マネー投資☆777

夢を実現するため、外国為替証拠金取引(FX)の基礎知識を勉強しています。

株式投資をお考えなら女性の株投資サイト

利益を減らしたくないという気持ち

利益を減らしたくないという気持ち

儲けて利益を確定したところ、たとえば、確定した数字が98,000円といった大台乗せ手前ギリギリになることがあります。

そうすると、ちょっと追加のトレーディングをして、あと2,000円を稼いで利益を100,000円に乗せてやろうと思う気持ちが起きるものです。


しかし、これが、結構落とし穴になることが多いと言えます。


たった2,000円狙いのポジションメーク(ポジションを作る)をマーケットは見透かしたかのように、ポジションを持った途端に相場は逆に動き出し、2,000円の利益を狙っただけなのに、折角の98,000円の利益を減らしたり、もっと悪くすると大きな損失になってしまうことが、意外とあります。


やはり、たった2,000円を稼ぐだけじゃないかという心の油断と、いったん98,000円を既に稼いで利益を確定しているということで気持ちが大きくなっているところが災いとなっていると思います。


要は、隙だらけの状態で相場を張っているということです。


しかも、いったん98,000円の利益を確定してしまっているため、この利益を減らしたくないという気持ちも強く働き、なかなか新しいポジションがアゲンスト(不利)になっても損切れなくなっています。


つまり、攻めで儲けた利益を減らさないようにと、新しいポジションでは守りに入っており、気持ちの上で攻めが大事なトレーディングに逆行しています。


このように、いったん利益を確定したら、あと少しで大台替えといったことにこだわらず、いったんは休むことが大切だと思います。


折角稼いだ利益です。


指の間からサラサラと洩らさないように心掛けることが肝要ですよね。

 

レベル感ではなくタイミング

レベル感ではなくタイミング

相場へエントリーする時に、その時の相場水準が大きなきっかけになっていることが多いと思います。


相場が上がれば、上げもこのあたりまでではと戻り売りをしたり、相場が下がれば下げもこのあたりまでではと押し目買いをされた経験をお持ちの方は、結構多いと思います。


しかし、もしその相場水準に特段の根拠がなく、一種のフィーリングで思っていたとしたら、それはレベル感でエントリーを決めたということになります。


より高いところで売りたい、より安いところで買いたいとう気持ちは、誰しもあります。


しかし、高いか安いかは、あくまでも主観的なもので、実際のマーケットでは、もっと高くなったり、もっと安くなったりすることは決して珍しいことではありません。


そのことは、「相場の天底は人智では推し量れぬもの」という相場の格言でも指摘しています。


相場にエントリーするのにもっと大切なのは、レベル感ではなくタイミングだと、個人的には思っています。


しかし、うまくそのタイミングを捉えるのは、そう簡単なことではありません。


基本的には、ご自身が思うよりもタイミングはあとにやってくることが多いと言え、決して焦って相場に飛び込まないことが大事です。


また、タイミングは、値動きが収斂してくるとその時がやってくることが多いと言えます。


そして、トレンド相場におけるタイミング重視のエントリーでは、水準こだわらず、順張り的に上げてきたら高くても買う、下げてきたら安くても売るということがうまく流れにのるコツだと、個人的には思っています。

 

FX(外為・外国為替証拠金取引)とは?

FX(外為・外国為替証拠金取引)とは?

FX(外為)とは、アメリカドルやユーロ、ポンドといった他国の通貨の変動に投資する金融派生商品です。

FXでの投資は一般的な外貨預金と異なり、証拠金と呼ばれる担保を差し出すことで、その何倍もの金額の取引を行うことができるのが特徴です。

最近は上記の通貨以外にも香港ドルやシンガポールドルなどアジアの通貨、高金利が魅力の南アフリカランド、NZドルなど取引できる通貨の組み合わせ(通貨ぺア)も増えています。
 

マネー投資☆777ブログなら疑問も解決!

マネー投資☆777ブログなら疑問も解決!

