2017年02月19日

東厨川 209回目

朝は普通に娘と稽古場に。
最初S先生しかいなかったので今日は剣道稽古できないかなっておもってたら、あとかY樫先生親子がきたり、K先生、F原先生、K藤先生、C葉先生などが来たので、結構な人数に。
僕はY樫先生親子の稽古に混ぜてもらう形でやる。娘にY先生とやるところを写真などにとってもらったけれど、思っているより深刻に悪い状態かなと。こんなもんだったのかもしれないけれど、自分でも欠点ばかり、いいところを見つけようにもそれが見つからない。特にひどいのは次の三つ。致命的。
1.逃げ腰である
2.カギ足になる
3.下から相手の面をこするかのように竹刀が上がっていく。
1は腰がしっかり前に出ず、上半身だけが先に行っている、手打ちっていうやつ。これは多分スピードの速い人とやっていつの間にか逃げ腰が身に染みて前よりひどくなったような気がする。
2は気を付けてはいてもなかなか治りきらない。左かかとが床についているというのは今日はあまりなかったように思うが、今度は左足指先が外をむいていることが多々。
3は腕の使い方が腰が出て行っていないのもあってきれいに打っていない。
まずはあとひと月でこのくらいを修正できるだろうか・・・。審査はやめておこうかな。ま

だそういうレベルに全然なっていない。ここ数か月でひどくなった感じもする。

稽古が終わって傷心状態でみたけのむらさきで昼食。
それから岩手町の石神の丘に娘とデート。



aogari_bonze at 20:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)剣道 

2017年02月12日

東厨川 208回目

朝は普通に起きて、コーヒー入れてゆっくりと支度をしてから出発。それほど強い冷え込みではないけれど、それなりに寒い朝だった。

稽古場について相変わらず氷点下の体育館。ほかの人たちが寒稽古と思うようなところで日常稽古をしている(笑)

居合組の方は結構そろったのですが、剣道組は最初僕しかいなかったので娘たちとやるかなぁと思っていたらY樫先生が来てくれたのですごくうれしく思った。

稽古は切り返しと面とか小手面、そのあと稽古をお願いする。二刀流の方とこれだけ稽古する機会があるというのは喜ばしいことなのだろうけれど、全く歯が立たない(笑)それでも稽古の中で惜しい感じのとかがあるだけでも、自分ではうれしくなるものだ。

このところ続いていたちょっと臆病な剣道とは違って、自分では時々はいい間合いを測りながら技を繰り出したりできたんじゃないかなと思う。胴も小手も面もそれなりに考えた連続技の中で繰り出せたように思う。(ちょっとは自分をほめておかないと寂しいので。)
稽古が終わって、娘のプールに。背泳を練習してた。

それから盛岡駅前のミスドがなくなったところに入ったラーメン屋さんに。熊本ラーメンの店というおっぺしゃんに行ってたらふく食べました。

IMG_0235
IMG_0233
IMG_0236
IMG_0234

aogari_bonze at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)剣道 

2017年02月09日

市体育協会剣道 6回目

仕事は定時に終わるのは難しかったが、6時半前には何とか実験仕掛け終えて帰宅。

それから大更の佐和という飲食店で夕飯。焼肉丼がおいしい店だが、今日はジンギスカン定食。

急いで食べて、それから稽古場の大更公民館に。

子供も先生もそろっていて、僕は7時半ごろから稽古に加わる。

子供たちの元立ちとなるのだが同じようにずっとやるのでそれなりの稽古量に。ほかの大人の方々は平然とやっているのだが、僕はちょっと息が上がってた。何の練習をやるのかがいまいち聞き取れず、子供たちに不思議顔されることも多々。それと、僕も人のこと言えないが子供たちの声が出てないなぁと。みんな優しい感じ。

相変わらず中学生たちのフェイントには引っかかり、動きの速さには後手後手になる。(笑)なんて言うか、ほかの大人の先生はうまくかわしたり、引っかからずに自分の体勢を維持しているのだが、気持ちの強さ弱さの問題なんだろうな。元来臆病だから。

U野先生に初めて稽古をお願いしてみた。攻め処がないのでちょっと無理に打ちに行ったりしたが、なるのほどなぁと思うほどに達してる方だった。自分はというと、このところなのかその前からずっとなのか、大きく強く面をうちに行くということができないでいる。周りの人がみんなできていることができないというのは、辛い。

面に行くときの足も左足が先に出ているようなときもあるようだし、相変わらず右腕を手前に引いて打つ時もあるし、足も体も前に行かないし。なんていうかもどかしさを自分でも感じている。

しばらく、相手を打たず、足と腰と手の動きをじっくり考えてみようかなと思った。

稽古が終わって、なんか右かかとが痛いなぁと思ったら裂けてた。血がどこかについてるかも(笑)
IMG_0199IMG_0200IMG_0201

aogari_bonze at 22:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)剣道 

2017年02月05日

東厨川 207回目

朝は普通に起きて、娘のスキー板にワックスをぬって、それから出発。

稽古場には順調につく。先生方が今日はF原先生のみで出しゃばって僕が指揮をはじめはとる。
OBのK塾高3人組とF岡高の一人が稽古に参加。中学生O川君とS郷さんがそちらに参加。僕も最初は剣道形の自習をしてから参加。

