かと♪のワンダーランド・ブログ

かと♪に聴け人生いかに楽しいか

小泉進次郎の演説が人気のある理由

選挙の応援演説に駆り出される人寄せパンダ、という人気者 小泉進次郎。

演説の場数が多いこと。全国をまわっているので地域ネタも豊富。

・こんにちは!〇〇のみなさん

・360度ぐるっと手を振る。

・聴衆を見まわして、ビルや看板や目の前のネタを拾う

・来る前に、地元の名所、神社、名産を食べたなど
 なじんでいる説明

・今日は、〇〇から来て、これから〇〇をまわります。
 さりげなく稼働している実績を示す。

・農業や地場産業について政治家の仕事をしてきたアピール

・応援する仲間議員の名前を連呼、ダジャレを言う
 加藤 加藤清正 勝とう! うまいシナリオである

・切り替えしもうまい

・野党批判も感謝と言いつつ皮肉をまぜている。

・投票のお願いとは言わず、感謝をしに来たという。

・えらそうな貫禄がない。フットワークが軽い

・「だけど」など、会話口調。堅いことばは使わない。

・婦人 子供に近づいていく、積極的に握手しにいく。
 長時間微笑しながら、手を振り続ける。
 ここは皇室よりアイドルに近い所作。

・ユーモアセンス抜群、滑舌が良い、声がかすれない
 聞き取りやすい

・先輩議員の名前を上げ続ける、記憶力が良い。

・礼儀正しい、持ち上げる重要人物から
 協力しているスタッフまで感謝を忘れていないアピール

・腰が低い

・何より、イケメンだからおばちゃんに可愛がられている。

これで、人気がないはずがない。

プロの政治家のマナーや処世術は父親の指導の
賜物でしょうか?

