S.K式*

ロゥテンションblog

IMG_20180217_163538

久しぶりのデイキャンプ。道志川沿いのキャンプ場の中ではうちからの距離で言うと一番近い新戸キャンプ場。下道トコトコで1時間20分ほどで到着。事前に調べているとキャンプ場に至る道が一部めちゃめちゃ細いらしく大型車は入れない、と。入場してからも川べりのサイトまで降りる坂道がかなり急でこれまた敷居が高くなってる。恐らく路面状態が悪い時は近づかない方がいい氣がする。まぁ、ジムニーであればどちらもさほど気にする事はないんですけど。おかげさまでというか、そのせいで家族連れとかはわりと少なく、今回行ったときもソロキャンパー率がかなり高かったです。と言う事はなかなか居心地が良い訳です。バイクで来ている人も多かったな。

ちなみにキャンプ場の入り口に表札が掛かっているので、個人宅に庭でキャンプさせてもらってるとも言える。受付のおじさんに声かけて事前に料金を精算。車一台、人間一人のデイキャンで900円と言う格安っぷりが有難い。薪も売っているのでその場で調達出来るけど残念ながら、針葉樹と乾燥してない枝みたいな束しかなくて、ちゃんと焚き火したいなら何処かで広葉樹の薪を手に入れてから行ったほうが良いかも。季節によって違うかもしれませんが。
IMG_20180217_134312

こちらも久しぶりに、タープを張ってみる。噂通り道志川沿いの土は硬いようで、snowpeaksのソリッドステートが役に立った。地面が硬いせいか、なんとか前回よりも上手く張れた気がする。非常に風が強い日だったけどしっかり持ちこたえてくれたので。
IMG_20180217_133450

IMG_20180217_134223

思いの外暖かい日だったので、コットの上で寝転んだりするのも気持ちいい。ハンバーグ焼いたり、手羽先焼いたり、豚バラと白菜のミルフィーユ鍋作ったり、当然焼きリンゴも作ったりと色々やってたらあっという間に時間が経ってしまった。デイキャンプだと退出が17時までなので、やっぱり少々せわしなかったのが残念。次は是非泊まりで来ようと思う。道も下道オンリーなのでガソリン代とキャンプ場代を合わせても2000円程度。これなら気楽にいけますね。
IMG_20180217_151258
IMG_20180217_153520
IMG_20180217_132112

帰りは夕方にかかってしまうので道が混んでるせいで家まで2時間。やはり、一泊して日曜の朝空いてる時間帯に戻ってくるのがベストかな。
IMG_20180218_110015

翌日曜は、幕張メッセで冬のWF。仕事がらみの展示物の確認もしたいし、軽く見て回る感じで。昔はディーラーブースの端から端まで全部しっかり見て回る気力が合ったんだけど、最近はもうだめ。ゆるく流して気になるものだけ見る感じ。と言うか見てないところも沢山。
IMG_20180218_115429
IMG_20180218_130636
IMG_20180218_145043
IMG_20180218_145505
IMG_20180218_153404

今回は前日キャンプの疲れも有るので、15時ぐらいには疲れ切って退散。まぁ、でもミリタリー島は何時見ても楽しいし、ちょこちょこ買い物もできたしそれなりに楽しかった。

そんな感じで、今週はなかなか充実した休日だったようなきがする。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

IMG_20180211_171722

注文していたコットが届いた。ヘリノックスのコットと行きたいところだけど、流石に高すぎるのでクオルツのやつを。重量が多少重いけど、それでも3kg程度。これで12800円なのでまずコスパは良しなのです。早速部屋で組み立ててみる。基本的に簡単に組み上がるんだけど、最後に本体のアルミポールに脚をはめるところは結構な腕力がいる。これはちょっと女性では厳しいかもしれない。男の力でもエイヤッって感じです。
IMG_20180210_144553(1)

しかし組み上がってみると凄く良い感じ。早速寝転がると寝心地も上々。布の張り具合が丁度良くてポヨポヨとしたトランポリン的な心地よさも有る。日差しの温かい窓辺に置いて寝転んでみると思わず睡魔に襲われますね。身長172cmの自分でも長さ方向には十分余裕がある。幅は流石に普通のベッドに比べると見劣りするけど、寝返りを打てないほどでもない。
IMG_20180210_143716

