2016年06月27日

6/27(月) 照ヶ崎のアオバト&朝焼け

27富士山とアオバト富士山とアオバト

27磯上のアオバト磯におりたアオバト

27磯上の群れ (1)アオバトの群れ



早朝のアオバトの初飛来は4:32の28羽で、喉赤の♂が1羽いました。次の4:43の群れは最大の100羽でした。朝一あたりはいつもどおりかなと思いましたが、複数の大きな群れが乱舞するような様子はなく、お泊り組のアオバトたちが何度か来ている印象でした。その後も大きな群れが来ることはほとんどなく。50羽くらいまでの群れが何回も来ていました。昨日は最大が300羽超えと非常に大きな群れが来ていましたが、その反動なのでしょうか。また、相変わらず、空の高い

月曜でしたが、カメラマンを含めた訪問客が非常に多く、海岸にはカメラマンが40人以上並ぶ時間もありました。アオバトを見に来た人を合計すると100名以上の訪問者が今朝の照ヶ崎に来ていたと思われます。



早朝から空気が澄んでいて気持ちのいい朝でした。
今朝はアオバトよりも空の景色でした。澄んだ空気に独特の空の顔をお楽しみください。

27油絵の朝焼け油絵のような朝焼け

27飛行機雲ひこうき雲

27下弦の月下弦の月



天気:晴れ時々くもり
潮:満潮から干潮
波:なぎから2m
観察時間:4:20〜10:00(実際には10:20まで)
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):回
飛来羽数:1022羽(185.8羽/h)
最大羽数:100羽(4:43)
観察羽数:348羽(♂128羽:37.6%) ♀220
幼鳥:0羽


4時台 188羽♂42♀48

4:32  28 ♂4♀6 喉赤♂1
4:43  100 ♂22♀23 喉赤♂1
4:58  60 ♂16♀19


5時台 159羽♂15♀31

5:04  カルガモ1 西から東へ プールによくいる個体?
5:10 16 東テトラに少しおりただけで森へ戻る
5:29 60 ♂1♀2
5:36  4
5:41 アマサギ&ダイサギの群れ 西から東へ
5:46 10 ♂1♀9
5:51 34 ♂3♀7
5:58 35 ♂10♀13

27磯上のアオバト (2)

以下、セカンドカウント(参考カウント)

6時台 230羽♂24♀26

6:06 2
6:11 43 ♂8♀10
6:16 38 旋回
6:22 36 ♂5♀6 喉赤♂1
6:30 14 喉赤♂1
6:36 37 ♂3♀5
6:42 喉赤♂1 うすくオレンジ色(6:36の群れ)
6:45  4  ♀1
6:47 14
6:54 15 ♂3♀1
6:59 27 ♂4♀3


7時台 234羽♂17♀38

7:03 54 ♂2♀1
7:08 19 ♂4♀12
7:22  6 ♂3♀2
7:30 70 喉赤♀1
7:35 35 ♂2♀13

この段階でカメラマン40人以上が浜に並ぶ、訪問者は50人を超える
27カメラマン40人

7:45  6 ♂2♀2
7:51 14 ♂4♀7 東テトラから磯へ
7:58 30 旋回


8時台 162羽♂28♀55
 
8:04 38 ♂8♀9 喉赤♂1
8:06 15 ♂3♀7
8:13 ♂2
8:18 44 ♂4♀14
8:23  2 旋回
8:30  5 ♂3♀2
8:31 18 
8:48 38 ♂8♀12 ムクドリ幼鳥が一緒に磯の上にいる
8:52 13 ♂2♀11


9時台 49羽♂13♀22

9:08 ヒメアマツバメ1
9:23  2 ♂1♀1
9:27  6 ♀2
9:32 28 ♂8♀13
9:38  6 ♂2♀2
9:48  3 ♂1♀1
9:57  4 ♂1♀3


10時台(参考) 飛来なし

27磯遊び

aobatonahibi at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年06月22日

6/22(水) 照ヶ崎のアオバト

22飛びアオバト飛びアオバト

早朝は雨の気配はあまりなく、うっすら満月も見えていて、少しだけ青空も見えていました。
今朝の初飛来は4:36の42羽で、4:55の66羽が10時までの最大の群れでした。

群れの中の♀の比率が早朝にしては高く、♂:♀が50:50くらいの印象でした(カウントも♂比率54%)。
お泊り組も昨日の雨の影響を受けていたのかもしれません。飛来数もそこまで多くなく、その状況で今朝の見通しの悪い天気と霧雨では少なくなりますね。この天気は幸いにも、照ヶ崎は涼しく快適に観察ができました。

7時前から水曜日に探鳥会を行っているすいたんの皆さんが照ヶ崎に来ました。
いつになくにぎやかな雨の日の照ヶ崎となりました。

22霧雨をしのぐ雨が強くなったため、堤防軒下でしのぎました。

22高い位置に飛ぶアオバト高い位置を飛ぶアオバト。警戒心が強いせいか、高い位置で照ヶ崎に来るアオバトが多かったです


天気:曇り時々霧雨、小雨
潮:満潮から干潮
波:べたなぎから1m
観察時間:4:26〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):25回
飛来羽数:480羽(85.7羽/h)
最大羽数:66羽(4:55)
観察羽数:288羽(♂134羽:46.5%)
幼鳥:0羽


4時台 108羽♂47♀33
4:35 ゴイサギ2羽 先頭ホシゴイ、後ろ成鳥。港上空をふらついた後、北方向へ
4:36 42 ♂22♀14
4:46 ツバメ14羽が東テトラ付近を飛びまわる
4:55 66 ♂25♀19


5時台 132羽♂32♀33
5:04 28 ♂6♀8 東テトラ側から海へ入り、テトラにおりたあと磯へ
5:14 14 旋回 高く入り、降りる気配なし
5:21 25 ♂6♀5 東テトラに下りてから磯へ
5:30 13 
5:35  5 ♂2♀3 
5:36 ウミウSP12羽が沖の海面すれすれを一列で東から西へ
5:45 20 ♂5♀5
5:48  6 ♂2♀4
5:50 21 ♂11♀8


ここからはセカンドカウント(公式カウント数)ではありませんので参考までに。

6時台 68羽♂24♀9
6:06 イワツバメが3羽プールあたりを飛び交う
    ドバト1羽が水飲み場のプール銀傘に待ち伏せてひたすら求愛行動
6:16 13 ♂8♀5
6:19 14 ♂10♀2
6:42 ♀4
6:56  7 
6:59 30 ♂6♀2


7時台 58羽♂9♀9
7:02  2
7:20 12 ♂7♀5
7:35  4 ♂2♀2
7:44 ♀2 もう一度おりる7:45
7:47 コアジサシ1 磯の近くで飛びこむ
7:57  3 旋回
7:59 35 旋回


8時台 62羽♂8♀37
8:04 2 ♂1♀1
8:27 1
8:38 6 ♂1♀4
8:42 53 ♂6♀32
雨が強くなる


9時台 52羽♂14♀33
9:15 10 ♂3♀5
9:28 10 ♂2♀8 
9:42 23 ♂6♀14 
9:48  9 ♂3♀6

aobatonahibi at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年06月11日

6/11(土)照ヶ崎のアオバト カウント詳細は参考記録に

11朝焼け朝焼け


11雪をかぶった富士山雪をかぶった富士山

プールのかわせみ照ヶ崎にプールにいたカワセミ

先週は雨のため、アオバト観察はお休み。月曜の予定でしたが、こちらも雨になりそうということで体調不良を押して、行って来ました。そのせいもあって、途中からのカウント(セカンドカウントですが)がままならず。詳細のほうが参考とさせてください。