高校生はスピード、技のキレ、すべてにおいて素晴らしい。まねできるとは全然思えない。

僕は途中から稽古に入れてもらったけれど、地稽古ではまったく打たせてもらえずに、変な誘いに乗る、無理に攻め入って失敗するなど。
何かと単調なんだよね、経験も何も少ないし。

この間の市体育協会の稽古の時もそうだったけれど、今日もやっぱり俺何やりたいんだろう、何やれるんだろうと思うくらいにどうしようにもない感じだった。

C葉弟先生に左かかとがついているようだというので、そのあたりかかとが浮いてない状態で剣道やってたのかなとかいろいろ考える。

稽古は高校生の熱いものをみてなんか勝手に爽快感を覚えた。

時間になって終わって、いやぁ何ともかんとも全然うまくないなぁと反省ばかり。
剣道やっている時間が実は無駄な時間なんじゃないかとか。

お昼はSABOで娘がピザ、俺がパスタ。





aogari_bonze at 15:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)剣道 

2017年02月02日

市体育協会剣道 5回目

 久しぶりに八幡平市の体育協会の剣道の稽古に参加。
 勝手がわからず、何をやってるのかもわからないものがあったり。
 子供たちとやっても、僕の方がなんか初心者みたいな感じになってた。

 先生たちとやってもなんか姑息なことしかできなかった。
 剣道が身についてないから簡単に揺さぶられるんだろうな。

 大きな面とか、なんか力強い技が出るといいのに。
 人間か姑息だから、こういうのをやっちゃうんだろうな。
 もっと始めたころは実直な技ばかりだった。

 疲れた。汗かいた。
 なんか下手だなあやっぱりと自信を失うだけだったな。

 IMG_0170

aogari_bonze at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)剣道 

2017年01月29日

東厨川 206回目

 今朝もなかなかの冷えこみ。庭は除雪をサボってたので凍り付いた雪がより一層すべりやすくなってた。
 稽古場には思ってたより早く着いた。鍵が開くのも早く、ストーブとか出したが、それにしても床が冷たく、ちょっと着替えてから動き出すまでに時間がかかった(笑)
 今日は剣道やる大人が少なくて、小中学生も含めて稽古になった。中学生のO川君はかなり動きがよくなってきていて、もうちょっとしたらかなり強くなりそうだなぁと。
 僕の方は今日は、まっすぐの面を心掛けた。時折変化技?をやったりしたけれど、愚直な面。先生達に少しはいい面だなって思ってもらえるものがあったろうか。
 居合の方は2月末に受けようかと思っていたけれど、別の機会の方が良いようなことを言われたので別の機会にしようかと思う。

 稽古が終わってから、娘と釜石ごん太で昼食。
 午後からは上田公民館で親子能楽体験をする。巻絹と土蜘蛛という演目についてだった。能楽師の方が子供にもわかるような内容で基本的な知識とか謡とか舞とかの実演を交えて説明してもらった。子供たちは最初ぽかんとしていたようにも見えた。やはり、皆さん蜘蛛の巣を投げるもしくはそのしぐさには興味を惹かれるようで子供たちも楽しそうにしていた。
 それが終わってからちょっと盛岡で買い物をして帰宅した。



aogari_bonze at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)剣道 

2017年01月27日

まあなんちゃってで考えること

スポーツ選手が何かしらのスキル獲得を目指し練習している時、指導者が与える情報(指導)というのは、実際に練習を実行する前の「教示情報」と、練習を実行した後の「フィードバック情報」があります。

教示情報→スキル獲得のための練習を選手が実行する前に指導者が与えるコツや感覚の情報
フィードバック(FB)情報→スキル獲得のための練習後に、選手の実行した内容への注意点、評価の情報

1)得たいスキルに対しての体の動かし方のイメージがわかない初心者に対しては、運動を実際に学習、調整していくうえでは事前の「教示情報」よりも少しやってみた後での「FB情報」が重要。
2)中級者以上の選手にとってはある程度「教示情報」は必要となる。そこに「FB情報」を加えるとより効果的な練習になっていく。

剣道の稽古で言うと、
1.選手が稽古前に今日の特に稽古したい事を事前に考え、できれば指導者、仲間に伝える。
2.稽古を実施
3.稽古後に自分の目標に対してどうだったかの自己評価と、指導者からのFB情報をもらう。
に相当すると思うのだけど、1はともかく3は普通に行われているなぁと。

稽古前の黙想の時間は事前に自分の課題を考える時間、稽古後の黙想は稽古に対しての自己評価、その後指導者に稽古のお礼の際にFB情報を受ける。
やっぱり効率的(笑)

――――
座禅と黙想は似ている行為。禅では公案を元に考えつつ座るとか、無の境地に至るため雑念を流して座るとか。
剣道の黙想はどうか。座禅とは離れて、一種のよくではあるが自分の剣道の上達について考える時間にしたらどうか。このためには形式だけの短い黙想は無意味になる。


aogari_bonze at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)