S.K式*

ロゥテンションblog

ちょっと早いですが夏コミ新刊の正式な告知です。

8/14(日曜日)西た-09a
strawberry*kick
新刊「メカニカル・ボタニカル」(フルカラーイラスト本)
B5判 12P
配布価格:400円

「植物のように“偏在するメカ”と女の子」をテーマにした描き下ろし
も含めて、主に2016年に描いたイラスト集になります。

久しぶりのイベント参加(特にコミケは最近落選続きだった)、初のフルカラー本
なので是非よろしくおねがいします!

また、直前になったら告知する予定です。
IMG_20160723_074106(1)
一覧スクショ

【住み替え進捗】
新しい住居の方は手付金を払った後、ローン申請で少々時間を取られていたんですが、ようやく来週銀行の方でローン契約をすることに。このまま問題なければ、恐らく来月早々に残金を支払って、ようやく鍵を受け取る予定。鍵を受け取ってしまえば何時でも部屋に入る事が出来るので、まずは早めに業者の方にスケルトン状態にしてもらう。

今は、現状の部屋の状態から想像でリノベーションデザインを描いているので、解体して躯体が確認できたところで、計画変更の可能性もまだまだある。古い団地のフルリノベーションとなると、施工当時の図面が手に入らない場合もあるし、有ってもあまり当てにならない部分もあるそうで、やはり現場を測定して初めて詳細な図面を描くことが出来る。現状の内装を全部取っ払って躯体の状態をみて(コンクリートの状態は特に重要)また別のインスピレーションが湧くということもありそうだし、解体が楽しみです。

さらに今週も幾つかショールームを見て回る。壁と合わせて部屋の雰囲気を左右するフローリングは当初から決めるのを楽しみにしていたので、ようやく色々と材種を見比べて比較検討するのは胸が踊る。暗い印象の部屋にはしたくないので、広葉樹は当初から基本的に除外(オークとか、ウォールナットとかバーチとかね)。この辺の広葉樹は硬いと言う最大のメリットがあるんだけど、どうしても素材が冷たい感じになってしまうので、寒いのが苦手な自分としてはその辺もあって選択肢には入れず。
IMG_20160716_195250

加えてあんまり小奇麗な感じにもしたくないので、やはり当初のイメージ通りパイン系をしっかり確認してみる。木目の出方の印象としては桧や杉材も結構近しい物が有ってちょっとこの辺は迷う所。

実は懸念点の一つだったパインは柔らかくて傷つきやすいと言う部分については、実際にサンプルを傷つけて見たけど、思ったほど激しく損傷するわけでもなく、個人的にはこの程度ならわりと許容範囲内かぁ、と思ったり。となるとちょっと高めのボルドーパインでなく普通のレッドパインでも良いのかなぁ、と更に迷いの森へ分け入るのであった。

そうこうしているうちに、7月も既に折り返し地点。最近時間が経つのが殊の外早い。5月に物件を探し始めてから、ここまでほんとあっという間でした。作業的にはまだ折り返し地点にも来てないと思うので引き続き気合を入れて頑張らないとな。
IMG_20160716_193812

【夏コミ情報】
そんな中、夏コミの新刊が早くも印刷所から届いた。ワクワクしながら開封。初めてのフルカラーイラスト本、思った以上に良い感じに仕上がっててテンション上がった。あとは会場告知用のポスターを作れば一通り準備は完了なので、もう既にいまから夏コミが待ち遠しい。と言うか早く梅雨開けてくれないかなぁ…。

家に帰ってご飯食べるともう眠くて眠くて連日夜の10時には即寝落ち日々。いつの間にか夏の新番も始まっているみたいだけど・・・全くチェック出来てないので、今シーズンは多分1本も見れ無さそうな感じがする。まぁ、たまにはそういうのも良いかと思う。残念だけど。