早朝から群れの飛来はあるのですが、100羽を超えるような群れは少なく。猛禽類がいるのか、高く飛んで入ったまま下りないケースが多かったです。照ヶ崎プールにカワセミがいました。自転車のブレーキ音のような声で鳴いていました。

富士山の山頂に雪が残っているのが見えました。早朝の短い時間だけ見えていました。



天気:晴れ
潮:満潮から干潮
波:べたなぎから1m、時よりうねり
観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):59回
飛来羽数:1685羽(193.7羽/h)
最大羽数:112羽(6:47)
観察羽数:680羽(♂293羽:43%)
幼鳥:0羽


4時台 97羽♂45♀21

4:22   8 ♂5♀3 一番右の個体の喉が少し赤い?
4:28   5 旋回 東テトラにおりかける
4:32  47 ♂20♀7
4:41  16 ♂11♀6
4:48  21 ♂9♀5


5時台 258羽♂46♀29

5:06  66 ♂17♀3
5:10  33 ♂19♀12
5:13  32 旋回
5:16  26 旋回
5:29  56
5:33   7 
5:37   8 ♂7♀1
5:41  5 
5:53  25 ♂3♀13

<<これ以降参考記録>>
6時台 156♂13♀9

6:00  48 
6:25   6 旋回
6:48 112 ♂13♀9

7時台 185羽 ♂10♀19

7:02   5 旋回
7:06  43 ♂9♀9
7:09  55 旋回
7:15   8 旋回
7:24  35 
7:34  39 ♂1♀10

以降8:20まで記録をきちんと取れず


8時台 198羽♂6♀42

8:20  86 ♂3♀16
8:23   9 旋回
8:29  70 旋回 ドバト2羽に釣られて入ってきて、途中でばらける
8:33  13 ♂2♀11
8:37   9 ♂1♀5
8:44  10 旋回
8:56   1 旋回


9時台 144羽♂5♀10
9:05  16 旋回
9:10  47 ♂5♀10
9:15   51 
9:46 40羽の群れが東テトラにおりる
9:48   30 旋回

aobatonahibi at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト 

2016年05月29日

5/29(日) 照ヶ崎のアオバト(2016年初アオバト観察会)

29照ヶ崎早朝日の出

2016年初となるアオバト観察会の朝のアオバト飛来記録です。
アオバトの初飛来は夜明け時間より少し遅い4:34の126羽でした。
その後、5:11の今朝最大の211羽が来る間、エリザベスサンダースホームの森を見ると数えられる範囲で20羽以上のアオバトたちが木になっていました。まさしくアオバトのなる木といった感じでした。

211羽の群れが来た後のアオバトのなる数は少なくなり、それに合わせるかのように飛来数も少し少なくなりました。7時以降に大きな群れが来るぞ来るぞと期待しておりましたが、そこまで大きな群れが見られず。それでも50羽を超える群れも何度も来ましたので、良かったです。



天気:晴れ
潮:干潮から満潮
波:べたなぎから1m
観察時間:4:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー(観察会参加された方全員)
飛来回数(防波堤を越えた数):49回
飛来羽数:1162羽(193.7羽/h)
最大羽数:211羽(5:11)
観察羽数:395羽(♂189羽:48%)
幼鳥:0羽


4時台 245羽♂67♀28

4:34 126 ♂40♀13
4:45 アマサギ1、ダイサギ5 西から東へ
4:50 13 ♂5♀3
4:59 106 ♂22♀12


5時台 277羽♂56♀19

5:07  2 ♂1♀1
5:10 キジバト1羽 東テトラ側の堤防を超えて海へ。珍しい光景
5:11 211 尾羽なしで下尾筒のみになっているアオバト♂1。尾っぽが白いように見える
5:17  2 ♂1♀1  5:07と同じ??
5:25 アオサギ1 北西から南東へ プール上空
5:41  9 ♂5♀1
5:52  2 ♂1♀1
5:58 51 ♂23♀7


6時台 123羽♂35♀39

6:00〜6:30 ごみ拾い時間
6:30 55 ♂12♀4
6:40 10 ♂1♀5
6:56 30 ♂10♀6
6:58 28 ♂3♀18


7時台 199羽♂5♀32

7:14 60 ♂4♀16
7:23 ツバメ1羽 白い蝶を追いかけて捕らえようとする
7:27 39 ♂1♀16
7:37 55 旋回
7:47 45 旋回


8時台 207羽♂22♀73

8:06 75 ♂4♀26
8:23 40 ♂8♀1
8:26 38 ♂2♀10
8:52 46 ♂8♀31
8:59  8 ♀5


9時台 111羽♂4♀15

9:05  5
9:13 32 旋回
9:16  8
9:22 15 ♂2♀8 弱って海面に浮いていたハシボソミズナギドリが磯に上陸。その後、寝ている姿勢のまま動けないよう
9:28  8
9:35 13 旋回
9:51  9 ♂2♀7
9:55 21



aobatonahibi at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年05月23日

5/23(月) 照ヶ崎のアオバト

磯におりた50羽以上のアオバト磯におりた50羽以上のアオバト


浜に一瞬おりてあがったアオバト


天気:晴れ
潮:満潮から干潮(大潮のため、潮位変化大きい)
波:べたなぎから1m
観察時間:4:30〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):42回
飛来羽数:1101羽
最大羽数:86羽(4:41)
観察羽数:553羽(♂196♀357 ♂:35%)
幼鳥:なし

4時台 159羽♂50♀31

4:36 33 旋回
4:41 86 ♂35♀20
4:52 アマサギ7羽 南東から北へ
ハシブトガラスは謝恩碑の上で肉をついばむ
4:57  8 ♂5♀3
4:59 32 ♂10♀8 東テトラから磯へ


5時台 127羽♂41♀39

5:06 53 ♂22♀20
5:24 クロサギ1羽が磯へ。海面を覗きこんで餌を狙う
5:25 64 ♂10♀15
5:26 ハシボソミズナギドリ2羽にアオバトが反応して戻ってしまう
5:56 10 ♂4♀4

6時台 165羽♂40♀65
6:05 10 旋回
6:15 25 ♂9♀12
6:23 10 ♂5♀5
6:28 18 ♂7♀11
6:30  6 ♂2♀4 フンにヤマザクラの種?
6:42 32 
6:44 11 ♂6♀4
6:53 32 ♂7♀12
6:58 11 ♂3♀8


7時台 345羽♂23♀115

7:01 15 旋回
7:11 70 ♂8♀25
7時11分70羽の一部
7:18 31 ♀9
7:20 ムクドリ1羽がビニールひもを加えて、街中へ
7:22 16 ♂3♀9
7:27 36 ♂6♀30
7:29 60 ♀6
7:36 ♀11
7:44 ハシボソミズナギドリ1羽が海面浮かびながら岸に近づいた後、また沖へ。かなり弱っている?
海面に浮かぶハシボソミズナギドリ

7:46 28 ♂6♀14
7:55 78 ♀11 高い、落ち着かない


8時台 227羽♂32♀73

8:02 42 ♂5♀10
8:05 若いウミウ上陸して羽乾かす
8:08 52 ♂6♀13
8:10 18 ♂2♀8
8:21 18 ♂7♀10
8:25 10 旋回
8:29 18 ♂3♀7
8:33 22 ♂3♀8
8:40  3
8:44 16 ♂2♀3
8:52 28 ♂4♀14



9時台 78羽♂10♀34
9:14 11 ♂2♀7
9:18  5 ♂2♀3
9:24 14 旋回
9:30 32 ♂2♀17
9:44  2 旋回

aobatonahibi at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年05月16日

5/16(月) 照ヶ崎のアオバト

_MG_8269


今朝は5時くらいに照ヶ崎へ到着。夜明け時間から少したっているにも関わらず、かなり暗く、磯の岩のでこぼこがきちんと見えないような感じでした。予定外の小雨が時よりぱらつき、山も天気が悪かったせいか、お泊りと思われる5:39の15羽以外7時過ぎまでアオバトの飛来はありませんでした。風が南風に代わり、小雨が止んだ7時以降は飛来が戻り、少し日が差してきた時間帯の9:51にこの朝最大の28羽の群れを確認しました。海水吸飲の欲求が低いのか、おりたアオバトたちも飲む間もなく、飛び立ってしまう個体が多かったです。

