山田隆道 Blog

大阪⇔東京(往復生活)  お仕事のご依頼・ご相談についてはお気軽にお問い合わせください

DeNA三浦大輔の引退について

 日刊ゲンダイで毎週火曜連載の山田隆道「対岸のヤジ」ですが、本日売り号の連載48回目のテーマは「DeNA三浦大輔の引退について」です。キオスクやコンビニなどで購入できます。ぜひよろしくお願いします。

 なお、本誌だけでなく以下のウェブでも読めます。過去のアーカイブもほぼ残っています。あわせてどうぞ。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/2270続きを読む

「家を看取る日」第20話掲載(文学金魚)

 文学金魚さんで連載中の小説「家を看取る日」の第20話が掲載されました。いよいよ次回が最終話になる予定です。PCやスマホ等で手軽に読める家族小説です。第1話からのアーカイブも残っています。ぜひよろしくお願いします。

山田隆道「家を看取る日」
◆スマホ等で読みやすい横書きテキスト版
http://gold-fish-press.com/archives/42146
◆PC推奨の縦書きPDF版
http://gold-fish-press.com/archives/42135続きを読む

言いまちがいならぬ、打ちまちがい











赤ヘルフィーバーと、パ・リーグの激しい首位争いの陰で、ロッテが妙に不気味だという話

 今季のプロ野球、セ・リーグでは広島の優勝が決定しました。25年ぶりです。私は阪神ファンですから、広島には金本やシーツ、新井のことで、ある種の罪悪感みたいなものがあります。それでも広島からは生え抜きの若手が次々に出てきて、それは阪神が最も苦手なことですから、羨望と尊敬の念もあります。25年ぶりの優勝という喜びも、1985年と2003年の阪神以上なのでしょう。おめでとうございます。続きを読む

「こち亀」の連載終了に想いを寄せて

 私にとって『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、少年時代にもっとも夢中になった漫画のひとつで、コミックスを買いそろえるという経験の最初でした。当時、私と同世代の少年たちはその多くが『キン肉マン』『キャプテン翼』『ドラゴンボール』あたりにはまっていて、『こち亀』好きは少数派だったと思います。

 その後も、私の記憶が正しければ『こち亀』が少年ジャンプで一番人気になった時代はなく、看板のエース作品はいつの時代も他にゆずっていました。だけど、それでも『こち亀』は少年ジャンプになくてはならない名物作品でした。特異なポジションだったと思います。『こち亀』は少年ジャンプの顔ではなく、足腰だったというイメージです。続きを読む
主な著書


虎がにじんだ夕暮れ

神童チェリー (メディアワークス文庫)