2021年06月20日

6月20日(日)の照ヶ崎のアオバト

天気:曇り時々晴れ
観察時間:5:55〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):18回
飛来羽数:257羽(54.1羽/h)
最大羽数:36羽(8:31)
観察羽数:80羽(♂16羽・20%)

前日は1日雨、気温も早朝は肌寒く、北東風が台風並みの強さという気候条件もあってか、飛来は異常に少なく。早朝のお泊り組飛来も少なかったのか、♂の割合も最初から少ない状況でした。


6時台  4羽♂1♀1
6:04 2
6:54 2 ♂1♀1


7時台 39羽♂1♀2
7:06 コアジサシ1羽 北東風が強すぎて煽られて、どんどん沖へ
7:08  3 旋回
7:15  3 ♂1♀2
7:25  9 旋回
7:41  4 旋回
7:45 20 旋回


8時台 132羽♂10♀49
8:03 24 ♂2♀14
8:22  4 旋回
8:27 30 ♂3♀5
8:31 34 ♂2♀18
8:43  4 ♂1♀1
8:50 34 ♂2♀11


9時台  82羽♂4♀12
9:13 18 旋回
9:16  3 ♂1♀2
9:32 34 ♂3♀10
9:46  5 旋回
9:52 22 旋回


2021年06月05日

6月2日(水)照ヶ崎のアオバト

天気:曇り、北東風・微風
観察時間:4:15〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):42回
飛来羽数:2284羽(397.2羽/時間)
最大羽数:178羽(8:23)
観察羽数:1040羽(♂424羽・41%)



2021.6.2 朝一アオバト
早朝初飛来のアオバト


4時台 252羽♂43♀15
4:33   6  ♂4♀2
4:37  46 ♂16♀5
エリザベスサンダースホーム、てっぺんの枝に14羽
4:49 153 ♂19♀7
4:54  47 ♂4♀1


5時台 346羽♂135♀35
5:07 130 ♂50♀10
5:28  52 ♂16♀6
5:44  50 ♂26♀10


2021.6.2 なぶら
5:45〜 なぶらが同時大量発生。磯沖から国府津沖まで
5:48  32 ♂13♀9
5:52  75 ♂30
5:55   7 旋回



6時台 180羽♂64♀46
6:09  ♂2
6:15  10 ♂3♀2
6:22   5 ♂4♀1
6:26  28 ♂16♀5
6:30  24 旋回
6:35  34 ♂12♀13
6:38  ♂1
6:41  24 ♂16♀3
6:50  14 ♂2♀12
6:55  38 ♂9♀10




2021.6.2 アオバト群れ
磯におりたアオバトの群れ


7時台 566羽♂83♀176
7:03  55 ♂14♀16
7:08  47 旋回
7:19 120 ♂21♀53
7:30  12  ♂4♀8
7:35 100 ♂13♀26
7:40 130 ♂21♀32
7:48  70  ♂8♀27
7:54  32  ♂2♀14


8時台  482羽♂38♀189
8:00  22 ♂3♀12
8:05  ♂2
8:12  43 ♂4♀18
8:16  30 ♂2♀22
定置網西あたりに巨大ななぶらができている
8:23 178 ♂13♀58
8:35  70 ♂6♀42
8:43  57 ♂8♀37
8:52  80



9時台 419羽♂60♀135
9:07  130 ♂20♀31
9:19  125 ♂13♀43 灯台側(沖側)の東テトラにおりる
9:37   48 ♂10♀22
9:40   39 旋回
9:43   10 ♂4♀6
9:50   67 ♂13♀33


2021.6 .2 ハシボソガラス雛3羽
プールにいたハシボソガラス雛3羽とねだられる親

2020年8月2日(日)照ヶ崎のアオバト

記録し忘れの2020年の記録になります。


天気:晴れ
観察時間:4:35〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):56回
飛来羽数:2726羽(474.1羽/時間)
最大羽数:163羽(4:58)
観察羽数:952羽(♂229羽・24%)
幼鳥:第1期4羽・第2期♂7羽・第2期♀20羽:計27羽(出現率5.1%)
その他:
4:58の163羽の中に、喉赤アオバト♂1羽
キョウジョシギ1羽が5:23磯の上にポツンと止まっていました
5:52にイソシギ1羽を声で金子さんが発見
5:57にカワセミ1羽が磯に止まって、その後東へ飛びたつ
7:13にキアシシギ5羽が磯から飛び立ち、西方向へ。磯にいるときは3羽しか見えなかった
9:37にキアシシギ1羽が再登場。5羽とは別の個体か?



4時台 291羽♂46♀39
4:45   5 ♂2♀3
4:48  80 ♂19♀7
4:51  23 ♂8♀12
4:55  20 ♂4♀7
4:58 163 ♂13♀10 喉赤♂1


5時台 145羽♂23♀21幼鳥♂2
5:21   3 ♂2♀1
5:23   4   ♀2
5:24 キョウジョシギ
5:35  35 ♂8♀6   幼鳥♂1
5:49 102 ♂13♀12 幼鳥♂1
5:52  ♂1

5:53 イソシギ1
5:56 イソシギが西へ飛ぶ
5:57 カワセミ1、イソシギの声と間違えていた


6時台 481羽♂61♀163  幼鳥♂2♀7第1期1
6:03 137 ♂25♀58  幼鳥♀2
6:06   4 旋回
6:08  25 旋回
6:10   7 旋回
6:15  10  ♂1♀6   幼鳥♀1
6:25  50 ♂8♀15   幼鳥♀1第1期1
6:27  24 ♂5♀15
6:35   2   ♀2    幼鳥♀1
6:40 101 ♂6♀26 幼鳥♂2♀1
6:46   4 ♂2♀2 旋回
6:50  17 ♂6♀7
6:53   6 ♂1♀2
6:55   4 旋回
6:58  90 ♂7♀30    幼鳥♀1

