青色えんぴつ

青色えんぴつは漫画家にとって下書き範囲。 とても好きな色だけど印刷されない線。 どこか私に似ている。 ・・・夢の世界へようこそ!

2008年01月

静かな時間の裏仕込み

ここ暫く更新が滞っておりますが、自分探しの旅の最中なのです。 突然、ここを閉めたおり、翌日神界あたりに引き上げられ説教されたのですが、その言葉の中に「人のことばかりの心配に囚われるな。己自身に気付き、己自身を大切にせよ。もうそんな時代ではないのだから。」と意味が加味されていました。 そして1月23日の衝撃的な夢とフラッシュ。 いよいよ御出現された方のお印・・・とうとう御出現された・・・ 大変なショックを受けました。 ただ、これについての内容は私自身のルーツだと直感したもので、ここに書き留めることは許されていないと思います。畏れ多き方です。だから深く潜っておりました。 普段読まない心霊系、神霊系などの本を図書館で借り出し、ペラペラと読んでます。 123。ヒフミですね。 「私を殺しても、私の血は跡を残す。必ずや私を知ることになろうぞ!」と、言葉の矢を放っていました。 どういう意味なのか・・・?

オリンピックは何故北京?

符号と符号が重なり、カタチが見えてきた気がします。 おおまかにお伝えすれば、2012ではないと思うのですよ。 あと3年。今年を含めて3年でタテ壊し、立て直しをしなければならないのでしょうね。切羽詰まってる?^^; 2010! これに失敗すれば・・・ということなんですが、12、13あたりから酷いことになりそうです。 あるサイトにも同じように書いてありましたね。こことも符号がピッタリ合いました。 序曲、前奏曲は終わり、本番の協奏曲や組曲に入るのかも知れません(クラシックは詳しくないので表現ができませんが) ポップスで言うと、前奏曲は終わり、1番目の歌詞に入っていったところでしょうか?サビの部分はまだ先です。そして1番目が終わると間奏曲が入り、2番目3番目とグレードアップしながら続きます。 ふう~・・・ 出来れば蚊帳の外で優雅な時間トリックでお茶でも飲みながら眺めていたいと希望しますが、そうもいきますまいなぁ・・・ 私の中の神々様には厳しい方もたくさんおられて、おそらく私もドボン!と突っ込まれます。 死なばもろとも、死んでもお仕事・・・こういう世界に足を突っ込むと、死んでからもお仕事が待っていますね。たぶん。きっと。 うまくいかなければ、またあの真っ白の神殿で正座してお叱りを受けるのだと思います。 逃げては駄目なんですよね。替え御霊はいくらでもいますから。 怖いモノには蓋をせよ?怖くて見ない振り?いえいえ、堂々と戦って認めて昇華するのが努めだと思うのですわ。 そして光の世界を目指すこと。かな? と、本日のちょっとした独り言。もろスピリチュアル!^^ ********************************************************************** ゆんべの晩ごあん サケのムニエル 放し飼い地鶏の卵(高い!)でスクランブルエッグ レタスとベーコンのケチャップ炒め ホッキサラダ かぶのお漬け物 わかめのニンニクスープ ごあん 緑茶 **********************************************************************

龍と巫女と神仕組み

漫画自由主義「くうちゃんねる」のイラストコーナーに「天・光の渦へ」をアップしました^^ 548kもあるから重いかも知れませんね。ご注意下さい。 絵って難しいですね~ 見たモノなのに、そのまんま描けないです~ 実はヘタレなんです~。・゚・(ノД`)・゚・。 え?知ってましたって?あは、あはあは・・・♪ 昨日の続き「9」について我が家のこと。 「9」は息子の誕生日、「19」は私の誕生日、かけ算したら「9」が主人の誕生日。 我ながら笑っちゃったです。^^ 皆様も色々探せば、ご縁のある数字がどっさり出てくるかも知れませんね♪^^ ホント、世の中の仕組み、神仕組みはよく出来ているな~と思います。 ******************************************************************** おとといの晩ごあん(遅くまでお出かけのため簡単に♪) ゆず入り穴子巻き 焼き鳥 カレーうどん(冷凍) 抹茶入り玄米茶 ******************************************************************** ゆんべの晩ごあん サンマの塩焼き 野菜天ぷら 冷や奴 わかめと豆腐の味噌汁 ごあん 抹茶入り玄米茶 かぶのお漬け物  デザートにみかん! ********************************************************************

そこは別のところにある。

今、必死で探しているもの。 それは誰の目にも触れないところにあります。 皆様が想像もしなかったところ。 私もわかりません。 そこは神様だけが降臨される尊い場所だから 知る必要は無いのです。 探してもならないし、決して触れてはならない。 たとえ国家の重鎮であろうと、決して入れないところ。 そうお伝えしておきます。 と、こんなビジョンを今朝見ました。

新しいスタート!「9」と「く」

今日、新しい車がやっと納車となりました。 12年乗った車の心臓がやられちゃって、青色吐息で走ってくれていたのですが、 思い出深い車だから、別れるのが寂しくて無理させていたのです。 でも、とうとう悲鳴を上げました。可哀想なので、静かにピットに入って眠らせてあげたくなり、とうとう跡継ぎを・・・愛車と別れるのも悲しいものですね。よく今まで頑張ってくれましたね、有難う。あの険しい山道を老体に鞭打ってよく駆け上ってくれましたね、有難う。渋滞で眠りこけそうになってまで家まで運んでくれましたね、本当に有難う。本当に有難う!愛してるよ!貴方と家族の写真はいつまでも持ってるから安心して眠ってね!・・・ 後ろ髪を引かれ寂しさを堪えながら、新しい我が家の跡継ぎに初めての面通し。 こんにちは。初めまして。これからよろしくね。 わかってましたよ。 「9」あるいは「12」が番号だとわかってましたよ。 うん、やはり「9」でした。「9」そのものではないですが、足し算すると「9」でした。 そして頭の中に「よいよい♪それで良い♪」といつも聞いていた神様の声。 「四一四一♪それで四一♪」 平仮名は「く」 私が10年以上もの間馴染んできた愛称、HPのタイトルの頭文字「く」 ニッコリ笑ってこんにちは。青い青い車さん、どうぞ末永くよろしくね! 青い車に乗って、帰り道の途中、主人が言いました。 「おい!このナンバー、いいぞ!9だよ!」 「うん、そうだね」 「カブじゃ最高の数字なんだよ!」 「カブ?あの株のカブ?何で株?」 「違うよ!花札と似たのがあるだろ?あのカブだよ。ひゃー!こりゃいいねー!良い番号だ!!」 「あ、そ!♪」 どうやら主人は別の見方で何かを感じているようです。 あのね、父さん。この車の名前も画数で「9」なんだよ。そして今日は「19日」 そう言えば、車屋さんで同級生に偶然会いました。小学校、中学校と同じだったN君です。 「9」年間一緒だった学友です。驚きと懐かしさで胸一杯でした。 久し振りに笑顔を見せて下さって有難う!嬉しかったよN君! 明日から青い車と一緒に走ります。12年間連れ添った愛車に感謝しながら、新しい友と一緒に走ります。 いざ征け!新しい世界に向かって!