マネー投資☆777ブログでは、こういったFXに関する疑問を解決できるコンテンツをご用意しています。

口座開設の前に、自分の投資スタイルにあった FX業者が選ぶことができますので、FX比較の前にこういう疑問を解決してからしっかりと自分にあったFX業者を選びたいものです。

FX比較ネットではFX初心者の方にお勧めのFX業者から、FXの取引手数料が安い業者、スワップポイントがお得なFX業者、スプレッドがお得なFX業者と幅広いニーズにお答えするFX会社を紹介しています。

まずは、
FXとは?でFXの知識をつけて、FXの口座開設の流れを見て、各種FX業者を比較するのがおすすめです。

じっくりFX比較して自分にあったFX業者を選びましょう!

外為投資と、外貨預金の違いって何?

外為投資と、外貨預金の違いって何?

 いろいろある外貨商品の中で、よく耳にする外貨預金。「外為投資」と「外貨預金」では、何がどう違うのでしょう?

◇ 外貨預金とは?
計算するのも悲しくなるような低い金利の国内預金に比べ、高い金利が売りの外貨預金。国内預金同様、銀行に預けるのでリスクも低く、資産運用のビギナーにはとっつきやすい商品ですが、実は売り買いにかかる為替手数料が高いというデメリットがあります。つまり、ドル→円、円→ドルと何度も出し入れすると、せっかくの高い金利も手数料でふっとんでしまうのです。といって定期預金の場合、中途解約しにくいため、円安時にドルを売りたくても動かせないといった難点があります。

≪外貨預金のメリット≫
・ 国内預金に比べ、金利が高い。
・ 預金なのでリスクが低い。
・ 円安時のリスクヘッジになる。
≪外貨預金のデメリット≫
・ 為替手数料が高い。
・ 定期の場合、中途解約しにくい。
・ 円高時には元本割れすることも。

◇ 外為投資とは? 
さて、次に外為投資ですが、実は簡単に言ってしまうと、外貨預金のデメリットが外為投資のメリットなのです。ご説明しましょう。
外貨預金と比べて、最大のメリットは為替手数料が安いこと。銀行や通貨にもよりますが、一般的に外貨預金の場合1米ドルにつき往復で2円かかるところ、外為投資では1米ドルにつき往復で10銭〜20銭と格安です(外貨預金と比べると10分の1以下)。また、24時間取引OKなので、いつでも好きなときに解約(=売買)できます。 
さらに、外為投資の大きな特徴として スワップ金利 と レバレッジ 効果があります。スワップとは通貨の金利差のこと。低い金利の通貨を売って高い金利の通貨を買うと、為替差益がなくても、その金利だけで利益が上がります。一方、レバレッジとはテコのこと。つまり、少ない資金でもレバレッジ(=テコ)をきかせることで大きな資産を動かし、元手の何倍もの利益を上げることが可能になるのです。ただし、差損の場合には何倍もの損失となるので、ご注意を!

≪外為投資のメリット≫
・ 為替手数料が安い
・ 24時間取引ができる
・ 為替差益を最大限に利用できる
≪外為投資のデメリット≫
・ 為替差損のリスクがある



≪ ここがポイント ≫
FX業界圧倒的No.1のスワップポイント!
100%信託保全&外部チェックによる高い信頼性

買い方、投資判断ってどうしたら良いの?

買い方、投資判断ってどうしたら良いの?

◇ 買い方 
 外貨はどこで買うことができるのでしょう? 外貨を売買する場所を「外国為替市場」といいますが、実は、実際に証券取引場のような市場があるわけではなく、ネットや電話を通じて取引されていて、そのネットワーク全体を「外国為替市場」と呼んでいます。中でも世界の三大市場といわれているのが、ロンドン、ニューヨーク、東京です。 個人が、投資目的で外国為替市場に参加する場合には、銀行や証券会社、生保などの金融機関、為替ブローカーなどのプロの取引会社を通じて行います。したがって、まずは取引会社に申し込み、口座を開設、運用資金(=証拠金、保証金)を振り込んで、取引スタートとなります。また、投資方法として、 短期投資 (デイトレード)と 中長期投資 の2種類があります。

◇ 投資判断の基本 
 売買の基本は上昇相場のときに買い、下落相場のときに売ることです。
  例)ドル高円安になりそうなときにドルを買う。 
円高ドル安になりそうなときにドルを売る。 
そのため、外為投資で利益を上げるためには、市場を予想して、それに応じた戦略を練っていくことが欠かせません。基本的には以下の二つの分析法を組み合わせて相場を予測し、投資の判断基準とします。が、どちらの分析法をより重視するのか、またその予測の仕方は、評論家やアナリストによっても千差万別。自分に合った投資スタイルを見つけることが大切です。