2020年5月31日(日)照ヶ崎のアオバト

前年の記録をアップしていなかったため、記録用にアップです。

天気:曇り
観察時間:4:33〜10:00
飛来回数(防波堤を越えた数):45回
飛来羽数:2376羽(436.0羽/h)
最大羽数:200羽(8:08)
観察羽数:722羽(♂225羽・31%)


4時台  116羽♂39♀10
4:33  3 到着直後に磯に入る。1羽ずつ帰る
4:43  3
4:51 110 ♂39♀10


5時台  117羽♂32♀20
5:03  5 戻りで気づく
5:52 70 ♂20♀12
5:54 38 ♂12♀8
5:57  4 旋回


6時台 230羽♂27♀22
6:00   6  ♂3♀3
6:20  15  ♂7♀3
6:27  12  ♂2♀5
6:30   5 旋回
6:43  12  ♂2♀2
6:50 100 ♂12♀8
6:59  80  ♂1♀1


7時台  583羽♂58♀133
7:17 120 ♂24♀21 若い♂1
7:25  75 ♂13♀18
7:33  45 ♂10♀24
7:37   3 ♂2♀1
7:43  50 旋回
7:50 100 ♂3♀10
7:55  40 旋回
7:56 エリザベスサンダースホームの森の頂上に100羽近く止まっている
7:59 150 ♂6♀59



8時台  802羽♂53♀254
8:08 200 ♂6♀26
8:14  90 ♂7♀48
8:19  63 ♂5♀25
8:21   8 ♂4♀4
8:24  65 ♂4♀26
8:26  74 ♂1♀5
8:30  12 旋回
8:33   3 ♂2♀1
8:37  58 ♂6♀40
8:42   9 ♂2♀7
8:47 110 ♂6♀27
8:53  10 旋回
8:56 100 ♂12♀45 東テトラに結構止まる



9時台  528羽♂12♀58
9:04  60 旋回
9:08  81 旋回
9:11  31 旋回
9:16  34 旋回
9:19  83 ♂4♀29
9:23  28 ♂1♀2
9:24   9
9:35 110 ♂4♀18
9:37 キアシシギ1
9:45  80 旋回
9:46 キアシシギ2
9:50  12 ♂3♀9

2021年01月09日

9月21日(月)牧之原 相良坂井港のアオバト

堤防上待機所

堤防上から帰る


9月21日(月) 9:30〜10:30 牧之原 相良坂井港北側  晴れ  波なし

牧之原での2か所目確認

9:32  8 飛んでいるのを発見。道路側においてあるテトラにおりる。何羽かは白地の堤防上で待っている
9:39  5 堤防上に止まっている。1羽だけおりて戻る
10:25 堤防上に近づいてみると、高さ1.2mほどで堤防上の歩道から見えてしまう位置。
人がそんなに通らないのでこのような場所へ止まっているのであろう。フンを発見。種が入っている。

9月21日(月)牧之原地頭方のアオバト

テトラにおりる

海上を飛ぶ群れ

御前崎の港が見える

飛ぶ群れ

テトラで


9月21日(月) 7:50〜9:10 牧之原地頭方  曇り  波なし

早朝に御前崎海岸でシギチドリを見ながら、アオバト探すも発見できず。アリスイは見つけたが。

8:13  7 コーヒーオアシス南を山のほうへ飛んでいき、山の松へ止まる。海へ出ていた帰りのよう。⇒用宗以西、御前崎以東で気になっていた場所で海水吸飲を確認。

8:44  7 山の木の上に移動


8:50  35 ♂4♀24 幼鳥♀4 沖にあるテトラにおりて水飲み
〜9:00 最初はコーヒーオアシス南から入ってきがたが、こちら(やや北)のほうへ近づいてテトラポットへおりる

9:08  11 旋回 コース同様もおりず

2020年10月11日

9月20日(日)静岡用宗 夕方小雨のアオバト

9.20夕方用宗 大きな群れ


9.20 夕方用宗 低いテトラポットにおりる


大崩海岸、焼津から戻り、午後から夕方は用宗に再度戻ってきました。昼すぎから雨が降ったりやんだりのため、他の場所でアオバトは見つけにくいと判断して戻りました。海岸沿いはそこまで雨は降らなかったのですが、山は完全に雨模様。それでも60羽、90羽と大きな群れが来ていました。



9月20日(日) 14:20〜17:00 静岡用宗 夕方 曇り時々小雨のち雨  波なし


総飛来羽数:245羽
飛来回数:8回
観察羽数:67羽 ♂47♀20 ♂比率70.1%
幼鳥羽数:6羽 幼鳥♂2幼鳥♀4


14:28 60 ♂8♀3 釣り竿に反応して戻る
14:38 12 ♂4

15:04  9 旋回
15:50  5 旋回

16:20 90 ♂35♀17 幼鳥♂2♀4
16:29 13 旋回
16:37 11 旋回
16:43 45 旋回

雨が降り出し暗くなったため、17時で観察終了。
山側が小雨がよく降っていたためか、アオバトの飛来回数、飛来数ともに少なかった




9.20 夕方用宗 雨の合間にくる群れ


9月20日(日)静岡用宗のアオバト(朝)