こんな天気でもNHK効果かカメラマン2人と女性3人組の方がマイペースにアオバトを見て行きました。
たくさんは見ることはできませんでしたが、空振りすることなくアオバトの飛来を見られていました。





天気:小雨のちくもり
潮:干潮(潮位変化大きくない)
波:べたなぎから1m(7:15頃に南風に変化したため)
観察時間:5:00〜10:00
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):11回
飛来羽数:151羽
最大羽数:28羽(9:51)
観察羽数:97羽(♂29♀68 ♂:30%)
幼鳥:なし

5時台 15羽♂7♀5
5:39 15 ♂7♀5

(5:51 アオサギが西から東へ 町の上空飛ぶ)

6時台 飛来なし
(6:19 ハクセキレイがプール屋根上でクモの糸に絡んだ葉っぱのようなものを持っていた、小さくしようと悪戦苦闘していたがいつの間にかいなくなっていた。)
(6:20 スズメが観察スペースのところに落ちていたじゃがりこを食べようとしていたが、固く食べれなかったようだ。その後、つぶされて、食べていた)


7時台 43羽♂6♀9
7:12 17 旋回
7:17  8 旋回
7:19  5 ♂1♀3
7:54 13 ♂5♀6
(7:10 アオサギが定置網のブイの上にとまっている)

8時台 32羽♂8♀9
8:22  8 ♂3♀3
8:28 24 ♂5♀6

(8:58 若いウミウが海面で羽をばたつかせていた。海水浴び??)


9時台 61羽♂8♀45
9:10 ♀1
9:27 25 ♂4♀13
9:31  7 ♂2♀5
9:51 28 ♂2♀26 


_MG_8268上の写真と少しだけ時間がずれています

aobatonahibi at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年05月09日

5/9(月) 照ヶ崎のアオバト

IMG_20160509_054103早朝の照ヶ崎

_MG_8264磯におりたアオバト

今日の分の更新です。
どんよりとした曇り空で予想に反し、小雨がぱらつくこともある天気。
そんな天気のためか、アオバトの出足は遅く、9時台に最大の群れが来ました。
31羽という群れに、数を数えるのに戸惑ってしまいました。

アオバト以外にもタオルを持っていくトビやドバトを襲うハシブトガラスという変わった光景が見られました。




天気:曇り一時小雨
潮:満潮から干潮へ
波:波はそんなにない(0から1m)からべたなぎ
観察時間:5:15〜10:00(それ以前はメンバーが確認)
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):8回
飛来羽数:92羽
最大羽数:31羽(9:42)
観察羽数:52羽(♂13♀39 ♂:25%)
幼鳥:なし

5時台 2羽 
5:15 2 旋回 プール横の松に止まる
_MG_8250松に止まるアオバト

(5:21 ムクドリ2羽が巣材を加えて北へ)

6時台 飛来なし
(6:01 ♀3 エリザベスサンダースホームの松の枝に止まっているのを確認)
(6:08 西湘バイパスガード下でドバトを襲うハシブトガラスを発見。ひとが来るたびに攻撃や羽をむしる行為を止めていた)
(6:45 3 西湘バイパスでUターン)
_MG_8265飛び立つアオバト


7時台 15羽♂1♀10
7:15 15 ♂1♀10
(7:17 キョウジョシギ3羽が照ヶ崎の海面を通過。磯へは寄らず)
(7:18 ハシブトガラスが港上空でトビを追いかける)
_MG_8263帰るアオバト


8時台 21羽♂5♀10
8:21 18 ♂4♀8
(8:25 トビが白いタオルを持って電柱の上へつつこうとするが落とす)
_MG_8266
8:41  3 ♂1♀2

 
9時台 54羽 ♂7♀19
9:11   8 旋回
9:17   5 ♂2♀3
9:42  31 ♂4♀10
10:00 10 ♂1♀6

aobatonahibi at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

5/8(日) 照ヶ崎のアオバト

IMG_20160508_052155夜明けの照ヶ崎

IMG_20160508_052205朝の照ヶ崎

IMG_20160505_101423観察終了時の照ヶ崎

昨日(5/8)と今日(5/9)の分をまとめて更新します。
昼、夜と3連投の予定が入った昨日は、少し気合いを入れて早朝から観察でした。
気合いは入ってもアオバトは少なめ。最大は6時前の11羽で、7時から9時の2時間はアオバトの飛来がない状態が続きました。早朝は肌寒い風かったものの、日が昇ると暑くなっていました。ダーウィンが来た効果で、アオバトが少ない時期にも関わらずお客さんがよく来ます。アオバトの来ない2時間のタイミングしかいられない方もいらっしゃいました。

天気:晴れ
潮:満潮から干潮へ
波:波はそんなにない(0から1m)から白波がみえる(0から2m)
観察時間:5:15〜10:10(それ以前はメンバーが確認)
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):6回
飛来羽数:36羽
最大羽数:11羽(5:48)
観察羽数:32羽(♂3♀29 ♂:9%)
幼鳥:なし

_MG_8247


4時台 飛来なし

5時台 15羽♀14

(5:00 エリザベスサンダースホームの森に♀3羽止まっている)¥
5:24 4 旋回 ♀3羽
5:48 ♀11  珍しく全て♀
(5:39 カワウ3羽 東から西へ)


6時台 6羽♂1♀5

6:47  6 ♂1♀5


7時台 なし
8時台 なし

9時台 15羽♂2♀9

9:15 ♀5
9:40 ♀1
10:00 9 ♂2♀7


aobatonahibi at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年05月05日

2016年アオバト海水吸飲観察初回 5/5(木)大磯照ヶ崎のアオバト

IMG_20160505_062204早朝の照ヶ崎

IMG_20160505_101423朝10時過ぎの照ヶ崎。磯遊びやバーベキューの人がたくさん来ています。

2016年のアオバト海水吸飲シーズンがやってまいりました。
今年の初認は5月1日の2羽の飛来、この日は6羽やってきました。
残念ながら、この日の行っておらず、今日が今シーズン初となりました。

6:00に3羽、8:00と8:10に9羽のアオバトを確認することができました。
照ヶ崎には大阪から来られた方がいらっしゃったり、アオバト目的でない方がアオバトの看板を見て、アオバトだと叫ぶシーンなど、ダーウィンが来た!の影響を感じることができました。

なお、今年も越冬していた朝宮公園のアオバトは5月3日にいなくなってしまったようです。


天気:晴れ
潮:干潮へ
波:波高い(2から3m)
観察時間:6:15〜10:30(それ以前はメンバーが確認)
観察者:こまたんメンバー
飛来回数(防波堤を越えた数):20回
飛来羽数:21羽
最大羽数:9羽(8:00、8:10)
観察羽数:5羽(♂1♀4 ♂:20%)
幼鳥:なし


5時台 飛来なし


6時台 3羽
(6:00 3  メンバー確認)
6:39 3 バイパス上空まで来ず


7時台 飛来なし


8時台 18羽 ♂1♀4
8:00  9羽 ♀1海水吸飲
8:10  9羽 ♂1♀3 8:00と同じ群れと思われる


9、10時台 飛来なし



aobatonahibi at 19:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月07日

2月6日 服部緑地のアオバト

_MG_7990


3日目の服部緑地の更新です。
ちまちまと更新しているうちに今年3回目の朝宮公園に行っていたのですが、そのあたりはまた後日に。

1月に続きの訪問です。1カ月ぶりとなりましたが、相変わらず同じ所にいるようです。
行動パターンも大きく変わらず。数は10羽から7羽に減ったのか、変わらないのかわからなかったのは残念でした。

この日は珍しく、最初から最後までずっとアオバトの姿を眺めながらの観察ができました。
木の中に隠れて休んでしまう越冬アオバトの観察で最初から最後までアオバトの姿を見れることは早々ありません。じっくり寝ている姿まで観察できてずっと楽しめました。

今回も写真を多めにしたいと思います。


2月8日(月) 服部緑地 
観察時間: 6:55〜16:30
天気:晴れ
風:なし

6:55 5羽 背の高い落葉樹にすでに止まっている、時々冬芽をついばむ仕草を
みせるが食べている様子はない
7:06 真ん中のカシの木へ移動。下へおりるのか?

