IMG_20161216_163452

寒くなってきましたね。やっぱ、冬は冬なりに寒いな。当たり前。

通勤手段は主にバイク。雨の日は電車。バイクの通勤距離は以前より大分距離が伸びたので、そろそろ防寒対策が必要になってきた。patagoniaのパフジャケット着ていれば体は寒さを感じることは無いけど、やはり手がちょっと厳しい。登山用のしっかりしたゴアテックス手袋でも吹きっ晒しのハンドル周りだと徐々に熱が奪われていき家に付く頃にはかなり凍えてしまう。となるとここはハンドルカバーの出番です。以前リトルカブに乗っていたときも冬場は重宝していた。リードの場合はハンドル周りがスクーター特有のデザインの為、汎用ハンドルカバーが付くかどうかはモノ次第と言うところであり…。

amazonでネオプレーン(ウエットスーツなんかに使われるアレ)性のカバーを購入してみた。結論から言うと、そのままでは全く付けられません!この手の商品は基本的にハンドルバーむき出しのバイクを想定しているので、ある意味では予想通りです。とは言え、素材が収縮性と加工性のあるネオプレーンなので、ここからは後先考えず入らない部分にハサミをザクザクと入れていく!かなりハサミで切り裂いて、部分部分に穴を開けて紐でくくったりしてようやく取り付けが完了。「う〜ん」なんだか微妙に不格好な気が。しかしまぁ、使えるには使えるようになりました。
IMG_20161216_125555

取付後早速近所に買い物に出かける。思い切って素手のままカバーに手を突こっんで行きましたがちょっとした距離ならこれで十分ですね。風が当たらないのでカバーの中は普通に外を歩いてるくらいの寒さ。遠くに出かける時は普通の手袋を併用すれば十分でしょう。

amazonプライムビデオでKUBRICKのロリータを見る。実はまだ見たことが無かったので、これが初見ですがなかなか。日本人のロリータの感覚からするとヒロインがちょっと大人っぽすぎる気もするけど、いい年のおっさんが生意気なガキの色気に翻弄されると言う基本構図はやっぱ良いですね。わりとドキドキ出来ます。あと、ボウリング・フォー・コロンバインを途中まで。なんだか不思議な映画で、これ映画なの?ってな気もしますがこちらもなかなか面白い。

久しぶりに釣りをしたいなぁ、と思うのだけど引っ越し先からだとどの辺りに繰り出せば何が釣れるのかイマイチ把握が出来てないのでちょこちょこ調べている。まず、まともな釣り場となると津久井湖辺りになるのか。高速乗り継げば1時間程度。バスも釣れるらしいが激渋と聞く。船を借りれば冬場はワカサギが釣れるらしい。ワカサギと聞けば無条件で氷に穴を開けて釣る氷上釣りを想像するけど、津久井湖でも釣れるんだな。まぁ放流だそうですが。それだけに釣れる時は1時間60匹のペースとか。ワカサギの唐揚げ食べたいな。