9.20用宗 大きめの群れ2


9.20用宗 朝テトラポットにくる群れ
朝テトラポットにくる群れ


9.20用宗 テトラポットおりる2
テトラポットおりる


9.20戻る♂
山へ戻る♂



前日夕方に少しだけ、由比のアオバトを見て、早朝夜明け前から用宗でアオバト観察。
江之浦に続き、朝焼けが見えましたが、山側には雲がどんより。夜明け直後の飛来はなく、6:30に貯まったいたのか200羽のアオバトが一気にやってきました。10分以上行ったり来たりした後、ハヤブサが様子を見に来て、行ったり来たりの群れは解散。ハヤブサが出たのはこれっきりでした。ハヤブサの影響かテトラポットにおりづらい感じでしたが、それでも群れは来てくれました。

昼は焼津まで大崩海岸の降りれそうな場所を見ましたが、アオバトが来ていることは確認できず。


9月20日(日) 5:15〜10:30 静岡用宗 くもり 波なし

総飛来羽数:816羽
飛来回数:15回
観察羽数:184羽 ♂93♀91 ♂比率50.5%
幼鳥羽数:12羽 幼鳥♂6幼鳥♀6



9.20用宗 朝焼け
5時台飛来なし


6:30  200 ♂53♀33 幼鳥♂1♀1
〜6:44 ハヤブサのアタックで群れがバラバラになりながら戻る
早朝の飛来がなかった分、アオバトがたまっていたからなのか、200羽というかなり大きな群れになっている


9.20用宗 近くに飛ぶアオバト


7:00 13 旋回
7:05 38 旋回

7:09  110 ♂10♀14 幼鳥♂1♀2
〜7:19

7:21 14 旋回
7:41  2 旋回 山側の待機場所は、新幹線トンネル出口の南の斜面のあたりの木が多かった

7:45  70 ♂6♀4 沖テトラにとまる
〜7:52 10羽が帰る


9.20用宗 近くを飛ぶアオバト2


8:08 10 旋回
8:22 35 旋回
8:42 35 旋回 ハヤブサが来た影響なのか、あまりおりない

8:48 75 ♂24♀40 幼鳥♂4♀3
〜8:56 


9.20用宗 テトラポットで海水飲み


9:12 70 旋回 山から直接来た群れが加わる
9:28 40 旋回


10:14 4 旋回

10:20  100
〜10:26 




9.20用宗 イソヒヨ幼鳥近くに寄ってくるイソヒヨドリ幼鳥。何かもらったことがあるのか。


9月19日(土) 江之浦の磯におりるアオバト

江之浦朝焼け江之浦の朝焼けが綺麗だった

飛んでいく群れ飛んでいく群れ


磯をあがる磯をあがる

磯におりる磯におりる


頂にとまる頂にとまる




諸事情ありまして大磯照ヶ崎にあまり行けておりませんが、年1回の静岡のアオバト確認の道中に江之浦の磯におりるアオバトを見てきました。

海岸沿いの崖下に真鶴道路が走る場所で、アオバトが降りる場所近くから観察できないのはわかっていましたが、記憶よりも遠い場所におりていて、♂♀を見分けるのはなかなか難しい状況でした。

最大50羽ほどの群れを見ることができました。100羽以上の群れが来るのかと期待をしていましたが、9月下旬という時期もあり、数が少なかたtのかもしれません。



9月19日(土) 5:30〜9:30 江之浦 晴れ 波なし

総飛来羽数:199羽
飛来回数:20回
参考:♂6♀14幼鳥♂1

5:30 30 顔出して戻る
5:40  2 アオバトがおりてくる山のてっぺん当たり(頂)の木の中へ入る。山側から来たよう

6:02 20* 江之浦港側の岩へおりる。釣り人がいてこちら側におりれない
6:09  1* 旋回 海側に出るも戻る 遠い側
6:11  7* 岩からあがる姿確認
6:16  4* 岩からあがる姿確認
6:18  3* 岩からあがる姿確認
6:21 15 頂から山へ群れが戻る。その時にこちら側に姿を見せる
6:54  2 頂の少し下、こちら側へ移動

7:20  2* 岩からあがる 遠い
7:23 17* 岩へおりる 遠い
7:26 上の17羽が岩からあがる
7:29  3* 見えない。港側の岩へおりる
7:30  6* 道路上の木から出たり入ったりしている状況
7:34  6* 頂から港のほうへ旋回してから、結局元に戻ってしまう
7:48  5 山から頂へ入る


8:00 30* 頂付近から港方向へ入る。見えない
8:01 14* 海のほうへ群れが出ていく

8:02 50* 上の14羽に加えて次々と道路上の木から岩へおりる。♂3♀7 幼鳥♂1
〜8:07 最後に2羽あがる

8:09 14* 岩へおりてすぐにあがる
8:20  5 頂へ入る ♂1♀1見える
8:22 22* 旋回

8:24 アオサギの群れにつられて、25羽ほどが頂の木から飛び出す。アオサギは真鶴半島方向へ
8:34 カラスが頂付近に来て、驚いて10羽ほどが飛び出す。1羽はてっぺんの木のよく見える位置に止まる
8:37 頂から10羽飛び出て付近を移動


9:22 11* 岩からあがる
9:24 26* 岩へおりる ♂2♀6
9:26 10* おりてからすぐあがる
9:28 29* 道路上から頂へあがる
9:30 +10* 別の群れが岩へおりる