_MG_7872

_MG_7871

_MG_7870


_MG_7875

_MG_7877

7:27 ♀3羽が堤防上におりる。ドングリを探しているようだ
他の個体は裏手から直接地面におりているようで姿は全く見えない。
7羽ほどいるようだ。日向ぼっこしていたのは、一部の個体か。
_MG_7891

_MG_7898

7:30 真ん中のカシの木の樹冠へアオバト移動

その後樹冠にいるアオバトたちは完全な休憩モード

10:35 樹冠のアオバトに動きが見える。昼におりるのか
11:10 樹冠にいた♂1羽が木の中ほどの枝へ
12:05 ♀1羽が隣の枯れ枝に移って、すぐに川へおりて水を飲む。
またすぐにあがり、樹冠へ戻る。樹冠にいて見えていた♀のようだ
_MG_7904

_MG_7906

_MG_7908

_MG_7914

_MG_7918

_MG_7919

_MG_7920


12:39 ♂1羽が徐々におりて、最後は一気に川面へおり、水を飲む。
ムクドリの水浴びがすぐ横であり、その行動と姿にビビったのか、

_MG_7927

_MG_7930

_MG_7931
飲みやすそうな川面の石にのって飲むことをせず、川の浅い所に
足をつけて飲んでいた。この♂も樹冠へ戻る

_MG_7937


13:20 8羽が地面におりて、ドングリを少し食べてあとくらいのタイミングで
バラバラとあがる。やはり地面にいる姿は見えない
1羽だけ、北隣のカシの木へ飛びこむ。ねぐらか?
14:05 中段にいたアオバトが動いて見失う。
しかし、樹冠の奥にいるのを確認。リラックスしている状態。

_MG_7937

_MG_7947

_MG_7948

_MG_7971


15:00 樹冠に4羽いるのを確認。午前中と位置を変えて休憩しているよう
15;52 ♂1が中段へおりる。もう一度、ドングリを食べるのか?
_MG_7990

15:54 ♀1羽が下りるように飛び出して、隣のカシの木へ
さらに1羽が隣のカシの木へ。まとめて4羽が北のクスノキの中へ。
ねぐら入りと思われる

北隣のカシの木に3羽、さらに北のクスノキに4羽と計7羽確認。
正月の10羽より減っているのか、3羽は見えなかっただけなのか
16:30 ねぐらの確認もわからず。立ち入り禁止区域をうまく使っているようだ
地面に落ちているドングリは増えているため、もうしばらくここにいてくれ
そうだ。

aobatonahibi at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年02月29日

2月5日 京都御苑のアオバト&山田池公園に寄りました

_MG_7836



2日目の京都御苑の更新です。こちらも長文はなしで観察記録と写真中心でお送りします。

7時前に京都御苑到着。
年末年始の時と同じく、朝の水飲みの数は少なく。
以前のように意気揚々と水を飲む感じはない印象。
8時前に突然、ドングリを食べに地面に下りた時はあまりの速さに驚きを感じました。
と言っても他の場所ではある時間ではあるのですが。京都御苑だと8時以降のイメージが強く。
日の出も早くなっていることもあるのでしょうか。

地面おりてからは松の枝で休憩モード。結構見える位置にいましたが、探鳥会の大人数にも動じず。
それでも動く時はあっという間に。おそらく、いない間に昼間のドングリ採餌があったのでしょう。
まあ仕方がありません。そのおかげで、山田池公園に行けましたが。

山田池公園は相変わらずのアオバトがいてくれています。
もしかしたら、同じ越冬個体でベテランさんなのかも。昔は10羽以上いたという話も聞いたことがありますが、このところ行っていないだけに数もどうなっているのか。この時は成鳥の♂と♀2羽が来ていたようです。どちらもベテランのような気がします。初日の朝宮公園は若い個体が多いのとは対照的なのかもしれません。




2月7日(日) 京都御苑  6:40〜12:30
天気:晴れ時々雪
風:なし

6:40 九条池到着
6:55 池西の大イチョウに♂1
6:59 見失う、2羽が東から池のほうへ
7:17 6,7羽が三本松から大イチョウへ
7:41 6羽が九条池西に移動したかと思ったら、Uターンして三本松へ
7:46 1羽が大イチョウ横から3番アラカシ上の松へ
7:53 3番アラカシ上に4羽見える
_MG_7830

7:55 4羽がいきなり地面におりたと思ったら、あっというまに10羽が地面におりる。♂5♀3確認。ドングリを5−15個ほど食べる。急で準備整わずスコープ合わせられず

_MG_7833

_MG_7831

7:59 2羽が最後にあがり、近くの高い松へ移動
8:15 同じ高い松に10羽確認、♂5♀4? すでに休憩モード
別の枝に1羽いて、計11羽

_MG_7844

_MG_7843

_MG_7846

_MG_7847

_MG_7853


9:55 探鳥会の一団が登場。再度確認すると、計14羽確認。
20人ぐらいの人がいても全く動じない

_MG_7858

10:23 ♀1羽が3番アラカシの低い所にとまっていたが、犬が来て飛び立ってしまう。その後、1番アラカシ跡付近に止まるも見失う

11:00〜11:30 昼食
11:40 昼食から戻ると、14羽いた松からアオバトいなくなる
11:42 三本松から3羽飛び立つ。下に来た人に反応
11:43 近くのアカマツに♀1羽確認
11:49 ♀1羽いなくなる
11:52 ♀1羽が3番アラカシ下におりてドングリを10個ほど食べる。
その後、通り沿いのカシの木へ
12:30 観察終了。山田池公園へ


2月7日(日) 山田池公園  14:00〜17:00
天気:晴れ時々雪
風:なし

_MG_7865

_MG_7864

_MG_7863

山田池公園では15:00頃に♀1羽確認。5年ぶりに竹柵でドングリを食べる姿を確認。
竹柵がボロボロになっており、この場所もいつまで続くのか。飛んで行った方向だけ確認したが、人が多くそれ以上は追うことはせず。

aobatonahibi at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年02月27日

2月4日 名古屋朝宮公園のアオバト

_MG_7774

_MG_7751

だいぶ遅くなりましたが、今冬2回目の名古屋アオバト観察の報告です。
ばたばたと謎のやる気の出無さもあって、今回は長文はなしになります。
この日は15羽のアオバトを確認しました。20羽近いアオバトがその後確認されているようです。




