S.K式*

ロゥテンションblog

カテゴリ: 日記

IMG_20171203_135115

先週は体調崩して、木曜早退。多分風邪。翌日もあまり回復してない感じだしで、金曜はお休みさせてもらった。最近イベント絡みでだいぶ忙しかったけど、イベントも今週末開催なのでようやく一息ついて、今ならそれほど忙しくないタイミングだしちょうど良かったかもしれない。
IMG_20171202_141352

金曜一日ゆっくり休んでたら無事体調も回復したので、秋葉原までイベントを見に行く。秋葉原なんて年一でコレを見に行くぐらいですっかり縁のない街になってしまった。たまに行くと、相変わらず中国語とオタク語しか聞こえてこない(偏見)カオスさ。もはや、用事がないのにワザワザ行くのも苦行に感じる。

イベント自体は、自分が担当したアイテムがたくさん見られて凄く楽しかった。あぁ、コレめっちゃ苦労したよなぁ、なんて思い出が走馬灯のように(死にません)。

一応病み上がりなので、今週はプールはパス。
IMG_20171203_125039

日曜快晴。起きて少し同人誌の原稿進めてから(今のところ良い感じの駆け出し)、軽く焚き火をしに相模川に向かう。今日は先日買ったユニフレームの「薪グリル」をおろして、これで念願の焼きリンゴに挑戦するのだ。軽く行きたいので今回はタープも張らず。
IMG_20171203_134325

取り敢えず何時も通り炭起こし器に炭と針葉樹の燃えやすい薪、着火剤を入れて点火。これは本当に間違いなく一発で火が起こせるので重宝する。ある程度薪に火が乗ったら、そのまま薪グリルに移す。
IMG_20171203_143330

行く途中でコンビニで買った、おにぎりを軽く炙って、ソーセージを焼いて取り敢えず腹ごしらえして、お待ちかねの焼きリンゴの準備。リンゴの芯をくり抜いて家から持ってきたバターと砂糖を詰め込んで、アルミホイル2重で包む。あとは火にくべて火が通るまで気長に待つ。薪グリルは横長に火が使えるので、横でお湯を沸かしてコーヒーも準備。ふぅ、楽しい…。
IMG_20171203_143340

コーヒーが先に入ったし、読みかけの小説の続きを読む。何故か「ねじまき鳥クロニクル」を最近読み返している。話の内容に関しては、覚えてると言えば覚えているし、細部についてはソコソコ忘れてしまっている。どっちにしろ、暫く間を置いて読み返すとまた新鮮で何度でも読めてしまう。最近の短編はなかなか楽しいと思うけど、長編については最新作で若干「?」と思ってしまった。この頃の長編はこれみよがしではないにしろ、明らかに今とは違った才気がかった凄みが感じられてやっぱ面白いよ。
IMG_20171203_145738

火に焚べた焼きリンゴの包から「プスプス」と音が聞こえてきた。アルミホイルを開いてフォークを突き刺してみると、もうすっかり火が通っている模様。お皿に移してみたら、底のほうが少し焦げ付いてアルミホイルにくっついてしまっていたけど、全体的には「初めて作ったにしては及第点…?」な出来かなぁ。
IMG_20171203_143335

食べてみると、思わず「美味しい!」と独り言で言ってしまうくらい美味しく出来てた。まぁ、どうやって失敗するんだってなくらい単純な調理方法なので当たり前なんですが、やっぱり焼きリンゴは美味しいです。コーヒーと焼きリンゴと読書。目の前には焚き火の炎。
IMG_20171203_151755

ごちそうさまでした。
IMG_20171201_185914

snowpeakのソリッドステーク(300mm)も届いたけど今日は出番なし。一応地面に打ち込んでみたら、長さのおかげもあって前回の時より断然ガッチリした食い込み。これなら、次河原でタープ張るときも問題無さそうな気がした。








