来週いっぱいで同僚が一人退職するので、今のうちにと思って有給をとって今週は3連休。一人減るとなかなか休みが取りずらくなりますからね。

今まで毎週通ってた横浜国際プールが今の住居からだとちょっと遠くなってなかなか行けてない。と行っても30分もかからない距離ではありますが意外と影響あり。今日は久しぶりに泳ぎに行ったけど、まぁいつも通り。頻度が下がったからと言って特に遅くなるわけでもなく、もちろん早く泳げるようになってる訳もなく。そんなもん。代わりに家の近所をそれなりに走ってるので体力は落ちてない…はず?以前の住まいの周りより走りやすい環境なので、今後はランニングメインになるのかなぁ。それもよしか。駅前にスポーツクラブが3つほどあるので、そこに入会すれば直に泳ぐことも出来るんだけど毎月1万〜と言うのはたまに泳ぐだけの為に払うのは高すぎるので躊躇する。

年末の里帰りの新幹線切符は無事予約どおり取れたので昨日引き取ってきた。あとは、そろそろ帰省土産とかも考えようか。せっかくなので近所の店で色々探してみる。
IMG_20161210_120324

仕事で描いてる絵の方はラフOKが出ているので線画作製中なんですが、描き込みが非常に細かいので難儀している。もともとクライアントさんが割と書き込んだ絵をみて依頼してきたので、細々描き込んだ絵を求められてるはずなのでここは頑張って今週中に仕上げる予定。その後の色塗りもなかなか怖いっす。納品は年明け中旬頃なので線画にOK出れば正月休みにガッツリ進めれば何とかなるかなと踏んでるんですが。

作業の息抜きに読もうと思って、なんだかんだでまだ手を出していなかった「村上さんのところ コンプリート版」を買って合間合間に読んでる。この本、そういうちょこちょこした時間を埋めるのに最適なのですね。分量が半端ないので、最初読み始めた時にKindleで下の方に表示される読み終わるまでの予想時間が128時間とか表示されてビビったんですけど、読み進めてると残り63時間とかになってホッとしたわけですが、よくよく考えてみると60時間オーバーも大概ではあります。しかし村上春樹のファンとしては当然「あと60時間もこの本を読めるのか、嬉しい!」となるので好きな人にはすこぶるコストパフォーマンスの高い読み物ですね。しかしないものねだりとは言え、村上春樹のこの手の本の表紙が「安西水丸」さんではないのはやはり残念。好きと偉そうに言えるほどのことは何もないんですが、あの柔らかなタッチがとても懐かしく思います。



本屋で見かけて購入したんですが、とてもいい本でした。夏になると電気も水道もガスも来てない離れ小島でひと夏過ごすなんて憧れる。