テレビ向きのコメント力やキャッチーなタイトルづくりは
父親はうまかったですからね。

今後に期待したいです。

聾の形 

漫画からのアニメ化。

聾あの小学生 西宮硝子をいじめる石田将也。普通学級にいることのまわりの違和感。

ディスコミュニケーションがテーマだと思う
いじめるものが、いじめられる。障碍者がすなわち、善で保護されるべき者なのか。
まわりの気遣いが当たり前なのか。

高校になって、自分の罪への贖罪。

将也の疎外感は、同級生の顔にバツがついている。
心が通じていない証拠。

誰かを助けて、通じ合えてる。でも、過去のおかしたことが
今でもつながっていく。掘り起こされる。

また、壊れる。まわりを壊していくと思っている硝子。

クラスメイトは、互いにディスコミュニケーションになり
傷つけあう。が、死んでいなくなることが
あると思うと、どんな人でもいてほしいと思う。

最後、将也が学園祭に硝子を連れていく。
まわりの学生の顔の✖がとれて、声が
耳に入ってくる。

ろうあでなくても、まわりをシャットダウンして
孤独に浮いていることはある。

でも、自分が開けば、まわりの風景が変わる。



ボンジュール アン

ダイアン・レインが若くはないけど、味がある女優になったね。

赤いドレスが似合う。でも、グレイやベージュも素敵。

コッポラ妻80歳の初監督作品である。

サント・ヴィクトワール
プロヴァンスの古城 水道橋 リュミエール研究所 サント・マドレーヌ大聖堂
をドライブする。

ストレートにカンヌからパリまで車で7時間なのに。

途中でおいしいレストランで食事。車の故障で
河畔でピクニックなんて、寄り道だらけだ。

そのたびに、アンはデジカメで一瞬をとらえる。

しかし、コッポラの妻なんて大変すぎる。

フランス人て人生を楽しみすぎるじゃないか。

情熱と好奇心があれば、今このときをもっと楽しめる。

日本人にはむずかしいライフスタイルだけどね。

やはり大きなスクリーンで見るのはいいなぁ、映画。

でかけなくちゃね。
172326_1

スティーブ・ジョブズ

いつも発表会の前のあわただしい廊下、控室を
歩き回っているジョブズ。

プレゼンの舞台が見せ場だから。

自分の親子関係、認知しない娘との難しい関係。

仕事のパートナーともうまく関係が結べない。
広報担当の女性、ケイト・ウィンスレットが
いつもそばにいる。

過去は振り返らない、独善的ともいえる男。

美術館にもおけるマシンを愛しパソコンを
温かく、愛しいものと思わせたい。

PCにハローと言わせたい男。

プログラマでも、デザイナーでもない男。

オーケストラに演奏させる役割の男。

お金より何をつくるか?が大切な男。

そんな男がジョブズ。

舟を編む

DVDで松田龍平を観た。

ADHDらしき人が辞書編集を仕事にする。

13年の歳月を生きている言葉の収集と意味づけを
していく気の長くなるお話。

言語学の奥深さと時代の生き物であることば。

辞書は儲からないビジネス。

そこに無心で打ち込む編集者がいる。
辞書の紙の手触りにこだわる印刷屋がいる。

校正を5校までする人たちがいる。

信頼を失ってはいけないのが辞書である。

加藤剛が先生らしく、小林薫が古参ベテラン編集者
と脇が良い映画だった。

「カルテット」のあしたのジョーの帽子 

TBSドラマ、「カルテット」を観た。

松たか子がミステリアスでいい。もたいまさこが、これまた謎。

松田龍平もあいかわらず。高橋一生がみたかったのです。

長せりふが、エリック・ロメールっぽい。途中が他の事したくなり、
ながら見をしたくなる。だから、Tverがちょうどいいと思う。

それにしても高橋一生の医龍はもう10年も前になるのか〜。
あの生意気すぎる医者はよかった。

今回も美容師のバイトリーダーはいい。

イッセー尾形がクセのある落ちぶれたピアニスト役で登場。
ひとり舞台がなつかしいね。しかし、テレビではやりすぎの感あり。

「気が付いた? あしたのジョーの帽子だ」

龍平と一生が言うところ、いいね。

シナリオの坂本裕二は49才。

ちょっとフレンチミステリっぽいテイストで謎でおしゃれ。
見てしまいそう。

smapライブ1991-2014

スマップメドレー

スマップ解散しました。2016年。さて今年はどんな年になるでしょうか?

きっと、うまくいく  All is well

インド映画  3idiots  

インド工科大学の学歴競争、好きな人生を歩むこと。

勉強は、競争でするものじゃない。社会に役立つものを作ること。

科学者、小学校の先生。天才は自由な発想で生きている。

芸術家になってもいい。作家や写真家になってもいい。

医者、エンジニアにみんながなる必要はない。

170分だけど、うまいシナリオ。主人公が今なにをしているのか?

謎を追いかけさせる。 泣いて笑って、コメディだけどメッセージも
きちんとある。

_PI_PJStripe-Prime-Only-500px,TopLeft,0,0_OU09_AC_US160_

宇宙のマニュアル

宇宙がコンピューターだとすると、あなたの意識がOSで、
信念がアプリケーションプログラムです。
でも、もしそのプログラムにバグがあったら…。
その「修正プログラム」の作り方を詳しく解説します。
本書は新しい宇宙観を提示し、意識の力をうまく使うコツを公開します。
偉大な宇宙プログラマーが残した宇宙のマニュアル。

===================
一晩で読みました。腑に落ちたのは、
今までの引き寄せ本と違って、システムエンジニアの
例えがよくわかったから。

自分が、OS(意識) アプリ、プログラム(信念) 出力(現実)

だから、自分でパッチ修正すればよいのです。

修正の方法、「子供時代の世話を焼いてくれた人の否定的意見」
これを思い出し、思い込みを修正する。

他人に起こった奇跡は、自分にも起こるという思い。

外部世界のとらえ方は、選ぶアプリでいくらでも変更できる。
自分の外部ストーリーは選ぶ自分のアプリ、プログラムで
良く変えることができる。

IT世代にはよくわかる説明。引き寄せ本が抽象度が高くて
わからない人にも理解できる内容である。特に
論理的な人に向いている。


_SX352_BO1,204,203,200_
Profile
Recent Comments