高橋です。

 すっかり秋が深まりモードの今日この頃、寒暖差に風邪を引きそうですが、皆さんはいかがでしょうか。
 
さて、普段は空の仕事の相方が関連会社所有の帆船で毎年親睦を深める為の研修があり、今年初参加してきました。
各地からの参加者でチームに分かれ、清水港を出発して駿河湾を熱海まで航海の3泊4日でゲームで見張り当番を決めたり人命救助訓練やロープの結び方の試験などを体験して来た模様です。
行くまでは不安もあったみたいですが、以外と酔う事も無く楽しく過ごせたとの事で中々興味深い体験だったと思います
出港前に清水港からのぞむ富士山を送ってくれました
清水港と富士山
ドーントレッダー号
伊豆の海
因みに人命救助訓練、相方のチームは2位でロープの結び方の試験はテキストを見て種類があり過ぎるので全く練習しなかったら最下位(笑)
なんとか追試で合格を貰ったらしいです
船具を販売しながらかく言う私もほぼ船舶のロープワークは出来ないのですが、ちょっとコツを覚えると解きたい時に簡単に解けるロープの結び方はいろいろと応用が出来て便利です。
帰って来てからも貰ったロープの切れ端を使ってもやい結びを復習しています。
(というか出来るようになったからちょっと自慢したい)

帆船は元々スペインが南極探索船として製造した物らしく、とっても珍しい船らしいです。
動画を発見したのでこんな感じというのが伝わるでしょうか?
相方は思ったより小さいと言っていましたが。