IMG_20171111_163710-EFFECTS

メインの仕事取引先の秋葉原でのイベントが近いのでココのところ非常に忙しい。大分お疲れ気味。週末に特急オーダーねじ込まれたので実は明日の日曜も出勤…です。せっかく良い天気そうなのになぁ…。悲しみ。

疲れが溜まってるので今日は朝も遅めに起きて、一日ゆっくりしてた。大体一日部屋にいるとそこそこ部屋の片付けが捗るのでたまには良い。久しぶりに近くの田園風景の残る場所へジムニーでドライブ(ドライブと言うほどの距離でもない)。2,3回行ってからあまり寄ってなかったタリーズロースターラボで豆を購入。近所に新しいローソンの店舗が開店準備中みたい。うちの家の周りだと、一番近いコンビニがローソンで、新しく出来るローソンは2番めに近くなる。ちなみに3番目に近いのもローソン。ローソンばっかじゃないか!ローソンの宅配受取りシステムの洗練具合とか、loppiとか、郵便ポスト完備とかで、わりと好きなんだけど、弁当のたぐいはやっぱセブンイレブンかな。
IMG_20171111_132935

先日注文したテントが届いた。一度留守の間に自宅に配達に来たようだけど、受け取れずで
セブンイレブンに転送してもらって受け取りに行ったら、バイトの子が「荷物ありません!」とか言い出す。埒が明かないので探しておいて下さいと伝えて一旦引き上げて、ヤマト運輸に問い合わせたて確認してもらったら、やっぱりちゃんと届いてる、と。再度受け取りに行ったらすんなり渡されるのかと思いきや、また別のバイトの子が散々探してようやく持ってくる。セブンイレブンの宅配受取りって、基本システムと呼べるものは何もなくて、単に保管しておいてくれるだけみたい。受取の際に番号もバーコードもないので、名前を告げて荷物持ってきてもらって、サインして受け取るだけ。ローソンのバーコードシステムでトラブったことが一度もないだけに、セブンイレブンの朴訥さがなんとも。出来れば使いたくないんだけど、センター受取だと21時までなのが平日とかの場合苦しかったりする。
IMG_20171111_131557

IMG_20171111_132035

IMG_20171111_132523

部屋でテントの試し組み。ポールタイプじゃなくフレームの吊り下げ式にしたので、初めてでも結構簡単に組み立て完了。中に入ってみると広いとまではいかないけど、一人で寝るには十分かと。タープも注文したので、寝るとき以外はタープの下で焚き火しながら過ごすイメージ。テントに入るのは寝るときだけだろう、と。少し前に注文した寝袋の発送が遅れていて、12月初旬にならないと発送されない模様。まぁ気長に待ちます。
IMG_20171111_143055
IMG_20171111_144150

雨続きで洗車全然出来てなかったので、ジムニーの洗車もやってしまう。久しぶりなので何時もより丁寧にピカピカに。車をピカピカにするの、意外とストレス解消になるので嫌いじゃないんだよね。
IMG_20171111_162007

BNN新社さんから今度の11/13日に発売になる「同人誌のデザイン 手に入れたくなる装丁のアイデア」にて、うちの同人誌「夜のラジオとコンセンと」と「団地リノベの本」を紹介頂いてます。一足先に献本が届いたので中を見ていたら、デザイン実例集が、スンバらしくてこれはなかなかです。マジで同人誌デザインに興味がある方は一読オススメします。まぁ、若干うちの本なんかで良かったんだろうかと思わなくもないですが。内容は専門色強めなので、ガチの人向けかと。ある意味ほぼコミティアという感じも。
IMG_20171111_162125
IMG_20171111_162207

そう言えば、11/23(木)のコミティア122にサークル参加します。本の新刊は無いんですが、ステッカーを4種類ほど作ってるので、そちらをほそぼそと頒布しようか、と。既刊「夜のラジオとコンセンと」と「団地リノベの本」も持っていきます。
同人誌のデザイン - 手に入れたくなる装丁のアイデア
井上綾乃
株式会社ビー・エヌ・エヌ新社
2017-11-13