2月6日(土)朝宮公園 6:45〜16:30
天気:晴れ 
風:なし

6:45 到着
6:48 ♂1 カシ林横の落葉とまる
6:52 1羽追加 キジバト8羽同じ木に止まっている
6:57 1羽追加 北から
7:00 4羽がカラスに追い立てられて飛び出すも、一旦橋北のコナラへ
     さらに移動して元の落葉木へ。落葉木に7羽止まっている
_MG_7710
7:10 橋北のコナラと合わせて12羽となる
7:15 12羽がカシ林横の落葉木へ移動。♂5♀7か?
7:16 謎のバラケで一部が北へ。♀2羽がクスノキの上へ移動
     しかしすぐにカシ林横の落葉木へ、落ち着きが全くない
_MG_7713
7:30 カシ林横の落葉木の下に人が来たため、北へ飛び出してしまう。
     北へ移動し、水門寄りの落葉樹に13羽確認。
_MG_7719
7:38 15羽確認。
_MG_7728
8:05 14羽がカシ林横の落葉樹へ
8:07 1羽がクスノキ頂上へ
8:15 徐々にクスノキへ移動し、全羽がクスノキの樹冠に入る。中でごそごそ。
     実を食べているのか?
_MG_7729

_MG_7730

_MG_7731
8:20 樹冠で休憩モード。隣のカシの木ではハシボソガラスが巣を作って寄らないのかもしれない

_MG_7743_MG_7751
9:25 数羽が下のほうの枝へ
9:32 若い♂1羽が地面におりる。その後、♂2♀3がおりて少しドングリを食べる
     しかし、飛び出すドバトの動きを気にしてか、北へ飛んで行ってしまう
     木の中にいた個体も飛び出すが、すぐに木の中に戻る
9:38 残った個体も竹を持った人が下を通り、飛び出す。一部は戻るが、ほとんどは戻らず。
     その後しばらくカシ林前で待つも動きなし
_MG_7751
11:55 ほぼ全ての個体が北方向からカシ林隣の落葉木へ。何羽かは直接カシ林へ
12:00 落葉木からクスノキ、カシ林の中へ移動
12:08 ♀1羽が林の中頃の位置へ
_MG_7756

_MG_7762
12:17 11羽が一気に地面へ、ドングリをむさぼるように食べる
      一部はおりてもほとんど食べずに上へ

_MG_7777

_MG_7767

_MG_7764

12:24 3羽飛び出して、旋回後、北へ。その後も3羽飛び出して北へ。カシ林の中に何羽か残ったのかも
13:04 3羽がカシ林から飛び出して北へ。♀1羽だけカシ林横の落葉木へ
13:20 ♀1羽が橋北のカシの中へ
14:40 ♀1羽がカシ林からおりて、ドングリ採餌。13:20とは別個体か
14:49 ♂1羽がカシ林横落葉木へ。その後、カシ林に入る
15:02 ♂1♀1がおりて、ドングリを10個ほど食べる。飛びだし、橋北のカシの木の中へ
15:30頃 1羽 ドングリを食べにおりていたとの情報
15:47 ♂1羽 地面におりてドングリ採餌。その後、川の方へ飛んでいく
16:00頃まで周囲を確認し、観察終了

aobatonahibi at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年01月24日

1月3日の朝宮公園のアオバト


2地面採餌アオバト (2)

年末年始のアオバト観察の最終日、名古屋の朝宮公園のアオバトの観察です。
ここは地元の方が暖かくアオバト観察を続けてもらっており、定期的に情報もいただいている場所です。毎年、少しずつ違う越冬アオバトの具合が違うのが年を経ることによくわかります。また、ここの越冬アオバトは若い個体らしいものが多い(♂の雨覆の赤色がまだらの個体など)のも特徴です。

早朝からまずはいつもの場所から観察を開始しました。

7時前に現地入り。しばらく待つが一向に姿なく。
早朝に日向ぼっこをこのあたりでするのが恒例の動きになっており、他の場所にアオバトがいるかもしれないと、他の場所を見に行ったりしたが、アオバトの姿見えず。他の場所をまわっていると、現地の方たちと合流。しかし、アオバトの姿見つからず。だめ元で、川にある歩道を上流へ。アオバトが一度も見られていない位置、で、アオバトが歩道5mくらい上にある枝にとまっているのを発見。その後、通行人などに追われる形となってしまい、川沿いをうろうろ。あまり落ち着きがありませんでした。どうやら、水飲みに川におりたかったのに、なかなかおりれなかったようです。その後、昼休憩がありましたが。昼休憩とは別のアオバトが地面におりていたようです。

昼休憩の後、1番最初(2012年2月9日)に朝宮公園でドングリの地面採餌を見た場所(球場沿いのカシの木)の上にアオバトが集まり始めました。その後も下りている目撃のあった場所ですが、おととしあたりに枝を剪定されてドングリがあまりつかなくなったこともあって、アオバトがおりなくなっていたようですが、年明けからここで地面採餌をするようになったようです。午後、地面採餌におりる直前、キジバトが地面をうろうろ。これを合図にするかのうように一気に地面にアオバトがおりました。前からここでよく言われていたのですが、実際に目撃することができました。偶然の可能性はありますが、ありえない話でもないと実感しました。



1月3日(日)朝宮公園 7:00〜15:45
天気:晴れ 非常にあたたかい
風:なし


7:00 朝宮公園西の橋に到着。しかし、この周囲にアオバトの姿はなく。
何度か園内をまわってみるが、姿見えず。

10:20 公園北のほう(川沿い北)へ行ってみると、人がよく通る通路の上の落葉の枝に6羽のアオバト、その直前に1羽のアオバトが頭スレスレ横を通過。

2人の通る道上アオバト発見

10:29 公園北の橋のあたりで、水飲みをしようとする♀3羽が落葉木に止まるも警戒して飛び立ってしまう

2人の通る道上アオバト

10:30 橋の南にあるやや高い落葉木に計10羽のアオバトが止まっているのを確認
10:45 11羽のアオバトが止まっているのを確認。
11:00 落葉木に止まっていたアオバトは近くのカシの木に入る


12:00 公園北にある以前もアオバトのいたカシの木に4羽の姿を確認。その場で待機。
(12:00頃 午後に確認した地上採餌場所で3羽のアオバトがドングリを地上採餌)
12:58 8羽が野球場沿いのカシの木へ移動

13:40 1羽が水を飲みに川へおりる、すぐに戻る
15:14 キジバトが地面をうろついているのを見て安心したのか、計11羽が木から地面におりて地上採餌 

2地面採餌アオバト (2)

2地面採餌アオバト (1)
15:17 群れは川向いのカシの木にほとんど移動し、その南の方角に何羽か移動。カシの木近辺を確認し、ねぐら入りと判断。
15:45 観察終了



aobatonahibi at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年01月18日

1月2日 服部緑地のアオバト

2固まってしまったアオバト下りる直前に固まってしまった2羽のアオバト

2休憩アオバト木の中で休憩するアオバト


昨日は大磯のアオバトがNHK総合「ダーウィンが来た!」で放送され、アオバトが注目された一夜でした。
翌日の更新は大磯ではなく、越冬のアオバトなのはいた仕方がありませんね。放送されたのは夏のアオバト、今回は越冬アオバトと生活が全く違うことを御理解ください。越冬アオバトは、海水は飲まず、淡水を飲んでいます。

年末年始のアオバト観察3日目は2009年以来となる服部緑地での本格アオバト観察。
ここ近年は目撃情報などはもらっていましたが、名古屋や京都某所のアオバト観察を優先していてなかなか行けなかった場所。その後も寄り道しても空振りだっただけにリベンジの気分で大阪入り。昨年9月の野球U18以来の阪急線から歩いて現地へ。到着していきなり、落葉樹にとまるアオバトに出会う。幸先がよく、そのまま同じ場所でアオバトの観察を続ける。日向ぼっこからの水飲み、地面採餌と越冬の行動をほぼすべて確認することができた。何度かここで見ているが、ここまで見ることができたのは今回が初でした。