1月18日 昨夜の超常現象?

1月18日の現象 お布団に入るとすぐ薄い丹光で目が痛くなった。 目を開けると、真っ白の小さな光(プラーナ)が数え切れないほど見える。 暗いのに眩しい。  パシパシ!パシ! 物体からは電気がスパークしたような真っ白の光。 かすかに見えているようで、かすかではない。目が痛い。目が疲れたのかも知れませんね。 身体を包む霊体のサランラップのようなものが太く大きくなっているようです。 元々乱視も少しありますが、二重に見えるのではなく、包んでいるのが見えるのです。 最近、そのラップが5㎜くらいから1㎝くらいに太くなる一瞬があります。酷いときは3㎝くらい宙に浮いている。数日前から気付いてビビッてまひた。 気が抜けているのかな?起きながら離脱?( ;∀;)もしかしたら・・・死期近し? そりゃないですよ~、あんまりだ~!。・゚・(ノД`)・゚・。

復活祝いで頂いたネガティブな夢

うーん・・・復活した途端にこの夢ですか・・・・・ orz 1月18日の夢 何やら町が騒がしい。ざわついていて、しきりに皆が何か心配顔で言っている。気になるので「何かあったのですか?」と初老のおじさんに聞いてみる。「何言っとんの?地震だよ、地震!知らんの!?」「えっ!どこですか!?」「ここだよ、ここ!アンタ何言っとんのー!?」 私はまったく揺れなかった。震度5くらい?らしい。あれ?いつの間に??と不思議に思った。 どこかのカフェで働いている。デパート屋上の開放感あるカフェのウエイトレスをしているようだ。適当にお客さんをあしらって、お天気の良い窓の外を眺めると、いきなり地上を揺るがすような天の怒号。 「ドコーン・・・!」 たちまち驚くような突風と大粒の地面を叩きつけるような激しい雨が降ってきた。街のど真ん中に巨大な杉の木(?)が倒れる。あんな巨大な木は見たことが無い。高さにしてビルより何倍も大きく、その木の幹は太さにして何十メートルもあろうか。それが倒れて街の道路に横たわる。突風は吹き続け、どしゃぶりの雨は横殴りに容赦なく何もかもを洗い流す。横断歩道を渡っていた自転車のおばさん達が風に耐えきれなくなり自転車ごと倒れ込み、なおも風に自転車ごと地面を転がされる。バイクに乗ったサラリーマンの男性は横滑りしながらバイクもろとも倒され、必死でバイクにしがみついている。 ただ黙って私はこの光景を上から見ていた。 空。空に竜巻雲のような雲が大きく立ち上がっている。黒に近い灰色雲だ。遠景で見るビル群がおもちゃのように小さく見える。灰色雲はどんどん大きくなり、全天を埋め尽くすかのような不気味な成長を続ける。 これはヤバイと思いながら見ていた。 夢日記をつけながら、そりゃないですよ、あんまりだ~と・・・(´Д⊂ 復活のお祝いにどんちゃん騒ぎで浮かれたかったです。女神様と手を繋いで輪になってダンスしたかったです。 ゚。゚(゚T_⊂゚)゚。゚

復活?

復活しますた。 ついでにHPも古い作品を乗っけてアップしますた。漫画、イラストがお好きな方はどうぞ覗いてみて下さいねん♪リンク先の「漫画自由主義くうちゃんねる」です♪何年ぶりかで見る自分のHP!すごく懐かしいです~♪ (ほぼ少女漫画ですから、ご注意下さいね) 色々探してみたけど、やっぱりここがいいです~  慣れてるからかな? と言うか、ブログ切ったら鳴門の砂浜が・・・物干し竿が落ちてきてしこたま鼻を打ってしまって痛くてかなわんし・・・こりゃ大変だ!神様がお怒りになってる!と、神様にひたすら謝って復活しました~ と言うか、昨夜の夢の中で説教されました^^; 本当です。 「鳴門の砂浜100メートル流失 土佐泊浦、県が立ち入り禁止に」 過去何度かあったらしいのですが・・・渦潮のビデオをyoutubeでアップしたばかりだったのにね~、どうして?と悲しくなってしまったです。 ということで、またここでご厄介になります。どんぞヨロシクお願いします(ぺこり!) やっぱり「富士」と「鳴門」の巻きざんすかね~(;▽;)神様ごめんなさい~ そして、いつもここを覗きに来て下さる方々、ごめんなさい~

阿波踊りと鳴門の渦潮

昨夜は目を閉じると真っ白の光りが流れ星となって流れました。 そして、十字。十字、十字・・・有り難いのかヤバイのか・・・? 祭り 祀り 奉り 真釣り 地元の祭りをyoutubeで見る。もう、有名になりすぎて日本中で踊ってるね。踊りの輪。輪は広がって笑顔になる。 「阿波踊り(2007)」 「AWA DANCE 」 輪 和 環 倭 輪はぐるぐる回って渦となる。 「渦潮その1」 「渦潮その2」 何のことだかわからんけん、地元ビデオで誤魔化しとります。 Awa Odori Remix II

