S.K式*

ロゥテンションblog

先週、5月のコミティアの申込みを済ませ、今週はC92(夏コミ)の申し込み。コミケの方は受かるかどうかわかりませんが、今年もイベント参加にむけて本は作ってます。久しぶりに楽しんで漫画描いてますよ。
C92サークルカット

1月は結構暇だったんだけど、2月に入って少し忙しくなってきた。なにげに職場でインフルエンザ感染者が立て続けに4人も出たのも工数を圧迫していて、ちょっと疲れが溜まっている。一時は自分も感染するんじゃないかと戦々恐々でしたが、一先ず今のところは無事。仕事では細かい作業が多いので、段々背中の血の巡りが悪くなってきて、それを引き金に頭痛とか目の疲れがどうしても出てきてしまう。こういう時は、疲れてても帰宅後短い距離でもいいからランニングして、体をほぐしておくのが重要。仕事から帰宅して、ランニング用の服に着替えてまた寒い外に出ていくのはなかなか厄介な一仕事ではありますが、自分の体のメンテナンスは自分以外だれもやってくれません。虫歯になったら歯医者が嫌いでも葉の治療に行かないといけないように、体の血の巡りが悪くなってきたら走る。それが自分のルール。

先日、ふいに釣りを題材にした映画が見たくなって、「リヴァーランド・スルー・イット」を借りてきて、眠れない夜中に観始めた。アメリカという国に住む人の心の原風景を見ているような、地味ですけど深みのある作品で、風景とフライフィッシングのラインが描く弧がとても美しくて一気にみてしまった。古き良きアメリカという懐古趣味という側面もありつつも、主人公ノーマンと弟ポールの対比は、あるいみいま現在進行形の、リベラル的な理想主義と反動的な行き過ぎた感もある保守主義の対比を薄っすらと透かして見ているような印象もあって、なかなか興味深かった。まぁ、人の心なんてそうそう便利に替われるもんじゃないよね…。
IMG_20170206_101611

そういえば、先週の週末に降った雨、随分車を汚す雨で、ボディ全体が薄汚れたようになってしまっていたので屋根のルーフラックを外して少し丁寧に洗車してやった。このジムニーに乗り始めてルーフラックを外すのは今回が初めて。外すのは簡単でしたが、洗車が終わってまた屋根に戻す作業が一人では難儀な作業でした。そこそこ重量があるので、屋根を傷つけずに乗せるのが難しいんですよね。まぁ、苦労したおかげでルーフ上部もきれいになりました。ルーフラックを外した愛車は新鮮でしたけど、何だかちょっと物足りない。やっぱJA22wはルーフラック載せていた方が個人的にしっくりするなと、改めて。

昼からお出かけして久しぶりの映画。いつの間にか公開されてた「虐殺器官」を見に行ってきた。月曜だったので1100円。そのせいかド平日の昼間にもかかわらずそこそこ人が入っていた。映画はなかなかクールな出来で悪くない。映像的な完成度と見どころ満載のシーンで飽きずに最後まで楽しんでみれました。原作は一度読んでるんだけど、まぁ当然のことながら綺麗さっぱり忘れてる。お陰で最後のセリフもバッチリ決まっていい塩梅でしたよ。
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃
早川書房
2012-08-01





リバー・ランズ・スルー・イット [Blu-ray]
ブラッド・ピット
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-07-13