9:30〜9:45 アオバトがあがった後、車で1往復し、降りている場所を確認。
道路上に枝が出ている木に止まって真下におりるように岩におりている。冬の水飲みのような真下おり

9:45〜10:00 観察場所へ戻るも飛来なし


9月下旬だからなのか、それともポイントとして少ないのか、アオバトの数が早朝から少ない印象。
おりる岩の位置は以前よりも港側(遠い)ほうになっているよう。

2020年03月14日

2月24日(日) 早朝服部緑地本隊

2月24日(日) 服部緑地本隊 6:30〜9:00


DSC09232
6:37 2 ♂1♀1がバーベキュー広場方向から山が池沿いの落葉樹へ入る
6:38 ♂1も。一度どこかに集合をしていたのか。もう1羽来たが、どこかへ行ってしまう。


DSC09235
6:40 3羽の群れは姿を見せるも北の方角へ、8羽はいつもの落葉高木へ止まる



DSC09242

DSC09254

DSC09257

DSC09258

DSC09261
6:43〜6:45 ♂1♀2若♂2が池におりて、水を飲む。池から出ている枝に数羽が止まってキツイ態勢で飲んでいる

6:50 1羽は東のほうへ飛び出し、2羽は不明。5羽が残る


7:03 2羽が戻り、7羽になる。♂1♀3+♂2♀1の組み合わせ。
7:05  1羽がすぐ横の松の中へ。2羽も入ったのか、落葉高木へ残ったのは4羽に。

しばらく動かず


DSC09273

DSC09274

DSC09275
7:10〜7:20 4羽が池におりて水飲み。♂1♀2幼鳥♂1



DSC09277
最後の♀1が落葉高木へ戻り、♀2に。他の個体はバーベキュー広場方向(西方向)へ飛んでいく


2羽には動きがなく、9:00に観察終了。万博記念公園へ移動。

2月23日(日) 馬見丘陵公園のアオバト

2月23日(日) 馬見丘陵公園 6:50〜15:00 晴れ


6:50 到着も、前回確認のアラカシ周辺では確認できず。その後も動きも見れず。


DSC09042
8:09 やや諦めていたが、トイレ前のベンチ上のアラカシに♀1がいるのを確認。かなり低い位置。



DSC09053成鳥♂

DSC09060若鳥♂

DSC09067目をつぶる若鳥♂

DSC09080尾羽を手入れする♀
8:10 近くに♂1+♂1を確認。計3羽が低い位置の枝に止まっている



DSC09036
8:12 高さは、5mないくらいで近く、丸見えの位置に♀が止まっている。
2年前から毎冬越冬をしている♀は人慣れがすごく、この冬も近くに止まっています


DSC09081
3羽の位置は一枚写真だとわかりづらい
位置関係:上が成鳥♂、下が若♂で一番下で丸見えなのが♀1



DSC09084

DSC09085
8:30 ♀1がしたの枝に移る。1.8mくらいの位置。地面へおりるのか



DSC09087
8:32 成鳥♂1も下の枝へ



DSC09098
8:33 成鳥♂1が前回観察の時と同じシラカシ下の地面へおりる。
珍しく地面にいるキジバトを追い払って、10個ほどのドングリを地上採餌。
8:35 ♂1は北へ飛んで、ナガレ山古墳の南あたりのほうへ。



DSC09172
8:37 ♀1はアラカシ下の地面におりて5、6個のドングリを食べる。♂と違って慣れていないというかがっつきさがない
⇒南へ飛んで岩をくりぬいたような構造物横のサワラの中腹へ入る

8:55 若♂1はアラカシ林内の下側の枝に止まっていた。下をみたりしておりたいようだがら、一旦上へあがる
9:00 突然人の間を縫うように低空飛行でアラカシ林から飛び出し、真南方向へ飛ぶ。立ち入り禁止場所の木の中に隠れたようだ


DSC09181

DSC09178
ただし、どちらも同じ♀。見失った♀は見つからず
9:15 同じサワラに別の♀1羽が反対側の枝に止まっている。しばらくして見失ってしまう。


9:30時点でサワラに♀1+♀1、真南の木に若♂1、ナガレ山古墳南のあたりに成鳥♂1の4羽がいる状況。

10:25 サワラに残っていた♀1(地面におりていたほう)が南へ飛び出し、常緑樹の枝に一度入ってから、再度飛び出して東側に広がる湿地の下のほうへ入る。草が蜜のため姿は見えなくなる。

10:40 下にある水たまりから上の木へあがる鳥の影。羽音がアオバトのものであり、どうやら♀が水をのんでいたよう。
馬見丘陵のアオバトの水飲みを初確認。湿地の水たまりで飲んでいるので目撃がないのは納得。

上がったあたりの常緑樹に入ったようで、その後動きは見れず。他の場所も捜索するも見つからず。
昼休憩モードで動きがなかったよう




DSC09188

DSC09190
13:30 若♂1♀1が昼休憩場所から戻っていたようで、シラカシ上にあるクスノキの枝に止まっている。おそらく午後の部の地上採餌前に集まってきたのだろう。午前は見ていないため、12:00〜13:30と思われる。

13:37 若♂はクスノキ樹冠へ移動。♀は中腹の見える位置で休憩。
13:50 樹冠近くに成鳥♂1がいて、計3羽。
14:02 ♀1 クスノキ中腹からおりるようにアラカシ林の中へ入る
14:04 クスノキの♂2は動きなし