ブレードランナー2049が公開になったので観に行ってきた。金曜は久しぶりに晴れそうだったのでに有給休暇を取って朝一の回。流石に閑散としてた。相変わらず上映予告時間から本編開始まで15分も広告的なものを延々見せられる。この時間はスマホでも弄ってやり過ごすしかないのが虚しい。本編開始時刻も併記することを以前も主張しておいたけど今後も密やかに主張していきたい。こっちはちゃんとお金払ってみてますのでねぇ。

オリジナルのブレードランナーが名作なのは全く異論がない。まぁそれだけに今回の続編はどう考えても前作を超えることは、難しいだろうなぁと予想して、期待値は上げずに観に行った。かなり期待値を下げての視聴だったけど、思った以上に普通の映画で終始、「う〜ん、なるほど」としか言いようのない感じ。悪くはない、悪くはないんだけど…。240分退屈せずに見れただけでも割とすごいのは認めます。でも、あまりにも陳腐になりすぎたブレードランナー的世界観のオルタナティブなビジュアルを提示するまでには至ってない。まぁ、普通に考えて無理なんでしょうけど。1か所でも予想を超えてくるビジュアルがあれば、だいぶ評価も違ってきたように思いますが。大体どのシーンもどこかで見たようなブレードランナー以降のSF画面なのでワクワク感を感じるとまではいかないのが惜しい。普通に出来は良いんですけど。出来のいいSFなんて昨今いくらでもあります。

今回わりと甘ったるい性愛の要素に時間が割かれていてそこが一番個人的にダメだったような気が。ヴァーチャルキャラとの恋愛要素…それいります?ラブプラス?初代ブレードランナーの一番の肝だったハードボイルド要素がそのせいで大分スポイルされていたのが残念。ヒロインのビジュアルもそこはかとなく日本のアニメの美少女キャラよりのカワイイタイプで、そこも何だか…。ハリウッド映画だから無理やり入れた、とまでは勘繰りたくないですが、ちょっと「シンゴジラ」を見習ってほしいと思ってしまったのは正直なところ。あと、音楽、と言うかおどろおどろしい効果音に頼り過ぎかな。

むろん、ライアン・ゴズリングがひたすらカッコよかったので、観て損はないと思います。いや、ほんとライアン・ゴズリングは男好きするイケメンで眼福ですよえ。
IMG_20171028_130551

土日はもう予想通りの曇りからの雨で流石に色々やる気がなくなってきた。取り敢えずジムニーでプールまで泳ぎに。泳いで戻ってみるとベンツのGクラスが横に停めてあったので記念に2ショット写真をパチリ。きっとわざと横に停めてくれたんだろうな。行って帰ってきたら、先週後半風邪で一日早退してから何だか体調が優れないのもあってそのままベッドに入って寝てしまった。やる気のない土曜日。
IMG_20171029_135410

日曜は朝から雨だったけど久しぶりに東京モーターショーを見に出かけた。ジムニーに乗り始めて何となく車に興味が戻ってきたタイミングなので何気に楽しみにしてた。一番期待してた新型ジムニーは残念ながら今回のモーターショーでのお披露目はなかったけど…、気になる車やバイクがまとまって見れるのはやっぱり楽しいやね。個人的にAudiのブースが一番興味を惹かれた。Audiの抑制のきいたデザイン昔から好きなんだよねぇ。同じ方向性のVWもジムニーとは全然方向性が違うながらもアレはアレで非常に好き。密かに購入を検討していたVWのNEWポロは今回からデ・シルヴァのデザインでは無いようで、ちょっとプレスラインがうるさく感じたけど、トータルで見るとなかなか魅力的。
IMG_20171029_145502
IMG_20171029_145522
IMG_20171029_145624
IMG_20171029_115549 (2)
IMG_20171029_124029 (2)
IMG_20171029_142436

全部感想書いてるとキリがないので、さらっと済ませますが大雨で会場に入るまでに足元がずぶ濡れになったことを除けば、非常に楽しかったです。

で、来週末は晴れるのかな?

