乗馬部ログ

東北大学学友会乗馬部の部員による日記です。

 お久しぶりです、Twitter担当高橋です。早いもので、もう師走となりましたが、皆さんいかがお過ごしですか。雪国出身の私にとっては仙台の寒さなど大したことないですが。(雪国出身特有の早口)(クチャクチャ)(瞬足)(雪道で差をつけろ)
 ここで一つ、皆さんに謝っておかねばならないことがあります。それは、公式Twitterにおいてあまりツイートできていないことです。Twitter担当になって以来、藁作業のことしかツイーヨしていません。これはまずいです。このままでは、他大学に遅れをとってしまいます………。そこで暫くは最低週一ペースでツイートするよう心がけます。何か話題があれば教えてください。よろしくお願いします……。DSC_0036 (2018_11_15 01_50_35 UTC)-21537106604332

全日選手権に行ってきた1年金澤です。
新人戦見たかったなぁとか思いながら出場してきました。
元々緊張するたちなのですが、全日選手権は負けて当たり前だと思って出ているので全く緊張しませんでした。むしろ眠かったです。でも、ちゃんと乗る馬の状態を把握して戦略を立てて臨みました。
一回戦は当たりくじを引き、関東勢がいないブロックを当ててしまいました。ちょっと自分に期待してしまうので良くないですね。馬は元々ムーンドロップスという普通に乗りやすそうな馬だったのですが、同一ブロック3人目の準備運動中に破行してしまい、馬匹を変更し、同ブロックの選手は再度パワーポイントという馬に乗り直し競いました。パワーポイントという馬は下乗りの際にはとても乗りやすそうな馬に見え、売ってくんねぇかなぁとかのんびり思っていました。ところがどっこい1人目は20秒反抗で失権してしまいました。僕が1番じゃなくて良かったです。僕に手綱を使ってはならず、馬銜は前に置いておいて脚を使って馬銜受けするタイプの馬だと気づかせてくれました(大学馬術には珍しくノーマルな調教が入ってるって印象です。)結果は演技が終わった瞬間に一位通過を確信しました。久しぶりに馬に乗っていて楽しいと感じました。
IMG_0986
2回戦は最早くじ運とかは無いと思っていました。一回戦が終わった時点で強大な関東勢とちょっと関西とプラスαの構図は明白だっのでどう足掻いても上手いやつと当たる事は避けられません。結果、関東2人と関西1人全て自分よりも馬歴が上の組でした。他に死の組が出来ていたのでまだマシですが、関東2人は僕の拙い大学馬術データベースにも乗っている選手でした。関西1人には負けるつもりはありませんでしたが、関東のどちらか1人を倒すのはキツイなと思っていました。馬はクエルボという馬で、ぱっと見は鈍そう以外の感想が無く、乗ってみて初めてその難しさを実感しました。何と言えばいいのでしょうか、「シビアなもりたろう」が最適な形容でしょう。馬自体は鈍いのですが、人が強いアクションを取ると馬のリズムが壊れてしまうというどうすればいいのか困ってしまう馬でした。結果、強いアクションでアプローチをし続けて馬との関係性を壊してしまいました。ブロック3位で敗退でした。悔しくは無かったです。2位との差は1.5パーセント明白な差がありました。

ここで来年、再来年と選手権に出る人がこのブログを見ていたら強く言っておきます。いい馬が来たらいい演技をする必要が出てくるとは思います。ただし、難しい馬が出てきた時、いい演技をしようという考えを完全に捨てるべきです。「ハミを受けてアップヒルな状態で綺麗にまわろう」など言語道断です。乗って1分で無理だと判断する決断力が必要です。無理に馬の能力以上の事をやろうとしても五分では無理です。無理だと判断したらリズム、姿勢、ポイント、図形に焦点を絞って馬では無く自分を採点してもらうのがキモです。同じ過ちを犯さないように!!

2位だった人はとてもシンプルにアプローチしていて、ハミは大きく動かさず、移行を丁寧に行っていました。僕には一位だった人より上手に乗っているように思えましたが、ジャッジアイは少し違うのでしょう。

選手権ではもう一つコツがあります。準備運動の内容を馬見せの時点であらかじめ決めておく事です。何が苦手なのか見抜けるかが勝負です。焦って課目の内容を全てやろうとする人がいますが、それは無理です。馬によっては輪乗りで低伸をして、徐々に起こしてきて準備運動終わりの方がパーセントが出るかもしれません。他の選手が色々な運動をしているからといって焦らない事です。みんなと同じ事をして勝てる場所ではありません。

