♀8
5:32 ハシボソミズナギドリ1羽 西から東へ
5:43 17 ♂5♀6 東テトラへおりる
5:46 30 ♂3♀11
28アオバト♀


6時台 269羽♂15♀54

6:00 65 降りず
6:17 60 降りず
6:38 50 降りず
6:41 ♀3
6:47 43 ♂7♀20
6:52 13 ♂2♀8
6:55 35 ♂6♀23


7時台 631羽♂32♀57

7:00 47 降りず
7:10 90 ♂9♀11
7:25 209 ♂10♀17
(7:20〜7:26の間、舞っていた)
28アオバト群れ

(7:39 陸上自衛隊ヘリコプターCH-4 西へ)
28チヌーク
7:45 150 降りず ハシブトガラスが磯の上におり、トビやウミネコが飛び回り、磯の上におりれない状態
7:52 ハシブトガラス1羽が近くに降りた♀1羽を掴もうとする。羽根が飛び散る。アオバトは無事に逃げる。狩りだったのか、追い出しだったのか、イタズラだったのか。
7:56 65 ♂6♀16


8時台 351羽♂17♀107

8:06 90 ♂1♀4
8:11 イワツバメ1羽が浜辺へおりる。巣材集めか?
8:15 85 ♂4♀48
8:27 60 ♂7♀20
8:40 70 ♂3♀25
8:50 46 ♂1♀10


9時台 179羽♂9♀28

9:04 21 ♂3♀7
9:11 25 ♂3♀10
9:20 14 ♂2♀10
9:30 52
9:48  4
9:50 24
9:58 36

28観察会終了観察会終了後の照ヶ崎。磯遊びの人がたくさん来ています

aobatonahibi at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング