S.K式*

ロゥテンションblog

カテゴリ: apple

110207-3110207-1

SHOT NOTE/App

手書きのメモをiPhoneで手軽にすっきりデジタル化!が謳い文句の「ショットノート」が本日発売だったので早速入手。昨日はamazonでも注文可能だったんですが、うっかり発注忘れてしまい今日見たら既に売り切れ状態。仕方ないので幾つか書店や文房具屋を見て回ったけど、まだ入荷してない所が多かったです。結局、文教堂本店4階で無事購入出来ました。15%引きだし、図書カードも使えたしで結局amazonで買うより良かったかもしれない。

110207-4110207-5

という事で試しに使ってみました。設定でモノクロ2値とカラーが選べるんですが、個人的にはモノクロ2値の取り込み画像の方が好み。ただ、右上のnoteナンバーと日付を書く欄はOCR対応となっていて、これは非常に便利なんですが、今回取り込んだ写真ではモノクロ2値の方はOCRが上手く機能してくれなかったです。まだ1回しか試してないので、たまたま自分の字が汚くて誤認しきした可能性もあるのであまり断定的な事は言えませんけど。このアプリとは別に「JotNot Pro」と言うスキャニングソフトも使っていて、基本的に出来る事は似ています。むしろ「JotNot Pro」の方が機能的には高機能ですが、取り込んだ写真の画像補正は基本的に手動です。意外とこれが面倒です。結局、SHOT NOTEのイノベーションはノートに予めマーカーを印刷しておくことで、そのちょっと面倒な部分を自動化した事に尽きますね。実際に使ってみるとこのちょっとした工夫の部分が、非常に気持ちいい。これは有りかと。

ただ、アプリがちょっと不安定なところがありまして、そこがちょっと気になります。

とは言え、EVERNOTEとの連携もしっかり組み込まれて、手元の手書きのノートが最小の手間でクラウド情報化されるこの仕組はちょっと良い感じです。感心します。個人的に、ノートのデザインが海外のRHODIAなんかに比較しても見劣りがしないのもポイント高し!








・幾つかコメントで「善意では無い」と言うのは勝手な決めつけではないか?という指摘を貰いましたので、該当部は「善意では無い(かもしれない)」と修正しました。2/11 21:25

ガーン、iPhoneを落としました。ランニング中に。bluethoothヘッドフォンを付けていたので落とした瞬間の音には気付かず、暫くしてヘッドフォンから音が聴こえなくなって、何だろうと考えてるうちにポケットに入れておいたはずのiPhoneが無いのに気づいたんですね。iPhoneを落とした場所から離れるにしたがってbluethooth電波の届か無い距離になって音が途切れたので初めて気がついたと言うことです。

110203

直ぐに探しに戻った(恐らく2、3分しか経って無い)んですが既に落としたであろう場所にiPhoneは無し!もう、顔面蒼白ですよ。失くした瞬間に自分がいかにiPhoneに依存した生活を送ってたか気付かされました。これまで失くしたコトも、本体を落下させたコトも無く、自分としても丁寧に扱って来たつもりなんですが、油断したのかなぁ。最悪、本体に詰め込んだデータの喪失も覚悟しないといけ無いし、本体を買い直す金額面も考えるとガッカリなんて物じゃ無いです。取り敢えず暫く探しても見つから無いので家に戻って考えて見ることにします。

MobileMe:なくしたiPhoneやiPadを見つけよう
確認用のサイトはこちら

直ぐに、以前mobile meのiPhoneを探す機能がiPhone4とiPadでは無料で使えるようになった時に、既に設定を済ませていたのを思い出しました。(以前は年間1 万円弱の契約をしないと使えなかったんですよね)。設定してから一度も実際に試したコトは無かったのですが、効果の程はともかく取り敢えずすぐ出来そうな対応はコレしかないので早速mobile meのサイトに少しドキドキしながらアクセスして見る。ログインして見ると、「おおっ!早速マイiPhone4の現在地がgoogole map上にしっかりバッチリと表示されてるし!」今ある場所が分かるだけで全然安心感が違いますね。素晴らしい。

110131-3

この時点で落としたであろう場所からかなり離れた所にマイiPhoneが存在しているコトが発覚=誰かに既に拾われているのは確定です。誰かが拾ってくれたのなら話は早いと思い、早速mobile meのサイト上からメッセージを送って見ます。ちなみにこの時に2分間本体のスピーカーからアラームを鳴らし続けるコトも出来ます。