フラッシュとビジョンについて

「フラッシュ現象」というのは、私の表現方法ですが、パシパシ!と目の前に現実空間とは違う何かの映像が、カメラのフラッシュをたいた時のように出現します。これでお分かりになると思いますが、いかがですか? パシパシパシ!最初は自分が何を見ているのか不明で、1画面が現れて消えるまで、1秒もかからないほど早いので、全ての画像を拾えないのです。その意味不明な画像が数度繰り返され、読み取れないほど早いので、その情報を拾えるのは数で言えば1~2枚。5枚のうちの2枚の画像、3枚のうちの1画像などなど、今にして思えば当時はかなりな数の画像を拾えずに無駄にしてしまったと悔やみます。 当時、色々な神々様(外神)とコンタクトしていたようですが、フラッシュが早すぎて読み取れないので、もう少しゆっくり見せて下さいませんか?とお願いしてみました。すると、しばらくして時間的に3秒くらいに長く出現するようになりました。その画像は、あまり良いものは無かったのですが、臆さずに某掲示板で公表するようになりました。自分一人ではフラッシュの内容を理解できなかったからです。誰か読み解いて欲しいと、投げかけたのです。 フラッシュ現象も幾たびも経験しますと、出現する時間がさらに長くなりました。これが「ビジョン」です。驚いたことに、この時にはすでに自分自身で画像を操作することが出来るようになっていました。画像に手を突っ込んで、右へ左へ、上へ下へと動かすことが出来るのです。「そこで止めて下さい!」と言えば止まります。それどころか、ビジョンの中に入っていくことも出来るようになりました。 昨年の12月23日の「夢の検証 その3」で絵にしてあるビジョン。 実はこれ、ビジョンを見始めてからすぐ中に私自身が入って見ているのです。 sun.jpg
民家の屋根が邪魔で見えなかったので、中に入って屋根の向こうに歩いて行き、隠れて見えなかった空を確認して発見したのが「もうひとつの太陽」でした。 このように、今では自在に同化することが出来るようになりました。 おそらく、今フラッシュ現象やビジョンをご覧になっていらっしゃる方々もそうではないか?と思うのですが・・・いかがですか?

赤ちゃん時代の記憶 その2

昔は借家住まいだったため、お風呂なんて豪勢なものは無く、貧乏人は銭湯通いでした。私達家族もそのうちの一つで、ご近所さんと一緒に銭湯行ったりしていたのです。最初は赤ちゃん用バスタブでお風呂に入らせてもらっていたので、その広さに慣れきっていて、ゆったり良い気分で身体を洗ってもらってました。   (あー、そこそこ♪良い気持ち~♪ふむふむ、さすがママさんだけあって痒いところに目が届くの~♪)   (頭洗うのか?耳にお湯が入らないうようしてくれよ?)   (そうじゃ、そうじゃ♪ふい~、さっぱりしたの~♪有り難い、有り難い♪) 後はベビーパウダーをハタいてもらって完了。ご機嫌でした。天花粉(てんかふん)と言ってましたっけ?あの匂いが大好きでした。 赤ちゃんはいつも手を握っていますね。パーが出来ないんです。私もずっとグーでした。誰かが指をグーした手の中に突っ込んできます。   「は~い、coomiちゃん、パーだよ~、パーしてごらん~」     (パーって何じゃ?こうか?ありゃ?手が開かんぞ?)   「パーだよ~」     (やっとるんだが・・・何で開かんのじゃ?・・・これ、グーというのか?)   「あっははは!やっぱりグーだねえぇ!何握っとんのぉ?^^」     (人の手で遊ぶな・・・何も握っとりゃせんわ。見りゃわかろうが) 赤ちゃんは幸せの星を握って生まれて来ると誰かが横で言っていたと思います。     (シアワセ・・・って、何じゃ?) まだ首が据わってない頃、頭がよくグラグラしていました。首に手を当ててもらわないと、天井が廻るのです。不安定この上ない気分でした。     (ひゃ~!やめてやめて!目が回る~!)(笑) 首が据わって何とかパーも出来るようになった頃、お座布団の上に寝かされ、お昼寝時間になりました。横を見ると、ちょっと向こうにお気に入りのおもちゃ(?)が見えました。     (あ!あれじゃ、あれじゃ!ガラガラとかいうモノじゃ!あれ、欲しい!)   「あー、ぶー、あー・・・」     (お願い、それ取って!)誰も気付いてくれません。     (それ!それが欲しいの!)やっぱり気付いてくれません。 手足をバタつかせて体中で表現しました。「あー!!」(それ、取れ!!) ゴロン!・・・ひっくり返る天井、目の前に畳の目・・・     (@@;!!!!!????)     (何や?何が起こったんや?ちょ、ちょっと苦しいがな・・・たーすーけーてー!) これが初めての寝返りでした。勢い余って座布団の段差で初めての寝返り。胸がぺちゃん!と一瞬潰れそうな気分でした。おデブだったようです。

昨夜のビジョン

昨夜のビジョン。 布団に入って目を閉じると、すぐにまた訳のわからないビジョン。 ツタ。ツタが動いてる?(; ̄_ ̄)??? じっと画像を見ていようとしたら、隣の主人の突然の大イビキで一瞬でビジョンが消えた!頭の中に真っ白の閃光が走って一瞬で消えた! ・・・・・・(; ̄□ ̄)!!!!! ・・・・・・(T□T) (;\ω/)┌┛☆)◎д) てい!このヤロ! ・・・・・・ 。・゚・(ノД`)・゚・。 蔦 蔦温泉 青森 十和田湖 トワダ ? アイビー? アメリカ? まあ、いいでしょう。そのうち再び見るかも知れませんしね(泣) 追記 今朝のこのビジョンのヒントは、我が家にありました。 「( ・・)ん?・・・・・( ◎◎)!・・・・・!!!!!(◎▽◎)!!!!!」 月桂樹 月    だそうです(ぺこり!) ※ツタにしては葉っぱの形状が全然違うからおかしいと思っていたの^^

