S.K式*

ロゥテンションblog

IMG_20180211_171722

注文していたコットが届いた。ヘリノックスのコットと行きたいところだけど、流石に高すぎるのでクオルツのやつを。重量が多少重いけど、それでも3kg程度。これで12800円なのでまずコスパは良しなのです。早速部屋で組み立ててみる。基本的に簡単に組み上がるんだけど、最後に本体のアルミポールに脚をはめるところは結構な腕力がいる。これはちょっと女性では厳しいかもしれない。男の力でもエイヤッって感じです。
IMG_20180210_144553(1)

しかし組み上がってみると凄く良い感じ。早速寝転がると寝心地も上々。布の張り具合が丁度良くてポヨポヨとしたトランポリン的な心地よさも有る。日差しの温かい窓辺に置いて寝転んでみると思わず睡魔に襲われますね。身長172cmの自分でも長さ方向には十分余裕がある。幅は流石に普通のベッドに比べると見劣りするけど、寝返りを打てないほどでもない。
IMG_20180210_143716

この寝心地の良さ、軽さ、バラした時にコンパクトさは普通のベッドに置き換えて使いたくなるほど。災害に対する備え的な目線で見ても、部屋の家具をキャンプ道具で揃えるのはわりと有りなのでは?見た目がおしゃれなものが多いのも良いですしね。
IMG_20180210_142439(1)

先週借りた本を2冊読み終えたので、図書館に返却ついでに新しく予約した本を受け取りに行く。買うほどでもないけど読みたいと言う微妙なライン上の本って案外多くて、次から次へと読みたい本が浮かんでくる。暫くは片っ端から読んで行こうかな、と。図書館からバイク屋(港北naps)へ移動。

実はLEAD125のリアタイアがもう1万km超えで、溝がギリギリ。乗っててもグリップが落ちてるのが判る位だったので交換を。前輪は去年の春頃にパンクしたので交換済み。リアも同じIRCのタイヤにしてもらう。吊るしでついてるタイヤは中国製らしくかなり品質は?だそうな。そのまま交換して帰ってくる予定だったけど、ピットが2時間待ちとからしく、流石に時間が勿体無い。翌日開店前から並べば直ぐ交換できそうなので一先ず料金のみ払って退散。そのまま近くのIKEAへ。細々としたものを購入。

一旦家に戻って、灯油がそろそろ切れるのでジムニーに乗り換えてガソリンスタンドへ。スタンドの店員で簡単にガソリンが入れられるICチップ(クレカ情報と普段入れるガソリンの種類とか量を予め登録しておいてワンタッチで入れることが出来る)をオススメされたので作ってもらうことにした。料金も安くなる。爪先ほどの小さなモノで、キーホルダーに付けておけるので意外と便利。作った当日はガソリンも灯油もリッター辺り5円引きだと言ってたので、灯油だけ買って帰るつもりだったけど、せっかくなのでジムニーも給油しておく。いざ給油しようと思ったら、店員がちょっとお待ち下さいと言って、画面も操作してリッター辺り10円引きにしてくれた。え、そんなこと出来るのか…。しかし、せっかくリッター辺り10円引きなのにあんまりガソリン減ってなくて13Lしか入らなくてなんか無性に損した気分になってしまった。

翌日、ちょっと早起きしてまたまた港北napsへ。朝だから246も空いていて思いがけず早く着きすぎてしまった。開店まで45分待ち。コーヒーでも飲みながら本読んで時間を潰すつもりだったのでまぁ良いか。と思ったら財布に万札しか無い。小銭は50円玉が2枚。残念ながら缶コーヒーは飲めず。早くから並んだおかげで、予定通り一番最初に作業に入ってもらえた。
IMG_20180211_121115

自宅に戻りついでに、近々閉店するホームセンターの様子を見に寄ってみる。商品が補充されないので行く度に棚の物が減っていくのを見ると、あぁ、本当に閉店するんだと改めて思う。何だかカッコイイハードケースが76%割引の1500円と言う破格値になってたので、取り敢えず確保。使いみちはあとで考える。
IMG_20180211_152123
IMG_20180211_152501

IMG_20180211_152620

午後、今週も横浜へ。先週たまたま見かけた三井ビルディング内にある「原鉄道模型博物館」を観に来た。料金は大人1000円。JAF会員割引があったので、900円にしてもらえた。わりといい値段取るなぁと思ったけど、入ってみて納得。実働する精密な鉄道模型の物量に圧倒される。殆どが主な素材として金属で作られているので、サイズが大きいのも有って存在感が凄い。原信太郎氏の鉄道に掛ける情熱は、世の中に色んな趣味の世界があるけどそれを全部見渡してみても頭1つ2つ抜けてるレベル。模型好きは必見かもしれない。ちょっと狂気のレベルの収蔵物をみてると、何だか森博嗣の小説の世界に迷い込んだ気がしてくる。森さんも鉄道模型については尋常じゃないけど…。
IMG_20180211_152903
IMG_20180211_153330
IMG_20180211_154133