期日前投票を済ませて、ついでに市役所で住民票と印鑑証明書を取得。

【住み替え進捗】
先週一度、楽しいリフォーム業者と打ち合わせがあった。古い団地リノベなので水回りは懸念材料の一つだったのだけど、やはり当初予定のユニットバスがサイズ的に入らなそうという事で、別の物を提案された。金額的にはUPの方向。う〜ん、これは痛いが入らないものは仕方がないな。一旦了解して、実際の商品を見て仕様を決める為に昨日TOTO港北ショールームを訪問。やたらとテンションの高い女性が登場。一緒にパネルの色やらシャワーヘッドなどアレコレ決めていく。ちょっとした付帯設備なんかが一々高いんだけど、最終的にリフォーム業者経由で購入する際は半額になるのです。「だったら最初からその値段を提示してくれよ!」と思うんですが色々業界の事情とかあるんでしょうかね。聞く所によると付き合いの多い業者に対してのほうが割引率は高くなる傾向らしい。お得意様価格ってやつかな。因みに個人で購入の場合は10%引きが関の山とか。パネルの色の組み合わせとか「あーでもない、こーでもない」とやってるうちに2時間。その他トイレの機種も決めて見積もり仕様書を作ってもらって完了。ふぅ、楽しいけど疲れるで。

その他、詳細を詰めていくと、変更を余儀なくされる箇所が次々出てくる。最初は実現性はある程度度外視して理想のイメージから入っているので、ココは当然想定内。取り敢えず先週の打ち合わせでUBのほかに出てきた問題点はレンジフードの換気と冷蔵庫の置く場所。特に換気については、現状が普通の換気扇が付いているだけで、しかも結構位置が低いので200mm程度壁に空間を作ってやらないとダメっぽい。そうするともともとかなりギリギリを想定していた冷蔵庫の置くスペースがやばい。キッチンの幅を狭くするか、ここはいっその事アイランド型に変更するか。ちょっと悩んで、無理のないアイランド型で一度仕様を考えてみることにした。

当初は壁付け前提でToolboxのステンレスミニマルキッチンを使おうと思ってたんですよ。シンプルで安くて、あと足がないので見た目にも非常に軽い感じなのが良いなと思って。アイランド型にすると、同型の脚付きタイプに変更となるんですが、結構値段が上がるのと、足がついた状態で納品となるので搬入経路の心配が出てきた。おまけに送料だけで2万かかる。ちょっと高い。
桜台団地リノベイメージ図04_アイランドキッチン02-50%

一端頭をリセットしてシンプルな造り付けのキッチンを考えてみる。素材は構造合板とステンレスのパネル。シンクや水栓はイケアで安く調達。コンロなんかもネット出やすく買って支給。一から作るんならと言うことで食洗機も格納できるように。とか考えつつデザインしたのが下の絵。これで一旦、業者に見積もりを投げてみた。施工費がどの程度掛かるかによるんだけど、上手く行けば当初の予定より安く上がる可能性も…あるかな?

その他、フローリング材もまだ迷い中。当初はサクラ(西南カバ)で考えていたんですが、ちょっと小奇麗にまとまりすぎるような気がしてきたので、やはりパイン材に変更しようかな、と。パイン材の中でもフランスのボルドーパインは通常のものと違ってかなり硬いらしい。パイン材は非常に柔らかい素材なので傷が付くのはほぼ必然、避けられないのですが、これならそこまで心配は要ら無さそう。価格は通常のパインが一番安くて、サクラは高め。ボルドーパインは中間くらい。今回のフローリングの施工面積は40平米程度なので単価の違いがかなり総額に関わってくる。まぁ、でも一番部屋の印象を決定する部位なので、値段だけで決めると後悔するのは見えている。もうちょっと考えてみる。

当初の見積もり書の中で、洗面台の金額がちょっと大きめだったので、これも今一度仕様を見直す。ココには可愛いタイルを使いたいので、来週辺りまたショールームを見に行こうかと思ってる。ショールーム楽しいよ。すげー楽しい。東京にはショールームが一杯有るよ。便利だよ。

【夏コミ】
無事入稿完了した!




このページのトップヘ