予報通りすっかり冷え込んできた。まだ、震える寒さってわけではないけど。普段バイクに乗ってると体感温度5度は違うので、仕事帰り家に着くとかなり体が冷え切ってしまう頃合い。暖房までは必要ないけどそろそろ冬支度は必要かな。冷え込んでくると焚火遊びもグッとありがたみが出てくるやね。来週晴れたらまた焚火しに行きたい。寒いのがあまり好きじゃないので、どうしても例年冬場は引きこもり勝ちになるんですが、焚火遊び一つ覚えただけでむしろ気温が下がるのを楽しみに思えるんだから、趣味ってのは物事のとらえ方を大きく変えてくれるきっかけ。

誰も足を踏み入れたことのない渓流なんて普通行こうと思わないし、興味もわかないもんだけど、釣りをする人にとってはむしろそういう未踏の地こそ桃源郷っていう、価値がガラッと転換する面白さ。つくづく人生を楽しくするのは、世の中をどうとらえるかっていう自分の中の問題なんだなぁ、と。
IMG_20171008_210933

そう言えば、キャンプで使うようにステンレスのキャンプ用調理器具を買った。こういうアウトドア向けのものって、コンパクトなものが基本なので、ちょっとしたおままごと道具のような感じもある。さほどい自炊に興味がわかない理由の一つにフルサイズの調理器具が自分的にはトゥーマッチな気がしてどうにも使うのに気が乗らないという理由がある。重いし大きすぎる。これがキャンプ用の調理器具を使うだけでとたんに、料理作りが家事じゃなくて、趣味の延長のように思えてくるから不思議なもので。テフロン加工もしてないステンレスの調理器具なんて、普通に考えて使いにくいだけなんだけど、こういうちまちました使いにくい調理器具で工夫して調理するのが逆に面白い。そうやって作ると、単なるソーセージを焼いただけのものが何故か妙においしそうに見えるのも不思議なもので。
IMG_20171010_212958

野菜をオリーブオイルで炒めて塩コショウするだけですごく美味しい。ただ、焦げ付かないように結構油を使うので健康的かどうかはわからない。
IMG_20171014_151603

先週に引き続き、プール帰りに「アン・プチ・パケ」寄ってみる。今日はモンブランと菓子パンと、焼き菓子、それに自家製イチジクのジャムを買って帰る。モンブランは非常に美味しかった。今のところケーキ類にはずれなし。イチジクのジャムも美味しいんだけど、イチジクには元々酸味がないので、少々甘さがきつく感じられる。やっぱりジャムはある程度酸味のあるフルーツの物が良いやね。
IMG_20171015_170331

ピンナップで参加させて頂いた「少女終末旅行 公式アンソロジー」が13日に発売になったので、見本誌も届いた。原作者の監修がしっかりしているのかとても統一感のある本に仕上がってて素敵。良い本に誘って頂いた。最寄りの本屋にも置いてあるのを確認。なんだか嬉しい。

少女終末旅行 公式アンソロジーコミック (MFC)
KADOKAWA / メディアファクトリー
2017-10-13

IMG_20171007_173007-PANO
ニッカの宮城峡蒸留所に通販お願いして最近出た蒸留所限定のウイスキーを頼んでたのが届いた。これで北海道の余市蒸留所のものと飲み比べができる。比べてみると宮城峡のものは余市より大分ソフトな仕上がり。年代物の原酒が不足気味なのでどちらもやはり軽い印象ではあるんだけど、ブレンドの具合で色々工夫はしてるみたい。余市がピートが効いたタリスカーとかラフロイグ寄りだとすれば、宮城峡のものはもう少しふわっとしてて、鼻に抜ける感じがマッカランのような雰囲気もある。これはこれで金額を考えると悪くないかなぁ、と思う。まぁニッカのまともなウイスキーが手頃な値段で飲めるのも、今となってはこういうのに頼らざるを得ないですからね。うむむ。
IMG_20171003_223907