≪ファンダメンタルズ分析≫
経済成長率(GDP)、インフレ率、失業率、貿易収支、人口構成状況など、その国の 経済の基礎的な条件 を考慮した分析法。取引対象通貨国の経済的状況、社会的状況から予測する方法です。

≪テクニカル分析≫
統計的な分析 のこと。過去の為替レートの値動きから、今後の動きを予測する方法です。過去のデータを表すチャートはいろいろありますが、代表的なものに過去の値動きが一目でわかる「ローソク足」チャートがあります。

買い方、予測の方法によって投資の方法はさまざまですが、投資家のタイプは大きく分けると以下のような4タイプになるでしょう。ご参考までに。
☆短期+ファンダメンタルズ重視派
  常に最大の利益をセンス(直感)で狙う、アグレッシブタイプ。
☆短期+テクニカル重視派 
できるだけ大きな利益を求めつつ、データ重視ですばやく狙う敏捷タイプ。
☆長期+ファンダメンタルズ重視派 
大きな流れから値動きを予想し、ここぞというときに狙う一発集中タイプ。
☆長期+テクニカル重視派  
値動きの推移をじっとにらみながら、確実な利益を狙う安全第一タイプ。



≪ ここがポイント ≫
FX業界圧倒的No.1のスワップポイント!
100%信託保全&外部チェックによる高い信頼性

通貨の特徴はどうなってるの?

通貨の特徴はどうなってるの?

 外為市場では、一般的にメジャー通貨と呼ばれる国際市場で幅広く取引されている通貨を使います。一方、ローカル市場に限定された通貨をマイナー通貨と呼び、その地域の市場が終了すると取引ができない、その国の金融政策によって取引量が極端に少ないなど、取引には専門的な知識が必要となってきます。メジャー通貨の特徴は、以下のようになります。

[米ドル(USD)]
各国が準備外貨として保有する現在の基軸通貨。企業でも個人でも国際間取引で広く使用されているため、米ドルの価値の変動は、世界中の為替レートに影響を及ぼす。予測材料も豊富で、一般的に為替手数料も安いので、ビギナーにお勧め。

[ユーロ(EUR)]
1999年に欧州12カ国において統一通貨として誕生。以来、米ドルに次ぐ基軸通貨として期待されている。ヨーロッパ最大の経済大国イギリスがユーロに参入するか否かが今後の大きなカギ。

[豪ドル(AUD)]
高金利通貨として有名。ほかの通貨との連動性が低いため影響を受けにくく、避難通貨の意味合いも大きい。また、ニュージーランドドル(NZD)も豪ドルの特性によく似ており、よく取引されている。

[ポンド(GBP)]
戦前の基軸通貨。高金利で短期での値動きが大きいため、プロの投資家に人気がある。今も昔も経済大国であることに変わりはないが、今後のユーロ参入動向に注目が集まる。

[スイスフラン(CHF)]
永世中立国スイス。その政治的中立性から、伝統的に安全な通貨として広く認知されている。そのため、戦争などの有事が発生すると、安全な避難先通貨としてよく買われる。

[カナダドル(CAD)]
アメリカとの関連が深い通貨。豪ドルほどではないが日本円より高金利で、長年の経常黒字・貿易黒字から安定感のある通貨として、よく取引されている。


≪ ここがポイント ≫
FX業界圧倒的No.1のスワップポイント!
100%信託保全&外部チェックによる高い信頼性
マネー☆情報
自動発注機能「トラリピ」が話題になっています。 この「トラリピ」を提供しているFX会社のマネースクウェア・ジャパンは、顧客の7割以上が儲かっているそうです。

Live!Ads
i-mobile
ランキング

応援☆クリック☆お願いします

在宅ワーク・内職
あなたのブログで【バナーブリッジ】
ご紹介して下さい。
kauli
Trend Match
オレンジアド
SBIFXトレード株式会社
あし@
QRコード
QRコード
SEO対策ドットコム

PING送信プラス by SEO対策


はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • ライブドアブログ