S.K式*

ロゥテンションblog

カテゴリ: 日記

IMG_20170225_151906

今週は通常は出勤日の土曜も有給をとってセルフ3連休。2/24に7年ぶりの村上春樹新刊「騎士団長殺し」が発売になったので近くの本屋で予約済みの物を金曜の会社帰りに引き取ってきた。この手のものを発売当日に徹夜とかまでして直ぐ読んじゃう人もいるみたいだけど、そういうのはどうも理解しかねる…。せっかく久しぶりの新刊なら、ゆっくり時間を掛けて味わって読んだほうがより幸せだと思うんだけど、そうでもないのかな?それと、新刊発売のたびにNEWS などで映される「ハルキスト」なる人達もよくわからない。キラキラ目を輝かせながら、皆で集まって熱く語り合うなんてなんなんだよ?と文句の一つも付けたくなる。心が狭いのかなぁ…。
IMG_20170224_202909

まぁ、そんなささやかなことはさておき、今回の新刊はなかなか面白い。読みはじめの当初は、何時もの、全くいつもの春樹節で期待通りすぎて、逆にちょっと残念な気持ちにもなりかけたんですが、流石に暫く読んでると物語の行方が気になって夢中になってた。平凡な生活のすぐ傍らにある薄気味の悪い非現実的な世界を描かせると本当に上手いな。ある意味村上春樹版「化物語」みたいな気がしなくもないけど。対象がティーンか大人かの違いみたいな。エロ要素をフックに読者をグイグイ引っ張る手法なんかも割りと似てると言えば似てるんだけど、今作でなんだか何時も以上にセックス描写が多いのは、それ以上に生と死の対比を強調する意図があるのかな?と感じた。まだ、上巻の途中までしか読んでないので最終的なところはまだ分かりませんが…。しかし最後まで読んでもわかるかどうか。

暫くはあれこれ考えずじっくり楽しませてもらいます。
IMG_20170225_151854

昨年引っ越しして、横浜のららぽーと(大型のショッピングモール)が20分位で行ける距離になったので、今日初めて行ってみた。日曜だし車だと駐車場入れるまでが大変そうだと予想して、天気もいいのでバイクで行ったんですが、これは正解。予想通り駐車場は大変な混みようでした。平日なら、車の駐車場も無料らしいので、次行くときは平日に行こうと思った。ここには文教堂のホビープラザと言う、割りとマニアックな模型屋も入っているし、紀伊國屋書店のとても大きい店舗もあるので、時々覗きに行こうと思う。

その後、タリーズのロースターラボで、コーヒー豆を購入。タリーズコーヒーの中でも、店舗で焙煎をしている唯一のところなんですが、オリジナル焙煎豆もまぁ、普通かなと言う。ことさら素晴らしいと言うほどでもないか。そこから100mほどの場所にまた別のコーヒー屋も開店したみたいなので、つぎは一度そこの豆も試して見ようかと思う。

IMG_20170220_124159

先日に続いて春一番だか2番だかが吹き荒れてる。もうこの時期になると過敏な人は随分花粉症の症状で悩まされるわけですが。自分の場合、一時強く出ていた症状もここ数年は収まりつつあります。それなりに症状の出ていた時は、まずまず食べ物に気を使って、加えて毎日ヨーグルトを食べていた。いつの間にかその効果が出てきたのかもしれない。最近では特に意識するわけでもなく、でもインスタント系の食事は出来るだけ避けて、毎日牛乳とヤクルトを飲むくらいで、あとは好きな時に好きなものを食べてます。弟の子供が小さな時からアトピー性のアレルギーで随分悩まされたらしいのですが、医者の指示に従って食事を改善して、今では随分良くなったらしい。アレルギーの症状ってのは本当に厄介なものだけど、根気よく時間を掛けて体質改善すれば良くなる可能性はあるんだろうと思います。まぁ、これからどんどん花粉の量が増えてくるとある程度症状が出てくるかもしれないので、油断は禁物!ですが。
IMG_20170219_165002

最近、レンタルコミックをよく利用するようになって、もっと前から利用しておけばよかったなぁとちょっと後悔。これまで、取り敢えず良いか悪いか分からないけど興味がある漫画はごく最近のものでなければamazonで古本が1円で出てたりするので、それを利用する事が多かったんですが、届くまでに多少時間がかかるし、そういう本は大抵1回読んだらもう読まなくて、部屋の中にどんどん積まれていくだけだったので、それだったらレンタルで十分なんですよね…。漫画喫茶でも良いんだけどまぁ、できれば自分部屋でコーヒーでも飲みながらゆっくり読みたいので。
IMG_20170217_204425

