aohyama

fatmount's story

ぼちぼち書きます。

26 3月

四条・京家 きよみず。おばんざい万歳!

京都でももクロ繋がりで飲もうということになって探したお店、「京家 きよみず」さんに行ってきた。

ちなみに今回のお店探し、予約は全部「ペコッター」というアプリで完結。

BrightTable, Inc.「ペコッター 〜グルメな人のおすすめで人気のお店を検索、チャットで予約〜」
これ超お勧め!



町屋作りでなかなかの風情。



いかにも京都や笑。



まずは乾杯🍻





料理は基本おばんざいと言われるいろんな家庭料理をざーっと。
凝った料理じゃないけど、とても丁寧に作られてることが感じられる。
味付けも、基本お酒と一緒に食べること前提なんで、少し濃いめ。
量もちょうどいい感じ。

会話も弾んで、気づけば危うく終電逃しそうになったけど、なんとかセーフ。

楽しかったなぁ。


京家 きよみず
075-352-6556
京都府京都市下京区柳馬場通綾小路下がる綾材木町207-5
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26016279/


Posted from するぷろ for iOS.
23 3月

小路幸也『荻窪 シェアハウス小助川』

小路さんと言えば東京バンドワゴンシリーズ。
僕も好きで何冊か読んだ。

小路さんとかあと山本幸久さんもそうだけど、僕が好きなのは勝手に「ご近所小説」と呼んでる半径数キロ内でいろいろ展開する話で、これもそういう「ご近所小説」。

ま、ざっくり言えば元お医者さん家をリフォームしてシェアハウスにして、そこに集まってきた住人の話なんだけど、別に大きな事件が起こったり、恋のドタバタがあったりとかは全然ないんだけど、食事シーンというか出てくる料理とかそれを作ってる過程とかがいいんだよねぇ。

あと一番好きなのが、大家さんの元お医者さんが、みんな集まって鍋かなんか食べてるときに話すシーン。

人と闘うなって話なんだけど、でも闘わないと行けない時ってあるよね?ってなった時に、じゃ、そういう時は自分と闘うように持っていけばいいってとこ。

人と比べんな、過去の自分と比べろみたいな話なんだろうけど、それを話してる元お医者さんだったり、それ聞いてる住人とか、そういうシチュエーションになった経緯とか読んできてるとさ、もうぐっと来るわけよ笑。

ま、読んでみるとわかるよ笑。


 
22 3月

10年ぶりの佐世保

仕事で佐世保に行った。
ほぼ10年ぶりだ。
行き方は新幹線で博多まで乗って、そこから特急みどりで終点佐世保まで。
ま、陸路ね。
新神戸からだと約五時間半かかった。
日帰りだったんで往復11時間。
移動11時間の打ち合わせ1時間という仕事。
何という非生産的な仕事だこと。



新神戸で見かけたエバンゲリオンとのコラボ新幹線。



博多駅停車中の特急みどり。
途中でハウステンボス行きと分離する。



佐世保駅。



駅前のバスターミナルの蘇鉄。
蘇鉄見ると南国感あるね。



カトリック三浦教会。いかにもって感じw。



アルカス佐世保。
昔ここで何か見た記憶があるんだけど思い出せない。



今はホルンを足で吹く男が見れるらしい。



平戸とか五島とか、行き先の地名が長崎だなぁ。



メインのアーケード。
割と長いよ。



そして長崎と言えば文明堂。
今回はカステラは買ってない。



おそらく日本で一番建築史的に価値のある銀行の本店。



き○たまではない。
玉屋だ。



佐世保鎮守府も日本遺産になったらしい。



帰る前に駅前の「大善」で皿うどん。
あっさり目で旨し。


大善
0956-25-8210
長崎県佐世保市三浦町21-28
https://tabelog.com/nagasaki/A4202/A420201/42000192/


Posted from するぷろ for iOS.
21 3月

『ゴースト・スナイパー』

このシリーズも10作目らしい。
おかげさまで全部読んできた。
なので大体のノリはわかってる。
そしてその通りのノリで今回も進む。
それが心地よくもあり。

ただ今回は少し最後の数十ページで急展開。
いつも急展開なんだけど、特に。
バタバタといろんな伏線を急いで回収した感じ。

最後のリンカーンの弱みが強み、弱みを消すことが強みを消すことにもなるとの悟り的な感慨は、そろそろ終焉が近いことを匂わせてるのかと思いきや、後書き読むとそうでもないのね笑。

まだまだ楽しみはこれからってことで。

ジェフリー ディーヴァー
2014-10-30



Posted from するぷろ for iOS.
18 3月

今週のももクロ関連

ということでざっと。
ま、悲喜こもごもなり笑。

木曜日は月一の楽しみ「ももいろフォーク村」。
今回は有安さんの生誕後夜祭ということで「杏いろフォーク村」と題して、有安さんをフューチャーした回。
ざっくりいうと、有安さんが楽しそうで調子もよかったので安心して楽しめた回。
良くも悪くも「フォーク村」は有安さんの調子に左右されるところはあるね。推し関係なくね。ま、みんな好きだからね。
ということで、今回も玉井さんは玉井さんで変わらず綺麗で可愛くて面白くて感心した。

一番は還暦を迎える尾崎亜美さんの「パステルラブ」をギターを弾きながら歌ったあと、「玉井の音楽うんぬん」と励まされたのを聞いて、嬉しくて照れながら耳を真っ赤にしながら喜んでた様子。


これね。うん、可愛い。 

あと。
少し玉井さんの歌のことを。

ここ最近声が強くなってきた気がする。
元々彼女の声はこもるタイプ。
ぱーんと前に出るタイプの声じゃない。
そこ声質自体は変わらないけど、そこ声質のまま強くなってきたかなと。
今までそして今も彼女の声は人の邪魔をしない。
それに加えて押し上げる的なこともできるようになってきたかなと思う。
それを今回の有安さんとのデュエット(コブクロのyellをやった)で強く感じた。

さて。
嬉しいことと悲しいこと。
まずは嬉しいこと。
ももクロの全国ライブツアー「青春」の第一弾の当落発表があって、岡山公演が当たったこと。残念ながら地元の加古川は外れたけど、全落の人も多い中、一つ当たったのはとても嬉しかった。
そして悲しいこと。
その岡山公演の日に出張の泊まり仕事が入って、行けそうにないこと。
このチケットはももクロの顔認証システムと紐付いてるので、知り合いに譲ったりできない。
幸い鈴木式マッチングシステムという、事情があって行けなくなった人と行きたいのにチケットが外れた人をとりもつ仕組みが会員限定なんだけど、あるのでそれに流すつもり。
ま、ももクロ行きたい人に渡るんで、よしとする。

この仕事、他の楽しみにしていたイベントとも被りまくってて、ほんとなんなの?!って感じなんだけど、仕事だから仕方ない。

ま、またいいこともあるよ。

読んでくれてありがと。
ほな!

Posted from するぷろ for iOS.
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
Twitter
メディアマーカー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