1月2日(土) 服部緑地 7:30〜15:35
天気:晴れ 非常にあたたかい
風:なし

7:30 現地到着。
7:32 4羽のアオバトが川沿いの落葉に止まっているのを確認
7:35 10羽のアオバトが落葉に止まる♂6♀4

2朝集まったアオバト

2朝に集まるアオバト

2朝アオバト♂♀

7:42 全ての個体が川におりて水飲み。小石のあるところに下りての水飲み

2水飲みアオバト(3)

2水飲みアオバト (2)

2水飲みアオバト (1)

7:45 6羽が川沿いやや北のカシの木へ入る
7:50 南のカシに残っていた4羽が先に入った6羽と一緒のカシの木に入る
8:00 ♂1が見える位置に止まっている
8:18 若♂1と♀1が少し前に出て枝にあるドングリを食べてようとする動作をするが、もうすでに枝にドングリは残っていない
8:40 ♂1が川向かいの地面におりる。木の中の個体もおりる動きが見える
♀2羽が堤防上におりて地上におりる準備態勢
8:41 誰かが近くに来て、地面におりたアオバトが飛び立つ
8:42 堤防上にいた♀2羽が動けずに固まってしまう
8:50 ♀2羽は上のカシに戻る
9:06 若♂1がカシから隣の落葉に出るも警戒してか動かない
9:18 川面に下りて、水を2口ほど飲んでからカシの木へ戻る
9:19 ♀1は南の落葉へ移動
9:25 ♀2羽他が川向かいの地面におりてドングリ採餌。こちらも川向かいに渡り遠くからその姿を確認

以前みた場所の上にある木に10羽ほどのアオバトがこの朝見られたということで、9:30から移動。9:50頃、広場の木の中にいたアオバトの姿を確認。群れが2つあることを確認。10:30頃に観察ポイントへ戻る。

その後、休憩モードで動きなし。10羽は同じ場所から動かない
2川原の糞フンがたくさん落ちている

11:20 樹冠で休んでいたアオバトが動きだし、アラカシの新芽をついばむ
11:34 ♀1羽、地面におりる。樹冠にいた4羽がやや下の枝へ移動。2回目?
結局おりたのはこの1羽のみ。下におりた組もそのまま木の中で休憩。

13:01 ♂1が地面におりる。おそらく、地上採餌
13:30 ♀1 枝を噛む仕草をしながら、木の中を移動。謎のうろつきこうどう
14:02 何羽かが地面におりる
14:03 地面におりようとした♂1羽がたまたま木の中に入ったヒヨドリに追われ、朝いた落葉木へ追い出されるが、すぐに直接地面におりる。ヒヨドリに追われるアオバトは初めて確認。なお、ヒヨドリを追い払うアオバトは八柱霊園で確認している。
14:09 地面採餌完了し、すべてのアオバトが一斉にあがる
14:10 2羽のアオバトは北のアラカシへ、3羽はさらにタブの木のほうへ移動、残りは休憩していたカシの木に入る
14:15 休憩していたカシの木の奥のほうに♀1が動かなくなっているのを発見
15:30 ♀1羽は全く動かなくなり、この場所でねぐらを取ると判断して、観察終了

aobatonahibi at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2016年01月16日

1月16日(日)19:30〜 NHK総合「ダーウィンが来た!」でアオバト登場!



内容本文1(ダーウィンが来た!)

ダーウィンが来た!トップページ

明日のNHK総合夜の7:30より毎週放送の動物番組「ダーウィンが来た!」でアオバトが主役に!
実は、この夏に大磯照ヶ崎で続けられた取材。その成果がようやっと陽の目を見ます。

高性能カメラの横でアオバトをカウントしていたのはいい経験でした。



aobatonahibi at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト 

2016年01月09日

1月1日 京都御苑と京都某所のアオバト

松で休むアオバト (3)


2日目は京都某所へ行き、昨年、見れなかったのでリベンジと期待していたのですが。
水飲みやドングリ採餌で姿を見せる朝に全く姿がなく。昨年からそうだったのですが、観察当初によく止まっていたアラカシがナラ枯れの影響かなにかで枝や葉の数が減少し、隠れる場所がなくなっている感じでした。一部の枝は完全に葉を落としていて、その影響なのかもしれません。9:45に引き上げ、京都御苑へ移動しました。

10時半頃に京都御苑へ戻りました。ちょうど前日の引き上げ時間と同じくらいだったため、昨日の続きのつもりで、堺町御門の松林へ向かうと、松に止まっている6羽を発見。動く様子がなかったために、松の下で待機。結局、午後になるまで動かず。昼飯を食う機会を逃してしまう。

14時を過ぎて、アオバトは動きだし、初日と同じアラカシの下に下りようとするも、接近した人とさらにオオタカの登場で地面に下りることができず。うす暗くなってきた16時過ぎてから1羽の♂だけ単独で地上採餌がありました。朝にドングリを食べていたのか、無理をして戻って食べることがなかったのかもしれません。

松で休むアオバト (4)


1月1日(金) 京都某所  7:00〜9:45
天気:晴れ 風:なし

早朝からアオバトの姿を待つも一向に姿を見せず。
木の下にフンは見当たらず、隠れ家になるアラカシたちがナラ枯れでスカスカになっていて、1本は上がすべて枯れてしまっていた。昨年も見ていないため、もしかしたら越冬地ではなくなっているのかもしれない。


松で休むアオバト (2)

1月1日(金) 京都御苑  10:30〜16:40
天気:晴れ 風:なし

途中から京都御苑へ戻っての観察になりました。ちょうど、前日の続きのような時間帯となったため、その意識を持って御苑を動きました。
10:30 御苑到着。昨日の動きと同じと考え、堺町御門の松林へ
10:40 3番アラカシ南東の松の木に6羽いるのを発見
10:45 2羽が2本隣の松へ移動。木にいるのは確認できず。隠れているよう

その後、最初から止まっている松の見える位置で動きだすまで待機

松で休むアオバト (1)

14:12 6羽が3番アラカシに付近へ移動。おりる態勢か?
14:20 3番アラカシに他の個体も集合してきたため、場所を移動
14:43 3番アラカシの真下に来た親子連れに反応し飛び立つ。3番アラカシから三本松へ移動
14:47 オオタカが北より来たため、三本松に止まっていたすべてのアオバトが主に二方向にばらけて飛び出す。割としつこく追ったため、かなりの高さで逃げていた
その後、アオバトの群れは戻る気配は全くなく。ドングリを食べる直前だったために、戻ることを期待していたが群れは戻ることなく

松で休むアオバト (2)

16:00 3番アラカシの上に♂1羽が戻る。下を見ていたおりたいよう
16:30 ♂1が3番アラカシの下におりてドングリを地上採餌。16個ほど飲みこんで、丸太町通り沿いのカシの木の中へ。そのあたりにカシの木には姿は見えず。
16:40 観察撤収

aobatonahibi at 17:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

12月31日 京都御苑の冬のアオバト

31九条池イチョウに止まったアオバト大イチョウに止まったアオバト


毎年恒例となった年末年始のアオバト観察関西遠征。今回は、12月31日から1月2日まで京都、大阪、名古屋で冬のアオバトたちを見てきました。初日となる大晦日は、夜行バスで到着した後、早朝から京都御苑でアオバトを観察しました。

朝の7時前くらいに九条池の橋で待っていましたが、いつもなら早朝から現れるアオバトたちが姿を見せないので、九条池東の松林のほうに行ってみると、7:50にアオバトの群れを見つけました。その後、九条池での水飲みを8:50に確認、9:10にドングリの地上採餌を確認しました。他の場所もそうですが、今年は暖冬の影響かドングリが枝にほとんど残っていないためか、どこも地上採餌になっているようです。1日観察を予定していましたが、名古屋にいる知人が偶然京都に来ていたため、奈良へ行くことになり、朝10時過ぎに引き上げました。