そんな中で、これは買って読もうと思ったのが「ゴールデンゴールド」。これが面白い。作者の堀尾省太さんはこの漫画で初めて知ったんですが、まず上手いですね。面白い漫画を描くツボを恐ろしいほど掴んでる。シナリオもコマ割りも、絵もレベルが高い上に作品として破綻の無いように完璧にコントロールされてる感がヒシヒシと伝わってくる。これは得難い才能だな、と。主人公の早坂ちゃんがイキイキしてて可愛いので和む反面、徐々に狂気に満たされていく離島の雰囲気の怖さの表現がまたずば抜けて凄い。懐が深いなぁと言う感じ。今のところ2巻まで出てるんですが、序盤の引きとしては完璧に近いです。この先ただでは済まないのは何となく読めるんですが、実際にどうなっていくか興味が尽きない。こう言う、読む前に明らかに辺りの雰囲気を醸しているものについては、布教のために紙の単行本で買うようにしているんだけど、これについてはその判断は正しかった。3巻の発売は夏頃いまから楽しみ。


最近結構本を読んでいる。村上春樹の既読本を引っ張り出して読み始めると、まったく記憶から抜け落ちてるものもあるし、比較的最近読み直した本だとそれなりに覚えているけどそれでも楽しく読めたりして、気がつくと1冊、また1冊と読み終えている。並行してkindle版の「村上さんのところ コンプリート版」はつねに食事時のお供として読んでるんですがこちらは完読にはまだ先が長い。

今更ながら最近読み始めたのは、スティーグ・ラーソンの「ミレニアム(ドラゴン・タトゥーの女)」。流石に全世界で売れまくってる(6000万部でしたっけ?)だけ有って、読み始めたら止まらない引きの強さ。娯楽色の強いミステリー小説なので、心の滋養を求めて読むような本ではないんですが、普通に楽しい時間を体験できるのでたまにはこう言うのも良いね。しかし、いつも思うんだけど、お気に入りのブックカバーに入らない早川書房特有の文庫サイズはいい加減見直してもらえないかなぁ・・・。amazonプライムビデオにも同名タイトルがあるので、これも観始めた。サランデルが想像したまんまのキャラだったのはなかなか凄いな。まぁ、原作でのあの描写なら誰が仕込んでもああいう風貌になるか・・・。長い小説なので端折り方も凄いけど。

1月に納品したイラストが、一部修正して欲しいという事で依頼が来たので、サクッと直して再納品。レイヤー数が非常に多いので、作成している時はなかなか大変なんですが、いざ後から修正依頼が来た場合なんかはやはり非常に楽です。該当レイヤーだけ直せばいいので。修正分は無事OK出たようで一安心。2月に追加料金で一部加工をして欲しいと言う話もあるのですが、そちらは今のところまだ話は降りてきていない。

今年はエアコンだけで冬を乗り切ろうと思ってたんですが、思ったより電気代が嵩んでいるという事が判明して、やはり灯油ファンヒーターも併用しようということに。そんな訳でこの冬初めてガソリンスタンドで灯油を買ってきたんですが、なんと部屋の中でうっかりぶちまけると言う失態をしてしまいました。ショック過ぎる。しかもかなりの量がこぼれたので、下の階にも漏れてしまったようで、後片付けをしてる時に下の階の住人がインターホンをピンポーン。「天井から何か漏れてきてるんですが、どうしました?」と訪ねてきました。ヤバイですね・・・。すでに心臓バクバク。

取り敢えず一緒に下の階に降りて部屋のなかにお邪魔してみると確かに天井の一部に染みができている。兎に角平謝りに謝って、その足で百貨店でお詫びのお菓子を買ってきて、再び訪ねてもう一度天井の状態を確認させて貰う。幸い?さっき見たときから染みが広がる様子はなかったので、これ以上大きな被害は避けられそうです。しかし管理組合への報告は必要なので、後日恐らく部屋の状態の立ち入り検査があるはず。場合によってはフローリングの一部を剥がして内部の確認が必要かもと言う下の階の住人ん話もあり、いまから戦々恐々…。漏水と違ってカビの心配は無いのがせめてもの救いですが、さてどうなるでしょうか。

と言うか、部屋中が灯油臭くて今晩寝れるのかが一番心配なんですよね。

IMG_20161216_163452

寒くなってきましたね。やっぱ、冬は冬なりに寒いな。当たり前。

通勤手段は主にバイク。雨の日は電車。バイクの通勤距離は以前より大分距離が伸びたので、そろそろ防寒対策が必要になってきた。patagoniaのパフジャケット着ていれば体は寒さを感じることは無いけど、やはり手がちょっと厳しい。登山用のしっかりしたゴアテックス手袋でも吹きっ晒しのハンドル周りだと徐々に熱が奪われていき家に付く頃にはかなり凍えてしまう。となるとここはハンドルカバーの出番です。以前リトルカブに乗っていたときも冬場は重宝していた。リードの場合はハンドル周りがスクーター特有のデザインの為、汎用ハンドルカバーが付くかどうかはモノ次第と言うところであり…。

amazonでネオプレーン(ウエットスーツなんかに使われるアレ)性のカバーを購入してみた。結論から言うと、そのままでは全く付けられません!この手の商品は基本的にハンドルバーむき出しのバイクを想定しているので、ある意味では予想通りです。とは言え、素材が収縮性と加工性のあるネオプレーンなので、ここからは後先考えず入らない部分にハサミをザクザクと入れていく!かなりハサミで切り裂いて、部分部分に穴を開けて紐でくくったりしてようやく取り付けが完了。「う〜ん」なんだか微妙に不格好な気が。しかしまぁ、使えるには使えるようになりました。
IMG_20161216_125555

