2009年10月31日

相場師の手帳3

相場師の手帳に記したメモからお届けする、このコーナー。本日は・・・

あ。その前に、先方の予定に振り回されて旅行が1日ずれました。おかげでハロウィンを祝えることになったものの・・・今さら遅せーよ!とイラだっていると(笑)
今年は、大人しく過ごすことにします。酒でも飲んでね。

10月の先物の確定利益額は99万7190円でした。
大台の100万は届かずに残念!信用の利益を入れるか、顧客資金の運用を入れると100万を超えるけど、先物自己アカウント単独では、ダメでした。
来月は、やってみたいですね。先物利益100万。まぁ目標ってことで。

ここ3日くらいの相場は完璧に読んでいたので、今後の相場展望とトレンド転換はいつ始まったのか?、どうやって転換点を予測したのか?あたりを書きますかね。

相場は波乱の幕開けですな。シカゴ・マーカンタイルの日経225円建てを見てましてね。まぁそう思ったと。夜中は、米yahooファイナンスの値動きと、CME日経のリアルタイム価格を、目の端に入れながら作業するのが習慣でしてね。

まぁ見ていたか、朝になって確認した方は、もう知ってるでしょ?
NYダウ250ドル下落のことを。CME円建て225は9720円で引けたこと。

GDはCMEにさや寄せするなら、280円と約300円ぐらい金曜の引けから下で始まるわけですな。場中に−300もあるでしょう。買い方つんだね。完全に。


1 「いつトレンド転換したか?」

最初から嘘だと思ってたわけ。こんなに株価が上がるなんてね。もう5〜6月が天井ですよ。メガバンクが高かった時。その時に俺はクソポジション化していたメガバンク株を処分しました。630円くらいでUFJを売ったが、良かったと思ってる。でも小型株は上がったんですよね。その後も。だが私的には5〜6月が天井で、7月は小型株の天井。そこでひと相場終わったと見ている。8月15の盆の高値とか、選挙後の瞬間的10770円は、ただ期待で上げただけで、賢い人間は逃げたのに、分かってない人間の興奮と熱狂で、付けただけの意味のない株価。


2 「どうやって転換点を予測したのか?」

これは簡単ですよ。不景気の株高は有り得ることで不思議ではないが、戻すのは底値から50%程度。つまり7000円の50%の10500円が天井だと簡単に計算できる。そのうえで、不景気の株高は1年以上も続くことはない(本当は不景気だから)ことを考えると50%UPを1年以内に達成した場合は、それ以上上げるのは難しく、後は調整必須。

そして、9620円を付けた後に株価は変転したが、それは米決算期待によるものだった。しかし、米好決算と日本企業の業績は必ずも連動しないということと、米株価にしか反応出来ない日経は、事前に米好決算を織り込み、日本の決算が来ても反応しないと予測した。それなのに10400を回復した際の先物は指数から30〜40円も上に乖離していたので、完全にバブルだと分かった。しかし、今後は米決算終了による材料出尽くしだと考えたので、これは買わせられているのだと思い、また10500を回復できなかったことから、実は崩れるしかないことは簡単に予測出来た。


また7月の株価下落(9060円)、10月頭の株価下落(9620円)は全て「米好決算」によって否定され続けた。また思い出すと3月10日を底にした反転も、citiバンクの予想外の好決算観測が原因だった。その決算期待がトレンドを決めると考えると、確かに経済指標や住宅価格は回復したが、だがよく考えると米住宅価格の上昇も、本当は住宅減税によるためで、実際は本当に回復したかは怪しい。そして自動車減税などを合わせた、景気対策効果が決算に反映されるのは米2Q決算まで。今後は、それらが切れた(住宅減税は、細々と多少延長するらしい)決算を株価が織り込んでいくなら、トレンドが転換するのは当然のことである。悪い決算に向かうと予測出来るのに、織り込まないはずがない。また、1日の出来高が細っていて、株価が上がっても売買高は盛り上がらないが、株価が下がると売買高が増える傾向にあるという変な現象を発見した際に、本当の買いが入らず、短期資金だけで上げていることが理解出来たのである。

こんな誰でも分かることに気がつかないような奴は先物なんて、止めた方がいい。
相場観が欠落している。センスが無さすぎる。10400がバブルだとすれば、その後に下げた後、30日の10000円回復は戻りとしては弱すぎで、10200を見る必要が有ったが、買いを入れるのは決算出尽くしから考えるに、危険だと判断できないようでは、オーバーナイトのポジショントレードしても破産するだけだから、今すぐ先物なんて止めた方が身のため。一生稼げないから、破産する前に辞めるべき。


最後に

3 「今後の相場展望」

10200〜9800のボックス推移だと言っていたが訂正。
10000〜下限無しに訂正する。もはやトレンドが反転した以上、どこで止まるかはこれから起きることで決まるが、細かい理由等は過去記事を参照してください。全部書いてあるので、今さら買いても重複なんでね。手短に説明すると、不景気と金融危機発の不景気では、その長さも深度も全然違うよと。ただ言えることは、オバマの景気刺激策が効果が有ったように見せるための、トリックに引っ掛かったに過ぎない。そのメッキがはがれるだけ。それがこれからの相場。追加対策をすればいいという連中は、米累積赤字額と、米国債の保有国10位と、それが民主主義ではない国が持っている米国債の割合から勉強しなおせよ。それが、ポジショントレードする最低限の知識だよ。マクロ予測が出来ない人間が、先物でポジショントレード出来るわけないだろう?やってるのはカモっていうんだよ。この世界では、そういう奴のことを皆、そう呼んでるよ。金をむしられる前に、デイトレに転向した方がいい。



10月7深夜時点で・・・
Dow 9,731.40 +131.65 +1.37%
Oil 71.56 +1.15 +1.63%
Gold 1,038.60 +21.90 +2.15%
USD/JPY 88.6550 -0.9000

10月31現在
Dow 9,712.73 -249.85 -2.51%
Nasdaq 2,045.11 -52.44 -2.50%
S&P 500 1,036.19 -29.92 -2.81%
Oil 76.99 -2.88 -3.61%
Gold 1,039.70 -6.70 -0.64%
USD/JPY 90.1150 -1.4100

前回よりNYダウは下げている。そして為替は円安。ということは下げ余地があるわけだ。そして悲しいことに、決算は織り込み済みで、もうエコポイントなんて無い。
もう、ここからは分かるよね?

よく見ると原油は5ドル上がっているということに気が付く。これもサインかな?

これから先は、自力で考えて下さいよ。水先案内人はここらへんで。


ケイ氏のブログの今日の相場格言から抜粋
「実体の伴わない相場は長続きしない」





aoidool at 13:25コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
あし@
天使と悪魔
Recent Comments
楽天市場