こんばんは、岡崎葵メダカの店長、天野です。


 今週末も忙しく過ごさせていただきました。福島県や京都府からのお客様もお見えでしたよ!


3-5


 本日の話題は温帯性スイレンの話題です。

 当地方では、屋外で冬越ししたスイレンは早い株で5月に開花が始まります。晩秋までに屋外に置いておいた株を植え替えしてビニールハウスに入れて越冬させれば、品種によりますが早ければ2月には先始めるスイレンがあります。


3-4


 そんな温帯性スイレンが当店では300株以上あって1株1000~1500円で販売しています。三河産の粘土を用土に使用しています。


 そろそろいろんな品種のスイレンの開花が始まりました。


3-1


 今日一日で10個以上の開花があったと思います。スイレンは朝花を開くと午後には閉じてしまい、3日ほどで花期を終えます。6~9月が盛期ですので、ちょうどめだかの屋外飼育の最盛期と重なります。


3-3


 スイレンといえばモネの絵画が有名で、なんとなく西洋的な印象を持つ方も多いかと思いますが、例えば信楽焼のスイレン鉢とメダカの風情は和風の雰囲気で最高です。

 もちろん洋風の雰囲気に合わせることもできます。


3-2


 いろんな体色のメダカを入れた1鉢のスイレン鉢を置いておくだけで、なごめる雰囲気が演出できて素敵だと思います。

 スイレン、お勧めしますよ!