京都御苑に観察をし始めた頃からアオバトがよくいる場所としておなじみだった堺町御門東側の松林にあるアラカシが2本切られていました。代わりの幼木が植えられ、ナラ枯れの影響を最小限に食い止めるため、樹勢の悪いアラカシなどを切っているようです。
切られた2番アラカシ切られたアラカシ

切られた1番アラカシ切られたアラカシ2




12月31日(木) 京都御苑  7:00〜10:30
天気:晴れ 風:なし

7:00 京都御苑到着。九条池の橋で待機
九条池付近で見られた早朝の動きが無く、堺町御門付近の松林へ何度か行き来。
堺町御門付近の松林の中にあったアオバトがよく地面下りるアラカシの木の2本が切られ、若い苗木に植えかえられていた。ナラ枯れの影響で切ったと思われる。一番西の1番アラカシ、南東のアラカシの2本。昨年大雪の時によく下りた3番アラカシはそのまま。他にもアラカシが切られていたところがあった。
7:50 堺町御門付近松林にある背の高い三本松から東の方角を見ていると、野球場南側の松林から4羽が飛び出す。3番アラカシ上の松に止まってから九条池東の大イチョウへ
8:03 4羽が大イチョウに来る。堺町御門付近の松林から入る
8:04 2羽が大イチョウから松林の背の高い三本松へ
8:05 大イチョウの樹洞で水飲み、何羽かは見えない位置のため不明。飲めなかったアオバトは隣のアラカシの木へ
8:25 ♂1♀1が大イチョウの隣に止まっているのを確認
31九条池横カシの中のアオバト
8:43 ♀3が大イチョウに。別の群れだろうか。
8:50 ♂2♀2他6〜8羽が大イチョウ下にある九条池東端の小さな滝で水を飲む。

31九条池水飲みアオバト

急いで九条池の橋まで戻り姿を確認。水を飲んだアオバトは池から東へ。おそらく、松林へ

8:55 松林の背の高い三本松にアオバトを止まっているのを確認。アオバトの移動で残った3番アラカシ上の松に止まっているのも確認できた
9:10 12羽(♂1♀7)が3番アラカシの下におりて、ドングリを地上採餌
31ドングリを食べるアオバト

9:18 全てのアオバトが3番アラカシ及びその上の松へあがる。ほとんどが松の樹冠部まであがる
9:20 4羽のアオバトを3番アラカシ上の高い松にいるのを確認。体を丸くして休憩モード
31松の枝で待機アオバト

10:03 止まっていた松から三本松へ10羽移動。
10:30 その後動きなく、奈良観光のため、観察終了。
なお、丸太町通り沿いにアオバトのフンが落ちている場所を発見

aobatonahibi at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2015年10月25日

10月25日(日) 1ヵ月ぶりの秋の照ヶ崎のアオバト

25照ヶ崎今朝の照ヶ崎

25照ヶ崎アオバト岩におりるシーンの少なかったアオバト

25照ヶ崎ウミウ秋にやってくる若いウミウ


朝4時過ぎに起きた時に北風がかなり強く、そして寒かったため、アオバトは少ないかなぁと思っていましたが、到着した時に45羽の群れが来てくれました。今日はそこそこ来てくれるのかなと思っていたら、6:58の65羽の今朝最大をはじめ、20〜50羽の群れが何度も来てくれました。10月の終わりとしては多いほうだと思います。数は来るのですが、海水を飲む気はかなり低く、磯の上空まで来るも磯釣りの人の動きがある度に反応して急いで森のほうへ戻っていきました。波も高くなく、干潮に向かって潮が引いていて岩が見えていて、回りの岩におりれるのにと不思議な感じでした。

今日も照ヶ崎プールにカルガモの群れがいました。プールサイドにあがってドングリ(ウバメガシ)を食べるシーンを見ることができました。びくびくしながらプールサイドにあがっているのは少しかわいらしかったです。無人のプールサイドなので、こちらが見ていなければ悠々と食べているようです。

帰る直前に色がまだ黒くなりきっていない若いウミウがいました。秋になるといつも若いウミウを見るような気がします。照ヶ崎は若ウミウの登竜門になっている?




天気:晴れ
潮:干潮へ(大潮)
波:うねりあり(最大2mほど)
観察時間:6:15〜9:00(5時台はメンバーが確認)
観察者:松井ほか
飛来回数(防波堤を越えた数):20回
飛来羽数:432羽(316.4羽/h)
最大羽数:65羽(6:58)
観察羽数:75羽(♂34羽:45%)
<幼鳥>なし


5時台 8羽♂1♀2

5:51  2 旋回
5:56  6 ♂1♀2


6時台 203羽♂7♀9

6:18  45
6:20  カルガモ照ヶ崎プールに10羽いる
6:21  カルガモ2羽がプールサイドにおそるおそるあがり、ウバメガシを2個ほど丸のみにする
6:27  13 旋回
6:27  コサギ1羽、東から西へゆっくりと
6:35  30 ♂3♀3
6:40  ハクセキレイ2羽浜で追っかけあい
6:46  50 ♂1♀2 10羽ほどが洗濯岩におりる
6:58  65 ♂3♀4 今朝最大の数



7時台 149羽♂13♀12

7:03  3 旋回
7:10 13 ♂4♀6 洗濯岩におりる
7:16 26 ♂7♀5
7:26 11 旋回
7:33 ドバトが5羽、プール銀傘で水を飲む
7:45 30 旋回
7:51 47 一瞬だけおりる
7:56 19 ♂2♀1



8時台  72羽♂13♀18

8:00   1  東テトラの上のほうに少し下りてすぐに飛び立つ
8:03  17  ♂8♀7
8:17  14  一瞬だけおりる
8:26  ミサゴが悠々と海面上空を西から東へ
8:34  18 旋回
8:47   6 旋回
8:54  16 ♂4♀11
8:59  若いウミウが岩に上陸して羽を広げる


aobatonahibi at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2015年09月23日

9月23日(水) 秋めいてきた照ヶ崎のアオバト

今朝は5時少し前に照ヶ崎到着しました。
先おとといの20日よりも空が暗く、堤防にあがって見ると、東の空は雲で覆われて、日の出はまったく見えず。夜明けの5:30近くならないとかなりの暗さでした。そんな状況でもイソヒヨドリの声が堤防を登るときに聞こえました。夜明け30分以上前から活動を開始しているのですね。

アオバトは夜明け少したった5:31に73羽が飛来。この後の5:35から6:40にかけてほぼ毎回ハヤブサが狩りをしかけ、毎回アオバトの群れが散らばってしまう状態でした。

狩りが成功し、ハヤブサが来なくなってからは落ち着いて海水吸飲を出来る状態になりました。海水を飲めたアオバトたちがひきあげっていったからなのか、早朝の寒さで山からの飛来が少なかったのか、8時台、9時台と飛来数自体も少なくなっていきました。日が昇りきってからアオバトの数が急に少なくなる感じは、10月のような感じがしました。日に日に秋めいて来ているということでしょうか。



天気:晴れ
潮:干潮

観察時間:5:00〜10:00
観察者:松井ほか
飛来回数(防波堤を越えた数):37回
飛来羽数:1590羽(316.4羽/h)
最大羽数:220羽(5:55)
観察羽数:329羽(♂139羽:42%)
<幼鳥>第2期♂2羽・第2期♀6羽:計8羽(出現率2.4%)



4時台 飛来なし


5時台 423羽♂41♀21 幼鳥♂1

(5:25 20、5:30 12 バイパス前でUターン)
5:31  73 ♂16♀5
5:35  38 *
5:39  32 ♂8♀7 幼鳥♂1 *
5:43  60 ♂17♀9 *
5:55 220 *


