S.K式*

ロゥテンションblog

IMG_20170915_085608-PANO

暦では今週は月曜も含めて3連休。自分は金曜に休みを取って前倒しの連休にした。誕生日が近づいてきてそろそろと免許の更新なので、早起きして朝から二俣川へ。前の家より近くなったということもあってバイクで30分もあれば到着。金曜はまだ晴れてたからね。二俣川の免許センターはいつ行っても建物が古いのもあって、まぁ気の滅入る空間です。まんまディストピアな感じのアレですよ、あれ。
IMG_20170917_075441

土日はもうどうしようもなく雨。なんだか気温も20℃切ってる時間帯もあり肌寒い。ネル地の長袖シャツを着こむ。しばらく履いてなかったクラークスのデザートブーツを引っ張り出してきた。シューレースがパッとしないので、好日山荘でメーター売りしている紐に交換してみたら、なかなかいい塩梅。スエードの靴は昔であれば雨の日なんてもっての外と言うのが常識でしたけど、防水スプレーが面白いほど効果的なせいで、最近では雨の日に行ける素材に変わってきている。汚れの防止にもなるので、スエードの靴は買ったらまず最初に防水スプレーを吹くのが良い。今履いてるデザートブーツはそういうの知らないときに履き始めたので、ちょっとシミになってる部分があり悲しい。けど、今からでもやらないよりやった方が良い。本当に面白いように水滴をはじく。もう少し寒くなったら少し前に買ったペンデルトンのウールシャツの出番。
IMG_20170916_165250

「映像研には手を出すな!」2巻。発売当日本屋で見かけ、家に帰ったらAmazonから届いてるはずなのを楽しみにしていたら、まだ届いてなかった。Amazon。どのみち平日に読むのはもったいないので週末読むつもりではいたんだけど。それにしても、この漫画やたらすごい。自分の中では、いま最も切れのある漫画家と言えば、この大童さんと、阿部共実さん、あとつくみずさんだ。3人とも編集側の意見とかこれっぽっちも入ってなさそうなくらい個人的な世界間で埋め尽くされてる上に、声高ではないにしろ世界に何か物申したいという気概が充満してて打たれるものがある。間違っても柳の下に2匹目のどじょうを狙いにいったりしていない。むしろ、こんなとこにもザリガニ居たんだ?というやつ。
IMG_rfezc7




雨で外に出かける気分にならないので、家の中で携帯ガスバーナーを使ってカップヌードルを作って食べた。気分だけでもアウトドア、なのか。Amazonでキャンプ道具みてると、有目なメーカーのものではないけど、安くて割とよさげなものが結構見つかる。例えばステンレス製の折り畳み式焚火台。とっても小さいやつで焚火台として使う場合は小枝とかを燃やして使うみたい。気を燃やす代わりに、100円ショップなんかでも簡単にてに入る固形燃料を使っても便利らしい(twitterで教えて頂いた)。メッシュ式の焚火台も1個買ってみた。これも有名な奴だと結構高いんだけど、1600円くらいで同じようなものが手に入る。使ってみないとわからないけど、まずこれで大丈夫では?とは思う。


IMG_20170917_145041
IMG_20170917_131028

あと、最近買ったのがANKERのbluethoothスピーカー。コンパクトな持ち運びできるやつ。普段使いとしてベッドの横に置いて使ってる他に、ジムニーにも持ち込んでダッシュボードに置いて使ってる。良い感じで収まるし、スピーカーの音が悪いジムニーの車内音楽環境が大分ましになるのでこれもなかなか良い。これなら、キャンプの時にテントの中で聴くにも良い。モバイルバッテリーにもなるのでスマホの充電しながら使うのも悪くない。
IMG_20170917_153427

そう言えば、昨年からもう1年越しでやってる絵の仕事の方が、実はまだ終わってなくて(エンドが色々注文を追加してくるらしい)、さらに修正をお願いされてるのでまたそちらの方も進めないといけない。今まで向こうから修正作業の場合の金額を提示してきてたんだけど、今回はそっちで値段決めてくれ…と。金額丸投げされるとむしろ、なんか控えめな金額提示してしまうチキン野郎です。






