2017年03月15日

そのてにゃのるまい

自分のことばが、あっというまに押し流されていき、どこにいったかもわからなくなる、というのがいやだなあ、とやっぱり思う。FBとかツイッターとか。別に大したこと書いてるわけでもないんだけど、それでも。

自分の思いや経験や言葉を、自分として大事に持っておく。そっと自分の手の中に包んで持っておくようにして。そうやってそれと向き合い続けることで、自分という存在は深まっていく。そういうものだろう。

自分の言葉と向き合うこともまた同様ではないかと思う。文章を書くこともそのひとつの方法なのだろう。また誰かと話すこともそうだろう。そうやって文字や音声にしてアウトプットする。そしてそれを目や耳、からだを通じて自分に再入力する。その過程で修正が起きたり、また整理が行われたりする。

目の前の話し相手の反応も、その大きな材料になるのだろう。

それがきつくなってきているのかもしれない。自分であることの重みがしんどい、そういう感覚がこの社会の中に広がっているのかもしれない。だからどんどん軽くなるのだろうか。うたかたのように言葉が簡単に広げられ、瞬時にモニターや画面に「表示」されては消えていく。それでいい、自分と向き合うのは、しんどい。そう感じる人たちが増えているということか。そうかもしれない。あの言葉たちのはかなさと、そしてものすごいスピードで互いに互いを流し去りあってる感じは、考えてみれば、痛々しい感じがしてくる。気のせいだろうか。

そうやって人間が、その言葉ごと軽くなればなるほど、誰かがほくそ笑んでいるのかもしれない。使い捨てにしやすいからね。

「軽くなれ、重さを棄てろ。しんどいよね?重荷は下ろせばいい。軽くなればいい。あなたはだんだんかるくなーる、かるくなーる。ほーら、かるくなった。よかったね。」

その手にゃのるまい。

  

Posted by aogoomuzik at 12:34Comments(0)TrackBack(0) 雑記 

Buenos Aires Hora Cero

去年9/1のライブから。Buenos Aires Hora Cero に基づくエレクトリックヴァイオリンソロ。https://www.youtube.com/watch?v=ksPcb3mY0CM  
Posted by aogoomuzik at 12:28Comments(0)TrackBack(0) ライブ 

2017年03月11日

「雨の日も風の日も」

 「雨の日も風の日も」作詞作曲・泉邦宏。
  
 雨の降る日には 傘をまわして
 リズムに合わせて ゆらゆらおどる
 人の気持ちは 伝わるのか わからぬけど
 だんだんよくなる
 あなたのこと わたしのこと 世界のもろもろ よ

 風の吹く日には お山に向かい
 両手を広げて はばたいてみる
 人の思いは 伝わるのか わからぬけど
 だんだんよくなる
 あしたのこと 未来のこと 世界のもろもろ よ
 
 だいすきな泉邦宏の、だいすきな歌。先週火曜日の抱樸「おんなじいのちコンサート」で歌わせてもらった。聞けば「3・11」をきっかけに生まれたのだという。そうか、やっぱりそういうことか。
 全12曲。中島由紀子・ピアノ、原田敏夫・ギター、フクヤマワタル・ベース、谷本仰・歌、ヴァイオリン他。奥田知志理事長との対談を挟んで。歌も、言葉も、いのちのこと、生きること、人間のこと、そして希望のこと。ただ、そればかり。
 注ぎ出す、という感じだった。そして不思議に目の前の満員の客席に、何かが、目に見えぬ何かが、目に見えて満ちていくように感じたのだった。
 
 この身の奥からなにかが注ぎ出されていくのだった
 ぼろぼろぼろっと零れそうになる
 そのたびに堪えて、堪えて
 目の前になにかが満ちていくのだった
 透明であたたかいなにか
 みえないけれどあるのだった
 うただったのかもしれない
 いのちだったのかもしれない

 また来年も、ぜひ。何人もの方がそう言ってくださった。必要なのかもしれない、今だからこそ。
 ありがとう。
 生きよう。ね。
 生きよう、や。

 (南小倉バプテスト教会2017年3月12日週報「今週の一言」)

********
2017.3.7おんなじいのちコンサート「雨の日も風の日も」演奏動画はコチラ
  
Posted by aogoomuzik at 22:53Comments(0)TrackBack(0) ライブ | 南小倉バプテスト教会「今週の一言」

2017年03月06日

4/24 BAR sirocco ソロライブ・手描きフライヤー

シロッコソロ 自分で描いたものがさらに次の自分の描くものに影響を与えて、それが次々に進展していくのがおもしろい。これもソロダイアローグスみたいなもんです。千客万来。  
Posted by aogoomuzik at 23:49Comments(0)TrackBack(0) フライヤー