6時台 417羽♂35♀33 幼鳥♀2

6:05  35 旋回  アオバト気づかず、結果的にスルーに *
6:11 ドバト15羽1列電線並び、数羽ずつプール銀傘上の水を飲みにいく
6:22  80 ♂7♀10 幼鳥♀1 のど赤♂1 *
6:28  65 旋回 *
6:37  80 ♂16♀9 幼鳥♀1 *
6:40  67  **
6:48  21 ♂4♀8
6:50  39 ♂8♀6
6:55  30 


7時台 410羽♂27♀74 幼鳥♂1♀3

7:04  75 ♂8♀8 幼鳥♀1
7:13  11 旋回
7:19  24 ♂2♀4
7:25  15 旋回
7:28  24 旋回
7:29  90 ♂2♀11
7:36  90 ♂7♀30 幼鳥♂1♀1
7:42  40 ♂4♀9
7:48  16 ♂5♀8 幼鳥♀1
7:54   6 
7:58  17 ♂1♀2 

8時台 243羽♂23♀30 幼鳥♀2

8:04  45 ♂3♀7
8:09  34 ♂12♀14
8:20  92
8:30  14 旋回 3羽ドバト混ざる
8:33  30
8:41  17 ♂2♀5 幼鳥♀1
8:49   1
8:52  10 ♂6♀4  *


9時台  97羽♂13♀32 

9:01  20 ♂4♀12
9:10  45 旋回
9:48  12 ♂3♀9
9:53   1 ♂1
9:54  19 ♂5♀11



4:50 堤防を上がる時にイソヒヨドリの声を聞く
5:10 暗いプールの中にハクセキレイが鳴きながら飛ぶ
6:22 80羽の群れの中に♂の喉赤アオバトが1羽いました
8:18 電柱上に止まっていたトビの右足にピンク色の発泡スチロール板破片がひっかかかって取れない状態に
23ピンクの発泡スチロールが取れないトビ
8:22 東テトラでカラスに追われ、トビの足にひっかかった発泡スチロール片は取れる
8:30 14羽のアオバトの群れの中に、3羽のドバトが一緒に混じる
8:52 狩り失敗の後、上昇気流に乗って高度をかなりあげ、湘南平方面へ飛んでいく

それと、海面すれすれを飛んでいくウミスズメらしき個体も見かけました。海に浮いている姿が近日に目撃されるかもしれません。

aobatonahibi at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アオバト | バードウォッチング

2015年09月20日

9月20日(日) 高波の照ヶ崎に飛来するアオバト

早朝の高波5m近い高波が時よりやってきてアオバトをのみこんでいきました

大きな群れが戻る飛来したアオバト

50人のカメラマンなどが並ぶ50人以上の人が堤防上に一列に並ぶ、浜辺には高波で下りれないのです

夜明け前5時頃に照ヶ崎に到着し、海を見ていると想像以上の高波が押し寄せていて驚きました。前日10羽が波にのまれているということでう予想していましたが、予想外の3〜5m級のうねりが結構な頻度で入っていました。これは、今日も波にのまれるアオバトが出ると確信できる波でした。実際確認できただけで、24羽のアオバトが波にのまれてしまいました。

アオバトの群れは夜明け(5:28)前の5:21の75羽が初飛来。
その後来た35羽と合流して110羽の群れに。5:32には230羽と非常に大きな群れがやって来ましたが、あいにくの高波でおりて海水吸飲することはままならず、一度来た大きな群れが何度も何度も飛来する状態で、海水の飲めないアオバトが後の時間になっても増えている状況で、いつもなら♂の少なくなる時間になっても♂が結構残っている感じでした。7:35には前日同じ420羽の群れが照ヶ崎の上空を舞いました。

高波をかぶり、何とか飛び立ったアオバトが飛んでいる途中、突然気絶して浜に背中から落ちる、波にさらわれたドバトがハヤブサとウミネコに狙われる、クロサギとアオバトが交錯しかけるなど今までに見たことのない光景が見られました。



天気:晴れ
風:北東風を感じるくらい
波:1〜5mと時々非常に大きなうねりが入る
潮:干潮から満潮(9:55)

観察時間:5:00〜10:00
観察者:松井ほか
飛来回数(防波堤を越えた数):32回
飛来羽数:4265羽
最大羽数:420羽(7:35)
観察羽数:283羽(♂107羽:38.0%)
幼鳥:第2期♂3羽・第2期♀6羽:計9羽(出現率3.1%)


4時台 飛来なし


5時台 675羽♂44♀29 幼鳥♀3

(5:20 30  森から飛び出す)
5:21  75  初飛来
5:23 +35  ♂12♀8 1羽落鳥、1羽は助かるも疲労がひどく浜辺で動けず
5:31  45 旋回
5:33 230 旋回
5:40 110 ♂12♀8 幼鳥♀1
5:48 3羽落鳥
5:52 180 ♂20♀13 ♀2


6時台 705羽♂28♀74 幼鳥♂3♀2

6:05  80 ♂7♀6 幼鳥♂1  2羽落鳥
6:12 1羽が波にのまれるもなんとか飛び上がる。しかし、堤防前のいつもの観察場所あたりに差し掛かった時、突然背中から浜に落下、近づいて確認すると意識を取り戻し、人のいない堤防壁際へ。体力を使い果たして気絶したのか??
6:15 3羽落鳥
6:21 220 ♂15♀21 幼鳥♂1
6:25 2羽落鳥
6:33 2羽落鳥
6:41 45 ♂1♀4 幼鳥♀1 ハヤブサが沖で波間におりるような仕草。スコープで確認すると、ドバトが泳いでいました。浜辺にいたものが高波にさらわれたのでしょうか。飛びあがれず、バタバタしていたのをハヤブサとウミネコが狙っていたようです。ハヤブサはあきらめて陸上へ戻りました。
6:44 1羽落鳥
6:54  60 ♂25♀15 幼鳥♂2♀1
6:57  クロサギが西から登場、アオバトとぶつかりかけた後、東テトラにおり、すぐに飛び立って東へ行った模様


7時台 1150羽♂23♀49

7:06  40 旋回
7:10 240 ♂13♀27
7:23 5羽落鳥
7:28 100 ♂7♀19
7:35 420 ♂3♀3
7:48 350 


8時台 1031羽♂12♀24

8:03 300 ♂9♀17 幼鳥♀1
8:15  66
8:20 2羽落鳥
8:25 150
8:31 230
8:36  45 旋回
8:39  80
8:45  40 ♂3♀7
8:58 120 旋回


9時台 704羽

9:00  80 旋回
9:10  96 1羽落鳥  浜辺に2羽おりて、1羽だけ海水吸飲
9:19  51 2羽落鳥
9:24  33 東テトラにおりる
9:26  40 4羽浜辺におりて、海水を飲む
9:36  24
9:45 150
9:54 230


10時台(参考記録)

10:00 22
10:05 40 東側テトラにおりる
10:08  3 東側テトラにおりる
10:12 60

5時台 4羽落鳥

6時台 10羽落鳥

7時台 5羽

8時台 3羽

9時台 2羽

計24羽落鳥



6:12
1羽波にのまれた後飛び上がるも小野さんがいるあたりで突然ひっくり返るように落下。
近づいてみると、意識を取り戻し、再び飛び上がって堤防のはじのほうへ移動。飛んでいる途中で気絶していた?

6:41
ハヤブサが沖で海面に飛びこむような仕草。海に流されたドバトが泳いでおり、これを狙っていた。ウミネコも狙って、ハヤブサはあきらめる

6:57
クロサギが西から飛んでくる、アオバトと衝突しそうになるもかわして東テトラに止まる。すぐに東へいった模様

9:11
浜辺に2羽おりて1羽が海水吸飲

9:24
東テトラにおりる。この後の群れのほとんどは東テトラポットにおりる

aobatonahibi at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)