プールの帰りに横浜のあざみ野にある「アン・プチ・パケ」に寄ってケーキを買ってみる。自宅からでも10分強の高級住宅街に隠れ家的にあって、車とかバイクがないと行きにくい場所。フランスのパティシエ協会「ルレ・デセール」の日本人では7人しか居ない会員のうちの一人が手がけてるお菓子という事でわりと期待。取り敢えず目についたケーキ一つとシュークリームを買って帰る。途切れず来店もあるので結構流行っているみたい。ケーキは評判に違わずと言った感じで、うんこれは美味しい。結構甘いんだけど酸味の効き方が絶妙でそれほどクドくないのが良い。シュークリームはちょっと重い系で苦手なタイプだったので、次はケーキに絞るかな。うちからだともっと近くにコレも本格的なフランス菓子の店「ピュイサンス」もあるんですが、素人的には甲乙つけがたい感じか。雰囲気込だと「ピュイサンス」の方がお気に入り。店内の雰囲気が絵本に出てくるケーキ屋さんそのものって感じで、ショーウィンドウに並んでる作り込まれたケーキを見てるだけでなかなか幸せ。甘いもの好きでよかった。
IMG_20171007_160305

「アン・プチ・パケ」の斜め前に「oggi」というこれまた雰囲気のいい自転車屋があったので入ってみたら、店内も素晴らしくいい雰囲気。完全にジブリの世界。自転車屋でこんなにおしゃれな店初めてみた。置いてる自転車もBROMPTONからモールトン、本格的なロードバイクまで揃えてマニア度高い。この規模の自転車屋で COLNAGO MASTER X-LIGHTとかBMC置いてある店、そんなに多くない。もちろんママチャリとか電動自転車なんて置いてないから本当にマニア向けの店って感じ。坂の上にあるので、自転車で通うにはちょうどいい運動になるのかも。
IMG_20171007_142925
IMG_20171007_142441

日曜も朝からいい天気だったので、厚木のWILD-1に寄ってから鳥居原ふれあいの館までジムニーでドライブ。厚木のWILD-1も最近毎週通ってる勢いだけど、駐車場のジムニーとハスラー率が異常に高くて笑ってしまう。まぁ、せやろなぁ、って言う。今日は薪を割る用の鉈を買った。この手のやつは買う時に住所氏名を改めて紙に書かされるんですね。知らなかった。まぁまぁ、使いようによっちゃマジで危ないですからね。
IMG_20171008_130319-PANO
IMG_20171008_135011
IMG_20171008_133407

鳥居原ふれあいの館は随分バイクが多い。車も駐車場無料なのでありがたい。宮ヶ瀬湖畔園地の方は土日祝は500円駐車料金取られますゆえ。宮ヶ瀬湖畔園地よりはこじんまりしてるけど、食堂やお土産屋なんかもあって気軽に休憩するのに良い。ソフトクリームもあったし、もちろん食べる。今日はそのまま246が混む前にとんぼ返り。午前11時に出て15時に帰宅。大きな渋滞にもはまらず気持ちいいお買い物兼ドライブでした。
IMG_20171008_135135


近々カドカワさんから「少女終末旅行」の公式アンソロジーが出るんですが、有難いことに自分も声がけ頂いて、カラーピンナップ一枚描かせて頂きました。夏前にずっと描いてたやつですね。自分で言うのもなんですがなかなか良い絵が描けた気がするので、もし良かったら御覧ください。ペコリ。※サンプル公開できるのはイラストのごく一部なのでちょっと荒くてスミマセン。
aoi_zeroさん02-01
カバー

このページのトップヘ