2017年05月18日

もっと知らないともったいない

今日もひと押し(↓)お願いいたします!



金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さんを
読んだ殆どの人がこう思うでしょう。


「このまんまサラリーマンのシステムで一生を終えるのはイヤだ!
 不労所得=権利収入が欲しい!お金と時間、両方を手にいれたい!」

そして金持ち父さんシリーズの作者であるロバートキヨサキが本の中で何度も勧めるネットワークビジネスも、いろいろ調べてみたりするでしょう。


その時、何を基準に調べますか?


報酬プランや会社の規模等、いろいろあるようですが、まずはこの
三つのことを押さえておきましょう。


それは...

「会社、商品とシステム」

です。


「会社」
・物語があるかないかが一つの判断


「商品」
ネットワークビジネスは、商品を流通させるシステムのひとつです。
その商品が粗悪品だったら、単なるマネーゲームになってしまいます。


「システム」
ネットワークビジネスのシステムはいろいろあります。

・ブレークアエイ
・バイナリー
・ユニレベル

詳しくは調べてください。


商品に自信のある会社はユニレベルを採用しています。




どんなにいい会社で、どんなに素晴らしい商品だったとしても、
自分が納得して他の人に伝えられなかったら意味がありません。


なぜなら、いい会社、いい商品はいっぱいあります。


一生の仕事として選択するのは、自分自身で決めるしかないのです。


topへ





aoikujira4 at 06:00│Comments(0)TrackBack(0)ネットワーク・何でも聞いて! 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字