赤ちゃん時代の記憶 その1

皆様、幼き頃の記憶はどこまでありますか?幼稚園?赤ちゃん時代?お腹の中にいるときから? 私は生まれ出た時から記憶が飛び飛びにあります。お腹の中の記憶は無いんですけどね。幼い頃の思い出話しを主人にすると、腹を抱えてゲラゲラ笑い「おっもしれェ~!だけんど、可愛くない赤ちゃんだな~!!」と言います。相当口の悪い、性格も悪い赤ちゃんだったんですよ。 そんなお話を少々してみましょうね。ちょっとコメディタッチで大袈裟に脚色しとります。( ̄ー+ ̄)キラリ 生まれ出た時、まだぼんやりしてました。「ふう~」と息をついた感じ。でも泣いてました。どこに出たのか分からなくて、何が起こったのかわからなくて、びっくりして泣いていたんだと思います。得体の知れない生暖かい中に入れられて、あちこち触られて、ビクビクしてました。今思えば、それが産湯だったんですね。鼻の穴に何か突っ込まれたり、口の中、耳の中にも何か突っ込まれて、とても嫌な気分でした。それは、お産婆さんが私の身体のお掃除をしてくれていたんだなと、後でわかりました。 後は、眠ってばかりだったのか、記憶が途切れています。あ、へその緒を切られる時、痛そうで怖くて涙目で「イヤイヤ!やめて!」をしたような・・・(笑) 生後数週間~1ヶ月?まだ目が見えなくて、しばらくして目がうっすらと光を感じるようになり、そしてしばらくして人の顔が初めて見えるようになりました。ぼんやりしてましたけど。一体、コレは何?と考えていました。それまでは起きてる時は大人の会話、物音などをずっと聞いていたと思いますが、ソレが「人」であると認識するまで、少々時間がかかったように思います。 そして、手掛かりにしたのは「声」でした。ああそうか、何やらずっと聞いていた音を発するモノ、これが今動いているモノと一致すると、初めて「人」であると気付いたのでした。そして、何を喋っているのかよくわかる。言葉はわからないけれど、なんとなく大人達の言うことを理解していました。 ますますよく見えるようになった頃、私をじっと覗き込む「人」の顔。 「ふぎゃ~・・・!」(お前誰やねん!?びっくりするやんか!) 「あ、見えたんかな?ほらほら、おばあちゃんですよ~coomiちゃ~ん!」   (”おばあちゃん”て何やねん??) 「Tさん、見えとうよ、この子!」   (”Tさん”て何やねん??見えとるぞ、音も聞こえとるぞ、当たり前じゃ) 「あ!ホンマや!おもちゃ・・・おもちゃ!」赤ちゃん用おもちゃを目の前で鈴を鳴らして振るTさん   (ん?)←じっとおもちゃを見る   (なんや、コレは?しかし、なかなか面白いもんじゃの!もっと振れ!きゃはは!面白い!ソレをくれ!)←気に入ったのでニカッと笑う 「笑った!ほら、今笑ったよ、ばあちゃん!」 「ほんまや、笑うた笑うた!まだ顔が歪んどるけんど・・・」   (失礼な!ほっとけ!)   (しかし、この声はあの声で、この声はあの声だな~・・・ふむ、そうか、あの声のモノか・・・) こうして、声を手掛かりに「人」つまり、自分の家族であろう人々を次々に認識していったのでした。これがママさん、これがパパさん、えーと、これがじいさん、これがばあさん、これがあにさん・・・という風に。そして、少しずつその「人達」が気に入って、優しい嬉しそうな目が好きになっていったのです。Tさんとは、私のママさんの名前だということにも気付きました。 おっぱいが大好きでした。グースカ寝ては空腹で目覚め、泣いておっぱいをくれー!お腹空いたー!とせがんでいましたね。ママさんのおっぱいの感触もいまだに覚えています。美味しいんですよ、おっぱい。ゴクゴク飲んでゲップして、またグースカ寝る。こんな風に暮らしていました。 時々覗き込む、見知らぬ「人」におったまげた時は泣いたりしてね。 「ほんぎゃ~~!」   (うわああ!ママさん、早く来てー!誰かおるよーー!怖いよーー!) お隣の人とか、遠くの親戚の人だったり。 赤ちゃんて、前世があって再び生まれ変わってくるのでしょう。前世の大人だった頃の魂を覚えているのかも知れませんね。大人の感情を小さな小さな身体の中に隠し持っているのでしょうね。それをどんどん忘れていくだけだと思うのですよ。 ふ~、やっぱり可愛くない赤ちゃんだ(笑)前世はおっさんだったか、高飛車な女だったに違いない(爆)

「えべっさん」だよ全員集合!?

今日はえべっさん。本えびす。 商売人にはとても大切なまつりごとですね。 「七福神」 恵比寿 大黒天 毘沙門天 弁才天 福禄寿 寿老人 布袋 どうも七福神には色々な国の神様が乗っていらっしゃるみたい。日本においては縁起物、縁起担ぎの神々様に近いのかな? この中で気になるのは、毘沙門天・弁才天・寿老人。寿老人は私の生まれ年の神様だったように覚えています。恵比寿様もお魚と関係あるから気になるんだけど、まあ、そこは深く考えないことにします。 寿老人。別名「南極老人」中国では双龍に乗る姿を描くこともあるらしいですね。この方が、私をずっと監視して指導していらしたうちのお一人、「おじいちゃん神様」ではないかと思っているのですが・・・しかし、予想は外れているかも知れません。何せ、誰一人名乗られませんから、当てずっぽうでも私自身が探すしかなかったので。こうもたくさんの神々様を見てしまうと、何が何やらわからず、混乱するばかりでした。今となっては昔の話ですけどね。 さて、主人の会社では毎年「えべっさん」に全員でお参りするそうなのですが、今年は中止になったらしい。社員が大勢風邪でダウン。えべっさんどころではないということで、「お前も風邪引かないように気をつけろよ!インフルエンザもまた流行ってるらしいぞ!」と言いながら、直後クシャミすること3回。そそくさと出勤する父さんなのでした。自分こそ気をつけろよーと言いたいところですが。 もうね、眠くて眠くて仕方がないです。お酒なんか飲んだら、たちまち爆睡です(笑)

ブリザード?

1月9日 明け方 午前5:00ジャスト 夢 ※古い平屋の家に住んでいる。家族4人ともう一人、男の人が共に住んでいるようだ。男ばかりなので、部屋がすぐ汚れるので、掃除機を出して部屋を掃除しようとするが、少しゴミを吸っただけで止めた。  息子が帰ってきた。「お帰り~!」あれれ、また小学校1~2年生くらいの姿だ。息子はニコニコ嬉しそうに笑いながら父親の元に走っていく。どうやら学校の先生に褒められたらしい。父さんは私に「おい、凄い物作ったって先生に褒められたんだって!お前も褒めてやれ!」と嬉しそうに言う。膝の上に乗ってきた息子に頬ずりしながら、頭をなでこなでこ。匂いを嗅ぐと、息子の匂いがした。学校給食の匂いも混じってる?(笑)私達もおじいちゃんもニコニコとみんな幸福だ。  外を見ると、また水が出ている。道路も畑も水浸し。雪の塊がたくさん浮かんでいる。寒そうだ。みるみる氷が張ってきた。部屋の中に吊してある洗濯物にも氷と雪。  「父さん!明日は凄く凍りつくよ、会社行けないかも知れない!気をつけて!」  「大丈夫だよ!」  部屋の中から父さんが返事した。世界が変わったようになる予感がした。 ブリザード?急激な気温低下? 昨日に引き続き雪の夢。そして氷。 朝、父さん(主人)に「大変だ!ブリザードが来るかもしんない!ヽ(`Д´)ノ」と言ってみた。 主人「・・・・ハア? 何だって?(`д´)・・・・・・はあ?はあ?ハア!? 凸(-д-メ)」とのこと。

ペルー、チリ、ニュージーランド、アメリカ?