IMG_20170909_100710

秋晴れの休日。もしかして人間ってこの日のために生きてるんじゃないか?ってなほどの快適な1日。去年の今頃は丁度部屋のリノベーションの真っ最中。しかも順調にスケジュールが押しまくっていたせいで、ゆっくり休みの日を満喫するような感じでもなかった。なおさら今年の秋は、休日をどう過ごそうか考えるだけでそわそわワクワク。
IMG_20170909_102522

何だか最近毎週のように宮ケ瀬湖方面に出かけてるわたくしですが、今週ももれなく。今回は、宮ケ瀬湖畔園地でテントマークデザインのテントとかタープの展示イベントをやってるらしく、ちょうどいい感じのテントなんぞを物色していた折なので、いそいそ見に行ったわけです。それにしても、展示会場の芝生の広場の気持ちいいこと。曇ってたり雨だったりだと台無しですが、9月の涼しい風の中だと単なるテントですら最高に素敵に見える。
IMG_20170909_113649

一通り見終わった後も、適当に散策するだけでみょうに楽しい。セグウェイで公園内を廻れるツアーなるものにはちょっと惹かれたんですが、3500円と結構いいお値段。でも、カヌーは乗っておけばよかったかも。

休日と言うこともあって、お土産屋なんかもやってたので、会社用にお饅頭かったり、そろそろ終わりかけの桃の大きいのが150円で売ってたりしたので3つばかり購入。もしかしたらいまいちかもしれな、と覚悟してたんだけど、あとで食べてみたらめちゃ美味しいやつだったので、何なら一箱買い占めておけばよかったかも。
IMG_20170909_142333

そのあと、美味しい店があるとのことで、昼を食べにいつもとは逆方向に宮ケ瀬の道を突っ切って厚木の方に。下りの細いうねうね道もジムニーならゴーカート気分で最高に楽しい。お店で「牛ほほ肉のとろとろ煮おこげライス」ってのを頼んだんですけど、あんまりお腹すいてなかったけどすごく美味しかったで、全部食べてしまった。
IMG_20170909_133009

IMG_20170909_145806



夜はレイトショーで「ダンケルク」を観に行くか迷ったんですが、眠かったので日曜に。多分、観にいってたとしても寝るどころの映画では無かったですが…。

結局日曜の午後に観に行ったんですが、あまりにも凄い映画でもう、完全にノックアウト食らってしまった。相当眠い状態で行ってもこの映画で寝る人はまず居ないんじゃないか…と言うくらい、最初から最後まで緊張感の途切れないすごい熱量の映画でした。クリストファー・ノーラン脂乗り切ってます。

大抵の人は開始早々の音の迫力に頭を揺さぶられるんではないかと思う。そして音楽がまた、むやみに緊張感をあおるゴリゴリした曲で、すさまじい迫力の画面と相まって異次元の映画体験。まぁ、戦争映画って名作が多いジャンルではあると思うんですが、これまでの戦争映画とはちょっと違う印象…と言うか、個人的にはむしろSF映画(なかでもタルコフスキーの作品辺り)を連想させられる、ノーランの突き放したリアリスティックさが素晴らしい。あるいはキューブリック並みに神視点で作品を撮る人と言う感じか。

戦闘機の空中戦の出来もすんばらしぃので、まぁ、見どころの多い映画です。しかし、ほとんどの画面が緊迫したシーンで、しかも大迫力なもんだから、観てる間終始緊張感を強いられる。見終わったらぐったり疲れるほどなんですが、それ以上に凄いものを見たという充実感があるので、満足感はとても高かったです。

とにかく、音が第二の主役と言えるので、ガルパンの劇場版と同じように、出来る限り劇場の大迫力の音響で体験するべき映画かな、と。

こいつは、歴史に残る戦争映画であるのは間違いなさそうです。




このページのトップヘ