ところが、暫くして誰かが拾ってくれたのなら安心と思っていたのは甘かったコトに気づかされます・・・。何度か連絡先をメッセージしたり、場所は特定されているので、「暫くその場所に居てください」とお願いした後に(家の近所だったので)直ぐにその場所に駆け付けるという行動に出ても、それらしき人は見当たら無いと言う自体に行き当たり、「どうやら拾ってくれた人はあまり善意のひとでは(無いかもしれない)ようだ」と判断せずにはいられない状況になって来ました。こうなると相手の行動でiPhoneがこちらに戻ってくる可能性は確実に低くなりますので、こちらの行動も次のフェーズに移行せざるをえなくなります。

一先ず、普段自分しか使わ無いし常に肌身離さず持ってるのでパスワードロックは掛けずに使用してきたiPhoneにリモートでパスワードロックをかけました。コレで悪意を持って内部にアクセスされるコトは一先ず避けられます。

次にやったコトは、定期的にひたすらiPhone本体のスピーカーからアラームを鳴らすコト。あとで確認して気が付いたんですが、本体のボリュームを絞っていても、このアラーム音は基本的にフルボリュームで鳴るようです。しかもあまり耳触りが良いとは言えない音色で。こうしておけば、取り敢えず持っている側も非常に鬱陶しい訳です。例えばそのまま電車に乗るのは躊躇われる程度に。そのまま誰かに会うのは躊躇われる位には。今にして思えば早めに取ったこの行動が今回無事に iPhoneを取り戻せた一番大きな要素だったと思います。正直、場所はわかったとしても、すぐ行動出来る自宅で周辺と、交通機関を使って遠くに移動された後では結果的にマイiPhoneに辿り着くまでの難易度がかなり違いますので。

IMG_1012

最終的には、ネットブックにmobile meのサイトを表示させながら外に持ち出し(外での通信に昨日届いたWiMAXが早速大活躍したのは余談)、iPhoneの場所をリアルタイムで確認しつつ、更に定期的にアラームを鳴らし続けるコトでiPhoneの場所を特定出来ました。駅前の自転車置き場の隅の何かの装置の箱の上に伏せた状態で置いて有るのを発見。やはり、公共交通機関を使っている人だったようで、アラームが鳴り続けるiPhoneを電車に持ち込むのを嫌ったようです。本当に良かった。

大体、1時間強の間の出来事でしたが、最終的にiPhoneも取り戻せた上に、色々と勉強にもなったコトだし結果オーライです。それにしても、この探索劇自体iPhoneだから、出来たコトでこう言う緊急事態にシッカリと実用的な対処法を準備してくれているapple様様ですね!モチロンもう一つ携帯電話なりを持っている人は直接自分のiPhoneに電話を直接掛けながらと言う方法もあります。ちなみに落下した時のダメージもマーフィーの法則に逆らって軽微な物だったのは嬉しい誤算。いや、本当に良かったと、apple bluetoothキーボードをiPhoneに繋げてevernoteアプリにこの記事を書きつつ、改めて思います。まぁ、iPhoneに依存し過ぎの生活に対する反省はまた別に機会に。

最近めちゃめちゃ寒くないですか?そのせいかどうかは判りませんが、1日から始まった左足の痛みと痺れは未だに続いていると言う。5年ほど前にバイク事故で左足の大腿骨骨折やってるし、何となく体の弱いところに来てるのかもしれない。

IMG_0899

IMG_0915IMG_0910

でも、寒いと寝るときバニラさんがぴったりくっ付いてくるので、それはそれで…!



先日、ふと思い立って以前住んでた東横線の妙蓮寺駅近くをぶらついてきた時に、公園で撮った動画。鳥さんかわいいなぁ。今の住まいの近くには池が無いのが残念です。

IMG_0919IMG_0920

McIntosh AP1 Audio Player

ちょっとでもハイファイ・オーディオに興味持ったことがある人なら誰でも知ってるappleじゃない方の「mcintosh」から純正のiPhopneアプリが出たよ。しかも無料。
正直、機能的に見るところはない単なるipodスキンと言って良いアプリなんですが、言うまでもなくデザインが素晴らしい。mcintoshブルーに光るアナログインジケーターを模したビジュアルが音楽を聴く気分を盛り上げてくれる。

IMG_0917IMG_0918

インジケーターの針の動きが今ひとつぎこち無いとか、ヘッドフォンを挿すとそもそもインジケーターが反応しなとか言う致命的な仕様とか、プレイリストの使い難さとか、欠点だらけのアプリなんだけど、ここまでイカすビジュアルのAUDIOアプリは他に無いので、何となく使い続けてみようかなぁと言う気分にさせられる。ブランドのプラシーボ効果で音まで良くなったとか言う人も居るけど、流石にそんな事は無いでしょう。まぁ、それでも本物を買うと何十万もするアンプの気分だけでも気軽に味わえる、個人的にはとても素敵なアプリだと思います!

