自分のバイクの写真を黙々と貼るブログ。

記事検索
  • ライブドアブログ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コールマン タビトX/2 レビュー

買う時にレビューがあんま見当たらなかったので書いてみる。



ざっくりと(☆3つ満点として)
収納サイズ:☆☆
設営の楽さ:☆☆
利便性:☆☆
室内の広さ:☆☆☆
前室の広さ:☆☆☆
価格 :☆☆

こんな人にオススメ:
・2人で泊まりたいが荷物は増やしたくない方
・1〜2人用で値段、質ともにそこそこのコールマンテントが欲しいが
他人と被りたくないという方
・変な構造のテントが気になってしまう変態(俺)


以下詳細。

収納サイズ:
可もなく不可もなく。MOTOFIZZのフィールドシートバッグ(最大拡張時)に横置きでちょうど収まるぐらい。ギリ2人泊まれるテントと考えると収納性は◎。

設営の楽さ:
・謎のポール構造は慣れれば普通。ちょいクロスポールより楽?
・フライシート用のペグの数がやたら多い。
・純正のグランドシートが付いてくるが正直不便。
というのも、説明書いわく「インナーを先に立ててインナーにペグ打ってからグランド敷いてね(グランドにはペグ打てない)」だそうだが・・・普通グランド先に敷くだろうと。
普通のテント同様、ペグ打てるブルーシートを下に敷いたほうがいいかも。

利便性:  
・フライシートを強く張るためのベルトが各所にあって便利。
・入口のフライシートを巻き上げるのはオサレだがちょっと面倒。
・ベンチレーションが効いてるかどうかは謎。

前室・室内:
・普通の1〜2人用テントは2人で寝ると相当キツイが、これならなんとか。
(ただし極力カップルに限る)
前室が広いので2人で寝る場合は荷物は前室だろうなー。
・前室で頑張れば煮炊きが可能。オススメはしない。

価格:
ヤフオクで15k前後で転がってるのを買えれば◎。
2万以上は出したくないなーってとこ。

雪割りの花

 GW中の写真を今更まとめ。
北陸・信越だと雪山を見つつ花見が出来るシーズンでした。

以下時系列は適当に雪と花ごとにまとめて貼ります。

まずは雪。
浄土平@磐梯吾妻スカイライン
浄土に召される前に一度行っておくべき場所だとおもいました まる。


浄土平に至るまでの道は有毒ガス発生のため走行写真が撮れないという…
色々と常識の通用しない場所でした。



なんか鳥取砂丘を思い出す・・・



雪の壁っぽいので撮影しとく我々。だいぶ解けてるが。
路肩が雪で埋まってるもんで撮影ポイント探しが難しい。
見通し悪いからへんなとこ停めると迷惑極まりないしなー


場所は変わって志賀高原@長野。
ここと磐梯吾妻は走行動画撮ったら面白いだろうなーと思った。



おまけ程度に御岳山@岐阜。
一番構図が良かった写真がなぜか白黒。


次に花。

鏡ヶ池公園付近@福島
ちょうど桜の散る頃、ということで中々いい写真が撮れた。
道に転がってるカメラケースがアレですが・・・



千曲川@長野。
何も知らずに通りがかったものすごい景色だったのでバイクを止めた。







雪でも花でもないおまけ。
つばくろ谷@磐梯吾妻スカイライン
よくこんなとこに橋渡したもんだ・・・





よくわからんまとめ方にしたせいで
ものすごくまとまりがない記事になってるが気にしない。

サクラサクラサク

桜を撮りに彦根城へ。見事なまでに満開でした。
10時ぐらいから笑えるぐらいの混雑っぷりでしたがかろうじて回避。
俺「やっぱ観光地は9時に来て12時に帰るに限りますわー」
駐車場の兄ちゃん「ですよねー」









天空の城。



















モチ。









湖沿いを北上したとこにあった川べりにて。














たまたま居合わせたライダーさんのバイクも撮影。
堺から来たらしいが深くは会話せず。









最後のトリは奥琵琶湖パークウェイ。
ここに来るまでに写真撮りすぎだったもんでおざなり・・・



買った



・・・単焦点レンズを、ね。


年末に購入→寒いのでしばらくバイクお休み
→そろそろ暖かくなってきたので本日試し撮りしてきた訳で。





分かっちゃいたけどフルカウルのバイク撮る意味のないレンズだなー。
年末年始にかけては、人に会う機会が多かったので活躍したんですが。

このレンズでうちの子を撮るのは色々違う気がする、そんな一日。

確かにボケは凄まじい。構図によっては面白い写真が撮れそうではある。


ちなみに撮影場所は近場に最近できた道の駅:にしお岡ノ山


出来たばかりなだけあって賑わっておりました。
最近やたら近場に道の駅が出来る。喜ばしいこどだ。


冒頭のトライアンフさんは道の駅で真横にいたので
ついカッとなって撮影した。反省はしていない。

フルカウルに比べて対ネイキッドバイクだと単焦点が役に立ちすぎる・・・



フルカウルは平面が多すぎてボケようがないのがいけないんだろうな。

紅[べに]

突発有給取って天気が良かったので香嵐渓あたりまで散歩。


適当にカメラ振るだけでいい写真が撮れた気になれる、素晴らしい季節。



スクリーンが燃える。



メットも燃える。



しまいには山まで燃える。




秋深し、この先注意。





















昼に出て夕方に帰った割に、撮影枚数がおかしいことになっていた。


番外編。
この日はなぜか道祖神的なものとか神社とかによく巡り合う日であった。
























フィルタとWBとピクチャーバランスが重なりあって少しやりすぎ気味。
ま、うまい酒が飲めそうな写真が大量に撮れたんで満足。