この寝心地の良さ、軽さ、バラした時にコンパクトさは普通のベッドに置き換えて使いたくなるほど。災害に対する備え的な目線で見ても、部屋の家具をキャンプ道具で揃えるのはわりと有りなのでは?見た目がおしゃれなものが多いのも良いですしね。
IMG_20180210_142439(1)

先週借りた本を2冊読み終えたので、図書館に返却ついでに新しく予約した本を受け取りに行く。買うほどでもないけど読みたいと言う微妙なライン上の本って案外多くて、次から次へと読みたい本が浮かんでくる。暫くは片っ端から読んで行こうかな、と。図書館からバイク屋(港北naps)へ移動。

実はLEAD125のリアタイアがもう1万km超えで、溝がギリギリ。乗っててもグリップが落ちてるのが判る位だったので交換を。前輪は去年の春頃にパンクしたので交換済み。リアも同じIRCのタイヤにしてもらう。吊るしでついてるタイヤは中国製らしくかなり品質は?だそうな。そのまま交換して帰ってくる予定だったけど、ピットが2時間待ちとからしく、流石に時間が勿体無い。翌日開店前から並べば直ぐ交換できそうなので一先ず料金のみ払って退散。そのまま近くのIKEAへ。細々としたものを購入。

一旦家に戻って、灯油がそろそろ切れるのでジムニーに乗り換えてガソリンスタンドへ。スタンドの店員で簡単にガソリンが入れられるICチップ(クレカ情報と普段入れるガソリンの種類とか量を予め登録しておいてワンタッチで入れることが出来る)をオススメされたので作ってもらうことにした。料金も安くなる。爪先ほどの小さなモノで、キーホルダーに付けておけるので意外と便利。作った当日はガソリンも灯油もリッター辺り5円引きだと言ってたので、灯油だけ買って帰るつもりだったけど、せっかくなのでジムニーも給油しておく。いざ給油しようと思ったら、店員がちょっとお待ち下さいと言って、画面も操作してリッター辺り10円引きにしてくれた。え、そんなこと出来るのか…。しかし、せっかくリッター辺り10円引きなのにあんまりガソリン減ってなくて13Lしか入らなくてなんか無性に損した気分になってしまった。

翌日、ちょっと早起きしてまたまた港北napsへ。朝だから246も空いていて思いがけず早く着きすぎてしまった。開店まで45分待ち。コーヒーでも飲みながら本読んで時間を潰すつもりだったのでまぁ良いか。と思ったら財布に万札しか無い。小銭は50円玉が2枚。残念ながら缶コーヒーは飲めず。早くから並んだおかげで、予定通り一番最初に作業に入ってもらえた。
IMG_20180211_121115

自宅に戻りついでに、近々閉店するホームセンターの様子を見に寄ってみる。商品が補充されないので行く度に棚の物が減っていくのを見ると、あぁ、本当に閉店するんだと改めて思う。何だかカッコイイハードケースが76%割引の1500円と言う破格値になってたので、取り敢えず確保。使いみちはあとで考える。
IMG_20180211_152123
IMG_20180211_152501

IMG_20180211_152620

午後、今週も横浜へ。先週たまたま見かけた三井ビルディング内にある「原鉄道模型博物館」を観に来た。料金は大人1000円。JAF会員割引があったので、900円にしてもらえた。わりといい値段取るなぁと思ったけど、入ってみて納得。実働する精密な鉄道模型の物量に圧倒される。殆どが主な素材として金属で作られているので、サイズが大きいのも有って存在感が凄い。原信太郎氏の鉄道に掛ける情熱は、世の中に色んな趣味の世界があるけどそれを全部見渡してみても頭1つ2つ抜けてるレベル。模型好きは必見かもしれない。ちょっと狂気のレベルの収蔵物をみてると、何だか森博嗣の小説の世界に迷い込んだ気がしてくる。森さんも鉄道模型については尋常じゃないけど…。
IMG_20180211_152903
IMG_20180211_153330
IMG_20180211_154133

ルートの最後の部屋。かなり広い空間を実際に鉄道模型が走るように作られたジオラマで埋め尽くされていて、これまた圧巻としか言いようがない。これは本当に凄いな。実際にモノを見れば判ると思うけど、普通の人ならあの膨大な模型の1つですら一生かかっても作れないと思う。それくらい凄い。たかが模型。でもあれは模型を超えた何かだ。
IMG_20180211_155418
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