DSC09195

14:09 ♀1はアラカシ林の低い位置(3−4m)で止まっている。暗いが抜けのある低い位置。10m以上の樹冠で待っている♂とは対照的な高さ。




DSC09203

DSC09208

DSC09202

DSC09198

DSC09214

DSC09227
14:20〜29 ♂1若♂1♀1が地面におりて、ドングリを食べる。珍しく3羽揃い踏み。♂が♀に近づき、ちょっかいをかけるような仕草。♂と♀は関係性がありそう。このような行動は初めてみる。
14:29 ♂1東へ飛び出す、続けて若♂も東へ飛び出す。別位置の♀も飛び出し、南東の方角へ。♂は池のほうで、♀は湿地のほう



DSC09229
14:31 ♀1は湿地横の常緑樹から飛び出し、湿地の中にある低い落葉樹の枝に止まる。
木にまきついた常緑のツルがあり、茂ったその葉の横に止まった後、枝をづたいに茂った葉の中へ入る。ツル植物の葉の中でねぐら入りするのは初確認。


1月の観察時と異なり、湿地を利用するシーンを目撃。ねぐら場所はドングリを食べる場所に合わせて変更しているようだ。♂2羽も池近くの照葉樹にねぐらを取っているのかもしれない。早朝の観察は湿地方面を中心のほうがよさそう

2月22日(土) 朝宮公園雨のアオバト

2月22日(土) 朝宮公園 6:50〜14:10 雨



DSC08962
6:50 ♂1 水飲みのにおりる河原上あたりの落葉樹に止まる



DSC08965

DSC08964
6:52 10 北からまとまって川沿い落葉樹に止まる
6:55 ♂1合流して11羽に



DSC08967

DSC08966
6:58 幼鳥♂1♂1♀1下の枝へ。別の♂1が合流し、12羽に



DSC08974

DSC08977

DSC08979

DSC08981
7:04 4羽(♂1♀1)が下へおり、河原へおりて水飲み。すぐにあがり、通路沿いの落葉樹に止まる
7:08 通路沿い落葉樹から旧競技場のアラカシへ入る。
北へ動くアオバトは以前から確認していたが、はっきりと入るのを初確認

7:14 ♀1 北から通路沿い落葉樹へ戻る。
旧競技場のアラカシにいった以外はやや北方向のどこかへ行ってしまった
7:20 ♂2♀1が通路沿い落葉樹から飛び出し、2周旋回後、通路向かいの落葉樹の中腹に止まる
7:23−25 1羽の後、♂1♀1が川上の枝に止まった後に河原へおりて水飲み。
7:25 1羽ずつ川沿いを北へ飛び、旧競技場のアラカシに入る



DSC08982
7:40 旧競技場のアラカシ樹冠に10羽いるのを確認





DSC08988

DSC08992

DSC08993

DSC08995

DSC08999

DSC09002

DSC09009
8:25−8:30 旧競技場のアラカシの下に♂1が先に地面におり、続けて5〜7羽がおりて
地上採餌。




DSC09010

DSC09012
8:30 上にあがって樹冠へ戻る
8:40 ♂1♀1幼♂1を樹冠に確認。残りは奥側に入ったのか
9:10 樹冠でバタバタと動きが出てくる。奥にいたアオバトが移動してきた
9:11 ♂1が遊具南の高いアラカシへ移動

10:30〜雨が本降りになる




DSC09013
10:45 ホーアオー鳴きが途中のフレーズ止まり、1回。樹冠で3羽ほど動いて樹上採餌を行う

11:00 工事で鉄板を落とした大きな音がすると、全13羽が旧競技場のアラカシから飛び出し、高く飛びながら10回ほど旋回して南へ移動
11:05 ダイソー脇の落葉樹に止まっている、すぐに7羽が飛び出し北のほうへ



DSC09015

DSC09016
11:10 13羽が早朝にいた落葉樹で雨浴びをしながら止まっている

雨浴びなのか、強くなる雨にも関わらず、ずっと落葉樹でじっとしている

12:30 13羽が旧競技場のアラカシへ移動。午前よりも北の木へ
12:33 一番北のアラカシへ移動するもすぐに飛び出して、南方向へ。
12:37 2羽が橋ヨコの落葉樹に止まっている。他は見えない



DSC09019

DSC09022

DSC09025

DSC09027
12:45 15羽 駐車場方向から橋ヨコに14羽止まる。橋北のほうの高い落葉樹に3羽で計17羽が止まっている



DSC09030
12:55 17羽が北西方向へ飛び出す。自分から飛んで行ったよう




DSC09032
13:02 9羽がテニスコート近くのアラカシの森の中にある背の高い落葉樹に止まっている
13:45 1羽が西方向へ低く飛び出す
13:53 残りの8羽も西方向へ低く飛び出す
13:54〜14:10 付近を捜索、旧競技場のアラカシ、橋ヨコの落葉樹、その横アラカシの森を捜索も見つからず。雨がかなり強く降り続いているため、観察終了。



2020年03月07日

2月11日(火) 服部緑地午後のアオバト

2月11日(火) 服部緑地午後 12:34〜15:00


光明寺のアオバトを見失い、急遽昨日観察した服部緑地へ戻ることに。
着いた時点ですでにメタセコイアにアオバトが止まっていた。



DSC08943

DSC08945
12:34 メタセコイアに4羽が止まっている。すでに地面におりて飛ばされた後なのかも


DSC08948
12:51 ♀1が大クスノキ樹冠にいるのを確認。残りの10羽はどこへ?



