仕事では何回かおじゃましたことがある金沢。
今回は初プライベート。
ももクノVOL.5金沢に行ってきた。

画像1
金沢といえば、サンダーバード。
お昼からの公演なので、朝一の1号に乗車。
実は前日飲んでて終電逃して、ネットカフェから直行(^^;。
遅れるとしゃれならんもんねw。


画像2
はい、やって来ました。



画像3
湖西線に入ると一気に雪景色。


ということで、10時前に金沢到着。
モノノフ仲間と一緒にタクシーで会場まで。

会場の外は時折雪混じりの冷たい雨だったけど、
1部2部で延べ1万人の熱いライブが繰り広げられた。


★会場的にはイマイチ(^^;

今回の会場は、いわばでっかい体育館。
前に一段高くしたステージと、座席は、前から後ろまで、
一切段差なしのフラット。パイプ椅子が人数分。
その後ろに、立ち見エリア。
自分の指定席で見るよりは、広めのスペースで踊ったりしたい人向けのスペース。

わたしの席は1部は真ん中左側。2部は、後ろから5列目ぐらいの真ん中あたり。
ライブが始まるとみんな立つんで、人と人の間から、
かろうじて前のステージが見える程度。
だからステージ上での様子なんかはよく分からない。
音響も、やはり広い体育館なんで、PA入れても、反響で何言ってんのか、
一部聞き取れない部分もあった。
小さいお子さんなんかはよっぽど前じゃないと、見えなかっただろうなぁと。

途中2階のキャットウォークを使ってメンバーが後ろまで来てくれるという
演出があったけど、逆光で、表情までは分からなかったのがちょっと残念。


★でもまぁライブ現場はいいねぇ

でもまぁ、久しぶりに、笑顔百景やらみてみてこっちっちやらコントラなど、
最近ライブではあまりやらない好きな曲をやってくれたし、
クノならではの、わちゃわちゃぐだぐだが、やっぱり楽しいし、
ライブ現場での一体感は、やはり代えがたいものがあるね。


★ももクロのリスク

今回のクノを通じて感じたのは、
やはりももかの声のないももクロはももクロじゃないし、
そしてこれは他の4人誰がそうなっても同じだなってこと。
代えが効かないし変われない。

ミスチルだったり、B’zだったり、サザンだったり、
アーティストはみんなそうなんだろうけど、
アーティストと同じように生のパフォーマンスを重視し、
アーティストとは違って、賞味期限の短いアイドルとして、
これはある意味彼女らの背負う最大のリスクかもしれない。


★次は沖縄!

飛行機も取ったし宿も取った。
ないのはライブチケットのみw。


【今日のモノノフ】
やっとみれたChan#116。やっぱいいわぁ。



【今日のオススメ】
4月10日に出る彼女たちのニューアルバム!
これが2枚目。