芳川葵の徒然記

官能作家芳川葵が徒然なるままに記す駄文です。 18歳未満には相応しくない内容が含まれることがありますので、ご注意ください。

 別名義のプロット。
 ようやく完成させ、たったいま担当さんに送信しました。

 当初の予定からブレてしまった部分などがあり、全体としての纏まりが甘い(私の中で綺麗に纏めあげられていない)と感じているので、これでスンナリ決まることはないだろう。

 担当さんのアドバイスを受けながら、純度の高いプロットを完成させ、執筆に向かえればと思います。m(_ _)m

 マクロスのイベント、
 『でる魂+mission8.19 ライオンがとまらない』に行ってきました。

 私は2部に参加したのですが、今回は応募倍率が凄いことになっていたみたいです。
 MCの喜屋武ちあきさんが冒頭、そんなことを仰っていましたよ。

入場プレゼント
 入場プレゼントの缶バッジ。
 左が全員共通、右が一人ずつ箱に入っているものを引いてもらうもの。
 きっと4種類あるのだろうが、私はカナメさんだった。

 今回のイベントは「マクロスΔ」と「マクロスF」のコラボ。

登壇者
マクロスF:シェリル・ノーム役の遠藤綾さん、
      ランカ・リー役の中島愛さん
マクロスΔ :カナメ・バッカニア役の安野希世乃さん、
      フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりさん
MC:喜屋武ちあきさん

・声優さん to 声優さんの質問コーナー
・それぞれ相手方の楽曲で好きなものはなに?(Fの2人はΔの楽曲、ΔはFの楽曲)
・スマホアプリ(歌マクロス)での対決(F vs. Δ)コーナー
・生アフレコ
・マクロスシリーズを通して好きなキャラは誰?
・プレゼント抽選会

 フリーアナウンサーの中倉隆道さんがチョイチョイ乱入。
 お客さんから声優さんへの質問コーナーが差し挟まれていました。

 マクロスFから10年。
 10年経って一番印象に残っているものは、みたいな質問が安野さん(だったと思う)からあったんですけど、遠藤さんの答えが「コスプレ」って……。

 オルレアンの衣装って言っていたから、このイベントだね。
 もうこれ、5年半近くも前のことなのか……。

 好きな楽曲で、安野さんがチョイスしたのが、ミシェルがクランを守って死ぬ場面で流された、真空のダイアモンドクレバス。

 まさにこの映像が流されてさ、正直、ウルウルしてしまいましたよ。

 2時間を少し越えるくらいのイベントで、いつも通り楽しかったですよ。
 新しい情報の解禁があるかと期待していたのですが、特別なにもありませんでした。

 江端里沙さん描き下ろしの、シェリルとランカのキーヴィジュアルは公開されました。
 パーティーに行く際のドレス姿で、相変わらずシェリルさんはセクシーでしたよ。
 今後グッズ展開をしていくみたいですが、その情報はなし。

 えっ? プレゼント抽選?
 そんなもの、いつも通り、カスリもしなかったさ。

 いいんだよ、プレゼントには当たらなかったけど、前から2列目で見られたんだから、それで良しとしようじゃないか。

 別にテレビで

 を見たから、今日のタイトルにしたわけではないですよ(たぶん)。

 それにしても、相変わらずカットされまくってましたね。
 公開当時の予告映像に使われたシーンも、放送されてない場面あるし。
 まあ、一番不運なのは、存在自体をほぼ消されている高校球児の子だけど。




閑話休題




 実はここ数日、プロット作業を中断して、とある原稿の修正をしていたんです。
 このたびそれが終わり、担当さんに送付しました。

 だから今日のタイトルは『(原稿の確認)よろしくお願いいたします』からです。
 ちょうどタイムリーな映画が放送されていたものですから……。(^^;)

 原稿自体はすでに確認していただき、OKを頂戴したんですけどね。

 ということで、再びプロット作業を再開したいと思います。φ(.. )

 私、クロネコメンバーズに登録しているのですが、ポイントサービス終了のお知らせが届いた。

 同じメールを受け取られた方も結構おられると思います。

 とりあえず11月いっぱいポイントがつくらしいですね。
 まあ、ポイントがつこうがつくまいが、それを目的で使っているわけではないので、どちらでもいいんですけどね。

 過去、一度もポイント抽選でプレゼント、当たったことないし。
 いっつもハズレた数だけウェットティッシュが届けられておりましたよ。

 で、いつも思っていました。
 ウェットティッシュひとつずつ別送じゃなく、纏めて送ってくればいいのに、と。

 調べたら、直近の失効ポイントは10月だった。
 2018年8月という表示もあるけど、3月で使えなくなるんだから、そこに集約させればいいのに。

 それをやるとシステム弄ることになるから、余計な手間になってしまうんだろうけど。
 最後なら、絶対にもらえる(交換できる)トラックのミニカーでも記念にもらっておこうかな。

 映画『007』シリーズで6代目ジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグ。

 前作「スペクター」で降板という話と今後も続投という、相反する報道がされていたのだが、どうやら本人の口から”続投”が語られたらしい。しかし、次の作品(ダニエル・クレイグとしては5作品目の007)で降板するみたいです。

 で、肝心の次作の撮影はこれからで、アメリカでの公開予定が2019年11月9日みたいですから、日本公開はオリンピックイヤーになる可能性もありますね。

 今年が2017年ですから、遠いようで近く、近いようで遠いなあ。
 まあ、楽しみに待ちたいと思います。

このページのトップヘ