DSC08952

DSC08951
13:38 8羽が南から戻ってくるメタセコイア付近を旋回後、落葉樹へ止まる


DSC08953
13:41 落葉樹からメタセコイアへ6羽が移動。メタセコイアは11羽に。大クスノキの♀1はそのまま

DSC08954
13:47 メタセコイアには12羽に。戻り組が1羽合流
13:52 メタセコイアの12羽のうち、1羽下の北クスノキへ移動。すぐにドバトと一緒に飛び出し、北の方向へ行き見失う
13:56 1羽川沿いを北方向へ飛んでいきねぐらの木へ入る。おそらく大クスノキにいた♀1。見に行くといなくなる
13:57 北クスノキから1羽がねぐらの木へ入る。先にメタセコイアから降りた1羽か


DSC08957
14:00 11羽のメタセコイアから3羽が北クスノキへ移動。
14:04 3羽のうちの2羽が南へ飛び出し、南の松林のほうへ消える。松林のねぐら個体なのかも


DSC08960
14:11 メタセコイアが9羽いる。1羽戻ってきたのか

その後、9羽は日当たりのいいメタセコイアで日向ぼっこ

14:58 カメラマンが接近したため、全羽飛んで行ってしまう。旋回後、南の松林の方向へ飛んでいき、見失う

2月11日(火) 光明寺のアオバト


DSC08942

DSC08941

DSC08939

9:58 ♀1がサワラの木からアラカシへの木へ移動するのを目撃。追ってみると、♀1が止まっている。10分ほどそのあたりにいたが、その後見失う

11:00 その周囲をくまなく探したが、奥へ入ってしまったのか。見つからず。年末目撃の♂1も見つからず。

2月11日(火) 京都御苑早朝のアオバト

2月11日(火) 京都御苑早朝リベンジ 6:40〜9:00 晴れ



DSC08919
7:04 4 鷹司邸跡から出てきて松林の松へ止まる。ねぐらは鷹司邸跡あたりの松か
7:06 3 鷹司邸跡から九条池の大イチョウへ



DSC08918
7:10 ♀1 東から九条池の大イチョウへ


DSC08922
7:15 3番アラカシの上の松に9羽がいるのを確認


DSC08924
7:34 2羽が大イチョウから3番アラカシ上の松へ入る
計12羽に。多くのアオバトがねぐらから直接3番アラカシの上の松やそのあたりの松林に入る



DSC08931

DSC08932

DSC08933

DSC08934

DSC08935
7:48〜7:50 いきなり、2羽が3番アラカシの隣にある松の下あたりにおりて地上採餌を開始する。
計14羽♂6♀8。ドングリを少し食べてから一気にとびあがり、丸太町沿いの木のあたりへ止まる

7:56 4、5羽が九条池の方角へ。10羽が九条池東の落葉樹に止まる。一部は大イチョウアラカシの中へ入る。


DSC08937
7:58〜8:06 10羽が徐々に大イチョウとなりのアラカシに入る。

アラカシで昼休憩モードに入ったため、リベンジ早朝観察終了

2月10日(月) 服部緑地の越冬アオバト

2月10日(月) 服部緑地 6:40〜15:20 晴れ

7:04 1 東方向から北東から大クスノキへ


DSC08749
7:06 2 サッカー場方向から入る
7:08 1 北方向から大クスノキへ入る


DSC08751
7:09 2 南から落葉樹へ入る
7:10 +5 北方向から大クスノキ+落葉樹へ入る
7:11  4 北からクスノキへ入る
7:12 6 落葉から大クスノキへ移動
7:13 2 北方向から大クスノキへ
7:14 8 大クスノキから北のメタセコイアへ
     5羽 大クスノキ上空を旋回後、南クスノキへ入る
     2羽は大クスノキへ残る。
ハシボソガラスに追い出される。真ん中のクスノキにある巣を作っているからなのか?
7:16 7 北のメタセコイアから大クスノキへ戻る
7:17 ♂1 南クスノキから落葉樹へ止まる


DSC08764

DSC08762
7:18−20 大クスノキからアラカシへ移動。アオバト押し状態。見える位置に大量に止まる


DSC08754
7:24−28 アラカシから下へおりて地上採餌。



DSC08772

DSC08778

DSC08783

DSC08784
7:26 地上採餌せずに待機していた♂2が川へおりて水飲み
7:28 水飲み組、地上採餌組、木に残っていた組がバラバラと大クスノキと南クスノキへ入っていく。
アラカシに集まるのは目的があったからのよう


7:30 大クスノキにいたアオバトがすべて南クスノキへ移動
7:54 2羽 南クスノキからアラカシへ移動


DSC08787

DSC08788
7:56 ♂1 アラカシから川へ降りて水飲み
7:58 1羽がおりて地上採餌。
2羽移動して1羽は水飲み、1羽はドングリ食べると分かれた

8:01 地上採餌終了の1羽が大クスノキへ直接戻る
8:02 大クスノキからアラカシに2羽移動、しかしすぐに南クスノキへ移動する
8:07 ♂1 南クスノキから落葉樹へ出るもすぐに戻る


DSC08794
8:28 ♂1 南クスノキから下におりて川へおりて水飲み



DSC08823

DSC08817

DSC08805

DSC08802
8:30 2 南クスノキからアラカシへ移動。他も何羽か移動



DSC08825

DSC08828

DSC08829

DSC08831

DSC08835

DSC08842

DSC08843
8:34〜37 ♂1がおりて川で水飲み。その後、一気に6羽ほどが川へおりて水飲み。
終わった個体は南クスノキへ戻る。一部がアラカシへあがるものも