「世見」で照さんが、ナスカプレートに触れていましたね。ペルー、チリ、ニュージーランド、アメリカなどにも触れていますね。 一昨年の8月20日に「ペルー!」という声を聞いています。翌年の3月1日にチリ、インド、フィリピン?、パプアニューギニア?と疑問符付きで夢日記に絵付きで記録してありました。 ふ~~む・・・ 「世見」ではフロリダ半島らしいですが、私が一昨年見せられていたのは西海岸。サンアドレアス断層か?と思っていたのですが、そう言えばグアテマラ、エクアドルなどの近隣諸国での火山噴火が頻発していますね。この火山がすべて富士山型なのが気になるんだけど。では、フロリダ半島あたりがヤバいのかな? ********************************************************************** 投稿日:2007/03/01(Thu) 22:35 「フィリピン」「パプアニューギニア」「チリ」? 日本から出向した太平洋上の巨大なタンカー?? インドは平穏に見えるけど?? ・・・なんでしょう?? ※すみません、突然お話をぶった切ってしまいました。  昨夜、長々と見ていた夢の記載です。空中に浮かんで地球を見ているのですが、、、  突然声が聞こえたので、、、突然「フィリピン!」などと声がしても私には意味不明で、、、 ********************************************************************** パプアニューギニア?と書いて、絵をもう一度見てみると、ニュージーランドのほうがよく似ている?・・・のかな?オーストラリア大陸の東側、くるっと囲んでパプアとニュージーランドがありますね。 ふ~~む??? あかん、わからないです~(´Д`;)

「はじめに」追記しています。

追記しました。 書くことが多すぎて定まらないので、追記が増えそう・・・ ごめんなさい。

西部警察~!

雑夢 ひとつ。 何時間もかけてぐっすり眠っていたから、何が何やらわからない夢ばかり見ていました。多分、眠りが浅くて軽く脳味噌の整理をしていたのでしょうか。 その中で、ひとつだけ異様な面白い光景を見たので、書いておきます。 1月8日。朝方の夢 ※大きなモンゴルのような平原、四方を丸く囲む低い山々。そこのど真ん中に布団を敷いて寝ていた私。目が覚める。ゆっくり上半身を起こすと、雪が見える。山々にも平原にも雪が所々積もっている。寒くはない。「おーい!まだ寝てるのかー?早く起きろー」と声がした。右手を見ると、空間のドアを開けてこちらを覗き見ている数人の男性が見えた。風景を切り取って、ドアを開けているように見える。ドラえもんのどこでもドアのようだ。彼等は「西部警察」の俳優さん達。ニコニコ笑って私に起きろとみんなが言っている。  私はひとつ伸びをして、掛け布団と毛布の間に突っ込んでおいた服をゴゾゴゾと出し、着替え始めた。「ちょっと待ってね、今着替えるから!」「早くしろよー!」と笑っている俳優さん達。 ここで目が覚めた。そしてまた寝返りうって眠った。 昔、暖房器具がそう普及していない頃、冬になると毛布と布団の間に体操服やシャツなんかをいれておいたん。こうしておけば、朝起きると自分の体温で暖まった服が着られるからね。名案でしょ?^^ 何だか意味不明の懐かしい感じの夢。おかしいね。「西部警察」懐かしい!

幸多かれ

左足の痺れはまだ治らず。ジー、ジー、ジー・・・・・・ 昨夜は11時を待たずして布団に潜り込み、ぐっすり眠りました。お陰様で身体は元気になりました^^ 1月6日に参拝させて頂いた「上一宮大粟神社」でのこと。 本殿の右側に、黄色い小さな木の実を発見。頭の中に何かがビシッ!と来ました。 「宮司さん、あの木の実は何ですか?(◎◎)」 「ああ、あれは古代からの柿の木ですよ。ずいぶん実が小さいでしょう?一昨年の秋、突然実がなってね、そりゃもういっぱい実がなってね、びっくりしたんですよ。今まで実を付けたことがなかったから、忘れていたのですが・・・こんなところに柿の木があったんだな~って(^^;)」 覚えていますよ。サルタヒコ様のところに参拝させて頂いたおり見たフラッシュは、「実がたわわに実った柿の木」「低木のキンカン(?)の木」「黄色い菊の花束」でした。一昨年のことでした。 「宮司さん、サルタヒコ様のところで見た柿の木は、これかも知れません」 「あ、そうだったんですか?ふむ・・・・枯れそうだったのにね・・・(・_・)」 こういう風にして、何かと何かが繋がって行くのですね。 ここにこうして書き留めることが、どなたかの目覚めのヒントになれば幸いです。 皆様に幸多かれ。

はじめに。

「はじめに」追加しました。 続きを読む

神気あたり?

