2006年02月26日

新しい天使

新しい天使(アンゲルス・ノーヴス)と題されたクレーの絵がある。それにはひとりの天使が描かれていて、この天使はじっと見つめている何かから、今まさに遠ざかろうとしているかに見える。その眼は大きく見開かれ、口はあき、そして翼は拡げられている。歴史の天使はこのような姿をしているにちがいない。彼は顔を過去の方に向けている。…私たちの目には出来事の連鎖が立ち現われてくるところに、彼はただひとつ、破局(カタストロフ)だけを見るのだ。その破局はひっきりなしに瓦礫のうえに瓦礫を積み重ねて、それを彼の足元に投げつけている。きっと彼は、なろうことならそこにとどまり、死者たちを目覚めさせ、破壊されたものを寄せ集めて繋ぎ合わせたいのだろう。ところが楽園から嵐が吹きつけていて、それが彼の翼にはらまれ、あまりの激しさに天使はもはや翼を閉じることができない。この嵐が彼を、背を向けている未来の方へと引き留めがたく押し流してゆき、その間にも彼の眼前では、瓦礫の山が積み上がって天にも届かんばかりである。私たちが進歩と呼んでいるもの、それがこの嵐なのだ。
<歴史の概念にについて>W.Benjamin(浅井健一郎・訳)

***********************

脚本・池内文平の「新しい天使 〜月にいちばん近い丘まで〜」を広島の芝居ユニット「アリノネ」が公演する。
この芝居において中心的な役柄のひとつを演じる大槻オサムと、ダイヤローグス#7(演劇的作品「死者のテガミ」)で共演した縁で、ぼくが今回の作品の音楽担当を引き受けることになった。呆けすとら歌舞音曲スペクタクルショウにも出てくれためづまり文子や、田村久も出演する。演出は「フン賊」の田中亮太郎。既に「仲間」になった連中が迎えてくれ、「他所」の感じがしないのは、ありがたい。

「新しい天使」は1980年5月の韓国「光州事件」を背景にした芝居。光州事件は軍事独裁政権からの自由を求めて韓国南部の都市光州で人々が立ち上がったことに端を発する。人々は機動隊の弾圧をはねのけ、光州の支配権を一時獲得したが、間もなく送りこまれた韓国軍空挺部隊によって鎮圧される。軍は光州で数日間に渡り虐殺を展開し、数千名の市民・学生がこの日を境に行方不明となり、現在に至っている。

池内文平脚本のこの芝居「新しい天使」では、間違いなくアジアの現代史の最暗部に属するこの事件の記憶と、現代に生きる者たちが出会い、対話し、交信する。日本と韓国の近現代の歴史も絡みあう。加えて「アリノネ」は現場を広島に置き、「被爆地ヒロシマ」というテーマもこの作品に響き合わせ、さらに映像などで世界の哀しみとも繋がり共鳴しようとする。