取付後早速近所に買い物に出かける。思い切って素手のままカバーに手を突こっんで行きましたがちょっとした距離ならこれで十分ですね。風が当たらないのでカバーの中は普通に外を歩いてるくらいの寒さ。遠くに出かける時は普通の手袋を併用すれば十分でしょう。

amazonプライムビデオでKUBRICKのロリータを見る。実はまだ見たことが無かったので、これが初見ですがなかなか。日本人のロリータの感覚からするとヒロインがちょっと大人っぽすぎる気もするけど、いい年のおっさんが生意気なガキの色気に翻弄されると言う基本構図はやっぱ良いですね。わりとドキドキ出来ます。あと、ボウリング・フォー・コロンバインを途中まで。なんだか不思議な映画で、これ映画なの?ってな気もしますがこちらもなかなか面白い。

久しぶりに釣りをしたいなぁ、と思うのだけど引っ越し先からだとどの辺りに繰り出せば何が釣れるのかイマイチ把握が出来てないのでちょこちょこ調べている。まず、まともな釣り場となると津久井湖辺りになるのか。高速乗り継げば1時間程度。バスも釣れるらしいが激渋と聞く。船を借りれば冬場はワカサギが釣れるらしい。ワカサギと聞けば無条件で氷に穴を開けて釣る氷上釣りを想像するけど、津久井湖でも釣れるんだな。まぁ放流だそうですが。それだけに釣れる時は1時間60匹のペースとか。ワカサギの唐揚げ食べたいな。


来週いっぱいで同僚が一人退職するので、今のうちにと思って有給をとって今週は3連休。一人減るとなかなか休みが取りずらくなりますからね。

今まで毎週通ってた横浜国際プールが今の住居からだとちょっと遠くなってなかなか行けてない。と行っても30分もかからない距離ではありますが意外と影響あり。今日は久しぶりに泳ぎに行ったけど、まぁいつも通り。頻度が下がったからと言って特に遅くなるわけでもなく、もちろん早く泳げるようになってる訳もなく。そんなもん。代わりに家の近所をそれなりに走ってるので体力は落ちてない…はず?以前の住まいの周りより走りやすい環境なので、今後はランニングメインになるのかなぁ。それもよしか。駅前にスポーツクラブが3つほどあるので、そこに入会すれば直に泳ぐことも出来るんだけど毎月1万〜と言うのはたまに泳ぐだけの為に払うのは高すぎるので躊躇する。

年末の里帰りの新幹線切符は無事予約どおり取れたので昨日引き取ってきた。あとは、そろそろ帰省土産とかも考えようか。せっかくなので近所の店で色々探してみる。
IMG_20161210_120324

仕事で描いてる絵の方はラフOKが出ているので線画作製中なんですが、描き込みが非常に細かいので難儀している。もともとクライアントさんが割と書き込んだ絵をみて依頼してきたので、細々描き込んだ絵を求められてるはずなのでここは頑張って今週中に仕上げる予定。その後の色塗りもなかなか怖いっす。納品は年明け中旬頃なので線画にOK出れば正月休みにガッツリ進めれば何とかなるかなと踏んでるんですが。

作業の息抜きに読もうと思って、なんだかんだでまだ手を出していなかった「村上さんのところ コンプリート版」を買って合間合間に読んでる。この本、そういうちょこちょこした時間を埋めるのに最適なのですね。分量が半端ないので、最初読み始めた時にKindleで下の方に表示される読み終わるまでの予想時間が128時間とか表示されてビビったんですけど、読み進めてると残り63時間とかになってホッとしたわけですが、よくよく考えてみると60時間オーバーも大概ではあります。しかし村上春樹のファンとしては当然「あと60時間もこの本を読めるのか、嬉しい!」となるので好きな人にはすこぶるコストパフォーマンスの高い読み物ですね。しかしないものねだりとは言え、村上春樹のこの手の本の表紙が「安西水丸」さんではないのはやはり残念。好きと偉そうに言えるほどのことは何もないんですが、あの柔らかなタッチがとても懐かしく思います。



本屋で見かけて購入したんですが、とてもいい本でした。夏になると電気も水道もガスも来てない離れ小島でひと夏過ごすなんて憧れる。








このページのトップヘ