神社参拝からずっとフラフラしてまして、今も継続しています。 雑夢のような夢を何度も見たのですが、ずっと眠気に襲われていて、今日も寝てました。 昨夜気付いたのですが、左、左足に信号が来ています。参拝の夜から始まりました。 「ジー・・・・・ジー・・・・・・ジー・・・・・ジー・・・・・・」 前に雲で龍神様の巨大な胴体を見せて頂いた時のお話ですが、初めは耳に「ジー、ジジジ、ジー、ジジジ・・・」と繰り返す信号音が聞こえ、もしやと思い外に飛び出すと、空に巨大な龍の胴体!手を合わせ、「有難うございます」と御礼を申し上げ、しばらく眺めていたのでした。あれから随分経ちました。 あの音が今回は左足に来たような感じです。左足の指の付け根、ごく限られた一部。完璧に正しいリズムで軽い痺れのような信号が続いています。心拍数、呼吸数も比べてみましたが、それとは関係なさそうです。何でしょうね?今も「ジー・・・・・ジー・・・・・」と繰り返しています。 私には掛かり付けの医師がいますが、今のところ病気などは何もありません。 まだ眠いです。ホント、眠いです。 神気にあたるとは、このことかな?と思います。下痢も頻繁に起こっているので、体調が崩れ気味だったところに強いパワーを受けたから、それに持ちこたえられなくて身体がフラフラになったのかも知れませんね。 あ、そうそう。 参拝から帰って晩ごあんを食べているとき、無性にお肉が欲しくなりました。ちょうど冷蔵庫に牛肉を肉じゃが用に残していたのを思い出し(主人の大好物なので、次の日に作ろうと思って残しておいたの)フライパンでさっと炒め、頂きました。焼き肉のタレも少し残っていたので助かりました。 珍しいことです。主人が「げっ!?お肉食べるのん!?お前が!!??@@;」と仰天しておりました。はい、私、進んでお肉は食べないのです。初めての事です。主人がびっくりするのも無理はありませんね。 考えてみますと、あまりにも強烈な神聖なパワーを受けすぎると、身体がびっくりしたために調和を求め、少し波動の荒いものを求めるのかも知れません。お陰様で、少しの牛肉を頂いた後、ほんの少し落ち着いた気がします。 でもね・・・やっぱり下痢が・・・お腹痛いです。悔しいなあ・・・折角頂いたパワーが~・・・ 情けない・・・ああ、情けない~。・゚・(ノ∀`)・゚・。 左って、イザナギ様が黄泉の国から帰って来て洗った時に出て来られたのはアマテラス様でしたっけ? 「天岩戸別八倉比賣神社」の何かのお知らせかも知れませんね(さっぱりわからないけれど・・・)

何故今日という日を選んだか?

何故今日という日を選んだか? まず、人混みを避けたかったのと(私は一人のほうがいいんです)1+6で7の日だったから。友引だしね。 そして、最近のキーワード「赤」は「アカ」で「7」なんですよ。・・・

神社参拝

1月6日。友引。 新年のご挨拶で神社にお伺いして参りました。「天石門別八倉比賣神社(天照大神様)」「上一宮大粟神社(大宜都比売命様)」です。天神社にもお参りしたけったけれど、ひょんなことから時間切れとなり、気分を変えて明日天神社へお参りしたいと思います。 (玄松子の記憶:参照) 天石門別八倉比賣神社では、優しく暖かな空気に包まれていて、安心してお参りすることが出来ました。本殿を参拝してご挨拶をしあたと、上にある古代からの五角形の石碑で一心に祈り、静かにその場を後にしました。 さて、車を飛ばして次の「上一宮大粟神社」へ向かいます。山間部にあるため、雪が心配だったのですが、道路は乾いていて快適に運転出来ました。数日前には雪が降っていたのですよ。雪には慣れていないから、雪が積もっていたら途中で引き返していたでしょう。崖も多いですしね。 運転の途中から頭痛。身体が熱くなってきました。「また風邪でもひいたんかな?」と心配しつつ、何とか神社に到着。本殿に参拝してご挨拶を済ませ、横で何やら一生懸命ゴソゴソとお仕事しているおじさんがいたので、「あの~、お札を頂きたいのですけど、どこにあるのですか?…」と言いますと、おじさんはニコニコしてここですよと教えて下さいました。後で知ったのですが、この小さなおじさんは宮司さんでした。 お札を3つ買って、可愛い鈴とお守りも買いました。そして宮司さんと色々お話をし、面白い話題をたくさんお伺いしました。 大宜都比売命様の由来、陰と陽、龍神、月読命、悪霊、大山祇神、建速須佐之男命、全国から来る霊能者、宮司さん自信の霊体験、etc・・・ふんふんと頷きながら、私の霊体験、夢のお話も少ししました。この神社へ参拝するようになった経緯、私が行けと言われて行った場所などなど。全部じゃないですけどね。全部お話するには、1日では足りませんもの。 「ああ、アンタはここに呼ばれたんだね~ そうか、龍神も見たのですか・・・ここに来る人は呼ばれるんだよ。何十年も探して、やっと辿り着く人もいる。」ニコニコと笑っています。 「私はね、若い頃はいくら家系でも宮司なんて関心なかったんだよ。家を継ぐ気もさらさら無くてさ。でもね、ここの神様にとっつかまってしまったんだ。夢の中に現れてね、背中に乗せてシモへ連れて行けって言うんだ。最初は腹が立ってね。3年くらいは現れるたびに文句言ってたよ。だって、お金にもなんない仕事だもん。やってらんねー!ってね。私は好き勝手に生きたいんだー!ってね。でも今は笑ってるよ。しょうがないなーって。今も貧乏暮らしだよ、ははは!」 これも何かのご縁。宮司さんは、私の住所と名前を書いて行きなさいと言います。住所などを書き込み、宮司さんに渡しました。「うん、何かわかったら連絡するからね。参考資料が見つかれば送ってあげるよ」と言って下さいました。 有難う!宮司さん!深々とお辞儀をし、本殿にも深々とお辞儀をして帰路につきました。時はすでに午後4時近く。天神社には行けないなーと思いながら車を走らせました。 帰りの車の中で、ますます頭痛が酷くなってきました。身体も熱く、早く帰って寝たいと思いましたが、晩ごあんの用意があります。仕方がないのでスーパーへ直行。お買い物をして自宅に帰って来ました。 家へ帰ってのんびりしていると、少し体調が良くなりました。 船酔いのようにフラフラしていたのですが、おそらく神社のパワーで酔ってしまったのだと思います。 「ここの神様はね、その人のパワーを全開にさせるんだよ。あるいは数倍、数十倍にさせるんだよ」 なるほど。・・・・・・今夜は早く寝たいと思います。枕が恋しいです。

はなさんへ

はなさんへ 「クリムゾン」の意味不明な言葉、はなさんの指摘される意味もアリかな?と思ったので、ピックアップしてみました。 キング・クリムゾン 「キング・クリムゾンの宮殿」In The Court Of The Crimson King 「21世紀のスキッツォイド・マン (21世紀の精神異常者)」21st Century Schizoid Man including Mirrors 「Epitaph」碑銘 「Epitaph」では、私が赴いた霊界の空に似ているシーンもありますね。実際はもっとはるかに美しいのだけど。