これから男女選手権で活躍したいと思う部員が出てくるかもしれないので出来る限り丁寧に書きました。参考になると嬉しいです。

最後に、お忙しい中応援にいらして頂き、懇親会まで開いてくださったOBの御二方、いつも気にかけてくださっている監督、コーチ陣、新人戦で忙しいのに高寿を管理してくれている馬場の皆様、下付きのいない僕のサポートをしてくれた北日本の皆様、特に長鞭を貸してくださった北里大学の皆様、ありがとうございました。
また、北日本講習会から気にかけてくださっている富沢さんこの場をお借りして感謝の意を表します。他にも感謝の意を表するべき人がいる気がしますが、眠い僕には思いつきません。思いついたら追記します。

こんにちは一年みたけです。
一昨日11月24日にここ東北大学で新人戦が行われました。

東北大学からは池田、樋口、御嶽が出場しました。予選はAブロックで、キャプテンピサ、杜太郎、杜煌のブロックでした。
結果は
池田(ピサ)52.143%
樋口(杜太郎)51.250%
御嶽(ハコ)46.250%
で残念ながら決勝には行けませんでした。

実は私は補欠だったので、この一週間気楽に、色んな馬に乗れて楽しいなあという感じで練習していたのですが、吉田が練習中に首を痛めてしまい急遽出ることになりました。決勝では吉田がモネちゃんに乗ることになっていたのですが繋いであげられなくてごめんね。

この新人戦で他大との実力差を感じ、自分に足りないところ(だらけだけど)も再確認できたので、私にとってはけっこう収穫のある1日となりました。これからもっと練習頑張ります。


1543230107701
                   △樋口さんと杜太郎
1543060617130
                         △池田とピサ
1543060562809
                △お久しぶりハコちゃん


優勝された北里大学の皆さんおめでとうございます。
そして新人戦に関わってくださったOB,OGの方々ありがとうございました。

1年の金澤です。
全日から帰ってきて、色々とあり、部員の皆様にはご迷惑をおかけし、でも、なんだかんだで全日選手権に出るために名古屋に来ています。

全日の結果をご報告するのを忘れていました。遅ればせながらここに結果と共にひとこと記そうと思います。結果は43人馬中40位最終得点率52.000パーセントととても渋い結果となりました。左手前ハーフパス及び、右手前肩うち、常歩パートまでは6点ベースを刻み、良い出だしだったと思います。しかし、右手前ハーフパスからミスを連発してしまいました。駈歩パートでもピルエットや連続フライングチェンジで大きなミスが出てしまい、最終的にこの得点率となりました。試合後にOBの方々から少しビハインド気味だった、リズムが早かった等々の指摘を受けました。やはり、乗り始めて4日程度でどうにかなるものでは無かったです。
今回の試合では自分の未熟さを痛感すると共に、各大学のレベルが大きく上がっている事を実感しました。ここ数年の結果と比較して、上位はもちろん安定した得点率を刻んでいるのですが、下位グループの得点率の伸びが著しく感じました。55パーセント以下は7人馬しかいないという状況です。今回急遽乗せていただいたマイネルアンセムはサラブレッドとしては僕の6年ちょいの馬術人生の中では最高ランクにいい馬だと思います。とても多くの事を学びました。しかし、彼の年齢を考えて長く使えて後4、5年です。そして、今東北大では順調に新馬が育っているとは言い難い状況です。この全国的なレベルの上昇と僕達はどのようにして向き合っていくべきなのか、どのようにしてこれから馬を調達し、調教するのか、熊谷さん亡き今真剣に考えなくてはいけない時がきていると僕は思いました。もちろん、ただ馬に乗れればいい。そういった考え方も正しいと思います。それだって楽しめます。勝つ事が全てではないです。しかし僕は断言します。勝つ事でしか得られない喜びが確かに存在します。この部はどこに向かっていくのでしょう。実は少し楽しみだったりします。IMG_0978


長くなりましたねー。いよいよ本題です。明日の出番表を貼っておきます。
IMG_0979


酷い負け方はしないように頑張ろうと思います。応援宜しくお願い致します。

ではでは。また明日の結果報告をお待ちください。

金澤

 こんにちは。すみませんが今週のブログを担当します、1年の桐原といいます。最近はめっきり寒くなってきましたが、紅葉はいよいよ深まり、青空の広がるいい天気が続いています。天高く馬肥ゆる秋といいますが、馬もこの季節は調子がいいのでしょうか。
 さて明日はいよいよ新人戦が、東北大学で行われます。先週のセレクションで選手に選ばれた人は、この一週間で更に鍛えられた力をいかんなく発揮してほしいです。選ばれなかった自分を含む1年生は、頑張って応援しましょう。
 気になる天気ですが、今調べましたところ、日中は晴れが続くようです。晴天のもとどのような試合が見られるか、とても楽しみです。line_1542764406951
新人戦の練習のために整備された馬場です。選手たちは、毎日ここで厳しい特訓に励んでいました。