IMG_20170128_105805
IMG_20170128_132709

会社の同僚に誘われたので、仙台のニッカ宮城峡蒸留所の見学に行ってきた。ニッカといえば以前はウイスキーメーカーとしてはさほど人気のあるわけでもなく、12年もののウイスキーでもサントリーの山崎なんかに比べて割安で何時でも手に入る印象で、そのわりには美味しい(と言うか個人的には山崎より美味しいモルトがたくさんあると思ってる)のがお気に入りだったんですが、某NHKの朝ドラが放送されてからは状況が一変してしまった。正にブームとしか言いようのない急激な需要の増加で、すっかりモルト原酒が枯渇してしまった訳です。工業製品や電子書籍なら急激に需要が増えても多少のブランクで供給も可能なんだろうけど、何十年かけて造る年代物モルトの原酒は一度枯渇してしまえばそれっきり。自分のお気に入りの「宮城峡シェリー&スイート12年」なんて今回ニッカの人に聞いたら銘柄としてまた商品が出せるまでに30年はかかるだろうと・・・。そう言う商品なんですよね。ドラマの出来についてはとやかく言うつもりは無いですが、やはり結果的にブームを呼び起こしてしまった功罪については愚痴の一つも言いたくはなります。
IMG_20170128_113836
IMG_20170128_115825

まぁ、そレはともかく蒸留所の見学です。流石に真冬のこの時期だとそれほど人も多くないだろうという予想は当たり。比較的ゆっくりと蒸留所内を見回ることが出来ていい感じでした。仙台ということで、正直もう少し雪が多いかと思ってたんですが、こちらの予想はハズレで仙台市の市内なんて全く雪がありませんよ。流石に蒸留所に近づくにつれて雪景色に変わって行くんですが、雪国風情とまでは行かない感じ。個人的にはせっかくなのでもう少し降ってると嬉しかったんだけどなぁ…。とは言え蒸留所内の有名な池はすっかり凍りついていて、外を歩いていると流石に寒い。

蒸留所内の主な建物は全体的に赤レンガで統一されているので、ブラブラと歩き廻るのもなかなか乙な感じ。空気も澄んでいてウイスキー造りにいい環境と言うのは人間にとってもとても気持ちいいもんだな、と。案内の人に付いて一通りウイスキー工場施設を見学したら、最後に無料の試飲が出来ます。これも昔はなかなか良い原酒を出していたらしいんですが、最近ではまぁどこでも売ってるものしか出せないみたい。まぁ、せっかくなのでサラッと飲み干して、どちらかというと本日の主目的であるところの有料試飲出来るバーへ。ここは流石に有料だけあって良いお酒を試飲できます。という事で、現在販売終了となってしまった貴重な12年ものをメインに色々と飲んで見る。jpg


シングルモルト余市12年「シェリー&スイート」
シングルモルト余市12年「ピーティ&ソルティ」
シングルモルト宮城峡12年「フルーティ&リッチ」
シングルモルト宮城峡12年「モルティ&ソフト」
シングルモルト宮城峡ノンエイジ「シェリー&スイート」
etc・・・

後半結構酔いが回って写真も撮り忘れてるので後なに飲んだかよく判りませんが・・・

個人的にはやっぱり「シェリー&スイート」が好きだなぁ。バーテンダーの女性も宮城峡12年の「シェリー&スイート」を2本持ってると言ってましたが次手に入るのは下手したら30年後という事で、「もう開けられません!」と残念そう。

結構飲んで満喫したので、あとはおみやげに買って帰るボトルを選ぶ。ココも昔に比べると貴重な原酒は随分減ったということですが、まだここでしか買えないものもあるのでそれなりに迷う。結局

シングルモルト宮城峡ノンエイジ「シェリー&スイート」
カフェグレーン「ウッディ&メロウ」
IMG_20170129_162604

の2本を購入。なかなかいいお値段でした。
IMG_20170128_153109

という事で宮城峡蒸留所はこれでお別れ。そのあと一度仙台駅に戻って、地下鉄で一駅の牛タンの店へ。少し前にデイリーポータルZで見かけてぜひ行ってみようと思ってたのでちょうどいい機会。混んでいるかと思ったけど17時前に入店したので先客は2組だけで、頼むと直ぐ出てきました。肉厚な牛タンが想像通りの旨さ。肉も旨いけど、テールスープがこちらもテール肉がゴロゴロ入っていて物凄く美味しかった。麦飯だけにできればとろろも有ればなお良かったんだけどこちらの店ではとろろはだしていない模様。それでもまぁ、十分満足な晩御飯でした。ごちそうさま。