照さんへ

照さんへ 目、大丈夫ですか?お大事になさって下さいね^^ お約束(?)していた事柄について、ひとつお話しときましょうね。 時々聞こえる不思議な異世界からの音の中で、石ころの落ちて転がる音がありました。照さんは「玉砂利じゃないですか?」とお返事下さいましたね。 過去の掲示板書き込みでありました。そうそう、そんなこともあったなと懐かしく思い出しました。早速、その当時の書き込みをここに掲載しときますね。 本当に玉砂利の音かも知れませんね^^ ********************************************************************** 投稿日:2007/03/28(Wed) 17:15 インフルエンザに罹ってしまいました。昨夜、40度近い高熱と頭痛などの症状でぐったりしていましたところ、 パジャマ姿のままで引き上げられました。 白木造りの大きな神殿です。広い玉砂利を敷き詰めた本殿前の広場で、そのままの姿でぐったりと横に寝かされていたのですが(動こうにも怠さと高熱で動けないのです。汗びっしょりでした。)、私の寝ている横に烏帽子をかぶった男性が現れ、本殿に向かって祝詞を唱えるような調子で言いました。「この者、まだそちらへ参らせることはならず、今暫くの猶予を賜りたいと存じます。○○○…○○○○…かしこみかしこみ申す。(こんなことを言っていたと記憶しています)」本殿中央には女性が立っていたと思います。とても高貴な方ではないかと察しますが、烏帽子姿の男性がこう言いますと、ゆっくり背を向けて中に入って行きました。その女性(巫女様?女神様?)の姿は全く見ていませんが、気配で感じ取ることが出来ました。頭を本殿に向けて横になっていたので、私の視界には烏帽子姿の平安朝貴族風の男性しか見えませんでした。でも、白木造り、日本の神殿、高貴な女性と、ビシバシと伝わって来るのですよね。 あの世へ逝きかけていたのでしょうか?高熱による幻覚でしょうか? 私はもう行かなければならないのでしょうか? それとも、数日前に続けて「陰陽師」「陰陽師Ⅱ」を見たからその影響?・・・(笑) 因みに、今も熱が引きません。寝ます。 ********************************************************************** とても広い大きな神社のようでした。真っ白の白木造りの本殿は、まさに日本の神殿とも言えそう。玉砂利も真っ白でした。玉砂利のひんやり冷たい感触も覚えています。高熱があって、夢の中でもパジャマ姿でフラフラ・・・一目、あの高貴な女性を見てみたかったのですが、苦しくて出来ませんでした。起きろと言われても、夢の中でもさすがに出来なかったでしょうね。 あ、それから、烏帽子の男性は祝詞を唱える調子でしたね。男性の衣装は調べてみたら「束帯」というものでした。烏帽子ではなく、冠だったようです。 束帯 ちなみに、白拍子姿で悪霊と戦ったことがあります。何故なのか知りませんが、あっと言う間に変身していたようです。へこへこ・・・^^;; 白拍子 「平安装束体験所」より引用させて頂きました。 追記 夢の中で初めて祝詞、御神前で唱える言葉を聞きました。初体験でした。 すみません、本物の祝詞はまだ聞いたことがないです。すみません、すみません。ヘコヘコ・・・~⊂´⌒∠;゚Д゚)ゝつ

話題休閑、動画集め^^

考えついたことをまとめるのに思案中です。 話題休閑です。はい。 「新世紀エヴァンゲリオン」~残酷な天使のテーゼ~ 動画でもどぞ! もういっちょ!「新世紀エヴァンゲリオン/セカンドインパクト」~魂のルフラン~ 気分が重くなるので、気を取り直して「ケロロ軍曹~勝手に侵略者~」どぞ! まぬけ顔のケロロに続いて、ホントにおまぬけなぬこ動画 どぞ!

勝手に出る言葉

先程、年賀状を頂いた方に急いで年賀状を出してきました。 ホッと一安心して車で近くの郵便局から帰宅。その車の中での小さな出来事。 「クリムゾン・・・」「カフェ」 と、勝手に言葉が出てきました。「クリムゾン???何のことやろ???」「カフェ???わー!さっぱりわからんちん!!」 思い出してみれば、昨年の夏にも似たような現象がありました。 台風のニュースを見ているとき、心がぽっかり宙に浮いたような感覚になり、何も考えずぼんやりニュース画面を目だけで流して見ていたとき、ふいに「グリンバーグ・・・」と言葉が口をついて勝手に出てきたのです。「グリンバーグ???何のことじゃろかい???」 私、その時は新種のハンバーグメニューかと思いましたよ。探してわかったのは「サミュエル・グリンバーグ」「日ユ同祖論」でした。 そして今日、「クリムゾン」「カフェ」・・・ 守護神様、守護霊様、私の中の神々様、毎度の事ながら意味わかりません。・・・ クリムゾン・・・「クリムゾン・スター」 (ミラ型の長周期変光星で,暗くなったときの赤さは格別といわれています)(オリオン座の一等星リゲルの南に位置し、三等、四等星で形造るスキー靴のような星座がうさぎ座です。R星は「クリムゾン・スター」(紅色の意)変更周期430日と言われる赤い星です。変光星は星座毎に発見順にR・S・T・・・・・と命名されます。 この星座は、オリオンのつれている猟犬(おおいぬ座)に追われ、オリオンの足元を逃げまどう兎の姿と言われます。 うさぎ座の更に南に、三等星以下の星からなる暗い星座、オリーブの若葉をくわえたはと座があります。かつてのアルゴ船座をノアの方舟に見立てて、その物語に登場する鳩を星座にしたと言われています。)出典:宇宙船Hale-Bopp艦隊 「クリムゾン・スター」・・・(クリムゾン・スターはミラ型の長周期変光星で,暗くなったときの赤さは格別といわれています。19世紀半ばに英国の天文学者が発見しました。彼には夜空に落ちた血のしずくに見えたそうです。双眼鏡でも十分に見えるので,南の空に恵まれている方は一度ご覧になってはいかがでしょうか。)出典「きら星」 うさぎ座クリムゾン・スター(Crimson star) 最近よくオリオンを目にすると思ったら・・・なるほどね。 クリムゾン・・・「クリムゾン(色)」(濃く明るい赤色で、若干青みを含んで紫がかる。彩度が高く、色彩環上ではマゼンタと赤の中間に位置する。)(朱色) 「赤」か・・・・キーワードがまた出ましたよ。 「クリムゾン・サークル・ジャパン」 あ、これはわかりますね。最新チャネリング読んでみましたが、充分意味が通じます。 それにしてもわからないのが「カフェ」 お茶でも飲んで考えろってことでしょうか?前に「ハイビスカス・ティー」を飲んで、お口が真っ赤になりましたよ。ははは!( ´∀`)・・・・・・・・・・・Σ(・。・;)ハッ!! あ、これも「赤」か・・・・ 「クリムゾン・カフェ」で検索したら、同人作家のサイトでした。いや、違うでしょう? 続きを読む

