小原の四季桜は秋がみごと (愛知県豊田市)
紅葉と桜が同時に見られる そんなすてきな場所は、東海環状自動車道、豊田藤岡inから15キロ

010四季桜

020
011桜
由来:小原の四季桜は、藤本玄碩という医師が文政年間内の始めに名古屋方面から苗を求めて、植えたのが親木となって、広まったものと言われてます
四季桜は、マメザクラ×エドヒガンの種間雑種と考えられ、花は一重の白又は淡紅色です。
秋から冬にかけて咲き、小さい花芽は冬を越して3月中頃から咲き始めますが、春の花は少ない。
川見(せんみ) 四季桜の郷
天気予報では最良の日を選んだのでしたが、名古屋が近付くにつれ雲が重く立ち込め
曇り空に気も重く到着・・   桜の花を求めて里山に登って行きました(8時50分)
031里山へ

山頂付近にあった案内板 右端上部に駐車して、里山散策・・・
案内板b

林の中の風景
043
登ったり、下ったり、、、
067桜と紅葉の林

084


086

081


082-2

089

092


クマかイノシシか・・ 捕獲用の罠が随所に見られた  民家から近い里山は怖そうです
054つきのわ熊出没021捕獲の罠


桜の花を背景に 桜花アップ
040桜色がバック


今季初のジョウビタキ君、遠くて姿キャッチしただけでした
121ジョウビタキの影b
どこにいるか分かりますか!!

小原地区には1万本の桜木、「四季桜まつり」は4会場で開催中(11/1〜11/30)
全部は廻りきれないので 花木が一番多そうな川見地区(第3、4会場)を散策しました

この後、青空も見え始め、気分も一新・・   なので、続きます