わたしにとって楽園とは、
うまいもんが食えて、うまい酒が飲めて、
綺麗なおねえさんがいればもうそれでいいわけ笑。
楽園=酒池肉林笑。

でね。今回お邪魔したのは、コタメシ会メンバー激推しのお店二軒。
それをはしごしたわけだ。

まずは一軒目。
久々に、舞子駅で降りてバスに乗るところから。
画像1
橋の向こうは淡路島。

降りるバス停を間違えて、途中リアルゴミ屋敷を発見しながら笑、
変なテンションでたどり着いたのは、
住宅地のど真ん中にある中華レストラン「ひつじ家」さん。

画像1
すでに美女二人の片割れはビールを飲んでおった。さすがや笑。

さて、では料理の数々をごらんあれ!

画像3
まずは、煮豚。最高のビールのあてやね!
粒マスタードが嬉しいね笑。これで軽くビール二杯。


画像4
羊の串焼き。ちょっとかかってたバジルがまた何ともいえず爽やか。
羊を引き立てる引き立てる。


画像5
何の変哲もない鳥の唐揚げがなんでこんなにうまいの?
ってぐらいうまい!
ご存知のように鳥好きにかけては人後に落ちないわたしだが、
この鳥の唐揚げにはやられた。外パリ中ジュワ笑。
で、そのジューシーさが半端ないわけ。


画像6
麻婆豆腐。
これがとんでもない!
手垢のついた表現になるが「こくがある」んだ。
麻婆豆腐に使う表現じゃねーとは思うんだが、そうとしかいいようがない。
的確な言葉が見つからないのが悔しい。
とにかく深いのだ、味わいが。
確かに麻婆豆腐以外の何ものでもないんだけど、
食べれば食べるほど、奥へ奥へと行く感じ。
ま、とにかく食べてみられよ!違うから。


画像7
衝撃の麻婆豆腐の後は、チキン南蛮。
自家製タルタルのうまさはともかく、とにかく鳥肉がうまいんだわ、ここ。
というか、鳥の旨さを絶妙に引き出してるんだろうなぁ。



画像8

豚軟骨のコチュジャン煮込みひつじ家スペシャル!
中華だけではなく韓国料理っぽいのも出てくるね〜!
引き出し多いわ。
もうね、豚軟骨トロトロね笑。
なにげに青梗菜もうまい。



画像9
どかーんと牛バラステーキとポテト。
シンプルな味付けがステーキには一番だね!


画像10
一転あざやかな中華!鯛の野菜餡かけ。
この鯛がまた実に美味い。
大体が淡泊な魚なんだけど、中華餡と一緒に食べると、
餡の美味さをストレートに受け止めてくれるんだね、これが笑。



画像11
みんな大好きエビチリ!
麻婆豆腐と比較してみるのも面白い。エビチリど真ん中って感じ。
エビチリ以外の何ものでもない笑。そして美味い!


画像12
鳥の肝と細切りピーマンともやし炒め。
野菜炒めは塩加減で美味くもなれば味気なくもなるが、
実にいい塩加減。野菜の甘味が引き立つ。


画像13
ひね鳥ポン酢。これはやられたわ笑。歯ごたえが好き!


画像14
〆は、堅焼きそば。取り分けてもらったところ笑。
かりっと揚がった麺に餡がからんでもうね、幸せやわ笑。

あぁ、近くに住みたい笑。


さて一行は、ひつじ家を後にして、車で10分。
そこは酒飲みの楽園「きん肴」。きんぎょと読む。
画像15


お店の中には知り合いがいっぱい笑。
皆さん、実にいい顔して飲んどう笑。


画像16
はい、金魚のはし置き♡。いいね!



画像17
付きだし。これがまたね、結構パンチあるのよ!
トマトベースに大豆、人参、ソーセージなどなどが調和して実に美味い。
これお代わりしたくなるね!


画像18
出ました!棒ヒレカツ。これを食べに来たといっても過言じゃない!
さくっと揚がってて、噛めば噛むほどお肉の甘味が湧き出る逸品。

他にも、出汁の中に浸っただし巻き玉子とか、
すんばらしい料理が、数々出てきたんだけど、毎度のことながら、
写真を撮り忘れてるというね(^^;。
後のお店っていつも写真が少ない。ほんま申し訳ない。

さて、実はここでは、食べももちろんだったんだけど、
飲み、特に日本酒にやられた!
これも写真がないのが悔やまれるが、ラベルには、「越州 桜日和」とあった。
喉になんの引っ掛かりもなくすいっと入っていく、そんな軽さがたまらない。
だからか、量を呑んでも全然甘ったるさが残ったりしない。
最後まですっきり!

越州 桜日和


いやぁ、今回も美味い楽しい一時だったわー。
さて、今度は誰の推し店に行くかな笑。


【今日のオススメ】
泣く準備はできてる笑。