DSC08847

DSC08852
8:38 ♀1がアラカシから河原へおりるもすぐに小さな落葉樹へ止まり、こちらを見る


DSC08854

DSC08857

DSC08860

DSC08866
8:39 ♀1 小さな落葉樹から川へおりて水飲み。よほどのどが渇いていたのか、5回を嘴をつけて飲む


DSC08873
8:42 ♀1 アラカシから降りて順番に水飲み


DSC08877
8:43 ♂1 順番に水飲み



DSC08870
8:43〜8:50 水飲みの裏で南クスノキからアラカシに移ったアオバト何羽かが地面におりて地上採餌
8:48 飛び出たアオバトが南の松林の方角へ飛んでいく
8:51 ラスト2羽が大クスノキへ戻る

大クスノキと南クスノキにばらけて止まる


DSC08879
9:06 大クスノキ樹冠に10羽、南クスノキ樹冠に5羽確認。
その後、昼寝モードで動きなくなったため、
10:12〜10:40 バーベキュー広場付近のアオバト確認。おらず。

11:10 ♀1 水飲み。直接大クスノキへ戻る。飛び上がる羽音で気づく


DSC08883

DSC08885
11:53 ♂1 大クスノキから真ん中クスノキへ移動。真ん中クスノキの樹冠に3羽いることが判明


DSC08891

DSC08889

DSC08888
12:15 ♂1 真ん中クスノキのカラスの巣の上で休む。風が強くなり、枝が大きく揺れるため、安定感のある大きな巣に止まるのがいいのかも
12:23 ♂1 カラスの巣からおりて、横の枝へ移る。思ったよりも止まりにくかったのかも。巣にアオバトがいてもカラスは来ないので、放棄巣のよう。
12:24 ♂1 大クスノキから真ん中クスノキへ移動。強風が吹き、やや背の低い真ん中クスノキが安定しているように見えるからなのか

13:19 ♀1 大クスノキから真ん中クスノキへ移動。真ん中クスノキが6羽になる


DSC08898

DSC08903
13:39 3 真ん中クスノキからアラカシ
13:40 続けて4羽、さらに10羽がアラカシへ入る
13:41 若♂1と♂が4、5羽アラカシの丸見えの枝に止まる


DSC08909
13:42 若♂1♀1が川へおりて水飲み。午後はあまりないかも
13:43〜13:48 次々と地面に20羽が降りて地上採餌。


DSC08914
13:48 20羽が飛び上がり、15羽はメタセコイアへ止まる。3羽は南の松林の方向へ飛んで行って見失う。
2羽は南クスノキへ入る

13:51 4羽がアラカシから飛び出す。戻った個体か。1羽はねぐら当たりのクスノキへ入る
13:52 3羽のうち1羽はすぐに不明。2羽は西方へぐるっと回るように飛び、北へ方角を変えたあたりで見失い。
住宅地内のため、ぐるっとまわってどこかへ止まったと思われる
13:54 メタセコイアは13羽になっている
14:00 メタセコイアは14羽に増えている。クスノキに入っていた1羽が郷亮右したのか
14:05 南クスノキに♂1確認。まだ動きそう
14:17 南の松林から5羽が飛び出し西の方向へ。ぐるっと回る雰囲気も見失う
14:54 メタセコイアから10羽が突然、ねぐらの木へ一気に入る
14:55 4羽も続く
15:00 ねぐらを確認中2羽が川向いの北クスノキへ移動。1羽は逆に北クスノキからねぐらの木のひとつ南のアラカシへ入る
15:05 2羽が北クスノキから飛び出すもUターンして戻る
15:15 南クスノキに♂1いないのを確認。移動したよう
15:20〜16:00 緑地内確認も見つからず。

2月9日(日) 京都御苑 午後のアオバト

2月9日(日) 京都御苑 14:20〜16:30 晴れ時々にわか雪


DSC08715


動かなくなった山科を後にし、午前動けてないことを想定し、午後の部を期待して京都御苑へ戻る。
運よく、アオバトの姿をすぐに発見することができた。


DSC08712
14:20 境町御門の松林にある3番アラカシの樹冠に5羽が止まっている。鷹さのない場所のため、降りる直前か。
14:28 上の松から別の5羽が降りてくる

DSC08716

DSC08722
15:13 ♂1が見える位置におりてきた。ぼちぼち地面へおりるのか


DSC08732

DSC08734

DSC08737

DSC08738

DSC08741
15:40〜15:47 17羽が3番アラカシ下の地面にバラバラとおりて地面採餌。♂♀は半々くらい。

15:48 何かに驚いたようにまとまって飛び上がり、周囲を2周ほどぐるぐると回った後、北方向へ。鷹司邸跡の松林あたりで降りたように見えた。


後を追って、探してみたが見つからず。翌々日の観察でもそこから出てきており、何羽かは間違いなくねぐらにしているよう。

2月9日(日) 山科のアオバト 

2月9日(日) 山科 10:00〜13:15 晴れ時々にわか雪

雪の京都御苑から移動し、10時ころ到着。しばらくアオバトの姿が見えずでしたが、以前とは違う場所におりました。ここでもにわか雪が。



10:00頃 到着もアオバトの姿はなく。前回いた付近などを捜索も見つからず。


DSC08711
11:05 捜索範囲を南側に広げたところ、南テニスコートあたりのアラカシに♂1♀1を確認。


DSC08700
11:10 南テニスコート側から♂1が見える。下からは見えない位置に止まっている


DSC08705

DSC08706
11:40 下側から♂1確認できたが、相当込み入っている場所。♀1は見えない
12:13 子供が走って下にいるドバトを追い払うもアオバト反応せず。この手には慣れているよう