mainfx
padssampler

moog filtatron】600円 公式サイト

10/18リリースとの事で、早速ダウンロードしてみた。日本円で600円。アプリとしては高い部類だけど、音楽系のアプリの中では比較的手頃か。正直、何をどうすれば良いのかよく分からず、カッコイイいし楽しそうだからと言う安直な理由で購入したんですが、コレは実際なかなか楽しい。手っ取り早く音を出すには、プリセットタブの中に並んでるサンプルを適当に選んでやればOK。あとはPadsタブに切り替えて指でうにゅうにゅ触ってるとリアルタイムで音にエフェクトがかかっていく。うん、楽しい!main⇒fxタブに切り替えて、ツマミを操作で各種フィルターを調整してやることでも、音を操作出来る。ツマミの操作はグラフィカルでわかり易いんですが、指だと細かい操作が難しい場合もしばしばある。使ってみた感じでは、ツマミの左下を触る感じで指を動かすと良い感じのようです。SAMPLERタブとプリセットタブではそれぞれ自分で保存やロードも可能。SAMPLERはFILTATRONで鳴っている音をそのままサンプリングして保存するので、保存してからロードすると、更にその音にフィルターを次々とかけて行くことが出来る模様。ちなみに外部からの音源入力にはIK MULTIMEDIA iRigのようなコネクターが必要なので少し敷居が高くなる。

ちなみにこのアプリ、配信元のFTPサーバーと繋がっていて、サンプリング、プリセットのsaveデータはFTPサーバー内の各ユーザーフォルダに保存されている。aboutタブのTRANSFER FILESを開くとIPAddress等アクセスに必要な情報が表示されるので、FTPクライアントソフトから直接アクセス出来る。と言うことは、wav データを直接そこにUPも可能と言うことで、使いこなすとアプリの楽しみ方が広がる。外部入力機器を使わずにアプリにデータを送り込むには今のところこの方法が便利。

取り合えず現時点では、リリースされたばかりでネットにも情報が無い上に、英語もイマイチよく分からないと言う情弱状態なので、先ずは触って何が出来るか確かめてる段階です。

イーモバイル解約して、ますます手放せなくなて来ているiPhoneですが、普段使いで毎日使うアプリやら、使用頻度は高く無いけど楽しいアプリとか、最近導入したものを紹介。

off
アプリ名の通りリモートでPCの電源を落とす事が出来るアプリ。寝る前にair videoとか観たあと、このアプリで電源オフをすると非常に便利。便利すぎて泣ける。電源を落とすだけで無く、再起動、スリープ、PCロックとか一通りの操作が可能。無料版でも同じ事が出来るけど操作が出来るまでかなり待たされます。有料版ならその辺は一瞬で操作可能になるので、使用する場面を考えるとサッと電源落として、サッと寝たいので有料版(の価値は十分あるかと思います。

Firefox Home
PCのブラウザとして使用しているFirefoxとタブ、ブックマークの同期共有が出来るアプリ。履歴の検索も可能。iPhoneでは実際にのwebページを開くのはSafariを使用する事になるんですが、さっきまで自宅のブラウザで開いてページに簡単にアクセス出来るのはかなりありがたい。よく使うアプリの一つ。

ポケット
はてぶのエントリーページに簡単にアクセス出来るアプリ。標準でiPhoneタグとiPadタグが設定されているので、その辺を流し観するのに使ってます。ホットエントリーもみれますが、最近はつまらないエントリーが上がってる事が多いのであんまり観ません。

togetter
togetterのまとめ記事を見るアプリ。人気まとめとか、新着まとめのタブで記事にアクセス出来る。たまに興味が惹かれる話題が上がってたりするので入れてます。使用頻度はそれ程高く無いかな。

BB2C
今更紹介するまでも無い位有名な、iPhone用2ch閲覧アプリ。実際使うと人気が有るのがよくわかる非常にによく出来たアプリ。これを使い出すと殆どPCから2chを見る事が無くなるほど使い易い。
2chとかは、真剣にパソコンの画面に向かうよりごろ寝でだらだら見るのが向いてるもんね。

Do it (Tomorrow)
メモアプリ。それこそ山ほどあるメモアプリの中でも多分シンプルな方。日常の覚え書きに特化した様なインターフェイスがお気に入り。フォントの可愛さ(アルファベットのみ)とか、操作時の何げ無い音とかに拘りが感じられて使っていて気持ち良い。個人的に買い物メモとして使うのが良い感じかなぁ、と。

このページのトップヘ