とてつもなく重いテーマをもっているにも拘らず、「新しい天使」には不思議な静けさと透明感、そしてユーモアがある。これを音楽でさらにどう立体化できるか。

また、頭と心、フル回転。こういう時は気をつけないと、約束を忘れたり間違えたり、ミスが増える(すでに一つ、いや、二つ)。

役者たちやスタッフとも24日に顔合わせをした。次は今週金曜日、また現地でね。

音楽は全て芝居と同時進行の生演奏。共演はトロンボーン堀江龍太郎。

3/17〜19の三日間、広島市上八木駅徒歩一分の「アビエルト」にて。
面白いですよこれは。乞う、ご期待。千客、万来。

65cbb1c4.gif  

Posted by aogoomuzik at 02:07Comments(3)TrackBack(1) 新しい天使 

2006年02月18日

やめられない止まらない

こんどはイランだって。アメリカは本当に病気だ。こんな分析予見もなされてる。

この本はわかりやすい。ほお、動画もあるのか。

かっぱえびせんにしときなさい。  
Posted by aogoomuzik at 15:51Comments(1)TrackBack(1) 雑記 

2006年02月15日

いええい

ファンクでフリーでロックで、よろしいなあこれ

この阿呆さ加減に思わず拍手してしまいました。すばらしい。

こちらもお身内。お見事
  
Posted by aogoomuzik at 23:40Comments(1)TrackBack(0) 雑記 

2006年02月12日

呪文

葉書が来た。「自動車安全運転センター山口県事務所長」から。
ぺらっと剥がすようになってるのでぺらっと剥がす。

累積点数通知書

 あなたの累積点数は、平成18年2月6日の交通違反(事故)で4点(行政処分の前歴0回)になりました。
 今後、速度超過、信号無視などの交通違反をしたり、交通事故を起こしたりして基準に該当しますと、違反者講習を受けなければならないこととなるか、運転免許の効力の停止又は取り消しを受けることとなります。
 なお、この違反の日から運転免許を受けている期間(運転免許の効力が停止されている期間を除きます。)が通算して1年となり、その期間の初日から末日までの間を無事故無違反で経過しますと、今までの点数は計算されないことになっておりますので、今後、交通違反(事故)をしないよう注意して運転してください。

だそうな。

しますとも

というわけで2007/2/6目指して呪文のように

ムジコムイハンイチネンカンムジコムイハンイチネンカンムジコムイハンーイーチーネーンーカーーーーーンンンンンンンン

ですよ  
Posted by aogoomuzik at 03:07Comments(4)TrackBack(0) 雑記 

2006年02月08日

違うんちゃうか

たった28張りのくたびれた青いテントとホームレスとその支援者
あわせて100

対する市職員400、ガードマン300、機動隊350
合わせて1050

市職員ひとりがケガ、ホームレス2人が病院送り
ホームレス一人が逮捕

住処を奪われ破壊される者と
住処を奪い破壊する者

きっと

見える風景も
聞こえる音も
吹いてくる風も
においも
痛みも
コトバも
行動も
叫ぶ歌も
住む世界さえも

違うだろう

イラク
チェチェン
パレスチナ
アジアのそこここ
中国の至るところ
朝鮮半島
どこでも
ここでも

同じように
違うだろう

そして次の日にはもう
近くの公園でまた
28の青いテントが
立つ

この不屈

雄々しくも
勇ましくもないけれど

やってられんでほんま
疲れるっちゅうねんジッサイ
イヤんなるわ
キリないがな
わしら一体何やねん

1050人が呟く

なんか
違うんとちゃうか
これ  
Posted by aogoomuzik at 21:56Comments(3)TrackBack(0) 雑記 

真冬の妖怪ないと

広島OTIS!にて大槻オサム主催の単独旅行舎公演「真冬の妖怪ないと」に参加。

Otis!の外の情緒溢れるちょうちん
ちょうちんうらちょうちん
身体表現と
妖怪パフォーマンスと
オオツキオサム「くだん」朗読劇に
トロンボーン堀江龍太郎氏と
わたくしの初対面初体験デュオが絡む絡む





ほりえんちらーだ+妖怪終演後のエンチラーダとトロンボーン吹きと、白塗り妖怪オオツキ





新しい天使チラシ3月には広島アビエルトで芝居「新しい天使」の劇伴を2人でやることになっている。色々できそうだし、ますます楽しみになってきた。これはそのチラシ。味わい深し。









雪の山陽道帰りの山陽道はえらいことになっていた。大雪、積雪、フロントガラスも凍るし、追い越し車線で車は事故ってて大破しているし。いのちからがら広島県内を抜け、雪もやみ、安心して山口県内を走っていたら、今度は覆面パトにやられる。憮然、しょんぼり、ヤツアタリ。ちっくしょおおおおおおいっ。

大槻オサムによるレポートはコチラ。  
Posted by aogoomuzik at 00:22Comments(3)TrackBack(0) ライブ