12:48 ♂1が下の枝におりた直後に低いルートで北へ飛び出す。北方向へ探すも見つからず。
ねぐら入りの可能性が高く、午後の部を期待して京都御苑へ戻る。


おまけ;

2020.2.9モズ
やたら近いモズ


2020.2.9イカル
イカルもいました

2月9日(日) 京都御苑のアオバトは雪で断念

IMG_20200209_070748



2月9日(日) 京都御苑 6:40〜9:00 雪

夜明け前から京都市内は雪が降ったりやんだり。7時半前後には吹雪に。
木の上や土の部分がうっすらと積もる状況でアオバトの動きなし。

市街地はほとんど積もらず大きな影響はなし。北山の金閣寺や東山、比叡山方面はかなり積もったとのこと。9時まで待機したものの、動きなく、天気がより晴れていそうな山科へ移動。


2020年03月01日

1月19日(日)馬見丘陵公園のアオバト

1月19日(日) 馬見丘陵公園 7:20〜16:00 晴れ

予定外の2日目は、京都ではなく、姿が見られたとの情報のあった馬見丘陵公園へ。
京都の宿から始発で移動のため、早朝にはつけず、最寄り駅から走り、7:20前に到着。



DSC08428
7:20 小川近くのよくいるアラカシに♀1発見。枝先で動いているもすぐに上のほうへ


DSC08436
7:27 ♂1♀2がアラカシやや上のほうで休憩。1か所で固まっている



DSC08432

DSC08430

DSC08429

DSC08433
7:30 羽音が聞こえるほど近い位置



DSC08441
7:32 ♂1♀1がアラカシから飛び出し、♀1は古墳に生えるクスノキへ入る
7:38 ♂1♀1ともにクスノキへ集合。皆、樹冠へ止まる


DSC08438
7:40 ♂1は若♂のようで、♀1をおいかけるように移動している。雨覆の赤い部分がまだらで前の年生まれの幼鳥なのかも


DSC08443
7:54 ♂1♀2ともにクスノキの北側樹冠に入って動かなくなる
8:00 少し下にいた♀1 横をみたり、下を見たり、枝移ったりと落ち着かない

その後しばらく動かず
9:54 日向にいる♀1、クスノキの実をついばむ


DSC08449
9:56 日向の♀1、♂1♀1のすぐ下に移動。軽く日向ぼっこポーズ??
9:59 ♂1がやってきた♀1の下の枝へ移動。そろそろ動く?
10:23 上の♀1が枝移って、クスノキ ついばむ



DSC08452

DSC08454

DSC08459
10:30〜10:38 小川沿いのアラカシに移動し、樹上採餌。ドングリがだいぶ減っているからか、結構移動しながらたべている。
10:39 ♀1が古墳の大きなツバキの中へ。♂1♀1は園路沿い


DSC08462
10:55 ♂1♀1 園路アラカシの中にいるのを確認。♀は歩いていて発見できる位置にいるが、♂は横からじっくり見ないとわからない

11:50 ♀1が奥へ入ってしまうが、何とか見える位置に。下に人が来てもびくともしない。近くにいるはずの♂1も反応なし。
12:00 ♀1は変わらずじっと寝ている
13:03 アオバトの鳴き声が3回連続で聞こえる。場所はわからない。小川近くのアラカシにアオバトが入ったようで、カメラマンが集まりだす


13:05〜13:10 小川近くのアラカシに♂1と♀1が入って少しだけ樹上採餌。ドングリが少ないからなのか、すぐに飛び出してしまう。2羽ともトイレ方向へ向かう。
♀1は朝からいた個体か。♂1は別の個体のよう。2羽は古墳のツバキから出てきたとのこと


DSC08465
13:20 トイレ南のシラカシの中腹にいるのを別の人が発見。成鳥♂1で朝とは完全に別の個体。


DSC08474
13:28 ♂1 シラカシを飛び出し、南の落葉樹へ止まる。こちらもよく見える位置



DSC08475しれっと合流の♀1

DSC08479
13:31 ♀1がしれっと♂1に合流して、♂1♀1に


しばらく、止まった後、元のシラカシへ戻り、

DSC08489

DSC08494

DSC08495

DSC08502

DSC08503
14:05〜14:10 すぐに♂1がすぐに地面におりて地上採餌。♀はシラカシ根本から生えた枝に止まるも降りず。♂1が何個かドングリを食べた後、ポケモンGO勢の接近で南へ飛び出し、見失う。



園路沿いのアラカシへ戻ると♀1は変わらず寝ていた。成鳥♂1と♀1とは別行動のよう。


DSC08528

DSC08518
14:50 園路沿いのアラカシ下でしゃべっていると突然、若♂1が樹冠へ出て樹上採餌。お腹が空いていたのか、人のことは気にせず、ドングリを食べる。



DSC08557

DSC08565
15:00 ♂1は枝に入るも、下から見える位置にしばらくいた後、かなり見ずらい奥へ入る。♂1♀1ともに奥に入り動かないものの、何とか見える位置はある状態。
カメラマンが集まっても特段動く様子はなく。気にせずのねぐらモードか。

15:50 ♂1♀1ともに動かないため、観察終了