IMG_20170128_165948

帰りは相当疲れていたので、新幹線に乗り込んだらすぐ熟睡。気がついたら東京駅でした。という訳で日帰りの仙台旅行でしたが、十分満喫した気分。たのしかった。仙台、また行きたいな。仙台
IMG_20170128_095301







IMG_20170123_061752

お仕事イラストの納品が済んだので(2月に一部修正がありますが)今週は特に切羽詰まって何かしなければいけないと言うものはないしで、久しぶりにゆっくりしようと思ってたら、夏コミの参加申し込み書を手に入れるのすっかり忘れてることに今更気づいた。タッチの差で通販は終了しているので、コミケットサービスの店舗に行って買うかと思って,twitterの公式アカウントに在庫の問い合わせしてみたけど特にレスがない。仕方ないので、オークションサイトで買うことにした。交通費のことを考えると結果的にはこっちのほうが安いか。ついでに5月開催のCOMITIA120の申込みも済ませた。昨年の夏以来なのでけっこう久しぶりの参加。新刊をなんとか間に合わせたいな、と。

日曜の午後から町田のヨドバシへ。特に目的は無いんだけど、レノボのYOGA BOOKがちょっと気になってたので実機を触ってきた。Android版は通販のみの扱いなので店頭においてあるのはwin機。win機のタブレット版は今ひとつ操作がわかりにくくてあまり色々と試せなかったのが残念だけど、特徴的なヒンジも含めてモノとしての良さはなかなかのものかな。値段もAndroid版なら42,984円と安いのでつい欲しくなる。何に使うのかよく判りませんが・・・。

ついでにも一つ気になってるタブレットipadproもじっくり試してみた。最近絵描きさんのなかでもipadproとapplepencilを使いこなしている方をちらほら見かけて、その絵のなかなかのクオリティに気になってたところ。実際にこの組み合わせ(12インチ)で絵を描くのかなり楽しい体験と言えるかも。描画の遅延も最低限で、ソフト次第ではどこでも気軽に使えるデジタルスケッチブックとしてのポテンシャルは高い。たまにソファでリラックスしながら絵を描きたいときもあるし、ちょっと検討してみようかな・・・。当然大画面で動画見たり、電子書籍読んだりも出来るので+お絵かきにも使えるとなると心が揺らぐ。
IMG_20170122_171911

会社の同僚にETCで結構マイルが貯まると聞いて、ちゃんと会員登録することにした。久しぶりに車に戻ってきたせいで、全然知らなかった。webですぐに登録できるかと思いきや、ETC車載器の管理番号を調べるのに一苦労(前のオーナーが付けていたので調べ方がわからなかった)、その上引っ越しでナンバーが変わってるので、結局再セットアップが必要という事が判明した。近くのオートバックスで再セットアップしてもい(2700円)これでようやく登録が出来た。あとは会員証が郵送されてくるのを待つ。あと、先週の鍵閉じ込めで懲りたのでJAFにも入会手続き。こちらは年間で4000円。結構安いんだよね。最初から入っておけばよかった。
IMG_20170122_171708

今週は新しいプールを開拓。町田にある「町田市立室内プール」というところに行ってみた。50mレーンのある温水プールで使用料金は大人で2時間300円。世田谷の砧公園プールが240円(今はもう少し値上げしたかもしれない)なので、それに並ぶ安さ。駐車料金も2時間100円とタダみたいなものなので、気に入れば常用も有りかと思って期待していってみるも、まぁ普通の市民プールでしたね。照明が薄暗いのと人があまり居なかったのも有って物悲しい雰囲気を醸し出していて、あんまり泳いでいて楽しくないな・・・。家からも下道オンリーでしかいけないアクセスの悪さもあるので、残念ながらここは一回コッキリとなりそう。こうして比べてみると、横浜国際プールの施設の素晴らしさは改めて素晴らしいなぁと思う。子どもたちが多いのも活気があって泳いでても楽しい。また来週からこちらで泳ぐことにしよう。


このページのトップヘ