婚活、所謂結婚にむけた活動のことですが皆さんどのようにしていますか?婚活支援サイトを使用したり、結婚相談所を利用したりしていると思いますが、僕は特にそのような活動をしませんでした。結論から言うとオフ会に参加をしてある程度趣味の合う人と出会う機会を増やしたり、学生時代の友人や後輩などと合コンまがいなことを積極的に行っていました。そのほかにもちょっとした無料の出会い系アプリを使用したりして近所の女性と接触する機会も設けるようにしていました。

 結果から申し上げますと、結婚に辿りつくことが出来ました。ただ、それまでの道のりは険しく、中々理想の相手に出会えないというのが現実で結婚を前提にしたお付き合いをするとなるとメジャーな方法より厳しいかもしれません。が、私はオフ会や合コンで知り合った女性とは連絡先を交換し、まめに連絡を取り合うことでさらなる出会いに繋げたりとより理想の相手に出会える可能性を広げてきました。こうした努力もあって私は無事伴侶を見つけることに成功したのです。

 では、なぜこのような方法をとったのか?それはお金と時間の効率の問題です。相談所にしろ支援サイトにしろ多かれ少なかれお金はかかると思います。利用料~デート代までその値段はピンからキリまで様々でしょうが、時間についてはどうしても待ちの時間が多くなってしまって自分の思うように動けないというネックが付きまといます。そうしたデメリットを一切排除し自分の時間で効率よく多くの女性と出会うためには、僕が実践した方法が一番であると感じたからです。

 私は婚活をしてみて、女性と話す機会が多くなりました。そして出会った方の大半がこんなニュアンスのことを言っていました。「縁があれば結婚したい。でも結婚後仕事のことを考えると今は一人でいい、結婚は縁があるまでしなくていい」そういう女性が多くいました。今すぐ結婚をしたいのではなく結婚に向けて準備をしているんだなという印象でした。皆さんがもし今後婚活をするのであれば、急いで結婚したいのか、結婚にむけて準備をしていきたいのかを明確にしたほうがよさそうです、

2015年もあともう少しで終わりになりました。

この時期、クリスマスや年末年始ということで、婚活パーティーが盛んにおこなわれています。

中には、2015年中にパートナーが欲しいという人もいることでしょう。

婚活パーティーに行ってみたものの、特に注意したいのが、婚活パーティーになれて常連客と化してしまった人です。

そのような常連客は婚活パーティー自体が目的となってしまい、肝心のパートナー探しはいろいろな理屈をつけてなおざりになってしまっています。

常連の方とマッチングできたとしても、1,2回のデートでさようならとなってしまう可能性が大きいです。

できれば常連客に合わないための、常連客の見分け方を紹介します。

1 婚活パーティー常連客の見分け方 メモが早い
婚活パーティーでは、回転ずしのように男女1分で会話することがあります。
その時、高速でメモを取っている人は、常連客の可能性が高いです。
一人1分の持ち時間で、自分をアピールしながら、相手を見定めるのは、相当なテクニックがいるものです。

2 趣味が女子
男性側で、相手の女性の気を引くために、カフェ巡りや旅行という人は、常連客の可能性があります。
何度も婚活パーティーに足を運んでいるので、ある程度、女性受けの良い回答は知り尽くしているのではないでしょうか。

3 連絡先をゲット
連絡先を強引に知ろうとしている人は、常連客の可能性が大きいです。
連絡先など、婚活パーティー終了時にマッチングしてから連絡先を交換すればよいはず。
このような人は、結婚する気はさらさらなく、婚活パーティーにくる女性を食い物にするだけの要注意人物です。

いかがでしたでしょうか。
婚活パーティーには、婚活を目的にした人だけでなく、パーティーに参加する女性を食い物に知る困った人たちがいます。
そのような人には近づかないようにしましょう。

参考サイト 婚活パーティー テクニック

 

 ルックスもいいのになかなか女性との仲が深まらない男性が世の中には多いです。そのような女性に嫌われる男性の性質として、案外多いのが「決断力がない」ことだったりします。男性は女性に嫌われたくないので、とにかく女性の気分をうかがい、女性の思うがままにさまざまなお膳立てをしようとします。この男性の姿勢が、決断力のなさや優柔不断と言うとられ方をして、結果的に濃いが実らなくなってしまうことに繋がるのです。

 それでは、あえて女性の立場になって考えてみましょう。互いに恋をして、愛し合っている関係であれば、お互いに相手が喜んでくれることをしたいと思うはずです。それが男性に気を使われる一方であれば、女性もだんだん気兼ねをして、窮屈な関係になってしまうので、それは避けた方がいいと思います。

 また、まだまだ付き合っているとまで言い切れない男性と女性の関係については、少々事情が変わります。互いに遠慮をして、お互いに決断ができない関係になっているのですから、このまま遠慮して恋愛関係に発展しない場合だってあります。

 だからこそ、こんなときは男性がリードしていくべきですし、その事で女性からの信頼感を得るきっかけにもなりますから、大いに積極性を発揮しましょう。ただし、食事やデートのあとなどに、今日はどうだった?と、女性の気持ちを確認することを忘れないでください。その向上心は女性にとっても愛されているという実感になります。

参考サイト ユーブライド 口コミ 

↑このページのトップヘ