ここを読んで下さる方々に伝えたいこと。

随分前に、ある素晴らしい方のサイトの掲示板に書いたことがあります。私にとってはお師匠さんとも言える方なのに、ついついエラそうに書いてしまいました。ごめんなさい、Kさん。 エラそうに言える私ではありませんが、掲示板の流れからついつい・・・ね。 ここに書いてみましょうか。 人生は長くなれば長くなるほど経験も増え、楽しいこと辛いこと、悲しいこと腹が立つこと、色々あります。 そんなに我慢しないで。泣きたいときは泣いていいんだよ。 泣くだけ泣いたら、手を見てごらん。 貴方には暖かな手があります。 その手で苦しい胸を自分で撫でてごらん。 「そうだね、辛いよね。いいんだよ、我慢しなくても。よく頑張ったね、良い子だね。私は貴方が大好き。」と言葉をかけながら・・・ ほら、涙がボロボロ出てきませんか? 「うん、辛かったよ」って。 泣いていいんだよ。 我慢して我慢して、腹が立って悔しくてたまらない。 自分の手で肩を、胸をさすってごらん。 頭を撫でてごらん。なでこなでこしてごらん。 「よく頑張ったね。腹が立つよね。わかってるよ。よく我慢したね。いいこ、良い子。貴方はとっても良い子だね。私は貴方が大好きだよ。だから、もう解き放そう。」 自分を大切にして下さい。 怒りも悲しみも喜びも楽しみも、全部貴方なのだから。 自分で自分を許し、開放してやって。 そうして人は大きくなっていくんだね。 そして、人の心がわかる光になるんだね。 自分が光り輝かなければ、人を照らしてあげられない。 道はそこだよと、指し示してあげられない。 だから、自分自信を大切にして欲しい。

明析夢

これは初夢と言えるのでしょうか?^^; 1月3日 朝方の夢 ********************************************************************** ※「貴女は2階にいる人達を救いなさい。」という、ダイレクトに頭の中に入ってくる声で自分が夢の中にいることにすぐ気付いた。部屋はホテルの一室。ここはどこのホテル?と考える前に「そうか、助けなくては。」と上からの声の指令に従う。そのホテルの部屋は病院の大部屋のように沢山のベッドが並び、モゾモゾと人が寝返りを打って寝ている。窓から外を見ると、洪水で畑も道も水の中に深く沈んでしまっていて、手の着けようが無い様子。「起きて下さい。ここから脱出しますよ!」と皆を起こした。下着姿で寝ていた人々はみんな男性だった。中にはちょっと口の悪い男性もいるようだ。「何だよー姉ちゃん!何しやがんだよー!気持ちよく寝てたのによー」・・・でも気にしない。みんな悪人ではないのを知っているから。 みんなを集めてロープの結び方、ロープで降りるときの足の絡め方などを説明した。文句を言う男性もいるようだが、気にしない気にしない。急いで仕事を進める。「早く脱出しなければ間に合いません。今なら大丈夫だから、早くして下さい。もうすぐ水が来ますよ!」とせっ突く私。窓から上階を見上げると、すでに何人もホテルの客がロープを伝って降り初めているようだ。4階、5階・・・上階でお仕事をしている仲間は上手く誘導できている様子。ここも早くしなければ。もうすぐ洪水は激しくなると感じていて、ふざけた事を言う男性を叱りたくなる気持ちを抑え込み、落ち着いて誘導出来るように自分自身を激励した。・・・ ********************************************************************** 映画の影響かな?「踊る大捜査線 THE MOVIE」と同映画の「レインボーブリッジを封鎖せよ!」を立て続けに見ていたから。SATがロープを伝って降りるシーンがあるのです。今日は「公証人 真下正義」も見たしね(笑) いつものことですが、私の夢の中(特に意味のある夢の場合)に出て来られるギャラリーの方々は、ほとんどが男性ばかりです。良い人も悪い人も男性がほとんどです。何故だかわかりません。守護神様、守護霊様はおそらく男性。神々様は女神様も男神様もいらっしゃいます。 男性と戦ったり助けたり、または助けられたり・・・こうも男性ばかりに囲まれると、前世は男だったのかも知れないと思わざるを得ませんね(笑) もう少し楽しい夢を見たかったなー・・・ もし、この夢の中が前に行ったあの霊界下部だったとしたら、私はまた霊を助ける神霊界のお仕事のお手伝いをしていたようですね。また忙しい時期に入っているのだろうか、神霊界は??? 私に指示を出したあの声は、いつもの男性の声。思い過ごしかな??? 夢を見始めた途端、夢だと分かっているのは明析夢。最近、その「明析夢」とやらをよく見るようになりました。 ビジョン、フラッシュはある程度自分で操作出来るようになったのですが、夢も自分が中で動いているように感じるようになりました。 これは誰でも出来るらしいですね。慣れれば自由に動けますね。楽しいですよ。

忘れないうちに。

忘れないうちに書いておきますね。「夢」の検証 その1 21/12/2007 参照して下さい。 12月15日のウォーレンさんの夢の中に出てきた紳士が言った言葉「F○○-10ですよ!」 これも数字でしたね。「10」 2008=2+0+0+8=「10」
プロフィール

aoiroenpitu_1989

ギャラリー
  • 日本 かく戦えり
  • 日本 かく戦えり
  • 追記有り「水の音」はまだ続いているけどボーネルさん予言は凄いね!
  • 高知の夜は64 その2
  • 「グミの実食べた」の追記です
  • STAP細胞の真実は?
  • STAP細胞の真実は?
  • 追記の追記有り「町村さんとぶどう」とスワロフスキーとブリー・ラーソンでした
  • ヨウさんは香港 遺書は秀逸
最新記事
最新コメント
RSS
記事検索
  • ライブドアブログ