ルートの最後の部屋。かなり広い空間を実際に鉄道模型が走るように作られたジオラマで埋め尽くされていて、これまた圧巻としか言いようがない。これは本当に凄いな。実際にモノを見れば判ると思うけど、普通の人ならあの膨大な模型の1つですら一生かかっても作れないと思う。それくらい凄い。たかが模型。でもあれは模型を超えた何かだ。
IMG_20180211_155418
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

IMG_20180202_072744

木曜の夜からまた雪が降り出して金曜の朝には少し積もっていた。前回の大雪ではうっかりと昼間から飲んでしまったのでジムニーで遊ぶことが出来ず、今回は朝から走り回ってやろうと前日寝る前からワクワクしてたんですが、思ったほど積もっておらず。とは言えそれなりの雪景色。コンビニでホットコーヒーを買って、いつもの場所まで。こうして雪道を走ってみると、「流石ジムニーだ、なんともないぜ」と一人でつぶやかざるを得ない頼もしさ。去年の年末にノーマルタイヤで凍結道路から3mほどおっこちたトラウマも暫く走っていたら、徐々に安心感に取って代わっていく。これなら冬の雪山も大丈夫だろうな、と。
IMG_20180202_072718

引っ越ししてから少し足が遠ざかっていた図書館を、今の場所で新たに調査。246を使ってバイクで15分のところに地区の図書館があったので、早速出かけてみる。丁度毎週通っているプールへ行く途中にあるので、わりと利便性が高そうだ。多くはないけどバイクの駐車場所も確保されている。館自体はさほど大きくはないけど、以前住んでいた川崎区での家の最寄り図書館に比べると蔵書は多い。10分ほど館内をざっと見て回っただけで、「そう言えばこれ読みたかった」という本が結構見つかったので、後日改めて見に行こうかと思う。取り敢えずその場で図書カードを作成してもらって、2冊ほど借りて帰る。

今時は図書館もインターネットのお陰でとても便利になっているのは横浜市も同じで、ネットで予約した本の受取場所が自宅の直ぐ近く(歩いて5分、バイクだと3分程度)にもあることもわかった。借りるのも返すのもそこを使うようにすれば、以前より格段に便利に使えそうだ。最寄り駅にも返却ボックスがあるようで色々と融通がきく。図書館の近くに住むと言うのは以前からの夢の一つではあったんだけど、インターネットのお陰で図らずも近い夢はかなってしまったような気がする。こうなると、読みたい本がまたどんどん増えていく。
IMG_20180203_164137

距離的にはさほどでもないけど、交通網のせいで意外と行きにくい場所がある。以前住んでいた場所から言うと、横浜がそれで、そこに引っ越す前は横浜までバイクで10分という環境だったことも有り本当によく行っていたんだけど、そこから引っ越したあとは足が遠のいてしまった。今回の引越し後は、気づいてみたらこれが意外と行きやすくなったので本当に15年ぶりくらいに横浜を再開拓しようと思っている。横浜は海も近いし、東京の都心みたいに、銀座、新宿、六本木、渋谷、池袋と拠点が分かれていなくて、横浜と言えば横浜駅に行けば済むという凝縮感が結構好きだったりする。土曜の夕方に降り立った横浜駅は記憶を軽く上回る人の波。あれ、こんなに人多かったっけ?エスカレーター乗るのに凄く行列が出来てるとか…。
IMG_20180203_164515
IMG_20180203_171300

当時よく歩き回った地下街もすっかり記憶から無くなっているので、どこがどうなっているやら。これはしばらく通い詰めないと何が何処に有るやらさっぱりです。今回久しぶりに横浜駅に降り立った理由は「kamosika」と言う登山道具の店を見に行くため。駅から少し歩く立地だけど、これがなかなか良い感じの店だった。特に2階がアウトレットと、休憩用のソファー何かが置いてあるゆるい空間で、コーヒーがセルフで無料で飲めるサービスが素敵。中でも登山関係の図書の扱いはかなりの充実感。一緒に「モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 」なんかが並べてあるひねり方が良い。アウトレットコーナーでアルミ製の水筒と靴紐を購入。次横浜に行ったら、「横浜帆布鞄」と「原鉄道模型博物館」「天賞堂」「横浜美術館のミュージアムショップ」辺りを散策してみたい。
IMG_20180204_180831
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