俺は自分が格好いいと自負している。

筋骨隆々、黒々とした体にワイルドなヘアスタイル。似合っている。肩を怒らせて爆走するのがまさに俺らしい。

1年なんかを乗せてひとっ走りするとみんなが色めき立つのが分かる。どうだ、かっこいいだろう。夕方なんかはさらにサービスしてやるのだ。(ビビってぴょこぴょこしてる訳ではないことをここで強く宣言しておく)


最近はやけに1年を乗せる時間が長いが、今年もそういう時期がやってきたか。正直運動不足感が否めないし、途中で乗り替わるやつも全然上手くないので、俺を乗りこなせる猛者はいないものかと昨今の乗り手不足を憂いておく。まあ寛大なので許してやろう。ただし、手入れ中に俺の前を走ってく奴、お前らはダメだ。歩け。

そういえば、昨日あたりに乗せた奴は特に魅了させてしまってるみたいだ。まったく俺って罪な馬だぜ。昨日も俺にメロメロだったが、なんでか途中から怒ってた。「有言実行しろよーー!!」
おそらく八つ当たりだろうが、勇猛にして偉大な俺は、そんな愚痴でさえも受け止めてやろう。

今日も俺の前髪を中分けにしてきたな。俺はワイルドが売りなんだが、まあ許してやろう。めげずに頑張りな。

こんばんは、今週のブログ担当の1年池田です。

今日の仙台市の天気は一日中雨でした。これはミーティングルームのてるてる坊主のクビをちょん切るしかありません。

ちなみに明日は晴れるそうです。首の皮一枚繋がったようです。

雨。
私が今聞きたくないワード第2位です。1位はジカソーです。
なぜなら乗馬部にとって雨は天敵であるからです。その一、藁が濡れる。(そうそう、藁作業は先週で区切りが付きました!わーい!)その二、インドアが混む。その三、ヘルメットを脱いだ後の頭がやばい。その四、山を下りたくなくなる。などなど。
もうすでにコタツから出たくない日々が続いていますが、これからさらに寒くなって雪が降ったり凍ったりしたらもっと大変なんだろうなと思います。雪のない静岡でぬくぬくと育ってきた私は冬を越せるか心配です。生きて春を迎えられることを願います。


ところで、4月から数えて早くも7か月が過ぎ去り、だいぶ先だと高をくくっていた新人戦はまさかの今月末です。少し前から1年生はローテで下付きをしたりと、着々と戦の準備がが進んでいるようないないような。とにかく頑張ろうと思います。

最後に、明日は国体記念大会です。出場する先輩方頑張ってくだい!



おまけ

DSC_3321
やたらフォトジェニックなゆき



DSC_3446
悲しそうなしょうじ

1年金澤です。
おそらくここでライブ配信されると思われます。応援宜しくお願い致します。
以上取り急ぎ。




金澤が出場する賞典馬場もいよいよ明日となりました。



賞典馬場はL1課目の後、8時半〜14時に行われます。
金澤&アンセムの出番は36なので
12〜13時の出場を予定しています。

IMG_1254



皆さま、ご声援よろしくお願いします。

こんにちは、今全日に下付きとしてついて行っている一年の吉田です。
小淵沢は標高が高く、寒い所ですが、段々と人馬ともにここの環境に慣れてきました。

今日はOGでS53年卒の小林さん、OBでH27年卒の永井さんが応援に来てくれました!
KIMG1003
⬆小林さん、金澤、私
KIMG0999
⬆長井さん、金澤
小林さん、長井さん、人馬への差し入れありがとうございました‼
あと昔の馬や北日の時の話を沢山聞かせてもらい楽しかったです。

KIMG0967
KIMG0964
散髪後のアンセム、お坊っちゃまみたい
KIMG0995
馬銜のフィッティング中
KIMG0985
今日は二走が行われていました。
全国レベルの障害を見ることができ、楽しかったです。
KIMG0970
調整中の金澤。

ちなみに金澤が出場する賞典馬場は11月5日の午前8時半から午後2時までの予定となっています。詳しい時刻は、わかり次第お知らせしていきたいと思います。

ちなみにu-streamで試合のライヴ配信を行ってます
URLは後程お知らせします!

このページのトップヘ